明らかに買いのエネルギーを溜めている相場と見て良さげ。 月・火どちらか爆上げでしょうかね。 8時間雲抜けポイントまでこの …
続きを読む

見事なジグザグ相場と言えますかね。今日かと思いましたがドル円8時間雲落下。 ドル円週足チャート  要するに+1σを超え無 …
続きを読む

Axioryの評判と危険性を調べた評価とトレードした感想

今日の閲覧数 99
昨日の閲覧数 441
総閲覧数 437345

日本ではおなじみのAxioryはどんな業者なのか、出金はきちんと出来るのか、本当にコストは安いのかなど気になる点は多くあると思います。

ここが危険かどうかの判断で最も分かりやすいのが、私自身が実際に取引や出金(2021年7月)をしているので、これらの履歴を紹介しておきます。

取引履歴

出金履歴

上段で毎日予想ブログを行っています。

海外FX業者を数多く調べてトレードしてきた私が見つけた、ほとんどの大手企業の共通点は

  1. コスパが悪い
  2. 約定が弱い・遅い、良くて普通
  3. 自社でコピートレードが出来る(一応アプリは用意している)
  4. ボーナスの出金が出来る(ボーナスだけの取引は出来ない)
  5. MT4・MT5両方使える
  6. 自社アプリがある

というのが基本ですが、Axioryには2・4・5・6が当てはまりますので、企業規模は大きめと思っておくといいでしょう。

約定に関して言えば注文や決済能力は高いですが、ロスカット能力は低いので必ずストップロスの設定をしておくことで

ここの結論を最初に書いておくと

「国内外での高い実績」と「高いコストパフォーマンス」で選ぶ海外FXです。
少女1
ミミコ
ボーナス特典をほとんど実施していないので、少額投資の人には期待が薄いよ

スポンサーリンク

Axioryの評判と安全性と危険性

Axiory

最近Axioryの評判が落ちた点は

  • 以前可能だったbitwalletの入出金が出来なくなった点
  • cTraderで取引したらロスカットシステム20%が作動せず、残高が0円でカットされた点
  • 10周年感謝祭で入出金手数料無料というケチ臭いキャンペーンが始まった点

評価が上がった点

少女1
ミミコ
ようやくMT5の利用が可能になった点

などなど。特筆すべき点がないのもここの特徴の一つと言えるかもしれません。

ここからはAxioryに関する評判や安全性・危険性など下記の「青いリンク」をクリックすると調査内容をチェックできます。

安全性と危険性のチェックポイント
海外での企業的評価 ✅ かなり高い評価 ▷ 海外での評価の詳細
ライセンス取得 ✅ ベリーズ国際金融サービス委員会IFSCから取得  ▷ ライセンスの詳細
資金管理 ✅ 分別管理+監査機構が管財人 ▷ 資金管理の詳細
出金トラブル ✅ ツイッターの口コミを見ても良好
ベストブローカー賞 ✅ 特になし
スポンサー契約 ✅ 特になし
広告出稿 ✅ ヤフーでリスティング広告を実施し規定の審査はクリア ▷ 広告出稿
運営実績 ✅2013年から現在までの運営は、他社と比べると比較的長い運営期間
SNSの口コミ ✅ 出金トラブルが無いため優良業者に入る ▷ 口コミの詳細
海外FXブロガーの口コミ ✅ 同じ内容ばかりで、あまり参考になる情報がなかった ▷ 海外FXブロガーの口コミ
サポートの評判 ✅ 良好 日本語対応で返事も迅速 ▷ サポートとのやり取りの詳細

という感じで全体的に見るとバランスは良い海外FX業者であることがわかります。

今度は私が利用した内容を続けて紹介していきたいと思います。

Axioryを利用してトレードした感想

私が開設した口座の一覧

私が海外FX業者を数十社調べた調査結果の中でAxioryのポイントを簡潔にまとめて言うと

少女2
カワコ
全体のスペックは平凡だが、取引制限がほぼなくて低コストの海外FX業者の一社と言えます。

Axioryを利用した感想は

  1. スプレッドは確かに狭く、スワップも魅力的
  2. ただしボーナス特典などが年1~2回しか期待できない
  3. レバレッジが最大400倍までなど、その他の仕様は至って平凡
  4. cTraderが利用できるが利用者が少ないので、使い方の詳細が分かりにくい
  5. ロスカット能力が低いので、必ず損切の設定が必要
  6. bitwalletでの出金が不可になった

