Axioryのスプレッド一覧&口座タイプの種類と特徴

ブログの閲覧数今日の読者数 113
昨日の読者数 670
総閲覧数 492667

Axiory(アキシオリー)はスプレッドの狭さだけが、アピールポイントという海外FX会社です。

かといって海外FX業者で一番狭いスプレッドを提供しているわけではありませんが、最低入金金額が1万円からという仕様です。

他社では狭いスプレッドの口座を利用するには、10~30万円の口座残高が必要ですから低コストで低スプレッド口座を利用したい人向けと言えます。

ここでは口座ごとのスプレッドから、その他特徴などを調べてみましたので、利用を考えている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

AxioryのFX銘柄のスプレッド

Axiory
ここでは取引ツールのMT4で調べた、Axioryの2種類の口座のスプレッドをそれぞれ紹介していきます。

主な注意点は

  1. スタンダード口座は取引手数料は無料
  2. ナノスプレッド口座は、往復の取引手数料6ドルを0.6pipsで下記表に加算

という点です。

上記二つの口座では取引ツールのMT4とcTraderが利用出来ますが、どちらを利用しても口座名が同じであればスプレッドも一緒です。

ちなみにAxioryの1lotは10万通貨の取引になるのですが、0.1lot取引の場合は往復の取引手数料は0.6ドルに縮小されます。

取引手数料を加算していないナノスプレッド口座のスプレッドは、下記に進むとスクリーンショットで紹介しています。

Axiory クロス円とドルストレート
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円
スタンダード口座 1.3pips 1.2pips 1.9pips 1.8pips 1.8pips 1.8pips 1.9pips
ナノ口座 1.0pips 1.0pips 1.4pips 1.3pips 1.5pips 1.2pips 1.2pips
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
スタンダード口座 1.2pips 1.6pips 1.8pips 1.7pips 1.9pips 1.8pips
ナノ口座 0.8pips 0.9pips 1.2pips 1.2pips 1.0pips 1.1pips

ここは平均値の表示がなく、リアルタイムレートで公式サイトに掲載しています。

少女2
カワコ
早朝や週末時にはスプレッドは拡大するので、その時間帯で見た場合は大きく値が異なるので注意が必要です。

公式サイトへ

次はユーロクロスやポンドクロスなど

Axiory クロス銘柄
ユーロクロス EUR/GBP EUR/AUD EUR/NZD EUR/CAD EUR/CHF
スタンダード口座 1.5pips 2.2pips 3.2pips 1.9pips 1.8pips
ナノ口座 0.9pips 1.2pips 2.6pips 1.5pips 1.2pips
ポンドクロス他 GBP/CHF GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD CAD/CHF
スタンダード口座 2.6pips 3.4pips 3.0pips 2.7pips 2.3pips
ナノ口座 2.0pips 2.8pips 2.2pips 2.1pips 1.7pips
豪ドルクロス他 AUD/NZD AUD/CHF AUD/CAD NZD/CAD NZD/CHF
スタンダード口座 2.4pips 2.1pips 2.1pips 2.3pips 2.2pips
ナノ口座 1.6pips 1.2pips 1.2pips 1.7pips 1.4pips

見ての通り全体的に狭いスプレッドが提供されています。ここは私が調べた海外FX業者数十社の中でも、3本の指に入るコストの安さです。

ボーナスなどの特典はないですが、ハイレバレッジと低コストトレードを目指しているなら、Axioryは選択肢の一つに入れてもいい業者と言えます。

下記は取引ツールのMT4で調べたスプレッドのスクリーンショットです。

侍
ドル蔵
変動スプレッドなので、下記のスクリーンショットの値は誤差があります。

スタンダード口座のスプレッド28銘柄一覧

スタンダード口座28銘柄一覧

ナノ口座の28銘柄の一覧を画像で掲載しておきます。ナノ口座の28銘柄の一覧

スタンダード口座を利用するメリットは特にないので、コスト面を見てもナノスプレッド口座を利用するといいでしょう。

少年
トレ太
後は取引ツールをMT4にするかcTraderにするかなのですが、利用した感想でいえばcTraderの使い方を説明している記事が少ないので、操作を覚えるのは難しいというところです。

