海外FX業者FBSの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめ

2020年1月29日

ブログの閲覧数今日の読者数 210
昨日の読者数 2197
総閲覧数 307048

ここでは海外FX業者FBSを実際に口座開設してFX取引で利用してみたので、その使い勝手から評判までを色々と調べたまとめを紹介していきたいと思います。

日本ではあまり馴染みのない業者ですが、自社の広告をしっかり出したりするなど、資金的にはしっかりしている業者です。

FBSはキャッシュバックやボーナスも魅力の一つですから、FX取引で資金が少ない人にはおすすめの業者と言えます。

FBSを使った感想

FBS

FBSを私自身が利用した感想は

  1. ボーナスやキャッシュバックはおすすめ
  2. ECN口座はスプレッドが狭い
  3. スタンダード口座はスプレッドが広いし早朝時に広がる
  4. 注文の約定に1秒くらいかかる
  5. ダッシュボードは表示が遅い
  6. サポートが日本人でないので回答が分かりにくい

と普通評価です。その評価の内訳をこれから書いて行きます。

FBSレバレッジは3,000倍となっていますが、3,000倍で取引できるのは大体2万円までなので実質レバレッジは500倍です。

客寄せのレバレッジなので、3,000倍に一発勝負!と意気込んでも2万円までしか取引できないので、レバレッジに期待しないでおきましょう。

ロスカット水準は証拠金維持率は20%以下なので、3,000倍レバレッジを利かせても2万円ではすぐロスカットされます。

2万円の20%で4,000円になったらロスカットですから、マイナス16,000円でロスカットされると言う計算になります。

と言う事は30万通貨取引を行うと、スプレッドだけでロスカットになりますから全然意味はなく、ほぼレバレッジ3,000倍を使う事はないでしょう。

FBS最大の魅力は入金ボーナス最大1万ドルまで受け取れる特典やキャッシュバック、ロイヤリティプログラムなど多彩な特典は海外FX業者の中でもトップレベルと言えます。

キャッシュバックは結構貯まるのでおすすめですが、ボーナスやキャッシュバックはECN口座にはありませんし、キャッシュバックの受け取り方までたどり着くのに時間もかかりました。

結局自動で口座に振り込まれていたのですけどね。

操作的には注文とダッシュボードが遅いのが気になるので、ここは改善してほしいポイントと言えるでしょう。

開設できる口座の種類も多すぎるので、実質使うとしたらボーナスがもらえるスタンダード口座と、ボーナスなどはないスプレッド重視のECN口座だけの開設でいいと思います。

まあECN口座はスプレッドが狭いので、このスプレッドがここの最大の魅力と言えるでしょう。

デモ口座はもあるのですが、デモ口座を使うぐらいならTrade 100ボーナス口座というお試し利用の口座を作るといいでしょう。

Trade 100ボーナス口座

この口座は口座開設で100ドルのボーナスがもらえて100ドルまで利益分だけ出金できるのですが、5lot以上の取引が必要だとか(50万通貨)最大50日間の有効期限があったりとか、制限が多いので出金の期待は薄い口座だと思っておきましょう。

あくまでFBSのスプレッドをチェックしたり、取引の操作を覚えたり約定スピードを見る口座という認識のほうがいいでしょう。

スプレッドについては下記でまとめています。

ツイッターの評判

FBSは福岡放送のFBSと名前が被っているので、ツイッターでの口コミを探してもなかなか出てきませんでした。

悪い評価は上記に私が書いた点を参考にしてください。

ツイッターの評判1

レバレッジは3,000倍ですが実質は500倍です。円口座には対応していますが、初期段階ではドル口座なので、追加口座作成時に円口座を選べば円対応になります。

ツイッターの評判2

Trade100Bonusは出金限度が100ドルまでなので、FXを初めて行う人が開設するといいでしょう。ちょっとお金がもらえるデモ口座みたいなものです。

ツイッターの評判3

入金ボーナス1万ドルは魅力ですが、スプレッドが広めなのでドルストレートで取引きするならそこまで気にならないと思います。

ツイッターの評判 4

出金トラブルもなく口座凍結もない優良企業であることは言うまでもありません。

ツイッターの評判 5

海外NO1業者っぽいと書いていますが、特に根拠はないのでホームページにあるトレーダー数1,400万人以上の表記が信頼度の証でもあります。

日本で人気のxmで100万口座ですから、いかにFBSのトレーダー数の多さが見えてくると思います。

運営会社Mitsui Markets Ltdの評判

FBSは何とあのサッカーの名門バルセロナとトレーディングパートナーを結んでいます。

バルセロナとトレーディングパートナー

サッカーを知らない人でも一度は耳にしたことがある名門バルセロナとのパートナー契約ですから、出金拒否やトラブルなど起きる可能性はかなり低い業者と言えます。

もしFBSが変な詐欺業者であれば、名門バルセロナの名前に傷がつきます!

