Axioryの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめ

2020年1月31日

Axioryも日本では人気の高い海外FX業者の一つでしたが、最近bitwalletで出金できなくなったのがマイナスイメージとなってしましまいました。

ボーナスなどもなく単純に実績とスプレッドで勝負しているAxioryの評判と危険性をここでは丁寧に説明していきますので、Axioryで取引を考えている人は参考にしてみてください。

Axioryの感想

Axiory

Axioryを利用した感想は

  1. スプレッドが狭い
  2. cTraderが利用できる
  3. 日本人に人気
  4. 日本語サポート対応で使い勝手はよい
  5. 口座が二種類しかないので迷うことがない
  6. bitwalletでの出金が不可になった

などが挙げられます。最近までbitwalletで出金できていたので、無くなったのは非常に痛いと言えますね。

これはAxioryの経営が危ないから取引を停止したわけではなく、国内銀行送金に対応するためユーロ圏以外への送金を制限するSparkasse銀行の指示に従えなかったため、取引停止処分を受けた影響であるということ。

bitawalletも厳しいですね。なのでここを利用できる海外FX会社は信頼が出来ると言う事です。

また日本人に人気なだけあって、サポートやダッシュボードでの使い勝手は何も不満点はありませんでした。

cTraderはMT4/MT5に変わるツールとして人気が出てきていますが、FX取引自体にそこまで高機能を求める人は少ないので、ぶっちゃけどちらを使っても問題ないと言えるでしょう。

口座の種類はスタンダード口座とナノスプレッド口座だけで、後者がスプレッドが狭いECN口座になるのでどちらか悩む場合はナノスプレッド口座を開設するといいでしょう。

もう少し口座ごとの特徴やスプレッドが知りたい人は下記を参考にしてください。

ツイッターの評判

ツイッターの評判

AxioryはMT4とcTraderだけの取引ツールになります。

ツイッターの評判

日本語チャットサービスが利用できるようになったので、ますます問い合わせが増えそうですね。

ツイッターの評判

出金も問題なく通過したという口コミです。

ツイッターの評判

bitwalletとの提携解除はやはり誰しも手間が増えて面倒になったという意見が多かったです。

ツイッターの評判

スキャルピングにも適していて、初回入金金額も2万円と低めの設定となっています。

ツイッターの評判

追証がないゼロカットシステムを採用していて、完全信託保全完備ではなく分別管理ですから極めて危険性が低い業者と言えます。

海外FXに信託保全制度という仕組みはないので、このように書かれている海外FX業者を見かけたらアウト!です。

これらの口コミを見て考えるとAxioryは安全性が高い海外FX業者という認識でいいと思います。

運営会社Axiory Global Ltd.の評判

Axioryは、2007年からの設立で2010年にFXプロバイダーを創業しています。

金融ライセンスはIFSCから取得し公式ページに掲載しています。

金融ライセンス

またThe Financial Commissionに加盟することで、仲裁の役割を担うこのThe Financial Commissionが、実行力のある公正な判断を下し、1件の苦情から特別補償基金で最大20,000ドルまでの損害の補填をしてくれます。

要するにAxioryは、面倒なグループに加盟したことで企業としての透明性をアピールしていることになります。

資金の管理は分別管理

当社では、顧客からお預かりしたすべての口座タイプ(「スタンダード口座/ナノスプレッド口座/MultiTrader口座)の資金は、一旦お客さま資金保全先である、「Doha Bank」の分別管理保管口座へ入金され、当社運営資金とは完全に分離した状態にて管理保管されます。

分別資金の権限

また分別保管されている資金を引き出す場合には、監査(第三者)機関を間にいれることで、Axioryが破綻した場合には、監査機構が一時的な管財人となり資金が顧客に返還される仕組みを作っています。

こういった資金に対する取り組みは、数々の海外FX業者の資金管理を見てきた中で一番しっかりしており、明確に公式サイトに記述してある点ではかなり評価が高いと言えるでしょう。