その他の海外FX業者とスプレッドを比べてみたい人は、下記で口座ごとでチェック出来ます。

今度は口座タイプの特徴などを詳しく調べてみましたので紹介していきたいと思います。

Axioryの口座の特徴

Axioryは2種類の口座「スタンダード」「ナノスプレッド」がメインとなります。

それぞれの口座の相違点と共通点を比べてみると

Axioryの各口座の相違点
口座の種類 スタンダード口座 ナノスプレッド口座
取引手数料 無料 往復6ドル
注文方式 NDD STP方式 NDD ECN方式

と相違てはわずか二点のみという非常に違いが分かりやすい海外FX業者です。

もちろんコストであるスプレッドは口座で異なりますが、以下は全て共通仕様となります。

Axioryの各口座の共通点
最大レバレッジ 400倍
ボーナス なし(年始にお年玉ボーナスがあるくらい)
スプレッド 変動
最低入金金額 1万円(ただし2万円以上入金しないと手数料1,500円がかかる)
最大注文数(1銘柄) 1,000lot(1lotは10万通貨)
最低取引量 0.01lot(1,000通貨)
マージンコール 50%を下回ると警告表示
証拠金維持率 20%以下でポジションがロスカット
口座の通貨 円 ドル ユーロ
両建て 可能
スキャルピング 可能
取引ツール cTrader MT4 使い方の記事 → MT5/MT4アプリの使い方
銘柄の種類 61通貨
FXの取引時間 冬 月曜日 7:04 ~ 土曜日 6:58
FXの取引時間 夏 月曜日 6:04 ~ 土曜日 5:58

二つの口座はゼロカットシステムを採用しているため、取引をしてポジションが逆にいって口座残高がマイナスになっても追証は発生しません。

侍
ドル蔵
スペック的には一般レベルだけど、最大取引量1,000lotはなかなか見かけない仕様だね。

レバレッジは400倍と他企業より低い仕様で、口座残高が10万ドルを超えると300倍に制限されます。

少女2
カワコ
ただ両建てやスキャルピングに制限がないので、取引に関していえば自由度が高い海外FX業者なのです。
少年
トレ太
ただし他社と違いボーナス制度が年始ぐらいしかないので、取引コストと約定力が売りの企業なのです。

口座の通貨は基本的な円やドルが選べるので、円安トレンド時にはドル建て口座を開設するほうがおすすめです。

ドル建て口座した場合のメリットやデメリットを知りたい人は、下記記事でまとめています。

Axioryの口座選びのポイント

追加口座画面

Axioryにはデモ口座を入れると3種類の口座があります。

簡単に口座の選び方のポイントを挙げると

  1. デモ口座 主にFX注文方法や取引ツールの使い方などを覚える口座
  2. スタンダード口座 手数料は無料だがナノ口座よりスプレッドは広い
  3. ナノスプレッド口座 スプレッドが狭く取引手数料が発生するがこの口座を選ぶのが基本

という解釈でそれぞれの口座を開設するといいと思います。

少女1
ミミコ
よく海外FXブロガーが「スタンダード口座」が人気!

