HotForexのスプレッド80銘柄&FXや仮想通貨などのCFD商品まで

ブログの閲覧数今日の読者数 65
昨日の読者数 475
総閲覧数 354213

HotForex(ホットフォレックス)でこれから取引を考えている人にとって、気になる要因の一つでもあるのがこのスプレッドです。

ここではFXだけでなく仮想通貨やインデックスなど各種のコストを口座ごとに調べています。

また早朝時や週末のマーケットクローズ時には、どれくらい広がるのか、経済指標時にはどう変動するのかまでを詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

HotForexのスプレッド一覧

HotForexの主要3口座のスプレッドを実際に調べてみましたので、公式サイトの平均値と比べてみてください。

ここでの注意点は

  1. マイクロ口座・プレミアム口座・AUTO口座・HFCOPY口座は同じスプレッド
  2. ゼロスプレッド口座は、往復の取引手数料6~8ドルを0.6~0.8pipsで加算して表示

という点です。ゼロスプレッド口座(以下ゼロ口座と書きます。)の0.6~0.8pips加算していない表記は、下記スクリーンショットで確認してください。

HotForex クロス円
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円
マイクロ・プレミアム口座 1.9pips 2.0pips 2.8pips 2.7pips 2.1pips 3.0pips 3.3pips
公式サイトの平均値 1.7pips 1.7pips 3.0pips 2.3pips 2.0pips 2.3pips 2.9pips
ゼロ口座 0.8pips 1.6pips 1.4pips 2.1ips 1.9pips 2.2pips 2.4pips
公式サイトの平均値 0.9pips 1.1pips 1.6pips 1.5pips 1.7pips 1.5pips 1.9pips
HotForex ドルストレート
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
マイクロ・プレミアム口座 1.3pips 1.7pips 1.4pips 2.0pips 2.2pips 1.9pips
公式サイトの平均値 1.2pips 1.8pips 1.5pips 1.9pips 1.9pips 1.9pips
ゼロ口座 0.9pips 1.0pips 1.5pips 1.7pips 1.5pips 1.3pips
公式サイトの平均値 0.9pips 1.1pips 1.2pips 1.2pips 1.1pips 1.4pips

やや高めのコストに見えますがそれをカバーするのが入金ボーナスとキャッシュバックです。

参考記事

少女2
カワコ
ゼロ口座なら口座開設する価値はありそうね
侍
ドル蔵
マイクロ・プレミアム口座は、入金ボーナスとキャッシュバック狙いの口座だからコストは割高なんだよ

次はユーロクロスやポンドクロスなど

HotForex クロス銘柄
ユーロクロス EUR/GBP EUR/AUD EUR/NZD EUR/CAD EUR/CHF
マイクロ・プレミアム口座 1.9pips 3.7pips 7.5pips 3.6pips 2.5pips
ゼロ口座 1.5pips 2.6pips 3.0pips 2.9pips 1.8pips
ポンドクロス GBP/USD GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF
マイクロ・プレミアム口座 1.7pips 7.0pips 5.2pips 4.7pips 2.3pips
ゼロ口座 1.0pips 4.0pips 3.0pips 2.6pips 2.1pips
豪ドルクロス他 AUD/NZD AUD/CHF AUD/CAD NZD/CAD NZD/CHF
マイクロ・プレミアム口座 4.4pips 5.1pips 3.4pips 5.5pips 4.4pips
ゼロ口座 2.5pips 3.0pips 2.3pips 2.6pips 1.9pips
侍
ドル蔵
ぼちぼち狙えそうな銘柄はあるよね。GBP/AUDなら値動き的にも魅力的な通貨だよ。
少女1
ミミコ
この辺りの銘柄は1日の値幅が大きいから、どうしてもスプレッドは広くなるね

