FBSの口座開設方法&各メニューの使い方の手順までを解説!

2020年1月29日

ブログの閲覧数今日の読者数 25
昨日の読者数 3244
総閲覧数 367575

ここではFBSのFX取引をするための、口座開設方法からメニューの説明や使い方などを紹介していきたいと思います。

レバレッジ3,000倍(実質は500倍)と入金ボーナスが魅力のFBSのFXですから少額取引を行いたい人は、入金ボーナスで資金を倍にしてからトレードするといいでしょう。

ここではFBSで口座開設を考えている人のために、わかりやすく画像付きの手順で解説しています。

海外FX業者選びの調査記事

知りたい海外FX会社の各口座ごとのスプレッドは海外FXスプレッド比較でチェック可能です。15社以上のスプレッドを全て画像で紹介しているので、どのブログよりも信頼度は高いです。

FBSの申し込み手順

FBS

まずはFBSのトップページにすすみ「口座開設」ボタンを押します。

トレーダー登録

すると上記画面が出てくるので、「Eメール」と「氏名」を入力して、「トレーダーとして登録する」を押します。

お持ちのGoogleのIDフェイスブックのIDでも登録可能です。

氏名はローマ字入力となります。 例 Taro Tanaka

次はFBSが一時的にパスワードを作成してくるので、これを自分のパスワードに変更します。

パスワードの条件は

  1. 8~40文字以内
  2. ローマ字
  3. 大文字(A-Z)
  4. 小文字(a-z)
  5. 数字または記号

なので「Ab123456」のような設定にしておきましょう。

パスワード入力画面

パスワードを決めて入力したら「変更する」を押します。

確認メール

すると上記「確認メールを送信しました」という案内画面が出てきます。

メールを確認する

先ほど入力したメールにFBSからメールが届いているかをチェックして、届いていない場合は「再送する」を押します。

案内内容

メールに上記案内が届くので、登録を完了するには「Eメールを確認する」を押します。

メッセージ

「Eメールが確認されました」とメッセージが出るので、「進む」を押します。

口座を選ぶ

口座の種類

次へ進むと上記と下記の口座の種類が出てきます。

口座の種類

  1. 「Trade 100 Bonus」100ドルしか出金できないのでデモ口座みたいなタイプ
  2. 入金ボーナスに興味がない人はスプレッドが狭いECN口座を開設します。
  3. 「セント」「スタンダード」にはMT4とMT5口座があります。

MT4で口座開設するなら「セント」を選び、MT5で口座開設するなら「セントMT5」を選びます。

おすすめはMT5ですから、お好みでどちらかを選びましょう。

ただ追加口座で複数口座を保持することはできるので、最初にどの口座を開設してもそこまで問題ではありません。

どちらかというと口座開設後に必ず行う設定を忘れないように行うことが重要で、この記事の中盤以降に紹介していますので、ここを見逃さないようにしてください。

下記で口座のスプレッドの特徴などを紹介していますので、まだどの口座を選べばよいかを考えている人は参考にしてください。

とりあえずここではスタンダード口座(MT4)を選択しました。ってオイ!(私は他にMT5口座があるため)

しかしツールはMT5を使いますので安心してください。

登録内容の確認

先ほど入力した登録内容の確認画面が出てきます。パスワードは忘れないようにメモしておきましょう。

MT4アカウント

するとMT4やMT5のアカウントの内容が出てきます。(内容は消しています)