という内容を見かけますが、今のところスタンダード口座を選ぶメリットは特にないので、ナノ口座から始めるといいでしょう。

少女1
ミミコ
スタンダード口座を選んでも取引手数料が無料なだけで、トータルコストはナノスプレッド口座のほうが上だからね。

取引ツールはMT5の利用は不可で、MT4とcTraderが利用出来ます。

少女2
カワコ
MT5が使えないと言う点は、他社と比べると遅れている印象と言えます。

cTraderのほうが高機能ですが、使い方を紹介している記事が少ないのでMT4口座を選ぶほうが無難かもしれません。

一応下記でcTraderのインストール手順まで紹介していますが、やや面倒でした。

MT4なら利用者も多いので、操作方法などわからない点があればすぐにネットで調べることが可能です。

一応下記ではその使い方をまとめています。

スタンダード口座の特徴

スタンダード口座

スタンダード口座の主な特徴は上記にも書きましたがナノ口座より優位な点は

侍
ドル蔵
「取引手数料が無料」

という点だけです。

スタンダード口座のNDD STP注文方式とは、顧客の注文と異なる注文を出してFX会社が利益を出す方式ではない「透明性の高い」注文方式を指します。

とよく見かけますが、実際に両方利用した私が思うSTP方式とECN方式の違いは

  1. STP方式 取引手数料が無料の口座が多く(全部ではない)約定力はECN方式より遅く、リクオート(約定拒否)などが発生しやすい
  2. ECN方式 取引手数料がかかるが、どの口座よりもスプレッドは狭く、約定スピードも速いしリクオート(約定拒否)などが発生しにくい。

という解釈で利用するといいでしょう。

少女1
ミミコ
DDとNDDの違いは普通に取引していれば分からないから、ほぼほぼ無視していいと思うよ

実際に口座を開設すると下記のような区分けになります。

実際に開設した4種類の口座

  • cTreder スタンダード口座
  • MT4 スタンダード口座
  • cTreder ナノ口座
  • MT4 ナノ口座

最大10個まで口座は開設出来るのですが、実質的には「スタンダード」と「ナノ」の2種類を開設して、スプレッドを比べたり使い勝手を見るのが基本です。

後は年始にあるお年玉キャンペーンをもらう場合には、スタンダード口座でもナノ口座でも対象口座なので、スタンダード口座を選ぶメリットは今のところ見当たらないと言えます。

他社ではスタンダード口座を選ぶとコピートレードが出来たり、EAを利用できたりと何かしら特典があるのですが、Axioryのスタンダード口座は何も特典がありません。

あえて使うとしたらナノスプレッド口座でポジションを持った際に、相場の急変動に備えて余った資金を資金移動させる方法ぐらいと言えます。

例えば資金20万円でポンド円のポジションを3lot(30万通貨)持ったとします。

そうするとレバレッジ400倍であれば、レート次第ですが余剰資金は5~9万円くらい残ります。

少女1
ミミコ
この余剰資金をナノスプレッド口座からスタンダード口座へ移動しておきます。

たまに1分で100pips動く日もある怪物通貨ですから、こんな日に遭遇すれば、ロスカットが間に合わず資金30万円が0円になることもあるのです。

これを防ぐために、ポジションを持った後資金を移しておけば、上記の状況に陥っても5~9万円の資金が残ります。

少女1
ミミコ
海外FXはハイレバレッジ取引ですから、こういった資金移動を有効に活用することが重要です。

参考記事

スタンダード口座を開設するのに向いている人

  1. ナノ口座とスプレッドが比較してみたい人
  2. 手数料が無料なので計算せずコストの算出が行いたい人

が該当します。

侍
ドル蔵
手数料がからむ口座はFX取引で負けた時にスプレッドと手数料が引かれるため、より負けた気分になりますからね。

ナノスプレッド口座の特徴

ナノ口座は取引手数料が往復6ドルかかりますが、トータルコストで見るとスタンダード口座より取引コストが抑えられる口座です。

少女1
ミミコ
取引手数料は1lotで往復6ドルのため、0.1lot(1万通貨)の場合は0.6ドルに縮小されます。

またAxioryは一銘柄で最大1,000lotの注文が可能なので、資金が豊富なトレーダーにも優位な環境が整っています。

スキャルピングなどもほとんど制限がないので、大口でスキャルピング取引したい人にはおすすめの口座と言えます。

NDD ECN方式を採用しているので、STP方式の口座よりも約定は早くスリッページやリクオートなども発生はしずらいと言えます。

ナノ口座を開設するのに向いている人

  1. 制限なく海外FXハイレバ取引を楽しみたい人
  2. とにかく低スプレッドでコストを抑えたい人

が該当します。cTraderもどちらの口座でも利用可能なので、口座開設時にツールの選択をcTraderにするだけですから、最初にこの点だけを間違えないように注意しておきましょう。