海外FX口コミサイトの評価

海外FX口コミサイトの評価

Axioryの評価は星3.6以上 これはこのブログで紹介してきた海外FX業者の中では、TOP3に入るほどの秀逸さと言えます。

これらの評判を総合して考えるとAxioryの危険性は低く極めて安全な業者であるという結論を導くことが出来ます。

ダッシュボードの評判

Axioryにログインすると下記ダッシュボードが表示されます。

ダッシュボード

操作スピードは遅くもないが早くもないと言ったところです。

画像の通り一度に複数の口座が作成できますので、MT4ナノスプレッド口座とcTrader口座を開設して、使い勝手やスプレッドを比べてみるといいでしょう。

cTraderにはWebバージョンもあるので、いちいちインストールして設定するのが面倒な人は、Open Web versionを選ぶと簡単に利用可能です。

ログアウトタイム時間の設定もできるので、セキュリティ面で気になる人は時間の指定を行っておきましょう。

10分から8時間までの設定が可能です。

ログアウトタイム時間の設定

これといって使い勝手のいい所も悪い所もない平凡なダッシュボードです。

色々クリックすると英語で「are you sure You have unasaved changes」と表示されます。

翻訳すると「未保存の変更がありますか?」と聞いてくるのがウザイぐらいです。ここも早めに日本語に直してほしい点と言えます。

ダッシュボードには「よくある質問」メニューがないので、その場合はメニューの「お問い合わせ」をクリックすると公式ページが立ち上がるので、お問い合わせの前に下記メニューから調べてみましょう。

よくある質問

これらをまとめるとダッシュボードの評価は、「無駄がなくシンプル」な仕様と言えます。「よくある質問」ぐらいはメニューに入れて欲しいですけどね。

入出金の評価

Axioryで、bitwalletが無くなった今現在の入出金方法は

  1. 海外銀行送金
  2. 国内銀行送金
  3. SticPay
  4. クレジットカード
  5. ビットコイン

の5種類になります。

出金手数料は20,000円(USD200)以上の出金の場合、Axioryからの出金までが手数料無料になります。

着金した銀行からの手数料は当然自己負担になります。

2万円未満の出金の場合は、1,500円手数料がかかるので取引で利益が出た場合は、2万円以上出金しましょう。

ちなみに入金手数料も同じ条件なので、最低でも2万円以上は入金して取引してください。

国内銀行送金に対応している海外FX業者は、Axioryぐらいなので、この制度も高評価できる点と言えます。

後はbitwalletが復活すれば言うことは無いでしょうね。

取引ツールの評判

AxioryのツールはMT4とcTraderでMT5はありません。

スキャルピングや両建て取引も特に制限がないので、自由度が高い点では高評価と言えます。

NDD方式の注文方式なので、クリーンな取引が可能です。

cTraderのパソコンツールでの画像

cTraderのパソコンツールでの画像

スマホの取引画像

スマホの取引画像

MT4のチャート画像

MT4のチャート画像

MT4スマホアプリの画像

成行注文

成行注文以外では英語表記が混ざります。MT5ではこの辺りは日本語になるので、少しだけMT4は英語が煩わしく感じます。

新規注文

肝心の新規注文では完全日本語対応なので、そこまで英語表記があるというわけではありません。

メニュー

このようにメニュー画面などは完全日本語対応となっています。

MT4とcTraderのどちらの口座を開設すべきかと言われたら、どちらも利用したことがない人はcTraderで、口座を開設しMT4やMT5経験者ならどちらでもいいのではないでしょうか。

そんなに使い勝手に差は感じなかったので、高機能発注を求めるならcTraderを選ぶといいでしょう。

エキスパートアドバイザの使用制限もないのでEAを利用したい方も存分に利用できます。

サポートの評判

Axioryのサポートは完全日本語対応です。

メール内容1

ぱっと見自動メールぽいですが、きちんと日本人が返信していることが分かります。

メール内容2

こちらも自動っぽいですが、まあ送付メールのひな形を用意してあるのでしょうね。

ctrader口座情報

cTrader口座を開設したらこんな英語でのメールが送られてきました。

サポートはまだ細かい質問はしていないので何とも言えませんが、日本人が対応しているのでそこまで困ることはなさそうです。

ここでの評価は問題なしとしておきます。

まとめ

Axioryの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめでした。

おさらいをしておくと

  1. 出金は国内銀行送金で可能
  2. スプレッドの狭さは業界トップレベル
  3. 企業的信頼度は高く資金管理も高い品質を維持してかつ金融ライセンスもあり
  4. 話題のcTraderが利用できる
  5. サポートやダッシュボードの操作も日本語対応

とここまでの評価は全く付け入る隙がない企業と言えます。bitwalletが復活したらランキングでは間違いなく1位に推したいぐらいの海外FX業者と言えます。

後は不定期でボーナスキャンペーンなどが行われますので、見つけた場合は参加してみるといいでしょう。

Axioryに興味が出た人は、下記で画像付きで口座開設の手順を紹介していますので、参考にしてみてください。

結局管理人のおすすめ海外FX会社はどこなのですか?という質問が多いので紹介すると

  1. HotForexが企業的信頼度 実績 ボーナスの3本柱が揃っています。
  2. FBSはボーナスと実績、サッカーの名門バルサと契約など安心して利用できます。
  3. Axioryはボーナスはないですが、実績とスプレッドで推奨できます。

スポンサーリンク