後でこれは使用するので、メモするか覚えておきましょう。

メールにも同じ内容が送られてきているので、メールを保存しておくほうが無難と言えます。

その他の設定

次は「個人エリア」に進みます

国籍

すると国籍確認のメッセージが出てきますので「正確です。」をクリックします。

電話確認

後は電話番号の確認と本人確認を行います。

「電話番号を確認する」を押すと下記画面が出てくるので、枠に携帯番号を入力します。

09012345678の場合、「9012345678」と0を省略して入力し「コードを取得」を押します。

番号確認

すると携帯電話にコードが送られてくるので下記に入力して「電話番号を確認」を押します。

コード入力

これで本人確認の電話番号確認は終了です。

本人確認の提出

最後に本人確認の書類をアップロードします。

  • 運転免許証
  • 写真付きマイナンバーカード
  • パスポート
  • 住基カード
  • 在留カード

上記のいずれか1点をスマホで撮影して準備をしてください。

メニュー右のご本人確認をクリックすると下記メッセージに変わります。

メッセージ

「確認」ボタンを押すと、下記画面に変わるので本人確認書類をアップロードします。

本人確認アップロード画面

「身分証の番号」「生年月日」をそれぞれ入力します。免許証でいえば

「番号 第 12345567890 号」

の部分です。

入力したら上記の「ファイルを選択」で、本人確認書類を選択し「リクエストを送信」をクリックします。

完了メッセージが出てきたら終了です。後は取引口座有効化完了メールが送られてくるのを待つだけです。

その間に現金を入出金出来るbitwalletを開設しておきます。

海外FXで利益を出金するにはbitwallet以外の出金方法では手数料が高いので、口座を開設しておくと手数料が安く済むのです。

また現金をFBSに入金するのも下記口座があると便利なので、下記記事を参考に口座開設をしておいてください。

ただし出金する際は、FBSに住所証明書類の提出が必要となります。

住所証明の例

  1. 電気・ガス・水道のいずれかの請求書
  2. 銀行の利用明細書
  3. クレジットカードの請求書

とりあえずクレジットカードかbitwalletで入金をしてみる人は、下記記事を参考にしてください。

ちなみにクレジットカードで入金した場合、出金の際にはカードの両面画像の提出が毎回求められます。

追加口座の開設方法

各口座のスプレッドを見てみるために、入金ボーナスやキャッシュバックがないECN口座を開設してみます。

複数口座を開設する利点は、それぞれのスプレッドを比較するために行っておくといいでしょう。ただし取引ツールをインストールしないと閲覧できないので、やや手間と言えば手間なので、面倒な人は下記記事でスプレッドを比べてみてください。

ダッシュボードにログイン後、左メニューの「口座」→「口座を開設する」をクリックします。

メニュー

すると口座の種類や基本通貨、レバレッジが選択できるので「ECN」「USD」「500」を選択して、口座開設ボタンをクリックします。

口座の種類

ECN口座は「USD」しか口座の基本通貨は対応していませんし、レバレッジも最大500倍までという仕様になっています。

口座の通貨でUSDを選ぶ場合に、どのような意味があるのかを知りたい人は下記記事でまとめています。

そしてECN口座は100%入金ボーナスもキャッシュバックもありませんから、実力勝負でのFX取引で利益を出さなければなりません。

ツール情報

口座開設ボタンをクリックすると取引ツールの情報が表示されます。メールにも送られてくるので大切に保管しておきましょう。

無事審査が終わると下記メールが送られてきます。

メール内容

この内容をもとに取引ツールをインストールしていきます。(最下段参照)