デモ口座の特徴

デモ口座画面
Axioryのデモ口座はMT4とcTraderの両方が体験でき、レバレッジも1~400倍まで選択可能です。

侍
ドル蔵
このブログに掲載しているスプレッドが信じられない(笑)

と言う人はデモ口座を開設して、正誤性を確かめてみるといいでしょう。

また口座の通貨もEURやUSDの選択が可能なので、ドル建て口座やユーロ建て口座の体験も可能です。

単純に損益の表示がドルやユーロだけに変わるので、そこまで気にしなくていいですがこれらの通貨で口座開設すると為替変動で少し損得が出るという点だけ知っておきましょう。

Axioryは未入金で取引できるボーナスキャンペーンなどは行っていないため、実際デモ口座から始めるFX初心者も多いのが事実です。

ただ他社と違って、デモ口座で賞金を狙えるキャンペーンなどは実施していないのが残念なポイントと言えます。

参考記事

デモ口座を開設するのにおすすめのトレーダーは

  1. cTraderがどんなものか使ってみたい人
  2. 海外FX取引が初めての人
  3. 取引ツールなど操作のイメージを知りたい人
  4. 各口座のスプレッドが知りたい人

などがデモ口座をスタートさせてみるといいでしょう。

その他の口座の特徴

Axioryの口座に関するその他の特徴は

  1. 法人口座の開設は可能です。
  2. 追加口座は10口座まで可能
  3. 満18歳以上なら口座開設可能
  4. 無料の電子メールアドレスでも登録可能
  5. 口座維持費や休眠手数料はかかりません。

