HotForexのスプレッド比較&レバレッジとボーナス等の特徴

2019年11月9日

ブログの閲覧数今日の読者数 1666
昨日の読者数 1909
総閲覧数 205414

数々の金融賞を受賞しているHotForex(ホットフォレックス)は海外では評価も高いので、日本人も安心して利用できる海外FX業者と言えます。1,000倍のレバレッジは少ない資金で取引したい人にも効果的と言えます。

ここではHotForexのスプレッドから口座の特徴など、さまざまな内容を調べてみましたので、HotForexで口座開設を考えている人は参考にしてみてください。

HotForexの特徴

HotForex

HotForexは、日本語対応は申し分がないので使い勝手は業界トップクラスの海外FX業者と言えます。

まずは口座の種類が多いので、どの口座を開設すればいいかの特徴を紹介していきます。

口座名 レバレッジ 最低入金金額 取引手数料(1lot) 最低取引枚数 ロスカット
マイクロ口座 1,000倍 5ドル 無料 0.01lot 10%
プレミアム口座 500倍 100ドル 20%
AUTO口座 200ドル
Zero スプレッド 往復6ドルor8ドル

AUTO口座は自動売買専門の人の口座で、PAMM口座は、HotForex PAMMマネージャーにならないと開設できませんから省略しています。

HFCOPY口座は後に詳しく紹介していきますので、ここではマイクロ・プレミアム・ゼロスプレッド口座メインで書いていきます。

その他の主な特徴は

  1. 金融ライセンスはセントビンセント・グラナディーン金融庁 その他にも数多くの金融ライセンスを取得しています。
  2. 資金は分別管理 その他に最大500万ユーロの民事賠償保険制度に加入しています。
  3. アカウント数は150万以上これだけの利用者は海外FXでもトップレベルに入ります。
  4. 30個以上の業界関係の賞を受賞しています。海外での評価は極めて高い企業なのです。
  5. 追証なしのゼロカットシステムは、急激に値が反対に行ってもマイナス残高を0にリセットしてくれます。

これらを見てもHotForexを利用するのには、不安要素が極めて低いFX業者であることがわかってきます。

1lotは10万通貨なので、最低取引枚数は1,000通貨から取引可能です。

HotForexのスプレッド

HotForexもZEROスプレッド口座はスプレッドは狭いですが、ボーナスの特典がありません。

それを踏まえて口座開設を行いましょう。

zeroスプレッド口座はメジャー通貨で往復6ドルの手数料がかり、マイナー通貨で往復8ドルの手数料がかかりますので、それぞれ0.6pipsと0.8pips換算で下記のスプレッドに含めています。

変動スプレッド
通貨 マイクロ/プレミアム zeroスプレッド 手数料込
USDJPY 1.7pips 0.8pips
EURJPY 1.7pips 1.4pips
GBPJPY 3.0pips 2.0pips
AUDJPY 2.3pips 1.8pips
NZDJPY 2.0pips 2.2pips
CADJPY 2.3pips 1.7pips
CHFJPY 2.9pips 2.4pips

次はドルストレート

ドルストレート 変動スプレッド
通貨 マイクロ/プレミアム zeroスプレッド 手数料込
EURUSD 1.2pips 0.7pips
GBPUSD 1.8pips 1.0pips
AUDUSD 1.5pips 1.4pips
NZDUSD 1.9pips 1.8pips
USDCAD 1.9pips 1.2pips
USDCHF 1.9pips 1.4pips

今度はクロス円に動きがない時に利用したいユーロクロス

ユーロクロス 変動スプレッド
通貨 マイクロ/プレミアム zeroスプレッド 手数料込
EURGBP 1.8pips 1.2pips
EURAUD 3.9pips 2.4pips
EURNZD 6.9pips 2.8pips
EURCAD 2.6pips 2.4pips
EURCHF 1.9pips 1.9pips

ポンド円より大ヤケドするポンドクロス

ポンドクロス 変動スプレッド
通貨 マイクロ/プレミアム zeroスプレッド 手数料込
GBPAUD 4.5pips 3.1pips
GBPNZD 5.7pips 5.3pips
GBPCAD 4.1pips 4.1pips
GBPCHF 2.4pips 2.4pips