今度はログインした後の、各項目の説明などを簡単に紹介していきます。

最初に行う設定

FBSにログインすると下記画面が表示されます。

ログインして下記画面が表示された場合は、サーバーのメンテナンスを行っている最中となりますから、終わるまで待つしかありません。

メンテナンスを行っている最中

ログイン出来ないからといって、焦ることのないようにしましょう。大体土日がメンテナンスモードになりやすいです。

またログイン後一定期間操作を行わないと、セキュリティー上ログアウトされるので注意しておきましょう。

ダッシュボード

入出金ボタンが多くてあまりいいイメージは持ちませんが、既に入金をしている人は、必ず最初に行う設定があります。

それはキャッシュバックの設定です。

これを設定しないとキャッシュバックが受け取れないので、「ECN口座以外の口座を開設している人」は下記を読んで必ず設定をしておいてください。

入金方法は下記記事で紹介しています。

後はダッシュボード右端にある「ロイヤリティプログラム」をクリックして、「FBSロイヤルティプログラムに参加する」を申し込んでおきましょう。

しばらくトレードしていると結構ポイントが貯まり、現金や商品と交換できますし、口座に資金として利用することが出来ます。

換金画面

このように換金したらメールでお知らせも届きます。私は352ドルも換金したので、キャッシュバックも合わせると結構おいしいプログラムです。

換金お知らせメール

今度は基本的なメニューの仕様の紹介しておきます。

各メニューの操作方法

メニューバー

FBSの使い方は至ってシンプルで、このメニューバーの項目と最下段の「お問い合わせ」ぐらいしか利用する項目はありません。

お問い合わせ

それでは簡単に使い方を説明すると

  1. ダッシュボード その他の画面で何か操作をしている場合、このダッシュボードをクリックするとログイン後の画面に戻ります。
  2. 資金管理 ここで入出金が可能です。クレジットカードやbitwalletに対応しているので手段は豊富です。
  3. 口座 追加で口座を開設したり、口座タイプの説明を閲覧することが可能です。
  4. 取引プラットフォーム ここでFX取引のためのMT4やMT5をダウンロードします。
  5. プロモーションとボーナス 100ドルまで出金できる未入金取引口座の開設とキャッシュバックの履歴や100%入金ボーナスの利用条件を閲覧できます。
  6. コンテスト デモ口座で取引を始める人はここで申し込みを行えば、賞金450ドル(1位になれば)が狙えます。

メニューの口座にある「口座アーカイブ」とは、一定期間開設した口座の利用がない場合にアーカイブ(一時停止)されます。もちろん復旧も出来るのでそこまで気にしなくてもいいでしょう。

口座のアーカイブ条件

このように90日間取引がない場合は、口座は凍結されチャート表示も出来なくなります。

VPSの申し込みは「プロモーションとボーナス」を選ぶと項目が表示され利用規約の下に「サーバーを設定する」ボタンから利用可能です。

利用条件は(ECN口座は対象外)

  • 450ドル以上の入金で初月度は無料
  • 2か月目以降は、前月に3ロット以上の取引があれば可能(セント口座の場合は0.03スタンダードロット)

条件を満たさずにそのまま利用した場合は、毎月33ドル口座から引き落とされますので注意が必要です。

後はダッシュボード中央の「リアル口座」の下の口座番号をクリックすると下記画面が表示されます。

口座の詳細

ここで異なる口座間の資金移動を行ったり、レバレッジの変更などが可能です。

クレジットとは入金ボーナスの残高を意味します。

操作などで不明点がある場合

FBSへのお問い合わせに関しては「メール」でのお問い合わせが簡単でおすすめです。

 FBSカスタマーサポート support@fbs.com

日本語対応はまあまあなので、あまり難しい質問をするのは止めておきましょう。

もしくはダッシュボード右下の「ヘルプ」→「ライブチャット」をクリックするとFBSとライブチャットをすることが可能です。

ヘルプボタン

下記で名前とメールアドレスと内容を入力して、不明点は下記でも聞けますので、わからないことを早く知りたい場合はこの「ライブチャット」を利用するといいでしょう。

ライブチャット

メールで問い合わせるよりかは早く回答が得られます。

またFBSはダッシュボードに「よくある質問」がありません。

なのでFBSトップページに戻って調べないといけない点が、大きなデメリットと言えます。

メニュー

どこにあるかと言うと、メニューの「会社案内」を選び「FAQ」をクリックすると知りたい内容の一覧が出てきます。

FAQ

ただし内容は薄くあまり重要な情報は掲載されていませんので、メールでのお問い合わせでカバーするしかないでしょう。

まとめ

以上でFBSの口座開設方法&各メニューの使い方の手順までを解説!は以上です。

おさらいをすると

  1. GoogleIDとfacebookIDで登録可能
  2. 本人確認は提出必須だが、住所証明は出金時に必要
  3. クレジットカード入金した場合は、カードの両面画像が必要
  4. 口座を作ったらキャッシュバックの設定(ECN口座以外)とロイヤリティプログラムの申し込みを忘れずに行うこと
  5. サポートの対応はかなり良好だが、そこまで日本語レベルは高くないので濃い内容は控えるべき

などなど、ボーナスやロイヤルティは豊富なFBSですから設定などは忘れずに必ず行っておきましょう!

次はFBSでFX取引をするために、MT5とMT4の取引ツールのインストールを紹介していきます。

入金を先に行いたい人は、下記記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事