とどの海外FX業者と比べても制限がなく利用しやすい構成となっています。

少女1
ミミコ
無料メールアドレスOKの海外FX業者も少ないですからね。

海外FXでは、口座に残高があって一定期間取引を行わないと口座維持手数料が引かれる業者が結構存在します。

その手数料がかからないわけですから、お金だけ入金をしておいてチャンスが来た時に大口トレードをするという戦略がAxioryでは、可能ということになります。

侍
ドル蔵
FXで勝てない人は大体毎日トレードしているからね!もう少し回数を絞れば、ある程度成績は残せると思うよ。

ここからはスワップがもらえる高金利通貨やゴールド、株式などのCFDのスプレッドを紹介していきます。

高金利通貨

Axioryスワップは他社と比べて見ても高い金利を提供しています。

ここではスワップがもらえる高金利通貨をスクリーンショットで紹介しています。

少女1
ミミコ
スワップは日々変動しますので、公式ページか下記手順で確認してください。

スタンダード口座の高金利通貨12銘柄のスプレッド

スタンダード口座の高金利通貨12銘柄

ナノスプレッド口座の高金利通貨12銘柄
ナノ口座の高金利通貨12銘柄

高金利通貨
EUR/TRY EUR/ZAR GBP/ZAR TRY/JPY
USD/ZAR USD/RUB USD/MXN USD/TRY
AUD/ZAR CHF/ZAR EUR/MXN EUR/RUB

ここの高金利通貨は他業者と比べてもかなりの品揃えで、ZARクロスやRUBクロスは豊富にスワップが狙えます。

スワップポイント一覧

一応一部のスワップポイントを掲載しておきます。

侍
ドル蔵
御覧のとおりユーロクロスがかなり魅力的となっています。

その中でも「EUR/RUB」や「EUR/TRY」のスワップはかなり魅力的と言えますが、その代わり凄く広いスプレッドですねぇ。

ゴールドなど貴金属・エネルギーのスプレッド

Axioryは仮想通貨の取り扱いは無いので、その他の銘柄のスプレッドを紹介しておきます。

まずはゴールドやシルバーなどの貴金属と原油から

金銀クロスと原油
銘柄 日本語表記 スタンダード口座 ナノ口座
XAU/USD 金/ドル 4.1pips 2.1pips
XAG/USD 銀/ドル 2.5pips 0.7pips
XPD/USD パラジウム/ドル 137.8pips 137.8pips
XPT/USD プラチナ/ドル 67.4pips 67.4pips
NGAS 天然ガス 1.0pips 1.0pips
CL WTI原油 0.4pips 0.4pips
CL.i WTI原油 インデックス 0.4pips 0.4pips
BRENT ブレント原油 0.5pips 0.5pips
BRENT.i ブレント原油 インデックス 0.5pips 0.5pips

スタンダード口座の貴金属とエネルギー7銘柄一覧

スタンダード口座の貴金属とエネルギーの7銘柄一覧

ナノ口座の貴金属とエネルギーの7銘柄一覧

ナノ口座の貴金属とエネルギー7銘柄一覧

株式指数

最後にAxioryの株価指数CFDのスプレッドを表でまとめてみました。

インデックス
銘柄 日本語&説明 スタンダード口座 ナノ口座
NIKKEI 日経225指数 9.0pips 8.0pips
NSDQ ナスダック総合指数 2.1pips 4.0pips
DOW NYダウ平均指数 5.0pips 2.0pips
SP S&P500種指数 0.8pips 0.7pips
DAX30 ドイツ30種指数 1.4pips 1.3pips
FTSE FTSE100種指数 1.8pips 1.6pips
ASX オーストラリア200種指数 5.6pips 5.2pips
HK50 香港ハンセン指数 6.4pips 6.1pips
STOXX 50 ユーロ・ストックス50指数 2.4pips 2.2pips
CAC フランスCAC40指数 2.0pips 1.8pips

数が多ければいいという訳では無いですが、Axioryのこの辺りの銘柄は、少なめの品揃えとなっています。

なかなかFX取引で利益を出せなかったり余剰資金がある人などは、こういった指数で新しいチャレンジをしてさらなる利益を狙ってみましょう。

スタンダード口座の株式指数のスプレッド10銘柄一覧

スタンダード口座の株式指数の10銘柄一覧

ナノ口座の株式指数の10銘柄一覧

ナノ口座の株式指数の10銘柄一覧

週末クローズ時と早朝時の拡大傾向

今度はAxioryの早朝や週末時の銘柄のスプレッドの広がり具合を調査して比べてみました。


ナノスプレッド口座 早朝時の25銘柄スプレッド一覧

Axioryナノ口座早朝時

スタンダード口座 早朝時の25銘柄

スタンダード口座 早朝時の25銘柄

ナノ口座 週末クローズ時の27銘柄

ナノ口座 週末クローズ時の27銘柄

スタンダード口座 週末クローズ時の27銘柄

スタンダード口座 週末クローズ時の27銘柄

さすがの低スプレッド業者Axioryでも早朝時や週末時は、上記を見てもかなり拡大しています。

Axioryの公式サイトでもリアルタイムスプレッドを表示しているので土日に公式サイトを見てみると、

侍
ドル蔵
なんてスプレッドが広がっている海外FX業者なんだ!