などが挙げられます。

平凡なスペックのAxioryでは、ボーナスキャンペーンがあまり実施されないので、少額トレーダーには不向きです。

ボーナスキャンペーンは年に1~2回くらい(大体お中元の時期と年始)しか実施していないので、見かけたらかなりラッキーと言えます。

ただしここは私が調査した中ではスプレッドは、上位2・3番目の狭さを提供しているので紹介しておきましょう。

侍
ドル蔵
第一位はGEMFOREXですが口座に30万円以上の資金が必要なので、2万円から取引できるAxioryのほうが始めやすいと言えます。

下記は私が調べた時の値ですが、変動スプレッドなので多少誤差はあります。

最近出来たMT5の低スプレッド口座は「TERA(テラ)」といいます。

少女2
カワコ
ナノ・テラ口座は取引手数料往復6ドル(+0.6pips)を加算して表記しています。

Axioryのコスパ

要するにこれが海外FXではトップレベルの水準のスプレッドのため、このコストを高いと思う人は海外FXでの取引には向いていません。

少女1
ミミコ
これなら十分戦えるスプレッドと思う人が、海外FXでハイレバレッジ取引を楽しみましょう。

そして日本のFX会社同様に、早朝や週末のマーケット終了時にはスプレッドは拡大します。

少年
トレ太
要するに土日に公式サイトのリアルタイムレートを見ると、かなり広がっているから参考にはならないからね!

こういった特徴やその他の銘柄のスプレッドが知りたい人は下記を参考にしてください。

本音を書くとAxioryは確かにコストパフォーマンスは高いレベルを提供していて、特に出金トラブルなどもない優良業者です。

しかしそれ以外の特徴では、そこまで魅力はありません。

ボーナスなどの特典もなくレバレッジも400倍程度で、cTraderも操作を覚えるのに時間がかかり言うほど性能がいいとは思わなかったのが率直な感想。
少年
トレ太
より高い注文方法を求めるならcTraderを利用してもいいですが、最初はデモ口座でcTraderを使ってから判断するといいでしょう。

