海外FXスプレッド比較&14社の口座25銘柄でコスパ最狭は?

ブログの閲覧数今日の読者数 561
昨日の読者数 648
総閲覧数 523480

海外FXはほどんの会社で変動スプレッドを採用していますが、日本のFX会社同様注文方式にDD方式を採用している海外FX会社がほぼ固定スプレッドを採用しています。

そして口座の数が日本のFX会社と異なり複数ある業者がほとんどなので、スプレッドも口座ごとに異なるのが現状です。

ここでは最も狭い口座のスプレッドを比べていますが、これらの口座の利用には最低入金金額(残高でもよい)があるので、記事下段の最低残高早見表も併せてチェックしておいてください。

最初に注意点を書いておくと

海外FX会社は、ほとんどの企業が変動スプレッドのため、下記スプレッドを調べるためにスクリーンショットで値を固定し、その時の値で書いていますから平均値でもなく最小値を記載したわけでもないので、多少の誤差はご了承ください。

早朝や週末にはスプレッドが広がる傾向は、日本のFX会社と同様です。

少女1
ミミコ
スクリーンショットって何?
少年
トレ太
スプレッドが動いて分かりにくいから、下記のように画像で固定してスプレッドを調べたんだよ

スクリーンショットの例

少女1
ミミコ
と言うことは、チェックするタイミングによってスプレッドの広がりにバラツキがあるということね。

それでは海外FX会社のスプレッドを紹介していきますが、日本のFX会社と違い取引手数料がかかる海外FX会社がほとんです。

取引手数料1ドル=0.1pips 
侍
ドル蔵
取引手数料が5ドルの場合は、+0.5pipsとなります。

で下記は加算して表で比べていきますので、分かりやすくチェックすることが出来ると思います。

ただしコスパ最狭のGEMFOREXのノースプレッド口座は最低残高30万円以上、次点のTradeviewも口座残高10万円以上が必須となりますので、この点だけは注意してください。

詳しくは記事下段の各社の口座利用最低残高早見表で、最低必要資金を明記しています。

少女2
カワコ
結局コスパが良くても資金が用意できなければ意味ないからね。

スポンサーリンク

クロス円のスプレッド比較

まずは最も日本で取引の多いクロス円のスプレッドを手数料込みで表記して比べてみました。

口座名も掲載しているので、口座開設時に間違えないようにしておきましょう。

まずは上位7社からのランキングです。

少女2
カワコ
スマホユーザーは表を右にスクロールすると、全ての銘柄をチェックできます。
クロス円のスプレッド
FX会社名 口座名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円 手数料
GEMFOREX ノースプレッド 0.3pips 0.5pips 1.0pips 0.6pips 1.2pips 1.2pips 1.2pips 無料
Tradeview ILC/cTrader 0.6pips 1.1pips 1.5pips 1.0pips 1.4pips 1.4pips 1.6pips 往復5ドル
Exness プロ 0.6pips 1.2pips 1.3pips 0.8pips 1.8pips 1.5pips 1.7pips 無料
Axiory ナノ 0.9pips 0.9pips 1.5pips 1.1pips 1.4pips 1.1pips 1.2pips 往復6ドル
TitanFX ブレイド 0.9pips 0.9pips 1.9pips 1.2pips 1.7pips 1.7pips 1.7pips 往復7ドル
HotForex ZEROスプレッド 0.8pips 1.4pips 1.6pips 2.1pips 1.9pips 2.2pips 2.4pips 往復6~8ドル

上記表の右端に書いてある手数料を加えたスプレッドの表記の説明をしておくと

少女2
カワコ
上記の上から2番目に位置するTradeviewの往復取引手数料は5ドルかかります。
侍
ドル蔵
そのため「1ドル=0.1pips」で計算して、「5ドル=+0.5pips」で加算しています。

ゆえに本来Tradeviewのドル円のスプレッドは0.1pipsなのですが、手数料分の+0.5pipsを加えて記載している為、結果的にドル円のコストは0.6pipsという事になるのです。