と叫ぶと思います(笑)

これでポジションの持ち越しには、細心の注意が必要であることがわかったのではないでしょうか。

少女1
ミミコ
またストップ狩りの噂は、大体この時間帯によくつぶやかれます・・・・

これはどの海外FX業者も拡大する時間帯なので、この時間帯はあまり取引しないほうがいいということですね。

経済指標発表時の変動幅を調査

今度は経済指標発表時のAxioryの広がり具合をスタンダード口座で調査してみました。

調査した経済指標 英国 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

指標発表30秒前の9銘柄のスプレッド

指標発表30秒前の9銘柄

指標発表直後9銘柄

指標発表直後9銘柄

指標発表30秒後9銘柄

指標発表30秒後9銘柄

少女1
ミミコ
結果を見ると指標発表直後のポンドクロスが一瞬広がり、30秒後には半減しているという結果でした。

その他銘柄ではNZクロスがやや広がって、その他の銘柄はほんの少しだけ拡大しています。

これでも日本のFX会社の広がりを見ると、拡大幅はかなり狭いと思うので海外FX会社は経済指標時にはそこまでスプレッドは拡大しないということが分かりました。

少女2
カワコ
政策金利は経済指標の中でも値動きが激しい部類に入るんだけど、思った以上に拡大しなかったですね。

日常の広がり具合を調査

今度はAxioryの通常時がどのくらい変動するのかを調査。

1分間で「スタンダード」と「ナノ」口座の変動具合を、スクリーンショットで固定して画像で掲載してみました。

変動スプレッドというものが、短期でどれくらい動くのか知りたい人が参考にしてください。


1回目のスタンダード口座の9銘柄の調査スプレッド1回目のスタンダード口座の9銘柄

2回目
2回目のスタンダード口座の9銘柄
3回目
3回目のスタンダード口座の9銘柄

1回目のナノ口座の9銘柄の調査スプレッド

1回目のナノ口座の9銘柄の調査
2回目
2回目のナノ口座の9銘柄の調査
3回目
3回目のナノ口座の9銘柄の調査

目だった動きとしては、ユーロ円やNZドル円が0.3pips変動したというぐらいでしょうか。

また最小スプレッドが0.2pips以下のレート表示がほとんどないことが分かります。

少女2
カワコ
どちらにしても、狭い範囲で提供されている銘柄が多いという特徴が分かったと思います。

こういった動きを把握しておくと自分が実際に取引した際に、変動スプレッドの動きかスリッページかの判断がしやすくなります。

値動きが大きいポンドクロスであまり動いていませんから、0.3pips以上違う値で約定するとスリッページが濃厚と言う事ですね。

調査した感想

全体的に見るとAxioryは、安定したスプレッドパフォーマンスが提供されています。

少年
トレ太
あまり利用価値のないスタンダード口座でも、他社と比べてダントツの低さとなっています。

他社ではポンドクロスやNZクロスが広い傾向がよく見受けられるのですが、Axioryはこれらも狭いスプレッドを提供しています。

ここのレバレッジは400倍なので、ハイレバレッジ取引をするにはおとなしめの業者ですが、優れたコストパフォーマンスを提供しているので、メインの業者として利用するにはおすすめです。

スキャルピングトレーダーでもこのコストは納得できるでしょうし、スワップ狙いのトレーダーにもしっかりとした品ぞろえが揃っています。

少年
トレ太
ボーナスなどのキャンペーンはほとんど実施されていませんが、それを補うのがこの低スプレッドだと言えるでしょう。

まとめ

以上がAxioryのスプレッド一覧&口座タイプの種類と特徴でした。

おさらいをしておくと

  1. スプレッドの狭さは業界トップレベル
  2. 高金利通貨の品揃えもトップレベル
  3. 仮想通貨取引は出来ない
  4. スタンダード口座で取引するメリットはない
  5. ナノスプレッド口座を利用するほうがコストは安く済むが取引手数料がかかる
  6. cTraderは利用できるがMT5は利用できない
  7. 大口取引が可能
  8. ボーナスキャンペーンが期待できないので、純粋にコストのみで取引したい人向け

ということです。

最近では公式サイトも一新されて、便利ツールも充実したAxioryですから、興味が出た人は下記で口座開設の手順を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

注目記事