HotForexのボーナスの種類

100%スーパーチャージ
HotForexにも口座入金ボーナスが揃っていて

  1. 100%スーパーチャージ
  2. 100%クレジットボーナス

のボーナスが存在します。ゼロスプレッド口座は両方ともボーナスは適用されません。

後はFBS同様ロイヤリティプログラムがあるので、HotForexトレーディング・リワードに登録しておくと、35本バーで1ドル資金を獲得することができます。

取引初期のランクは「レッド」で1lotにつき6本のバーがもらえます。ランクを上げると1lotにつきもらえるバーも上がっていきます。

100%スーパーチャージの特徴

100%スーパーチャージは口座入金ボーナスとキャッシュバックが両方適用されます。

  1. 18歳以上の口座を開設した人が対象で、プレミアム口座のみ適用されます。
  2. 最初の入金額250ドル以上の入金が対象
  3. 上限は50,000ドルまで
  4. 現金残高が含み損を下回った場合はボーナスが消滅してしまいます。

出金した場合、出金額と同じボーナスが減らされます。別口座への獲得したボーナスの資金移動もできません。

ボーナス獲得額が残っている人は、早めの損切理が大切ということです。

キャッシュバックの内容は

  • 100%スーパーチャージボーナスを選択した場合、マージンコールアラートがなくなるので証拠金残高のチェックが常時必要です。
  • 1ロットあたり2米ドルのキャッシュバックを獲得できますが、最大キャッシュバックは8,000米ドルまでです。

こちらは出金も資金移動も可能ですが、ボーナスが残っている場合は出金してもボーナスが優先的に消えるので注意しておきましょう。

100%クレジットボーナスの特徴

100%クレジットボーナスは、キャッシュバックがない代わりに条件を満たせば出金することが可能です。

  1. 新規入金100ドル以上から適用される口座入金ボーナスです。
  2. 対象口座はマイクロ、プレミアム口座の2種類です。
  3. 上限は3万ドルまでです。
  4. 現金残高が含み損を下回った場合はボーナスが消滅してしまいます。
  5. 条件を満たしてサポートに連絡して90日以内であれば、ボーナスも出金できます。

出金条件はボーナス額÷2のロット数なので

300万円入金した場合は150万lotの取引が必要となります。

1lot 10万通貨なので現実性は低いので狙って獲得するのは難しいと言えますが、いざ出金するときにボーナスが残っているならば、条件を満たしているかどうか確認してサポートへ連絡してみましょう。

いずれにしろ口座入金ボーナスは、日本と比べて広いスプレッドを補填するものであり、資金が少ない人には資金を倍にしてハイレバレッジ取引をするためのサービスなので、過度な期待は禁物です。

その他の特徴

プラットフォーム

取引ツールはMT4とMT5メインなので、そこまで使い方に困ることはないと言えます。

またそれ以外にも上級トレーダー専用の「Trade Terminal」は、プロの取引などを分析できたり、段階的なポジションの解消も自動化できて、オープンポジションなどの分析も可能となっています。

また忘れてしまいがちな経済指標の発表前のタイミングでアラーム設定が出来る「Alarm Manager」や、2つの銘柄の相関関係を比較できる「Correlation Trader」など、他の海外FX会社とは一味違うツールを利用できるのも魅力の一つと言えます。

後はHFCOPY口座を開設して、他人のトレードをコピーしたり、自分のトレード手法を提供することでフォロワーから手数料をもらうという別の稼ぎ方もできますから、FX取引で実績を上げてこれらの口座を開設してみるのも面白いと言えます。

FX以外の金融商品

HotForexは以下の金融商品の取引が可能です。

  1. 仮想通貨
  2. 金属とエネルギー
  3. 債権
  4. インデックス
  5. 株式
  6. コモディティ

仮想通貨は円建てがないので、「BTC/USD」か「BTC/EUR」などの組み合わせ取引になり、株式取引はNASDAQ銘柄が種類が多いのでおすすめです。

コモディティは7種類なので数は少なく「パラジウム」や「プラチナ」などで取引するといいでしょう。金属とエネルギー取引は、直物と先物取引が可能となっています。

債権も「EUBUND.F」「UKGILT.F」「US10YR.F」の3種類なのでやはりFXに力を入れている企業と言えます。

まとめ

以上がHotForexのスプレッド比較&レバレッジとボーナス等の特徴でした。


海外FX初心者などは最初はマイクロ口座やプレミアム口座を開いて、レベルアップしたらZEROスプレッド口座やHFCOPY口座を開設してみるといいでしょう。

スプレッド1,000倍で狙うならマイクロ口座しかありませんから、上記で挙げたポンドクロスなどで一気に100pips以上狙うのが、ハイレバレッジ取引のだいご味と言えるでしょう。

下記は口座開設の手順となります。

スポンサーリンク

おすすめ記事