確かにサポートや日本時間表示インジケータ(MT4)を提供するなどのサービスは素晴らしいので、ごく一般的な海外FX取引を利用してみたい人にはおすすめです。

逆にボーナスやハイレバレッジを利用した取引で、効果的に枚数を増やして一撃に賭けたい人にはあまりおすすめの業者ではありません。

少女1
ミミコ
要するに自分が取引する目的がマッチしているかどうかだね。

レバレッジやロスカットの体験談

Axioryで取引出来る最大レバレッジは400倍です。

しかも口座残高が10万ドルを超えると300倍、20万ドルをこえると200倍まで制限されてしまいます。

少女2
カワコ
海外FXのレバレッジは平均で500倍が多いので、やや物足りないレベルの業者です。

もちろん日本のFXのレバレッジは25倍ですから、それと比べたらかなりハイレバレッジ取引は可能と言えます。

またロスカットシステムがイマイチなので、ポジションを持ったら必ずストップロスの設定が必要という点です。

どういうことかと言うと問題はAxioryのゼロカット制度とロスカットの仕組みです。

ゼロカット制度はゼロカットシステムとも言いますが、この制度は急激な値動きに対して、口座残高がマイナスになった時に損失をユーザーに追証を請求しない保証です。

主にどんな時に役立つかと言うと

  1. スイスフランショックの時のような大きな値幅変動時
  2. 週明けの窓が空いたとき
  3. 経済指標発表直後に窓が開いたとき

この場合資金がマイナスになっても、追い入金や請求が無いことをゼロカットといい、ほとんどの海外FX業者が採用しています。

Axioryの問題は、ロスカットシステムでロスカット20%が発動しても全決済されません。

要するに5万通貨保持した場合、ロスカット20%に達したら通常はポジションが全決済されて、20%の証拠金が残ります。

しかしここはロスカット20%に達したら、部分決済が発動して常にマイナスポジションを保持した状態になります。

分かりやすく書くと損切の値を設定しない場合に、ポジションが大きくマイナスに動くと

5万通貨保持 → ロスカット → 1万通貨 → ロスカット → 2,000通貨 → ロスカット → 400通貨 → 0円

という仕組みです。上記の枚数は分かりやすく書いただけなのであくまで目安となります。

少女2
カワコ
そのためポジションを持ったら、必ずストップロスの設定が必要です。

要するにストップロスを設定していないと、0%まで全決済機能が作動しないので結局資金が0円になって終了します。

少年
トレ太
損切の設定をしないとここのロスカットは、20%と言うより0%と見ておく必要があるということです。

もちろん損切の値を設定しておけば問題なく、設定した値で損切してくれますから、必ず損切の設定は必須の業者と言えます。

少女1
ミミコ
なので塩漬けトレーダーには不向きかな
少年
トレ太
たまに開催されるボーナスも、資金(現金の口座残高)が0円以下になると消滅するからね。
侍
ドル蔵
なおさら損切の設定が重要だということだね。

実際に入出金した感想

冒頭でも紹介したように、Axioryではこれまでに出金拒否やトラブルなどの経験はありません。

出金手段はbitwalletで出金出来なくなったので、国内銀行送金で送金するしかありません。

私は下記記事にも書いているように楽天銀行で入出金していますが、着金までは2~3営業日かかると思っておきましょう。

5種類の入金手段

今現在のAxioryの入出金方法は

  1. 国内銀行送金
  2. Vload
  3. SticPay
  4. クレジットカード

の4種類になりますが、最近は偽造クレジットカードでの不正入金が増えているので、国内銀行送金を利用するほうが良いでしょう。

ただしCurfexの登録が必要なので、ネット銀行を持っていない人はこの二つの登録が必要となるのでかなり面倒と言えます。

少女1
ミミコ
そう考えるとbitwalletで入出金出来なくなったのは、致命的と言えますかね。

ツイッターの評判

さて今度は私の辛口コメントは置いておいて、客観的評価であるツイッターの口コミなどを掲載しておきます。

ツイッターの口コミ1

AxioryはようやくMT5にも対応したので、様々な取引ツールが使える業者になりました。

口コミ2

日本語チャットサービスが利用できるようになったので、気軽に問い合わせが出来そうですね。

口コミ3

出金も問題なく通過したという口コミです。

口コミ4

bitwalletとの提携解除は、やはり誰しも手間が増えて面倒になったという意見が多かったです。

口コミ5

スキャルピングにも適していて、初回入金金額も1万円と低めの設定となっています。

口コミ6

追証がないゼロカットシステムを採用していて、完全信託保全完備ではなく資金補償がある分別管理ですかね。

口コミ7

サーバースピードが早くサポートも良好というご意見です。

口コミ8

XMtradingと比べるとスプレッドでかなりの格差があるので、Axioryを利用しすると他を利用しづらいでしょう。

口コミ9

メインはiFOREXでスプレッド次第でAxioryと書いているので、iFOREX
が弱いオセアニア通貨の話かな

口コミ10

個人的には海外FXはコストが割高なので、スキャルピング取引には不向きだと思います。

口コミ11

上記もやはりコスト対策の口コミです。

口コミ12

まあこのようにコストパフォーマンスが優良という内容がメインでしたね。

後はスタンダード口座の約定は遅いというレビューも見かけましたので、やはりナノかテラ口座がメインとなりそうです。

これらの口コミを見てまとめると

  • 出金トラブルは見受けられない
  • コストパフォーマンスは高い

という評価が多いことが分かったと思います。

これらの要点を集約してAxioryに向いている人は

  1. 海外FXでも狭いスプレッドを重視する人
  2. 中長期でスワップを稼ぎたい人
  3. cTraderを利用したい人
  4. 両建てやスキャルピングの制限を受けたくない人
  5. 出金トラブルがない優良業者を利用したい人