実際に取引ツールのMT4/MT5から銘柄を表示させて調べた、HotForexの3口座のスプレッドのスクリーンショットをそれぞれ紹介していきます。

公式サイトの平均値以外のリアルなレート表示が見たい人が参考にしてください。

侍
ドル蔵
変動スプレッドなので、下記のスクリーンショットの値は誤差があります。

実際に調査した際のマイクロ口座・プレミアム口座・AUTO口座・HFCOPY口座のスプレッド27銘柄一覧マイクロ口座とプレミアム口座の27銘柄一覧

ゼロ口座27銘柄一覧

ゼロ口座の27銘柄一覧

通貨の横に小文字のbが付いているのがゼロ口座の特徴でもあります。

などなど。

少女2
カワコ
ゼロスプレッド口座は取引手数料はメジャー通貨が往復6ドルで、マイナー通貨が往復8ドルです。
取引手数料往復6ドルのメジャー通貨
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY CAD/JPY CHF/JPY
EUR/USD GBP/USD EUR/CAD EUR/CHF EUR/GBP
GBP/CAD GBP/CHF USD/CAD USD/CHF CAD/CHF
侍
ドル蔵
上記銘柄以外のその他の通貨は往復8ドルかかります。
少女2
カワコ
日本ではメジャー通貨のクロス円も海外FXでは、マイナー通貨になる銘柄もあるので驚きですね。

他社と比べてみたい人は下記をクリックすると銘柄ごとで比べることが可能です。

早朝や週末時のスプレッド

HotForexの早朝時間や週末のマーケットクローズ時のスプレッドは、日本のFX会社同様拡大傾向にあります。

ここではそれぞれの時間帯での広がり具合を調査してみました。

少女1
ミミコ
ただし広がり具合は一定ではないので、あくまで参考情報として読んでください。

マイクロ・プレミアム口座の週末時のスプレッド32銘柄一覧マイクロ・プレミアム口座の週末時の32銘柄一覧

マイクロ・プレミアム口座の早朝時26銘柄一覧

マイクロ・プレミアム口座の早朝時の26銘柄一覧

ゼロ口座の週末時33銘柄一覧

ゼロ口座の週末時の33銘柄一覧

ゼロ口座の早朝時25銘柄一覧

ゼロ口座の早朝時の25銘柄一覧

これらの主要銘柄を一部抜粋して下記表で比べてみました。

単純に広がり具合を見るため、ゼロ口座は取引手数料を含まない表示としています。

通常時と早朝時、週末時の広がり具合を比較
口座名 マイクロ・プレミアム口座 ゼロ口座
通貨 通常時 早朝時 週末時 通常時 早朝時 週末時
USD/JPY 1.9pips 2.9pips 4.8pips 0.2pips 1.1pips 2.4pips
EUR/JPY 2.0pips 3.0pips 12.1pips 1.0pips 2.4pips 8.0pips
GBP/JPY 2.8pips 5.5pips 12.0pips 0.8pips 3.7pips 8.0pips
AUD/JPY 2.7pips 3.5pips 12.6pips 1.3pips 1.6pips 10.0pips
EUR/USD 1.3pips 1.5pips 7.6pips 0.3pips 0.5pips 2.0pips
GBP/USD 1.7pips 3.4pips 15.0pips 0.4pips 1.8pips 16.3pips
AUD/USD 1.4pips 2.0pips 7.7pips 0.7pips 0.6pips 6.3pips

上記の違いを見てもらえればわかるように、早朝時より週末時にはかなり拡大しています。

少女2
カワコ
ということは週末にポジションの持ち越しを考えている人は、20pipsぐらいの広がりを見ておくべきと言う事です。

週明けは上下の窓開けリスクも存在するので、持ち越しを考えている人はくれぐれも資金管理をきちんとしておきましょう。

経済指標発表時の変動幅を調査

折角なので経済指標発表時のスプレッドが、どれくらい広がるのかをプレミアム口座で調査してみました。

調査した経済指標 豪ドル 1-3月期 四半期消費者物価(CPI)