そう考えるとバルセロナ自体もしっかりFBSという企業をしっかり調べますから、いかにFBSの危険性が低いということが見えてくると思います。

あのメッシもFXしているのですかね?(笑)お金が余っているので無きにしも非ずと言ったところでしょうか。

FBSのホームページを見ると日本語翻訳レベルは高くないので、細かく読んでいくと笑えます。

金融ライセンスはIFSCから無免許での運営ではなく、資金についても厳格な管理をしていると言う事です。資金も分別管理しているのでこの辺りの管理面で言えば、何も不安はない海外FX業者と言えます。

資金管理の内容

FBSは信託保全完備と書いているブロガーが多いのですが、海外FXに信託保全と言う仕組みはないので、嘘か勘違いの記述と言えます。

後特筆出来る点は、Best Forex Broker賞など数々の賞を各国で受賞しています。笑えたのは設立2年目で賞がもらえたので「ビギナーズラック」と書いてあったことです。表現が面白いですね。

賞の種類

ラオス水害にあった被災者とインドネシア・ロンボク島地震の被災者に人道支援を送るなど、チャリティ活動にも力をいれている立派な企業です。

小さい企業ではこのような支援をすることはなかなか出来ないですからね。ここの日本語訳も笑えます。

チャリティ活動の内容

海外の口コミサイトでの評判

FBSの評価

星は2.6以上と平均レベルとなっています。トレーダー数を考えると善戦しているレベルと言えます。利用者が多ければ多いほど評判は平均値に近づきますからね。

これらを換算してみるとFBSは、大きなトラブル等の危険性は低く一般レベルの海外FX業者であることが伺えます。

私は普通評価を付けましたけど、BAD評価まではいかないぐらいです。ところどころ変な翻訳があるので、憎めない海外FX業者と言えるでしょう。

また世界的広告会社のグーグルアドセンスにFBSは広告を出しています。

FBSの広告

上記はこのブログでFBSの広告が表示されていたので、抜粋してみました。

あの世界的大企業のGoogleが詐欺業者の広告を出稿するわけではありませんから、この点ではかなり信頼度が高い企業であることが分かります。

「今すぐ入金」というメッセージなど怪しすぎますが、この大企業での広告を出す以上はFBSがまともな企業であるという判断をしてもいいと思います。

取引とツールの評判

FBSもMT4/MT5ツールは外部のツールを利用しているので、使い方は一緒です。なのでFBSだけ使いにくいということはありません。

パソコン版のMT4チャートはこんな感じです。

MT4チャート

初期段階なので下記で設定を公開しています。

スマホアプリの注文画面

スマホアプリ

発注を押せば注文が約定します。

約定に1秒くらいかかるので注文自体は遅いのがデメリットと言えます。

公式ページには95%以上のオーダーが0.4秒以内に実行されています。とありますがこれは間違いで、実際に注文すると1.5秒くらいかかります。

注文方式はNDDとSTPと書いてありますが、実際はDD方式でしょう。他のブロガーが書いてあることは間違いだと思います。私自身が実際に利用した感想なのでほぼ間違いないでしょう。

また注文した際には、スリッページも10回に3回くらい、要するに3割くらい発生するので、往復1~4pipsは滑ると見ておきましょう。

この辺が海外での評価が標準と言えるレベルだと思います。

この滑りの部分が海外口コミサイトで「詐欺」と書かれていた部分と言えますが、10pips以上滑ることはなかったのでかなり悪質とまでは言いませんが、注文したら注文回数の3割くらいは不利に滑る業者と言えます。

そのため経済指標発表前後や早朝時の注文は避けたほうがいいでしょう。

リクオート(約定拒否)は確かにいまのところありませんでした。私は年末年始やクリスマス時の流動性が低いときに別の業者で約定拒否された経験もあります。

このようにFBSでの注文自体は危険性が高めです。滑りで嫌な思いをしてきた人は、ここを利用するのは控えましょう。

取引ツールのMT4は英語表記が混ざり、MT5になるとほぼ日本語の仕様になります。

メニュー

スマホアプリのメニュー画面です。気配値を選べば登録済の銘柄一覧が表示され、他の銘柄も追加可能です。

操作方法の記事

ドル建て口座で取引すると下記のようにドル表示になります。円高になると為替差益分損をするので、これを嫌がる人が結構います。

円高時に入金すれば得になるので、一概には言えませんがその時の為替のトレンドを確認して、口座の基本通貨を考えるのも一つの手段と言えます。

残高

証拠金や残高などはドルなので、慣れるまでには少し時間がかかりますが、最近ECN口座以外は円口座に対応したので問題ないでしょう。

両建てやスキャルピングは可能ですが、両建はゼロカットシステムを使った取引は禁止となっています。また約定に時間がかかるので、スキャルピングには向いていない業者と言えます。