逆に向いていない人は

  1. ボーナス取引を前提に海外FX取引を行っている人
  2. レバレッジ400倍では物足りない人
  3. 損切設定が出来ない人

が該当します。これらのポイントだけ読んでおけば、後のその他の情報は読まなくてもいいでしょう。

公式サイトへ

下記では「口座開設」→「入金方法」→「取引ツールのインストール」(MT4とcTrader)→「MT4取引ツールの使い方」→「MT4のチャートの推奨設定」→「MT4の注文方法」まで出来るように詳しく紹介しています。

それではもう少し掘り下げて、細かい情報まで紹介していきたいと思います。

海外FXブロガーの口コミ

男性のイラスト

このブログではもはや恒例となった、その他の海外FXブロガーが書いている内容に対しての辛口コメントを紹介しておきます。

ただしAxiory自体は平凡なスペックなので、ツッコミどころもあまりないのが特徴です。

  1. 実際どれくらいのスピードなの?実際にやってみた感じ、AXIORYはどの時間帯でもすぐに動いてくれました。
  2. cTraderは短期売買に特化したプラットフォームで、動作スピードが早くワンクリック注文が即座に通る
  3. 「ストップ狩りで意図的に負けさせられるかも…」のような心配は一切不要
  4. XMとスプレッドを比較

と想像どおり記事の長さの割には、どのブロガーもほとんど同じ内容ばかりで大したことを書いていませんでした。

これらを解説してみると

  1. すぐに動いてくれました? 全然意味不明で吉本興業の松本人志さんの「松本動きます」のツイッターから引用したのかな
  2. 最初に書いたようにロスカットシステムが作動しなかったので、動作スピードには懐疑的で微妙な評価
  3. ストップ狩りの口コミは基本早朝や経済指標前後に多いので、早朝にスプレッドが広がるAxioryも当然対象に入ります。
  4. 基本XMtradingはスプレッドが広い業者に入るので、比較対象にはならない。

Axioryと比較する条件はボーナスなどの特典がないか、少ない業者でコストパフォーマンスで勝負している下記の業者との比較が適正です。

少年
トレ太
上記記事を見ればわかるように、コストが割高なXMtradingと比べているブロガーなどは、単純に自分の記事を良く見せかけようとしている主観的な記事が多いのです。
少女1
ミミコ
海外FXのA社は危険で駄目だがB社がいい!

と書いてあるブログは、単純に読者に危機感を募らせて別業者へ誘導しているだけがメインのブログばかりです。

私のように実際に使ったかどうかをチェックしてみると、情報の信頼性が違ってきます。

少女1
ミミコ
要するに使ってみて良かった点とダメな点を書いてあるブログの記事を読むといいでしょう。
少年
トレ太
どこにでも書いてある内容を強調している記事は、実際にトレードしていないブログがメインです。

運営会社Axiory Global Ltd.の評判

Axioryは、2007年からの設立で2010年にFXプロバイダーを創業しています。

金融ライセンスはIFSCから取得し公式ページに掲載していますが、「あれば安全」・「無ければ危険」というのではなく、無いよりかはあったほうがいいでしょう。

金融ライセンス

少女1
ミミコ
ライセンスにしろ信託保全や保険の加入が明記されたとしても、実際に倒産したらどうなるかわかりませんからね。
少女2
カワコ
そうそう!要は人気の海外FX会社であれば、倒産や日本から撤退する可能性は低いからね。

またThe Financial Commissionに加盟することで、仲裁の役割を担うこのThe Financial Commissionが、実行力のある公正な判断を下し、1件の苦情から特別補償基金で最大20,000ドルまでの損害の補填をしてくれるという内容を掲載しています。

要するにAxioryは、面倒なグループに加盟したことで企業としての透明性をアピールしていることになりますが、実際裁判が起きたらどうなるか誰もわかりません。

少年
トレ太
こういうのも参考情報として、インプットしておくだけです。
少年
トレ太
また最近までbitwalletで出金できていたのが、急に中止となったのでネット上では結構話題になったのです。