指標発表30秒前の9銘柄のスプレッド

指標発表30秒前の9銘柄

指標発表直前9銘柄
指標発表直前の9銘柄
指標発表直後9銘柄
指標発表直後の9銘柄

プレミアム口座の経済指標発表前後の広がり具合を比較
通貨 通常時 指標発表前 指標発表直前 指標発表直後
USD/JPY 1.9pips 3.3pips 3.4pips 3.5pips
EUR/JPY 2.0pips 3.5pips 3.5pips 3.5pips
GBP/JPY 2.8pips 4.8pips 5.0pips 5.1pips
AUD/JPY 2.7pips 4.3pips 6.6pips 5.4pips
NZD/JPY 2.1pips 4.1pips 6.6pips 4.1pips
EUR/USD 1.3pips 1.7pips 1.8pips 1.8pips
GBP/USD 1.7pips 2.8pips 2.6pips 2.7pips
AUD/USD 1.4pips 3.3pips 4.3pips 3.6pips
NZD/USD 2.0pips 3.3pips 4.8pips 3.6pips

ここで見ておきたいのは、豪ドルの経済指標の発表なのでオセアニア通貨のpipsです。

日本のFX会社と比べても、広がり具合は狭いと言う事が分かりました。

侍
ドル蔵
日本のFX会社では経済指標時発表時には10pips以上は平気で広がりますからね。

これぐらいなら、経済指標時発表前後でロスカットされるというレベルではありませんね。

少女1
ミミコ
もちろんギリギリロスカットの水準にいる人は別ですけど・・・・

日常の広がり具合を調査

今度はリアルに1分で3回のスクリーンショットで、プレミアム口座とゼロ口座の変動を調べてみました。

変動スプレッドがどれくらい動くのかが知りたい人が参考にしてください。


1回目のプレミアム口座の9銘柄の調査スプレッド1回目のプレミアム口座の9銘柄の調査

2回目
2回目のプレミアム口座の9銘柄の調査
3回目
3回目のプレミアム口座の9銘柄の調査

1回目のゼロ口座の9銘柄の調査スプレッド

1回目のゼロ口座の9銘柄の調査
2回目
2回目のゼロ口座の9銘柄の調査
3回目
3回目のゼロ口座の9銘柄の調査

これらを下記でまとめてみました。

下記のゼロ口座の「往復取引手数料」は含めていないpipsになります。

通常時の変動調査
対象口座 プレミアム口座 ゼロ口座
銘柄 1回目 2回目 3回目 1回目 2回目 3回目
米ドル円 1.8pips 1.8pips 1.9pips 0.3pips 0.3pips 0.3pips
ユーロ円 2.0pips 1.9pips 2.1pips 1.0pips 1.1pips 0.9pips
ポンド円 2.8pips 3.3pips 3.1pips 1.2pips 0.9ips 1.1pips
豪ドル円 2.8pips 2.9pips 2.6pips 1.3pips 1.5pips 1.2pips
NZドル円 1.7pips 2.0pips 2.0pips 0.8pips 0.7pips 0.8pips
ユーロ/米ドル 1.6pips 1.4pips 1.6pips 0.3pips 0.3pips 0.4pips
ポンド/米ドル 2.0pips 1.9pips 2.0pips 0.6pips 0.4pips 0.4pips
豪ドル/米ドル 1.8pips 1.7pips 1.7pips 0.7pips 0.7pips 0.7pips
NZドル/米ドル 1.7pips 2.1pips 2.2pips 1.0pips 0.8pips 0.6pips