どうしても両建て取引したい人は、各FX会社の両建てについて下記でまとめていますので、参考にしてください。

ダッシュボードの評判

ダッシュボード

FBSにログインした後のダッシュボードが上記画面です。

入出金時にクルクル回りやすいのが難点ですが、それ以外では操作的には遅くはないです。ただし休業日はやはりダッシュボードの操作は遅くなるので、土日の利用はイライラすると思います。

出金トラブルなどはなかったですが、入出金の成功後には英語表記が出てくるので、ここも日本語表記に直してほしい所と言えます。

こんな感じで動きが止まります。スマホアプリやパソコンツールではこういう動きがないので、今のところ取引には問題ありません。

クルクル回るダッシュボード

左のメニューで入金ボーナスやキャッシュバックの申請を行います。

キャッシュバック

口座番号を押すとキャッシュバックのチェックBOXが出てくるので、チェックすれば取引した際にキャッシュバックが反映されるようになります。

チェックを外すと翌日の7:00以降にたまったキャッシュバックが反映されます。(ECN口座は無し)

ダッシュボードの使い勝手はシンプルなのでFX取引まで迷うこともないですが、ちょっとわからなことがあればサポートにもきちんと対応しているので、決して使いにくいとまでは言わないでしょう。

またログインした後にある程度操作を行わなかった場合、勝手にログオフされますがこれはセキュリティに対する危機感の強さの象徴なので、高評価ポイントの一つと言えます。

土日にログインすると下記のようにメンテナンスモードになっていたりします。

メンテナンスモード

英語表記なので焦ってしまいがちですが、ただのメンテナンス中なので安心してください。

入出金の評判

FBSは、通常取引を行えば出金拒否などなく良質な海外FX業者です。

入金もbitwallteやクレジットカードでは即時反映されましたので、トラブルなどもない優良海外FX業者です。

ちなみにクレジットカードで入金した場合に、bitwalletで出金しようとするとマネーロンダリングの関係により出金拒否になります。

なのでクレジットカードで出金して残債を0にしてからbitwalletで利益を出金しましょう。

ちなみにクレジットカードで1回の出金できる限度は経験上900~1,300ドル前後でした。なのでこれ以上の入金をした場合には何度も出金手続きを行わないといけないのでがデメリットです。

そしてクレジットカードの出金手数料は1ドル取られてしまいます。このために出金上限があるのだとしたら、何だかケチな会社のような気がします。

出金に関して詳しくは下記で実際に出金した手順を紹介していますので、参考にしてみてください。

サポートの評判

FBSは日本語サポートには対応していますが、翻訳レベルは高くないので難しい質問には向いていないかもしれません。

ただし質問メールを送ると自動返信メールやサポートの評価に対するアンケートが送られてくるので、決して小さい企業ではないことが伺えます。

アンケートメール

日本語対応に不満を感じるのであれば、このアンケートメールの不満を選択してそのように書き込むといいでしょう。

サポートのメールの高くないレベルでの日本語のやりとりを掲載しておきます。

やりとり1

やりとり2

このように質問をしてもわかりにくい答えが多いので、同じ質問を何度か問い合わせしています。

ここを直してもらえればFBSに特に不満はなくなるのですけどね。日本にはそこまで力をいれていないのかな?

どちらにしても完全日本語対応まではいかないので、サポートに色々丁寧に聞いてみたい人は、別の業者を利用するといいでしょう。

まとめ

以上がFBSの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめでした。

メリットデメリットのおさらいをしておくと

  1. ダッシュボードや注文スピードはやや遅い
  2. スプレッドが早朝時には広がる(XMぐらい)
  3. 日本語サポートは高くないレベル
  4. 企業的信頼度は高い
  5. セキュリティ対策はきっちりしている

など。約定力の遅さやダッシュボードの遅さなどデメリットもまあまああるので、完璧主義者には向いていない海外FX業者と言えるでしょう。

こういった不満点も多いですが、企業的信頼度やセキュリティを考えると安心して使える海外FX会社の一つには違いありませんから、資金が少ない人はスタンダード口座を開設して、最大1万ドルまでの入金ボーナスとキャッシュバックを受け取りましょう。

興味を持った人は下記で口座開設からFX取引までの手順を1から紹介していますので、3,000倍のハイレバレッジ(実質は500倍)で取引を始めてみるといいでしょう。

結局管理人のおすすめ海外FX会社はどこなのですか?という質問が多いので紹介すると

  1. HotForexが企業的信頼度 実績 ボーナスの3本柱が揃っています。
  2. FBSはボーナスと実績、サッカーの名門バルサと契約など安心して利用できます。
  3. Axioryはボーナスはないですが、実績とスプレッドで推奨できます。

スポンサーリンク