これはAxioryの経営が危ないから取引を停止したわけではなく、国内銀行送金に対応するためユーロ圏以外への送金を制限するSparkasse銀行の指示に従えなかったため、取引停止処分を受けた影響であるということ。

侍
ドル蔵
bitwalletの判断も厳しいですね。利用者からすればただのいい迷惑です。

実際トレードしたらわかると思いますが、bitwalletで入出金出来ないのは痛すぎます・・・・

資金管理体制

Axioryの資金の管理は分別管理を実施しています。

当社では、顧客からお預かりしたすべての口座タイプ(「スタンダード口座/ナノスプレッド口座/MultiTrader口座)の資金は、一旦お客さま資金保全先である、「Doha Bank」の分別管理保管口座へ入金され、当社運営資金とは完全に分離した状態にて管理保管されます。

分別資金の権限

また分別保管されている資金を引き出す場合には、監査(第三者)機関を間にいれることで、Axioryが破綻した場合には、監査機構が一時的な管財人となり資金が顧客に返還される仕組みを作っています。

こういった資金に対する取り組みは、数々の海外FX業者の資金管理を見てきた中で一番しっかりしており、明確に公式サイトに記述してある点ではかなり評価が高いと言えるでしょう。

一応サポートにも確認したので、証拠のメール内容を掲載しておきます。

信託保全の内容

しかしこういった記述があるからといってAxioryが倒産して、必ず資金が戻ってくる保証はどこにもありません。

少女1
ミミコ
あくまで海外FX業者を選ぶ要素の一つとして考えておきましょう。
少女1
ミミコ
そうそう!これがあるから安心・安全と書くブログは何の保証もないことを強調しているだけです。
少年
トレ太
この手の情報の真実は誰もわからないのが当たり前です!

広告出稿

Axioryはネット上に広告を出稿しています。

ヤフーリスティング広告

上記はリスティング広告といい、ネット利用者が目に留まりやすい場所に自社の広告を表示することで、利用者を増やそうとする広告になります。

こういった広告を掲載するのには一定の資金が必要な点と、企業審査もあるのでこれらをクリアしているという点ではAxioryの危険性が低いことが分かると思います。

金融ライセンスの有無や資金管理内容を見るより、どちらかというとこういった活動状況を見るほうがいいと思います。

少年
トレ太
Googleでのリスティング広告を見つけることが出来なかったのですが、これはまた見つけ次第掲載していこうと思います。

後はスポンサー契約やFXブローカー賞などの表記はなかったので、こういった所にはお金はかけていないという企業になります。

少女2
カワコ
スポンサー契約などは資金の潤沢さをアピールできるポイントになるので、無いよりかはあったほうがいいのですけどね。

海外での評価

海外FX口コミサイトの評価

海外FX口コミサイトの評価

Axioryの評価は星3.6以上 これはこのブログで紹介してきた業者の中ではTOP3にランクインします。

この評価も高いからと言って「信ぴょう性が高い」わけでもありませんが、日本のブロガーが評価する内容よりかは参考になると思います。

少女1
ミミコ
あくまで参考情報の一つとしてみるといいでしょう。

ただこの口コミサイトで「評価無し」とか「検索結果無し」と表示される別の海外FX業者を見てみると、意外にその後消えて行っています。

少女1
ミミコ
なので意外とこの口コミサイトの評価は、他の情報よりかなり参考になっているのが率直な感想です。

サポートの評判

Axioryのサポートは完全日本語対応していますので、実際にやり取りした内容をいくつか例を紹介しておきます。

サポートとのやりとり1

公式サイトに書いてあるスワップの表示について聞いて見た質問です。

サポートとのやりとり2

同じくスワップの計算方法について聞いてみました。
ややこしいのでスワップ取引を考えている人は参考にしてみてください。

サポートとのやりとり3

申し込みを間違えて別のメールアドレスで申請したため、上記のような修正依頼メールが来ました。
日本語を読んでみても、日本人がきちんと送付しているレベルであることが分かります。