思ったより変動する銘柄が少なかった結果になりました。

豪ドルよりNZドルクロスのほうが狭いので、少額資金のトレーダーなら少ない証拠金でトレード出来るNZドル関連の銘柄はおすすめです。

少女1
ミミコ
ただしゼロスプレッドという名称の割には0.0pipsを表示した銘柄がなかったのが残念ポイントと言えます。

上記は日本時間の16:30頃に調査したので、NY時間ではもう少し狭くなるのでしょう。

高金利通貨

高金利通貨と言えば、魅力的なスワップとは対照的にどこの海外FX業者もスプレッドは広いのが一般的です。

銘柄 マイクロ・プレミアム ゼロ口座
USD/TRY 95.0pips 27.1pips
USD/RUB 850.9pips 850.8pips
USD/MXN 70.0pips 47.4pips
USD/ZAR 90.0pips 46.6pips
EUR/ZAR 100.0pips 78.6pips
GBP/ZAR 200.0pips 144.7pips
ZAR/JPY 3.7pips 0.4pips

各銘柄のスワップは下記でまとめています。

ここでは代表的な高金利通貨をスクリーンショットで貼り付けてみましたので、上記の公式サイトの平均値と比較してみてください。

高金利通貨7銘柄のマイクロ・プレミアム口座のスプレッド一覧

マイクロ・プレミアム口座の高金利通貨7銘柄

少女2
カワコ
ここは高金利通貨銘柄は少ない業者だね。その分FX以外の取り扱い銘柄は豊富だけど。

ゼロ口座の高金利通貨7銘柄
ゼロ口座の高金利通貨7銘柄

侍
ドル蔵
ZARクロスだけは充実しているけど、RUBやTRYクロスの品揃えは中途半端な印象だね。

MT5/MT4でそれぞれのスワップを確認する方法は、下記で紹介しています。

仮想通貨のスプレッド

HotForexでは仮想通貨の取り扱いもあり、その他の銘柄も数多く揃っています。

仮想通貨はどの口座も同じスプレッドで、すべての口座での取引に往復手数料1ドルが加算されます。

  1. 下記はUSD通貨の場合は「pips=ドル」
  2. EURの場合は「pips=ユーロ」で計算されます。
銘柄名 日本語表記 マイクロ・プレミアム・ゼロ・AUTO口座共通
BNB/USD バイナンスコイン/米ドル 2.0pips
BCH/USD ビットコインキャッシュ/米ドル 2.0pips
BTC/USD ビットコイン/米ドル 26.0pips
BTC/EUR ビットコイン/ユーロ 30.0pips
ETH/USD イーサリアム/米ドル 3.7pips
ETH/EUR イーサリアム/ユーロ 4.3pips
LTC/USD ライトコイン/米ドル 3.4pips
LTC/EUR ライトコイン/ユーロ 2.9pips
EOS/USD イオス/米ドル 0.09pips
XLM/USD ステラ/米ドル 0.0006pips
XMR/USD モネロ/米ドル 1.7pips
XRP/USD リップル/米ドル 0.031pips

ただし土日の取引は出来ないので、詳しくは下記記事を参考にしてみてください。

ゼロ口座の仮想通貨のリアルなスプレッド

ゼロ口座の仮想通貨

マイクロ・プレミアム 口座の仮想通貨9銘柄
マイクロ・プレミアム 口座の仮想通貨

少女1
ミミコ
その他に仮想通貨の取引が可能な海外FX会社は、下記で読んでください。

貴金属・エネルギーのスプレッド

貴金属やエネルギーのスプレッドは各口座共通の値となっています。

貴金属・エネルギー
現物 マイクロ・プレミアム・ゼロ・AUTO共通
NGAS.S 天然ガス 0.01pips
XAG/EUR シルバー/ユーロ 0.036pips
XAG/USD シルバー/ドル 0.03pips
XAU/USD ゴールド/ドル 0.49pips
XAU/EUR ゴールド/ユーロ 0.19pips
UKOIL.S ブレント原油 0.08pips
USOIL.S WTI原油 0.09pips
先物 UKOIL ブレント原油 0.07pips
先物 USOIL WTI原油 0.06pips

原油は現物と先物があるので、取引時にはくれぐれも注意しておきましょう。

これらの銘柄のリアルに調べたスプレッドもスクリーンショットで紹介するので、平均値と比べてみてください。

マイクロ・プレミアム口座のエネルギーや貴金属のスクリーンショット

マイクロ・プレミアム口座のエネルギー関連5銘柄

ゼロ口座

ゼロ口座のエネルギーや金銀

商品(コモディティ)と債権

コモディティも4口座全て同じコストパフォーマンスを提供しています。

コモディティ(商品)
銘柄 日本語訳 マイクロ・プレミアム・ゼロ・AUTO共通
Palladium パラディウム 11.4pips
Platinum プラチナ 4.31pips
COPPER 0.008pips
COTTON 綿 0.28pips
SUGAR 砂糖 0.06pips
COFFE コーヒー 0.98pips
COCOA ココア 9.0pips

これら商品のリアルなスプレッドをスクリーンショットで貼り付けてみましたので、平均値と差を見比べてみましょう。

ゼロ口座の商品の7銘柄

ゼロ口座の商品の7銘柄

マイクロ・プレミアム口座の商品の7銘柄

マイクロ・プレミアム口座の商品の7銘柄

後は他社であまりみかけない債権の取引も可能です。

債権先物
銘柄名 日本語表記 マイクロ・プレミアム・ゼロ・AUTO共通
US10YR.F 米10年国債 0.08pips
EUBUND.F ユーロ債 0.05pips
UKGILT.F 英国債 0.05pips

取扱銘柄は少ないですが、債券に興味がある人は取引をしてみるといいでしょう。

株価指数(インデックス)

インデックスには現物と先物があり、ドルインデックス以外は銘柄の右に「.F」が付いているので有り無しで現物と先物を区別します。

例 現物 FRA40 の表記の場合  先物 FRA40.F になる

マイクロ・プレミアム・ゼロ・AUTO共通のスプレッドですが、いずれも下記に「往復手数料が+1ドル」加算されます。

インデックス マイクロ・プレミアム・ゼロ・AUTO共通
名称 日本語訳 現物 先物(.F)
JPN225 日経225 9.3pips 11.3pips
USA100 USTech100 2.1pips 3.13pips
USA30 US Wall Street30 3.4pips 8.15pips
USA500.S US SPX500 0.41pips 0.83pips
FRA40 フランス40 1.3pips 4.73pips
GER30 ドイツ30 1.78pips 5.17pips
SUI20 スイス20 4.3pips 5.0pips
UK100 イギリス100 1.9pips 3.71pips
NETH25 オランダ25 0.23pips 0.53pips
SPA35 スペイン35 3.3pips なし
AUS200 オーストラリア200 3.5pips なし
EU50.F EU STOXX 50 なし 3.1pips
VIX.F 恐怖指数 なし 0.15pips
USDIndex ドルインデックス なし 0.04pips

ドルインデックスやVIX(恐怖指数)などの取引が可能なので、今まで噂でしか聞いたことがなかったこの銘柄をHotForexで取引することが可能です。

これらも平均値ではなくリアルなレートが見たい人のため、スクリーンショットを貼り付けています。

マイクロ・プレミアム口座の株式指数の13銘柄

マイクロ・プレミアム口座の株式指数の13銘柄

ゼロ口座の株式指数13銘柄

ゼロ口座の株式指数の13銘柄

少年
トレ太
どの口座も同じコストパフォーマンスなので、気軽に取引が出来るということだね。

自分で調べる方法

少女1
ミミコ
この記事に書いてあるスプレッドなんて信用できない!