サポートとのやりとり4

こちらは自動メールっぽいですが、まあ送付メールのひな形を用意してあるのでしょうね。

ctrader口座情報

cTrader口座を開設したらこんな英語でのメールが送られてきました。
あまり英語でメールが来ることはないのですが、まれに上記のような英語表記のメールが送られてきます。

お知らせメール

お知らせメールなどは、上記のように普通に日本語で送られてきます。
新商品の販売を提供したようで、CL(原油)インデックスとBrent(ブレント原油)インデックスが新たにラインナップに加わりました。
少女1
ミミコ
最近の原油価格がマイナスになった影響で作られた商品のようですね。

サポートはまだ細かい質問はしていないので何とも言えませんが、今のところ日本人が対応しているので、質問内容が伝わりにくいなど困ることはなさそうです。

注文や約定の評判

Axioryの取引ツールはMT4とMT5とcTraderの利用が出来るようになりました。

以下の媒体で操作可能です。

  1. パソコン
  2. MAC(cTrader非対応)
  3. スマホ(iPhoneとAndroid)
  4. タブレット
  5. Webトレーダー(取引ツールをインストールしないで使えるツール)

cTraderにもWebバージョンもあるので、いちいちインストールして設定するのが面倒な人は、Open Web versionを選ぶと簡単に利用可能です。

Axioryはスキャルピングや両建て取引に制限がないので、自由度が高い点では高評価と言えます。

参考記事

エキスパートアドバイザの使用制限もないのでEAを利用したい方も存分に利用できます。

世界最大の金融インフラ、エクイニクス社のバックボーンを利用したり公式サイトに「約定スピード」や「スリッページ率」を掲載しています。

Axioryは全体的にアピールポイントが少ないので、こういった情報に関してはかなり詳しく掲載しています。

スタンダード口座にはNDD STP方式をナノ口座にはNDD ECN方式を採用しています。

少女2
カワコ
個人的な感想を言うと約定も遅い場合はよくわかりますが、早すぎても体感ではほとんどわかりません。

STP方式とECN方式との違いは

  1. STP 流動性の低い時間帯は約定拒否(リクオート)などがあり約定スピードが遅い
  2. ECN 約定拒否などはほとんどなく、約定スピードが早い

と思っておけば大丈夫です。これは実体験で分かったことなので、大いに参考になるでしょう。

DD方式とNDD方式の差で言えば、DDはほぼ固定スプレッドでレートを提供していて、NDDだと完全変動スプレッドという認識でいいと思います。

少年
トレ太
変動スプレッドだと約定したときの値が、スリッページなのか変動スプレッドの変動で滑ったのかよくわかりません。

ということを知っておくといいでしょう。

実際に利用した私が感じた操作性もいくつか紹介しておきます。

Axioryにログインすると下記ダッシュボードが表示されます。

ダッシュボード

ダッシュボード内の操作スピードは早いですが、その前のログイン画面からログインするまでが遅い印象です。

上記画像の通り一度に複数の口座が作成できるので、MT4口座とcTrader口座を開設して取引ツールの使い勝手を比べてみるといいでしょう。

侍
ドル蔵
スタンダード口座を開設するメリットもないのですが、スプレッドをどうしても比べたい人などが利用します。

まとめ

Axioryの評判と危険性を調べた評価とトレードした感想でした。

おさらいをしておくと

  1. スプレッドの狭さは業界トップレベル
  2. 出金は国内銀行送金で可能
  3. スワップ狙いの中長期トレードも可能な海外FX業者
  4. ボーナスキャンペーンが滅多にないので、少額トレーダーには不向き
  5. 話題のcTraderが利用できる
  6. ロスカットがイマイチなので、必ずストップロスの設定が必要

日本でも海外でも口コミなどは高い評価を得ている海外FX業者なので、実際に出金トラブルなどの可能性は低い優良業者には違いありません。

侍
ドル蔵
比較的大きなお金を入金しても良いレベルの業者と言えます。

ボーナスなどがないので、一回の取引で大きなトレードは出来ませんが、ある程度資金があってハイレバレッジ取引を考えている人にはおすすめの業者と言えます。

Axioryに興味が出た人は、下記で画像付きで口座開設の手順を紹介していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

注目記事