というわがままな人(笑)のために、ご自分で調べる方法を紹介しておきます。

公式サイトでそれぞれの銘柄のスプレッドを調べる方法は、まずHotForexのトップページに進みます。

メニューバー

メニューにある「商品」→「フォレックス」をクリックします。

すると下記のように、プレミアム口座の平均値のスプレッドが「通常スプレッド」という名称で表示されています。

FXメジャー通貨ペア・コントラクト仕様の銘柄一覧

実際に知りたい銘柄を各口座ごとに見たい人は、上記の赤い文字で表示されている銘柄をクリックします。

すると下記のように、口座ごとでのスプレッドの平均値や取引単位が表示されます。

口座ごとでのスプレッドや取引単位

私自身もゼロ口座の仕様を探しても見つからなかったので、サポートに確認すると上記の手段で見ることが出来ました。

ただしこの方法で確認するには、一銘柄ごとしかできないのでかなり手間と言えば手間な方法ですから、上記の表で見るほうがスピーディーです。

少女1
ミミコ
要するにこの記事の平均値と違う値を書いているブロガーは、適当に書いているってことだね。

ただしここでは、マイクロ口座・プレミアム口座・AUTO口座・ZERO口座までしか確認できませんでしたので、下記でHFCOPY口座とデモ口座の確認方法を書いておきます。

HFCOPY口座とデモ口座の確認方法

HFCOPY口座やデモ口座で調べたい場合は、HFCOPY口座を開設した後に送られてくる「HFcopyフォロワー口座開設」か「デモ口座開設」というメールにある情報を取引ツールに入力することで閲覧可能です。

HFcopyフォロワー口座開設メール

上記に記載してある「口座番号」と「トレーダーのパスワード」をMT4に入力すると、MT4が立ち上がるのでそこから「気配値」をチェックすることでスプレッドを見ることが出来ます。

といってもプレミアム口座などと同じ値が提供されているので、調べてもあまり意味はないのですが、どうしても自分の目で見てみたい人は下記手順で調べてみてください。

調査した感想

HotForexは、ゼロ口座で取引を行えば、海外FX業者の中でも平均的なコストで取引が可能です。

しかも業界屈指の金融銘柄の取り揃えがあるわけですから、FXであまり相場が動かなくなる時期が来た時に、その他の金融商品を気軽に取引が出来ます。

少年
トレ太
日本のFX会社だと、FX口座を申し込んだらFXだけの取引、仮想通貨の口座を申し込んだら仮想通貨だけの取引しか出来ません。

それを一社の申し込みを行うだけで、これだけの銘柄の取引が可能となるので、申し込みの手間を考えると利便性の高さが垣間見えます。

マイクロ・プレミアム口座はスプレッドなどはやや広めの傾向ですが、これは資金が少ない人がボーナスを活用することで、取引枚数を増やして資金を稼ぐための口座になります。

しかもプレミアム口座でボーナスを申し込めばキャッシュバックの還元があるため、スプレッドが広いという概念だけで諦めるにはもったいないと思います。

またなかなかFX取引で勝てない人のために、PAAM口座やHFCOPY口座まで用意されているわけですから、他人へ自分の資金を委託して資金を増やすというトレードも可能です。

そして自動売買専門のトレーダーには専用口座まで用意されているわけですから、FX取引に関しての手段に関しては業界NO1レベルと言えます。

コピートレードに関しては、実際に入金をして実績なども紹介していますので、下記記事を読んで興味があれば始めてみてください。

まとめ

以上がHotForexのスプレッド80銘柄&FXや仮想通貨などのCFD商品まででした。

おさらいをしておくと

  1. マイクロ口座とプレミアム口座のスプレッドは広め
  2. ゼロ口座は銘柄によって取引手数料が変わる
  3. 早朝より週末のマーケットクローズ時のほうがスプレッドは広がる
  4. 経済指標発表時にはややスプレッドは広がる
  5. スワップが狙える高金利通貨は少ない

と言ったところです。

マイクロ口座とプレミアム口座のコストは確かに高めですが、それをカバーしてくれるボーナスやキャッシュバックは他社にないほどの充実ぶりですから、下記記事でコストカバーに見合うかどうか読んでみてください。

下記は口座開設からFX取引を始めるまでの手順を紹介していますので、興味が出たら実践してみてください。

スポンサーリンク

注目記事