残りの8社は見たい人は、下記ボタンをクリックしてみてください。


クロス円のスプレッド
FX会社名 口座名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円 手数料
Land-FX ECN 0.9pips 1.4pips 2.3pips 1.9pips 2.4pips 2.2pips 2.6pips 往復7ドル
TTCM PRO 1.1pips 1.2pips 2.4pips 1.2pips 1.3pips 1.5pips 1.6pips 往復6ドル
XMtrading ゼロスプレッド 1.1pips 1.3pips 2.6pips 2.2pips 3.2pips 2.3pips 2.0pips 往復10ドル
FBS ECN 0.9pips 1.8pips 2.4pips 1.6pips 2.2pips 2.2pips 2.4pips 往復6ドル
Big Boss プロスプレッド 1.3pips 1.5pips 1.9pips 1.8pips 2.1pips 1.8pips 2.2pips 往復9ドル
iFOREX エリート 0.7pips 1.2pips 2.3pips 3.0pips 3.0pips 2.0pips 2.0pips 無料
FXGT スタンダード 1.9pips 2.3pips 3.7pips 3.5pips 3.5pips 3.6pips 3.1pips 無料
IFCMarkets スタンダード 1.5pips 2.2pips 5.5pips 3.5pips 5.0pips 3.2pips 3.6pips 無料
少年
トレ太
結果を見るとコストパフォーマンスNO1はGEMFOREXのノースプレッド口座だね
少女2
カワコ
ただしノースプレッド口座の初回最低入金額は30万円以上必要です。
少女1
ミミコ
そう考えるとTradeviewAxioryのほうが始めやすいと言えるね。
少年
トレ太
Exnessは最近日本に再上陸したばかりの業者だよ

ドルストレートのスプレッド比較

今度はドル円と反対に、値動きが向かいやすい傾向がみられるドルストレートのスプレッド一覧です。

FOMCなどの際にドル円と反対売買すると大きく動く日がたまにありますし、最近ではドル円が動かないので、クロス円よりこちらの銘柄の人気が上がっているのが現状です。

まずは上位7社からのランキングです。

ドルストレートのスプレッド
FX会社名 口座名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF 手数料
GEMFOREX ノースプレッド 0.3pips 1.3pips 0.3pips 1.3pips 0.8pips 1.3pips 無料
Tradeview ILC/cTrader 0.5pips 0.8pips 0.8pips 1.2pips 1.0pips 1.2pips 往復5ドル
Axiory ナノ 0.7pips 0.8pips 1.1pips 1.3pips 1.1pips 1.1pips 往復6ドル
Exness プロ 0.7pips 0.9pips 0.9pips 1.3pips 1.5pips 1.9pips 無料
TitanFX ブレイド 0.9pips 1.5pips 1.0pips 1.3pips 1.2pips 1.2pips 往復7ドル
HotForex ZEROスプレッド 0.7pips 1.1pips 1.1pips 1.4pips 1.5pips 1.3pips 往復6~8ドル
Land-FX ECN 0.9pips 1.6pips 0.9pips 1.1pips 1.1pips 1.1pips 往復7ドル

その他の8社は下記ボタンをクリックすると見ることが出来ます。


ドルストレートのスプレッド
FX会社名 口座名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF 手数料
FBS ECN 0.7pips 1.2pips 1.4pips 1.3pips 1.7pips 1.6pips 往復6ドル
TTCM PRO 1.0pips 2.1pips 1.3pips 1.5pips 1.4pips 1.5pips 往復6ドル
XMtrading ゼロスプレッド 1.2pips 1.2pips 1.3pips 2.2pips 1.7pips 1.5pips 往復10ドル
iFOREX エリート 0.9pips 1.5pips 1.0pips 2.0pips 2.0pips 1.5pips 無料
Big Boss プロスプレッド 1.6pips 2.1pips 1.5pips 2.0pips 2.0pips 1.7pips 往復9ドル
FXGT スタンダード 1.8pips 2.3pips 2.6pips 2.7pips 2.5pips 2.3pips 無料
IFCMarkets スタンダード 1.6pips 3.2pips 1.5pips 3.0pips 2.8pips 1.9pips 無料

コスパの良い上位の海外FX会社の順位は微変動といったところで、全体的に似たようなコストパフォーマンスと言えるでしょう。

侍
ドル蔵
今はクロス円よりドルストレートのほうが値幅がある日が多いからね。

ユーロクロスのスプレッド比較

今度は値動きが大きいユーロクロスですが、くれぐれもユーロやクロス通貨の政策金利の日にトレードを行うのは避けたほうが賢明です。

FX初心者向けの銘柄ではないので、ある程度トレードに精通してから出ないとエントリーポイントなどは難しい銘柄です。

まずは上位7社からのランキングで、取引手数料は込みの値で表記しています。

ユーロクロスのスプレッド
FX会社名 口座名 EUR/GBP EUR/AUD EUR/NZD EUR/CAD EUR/CHF 手数料
Tradeview ILC/cTrader 0.9pips 1.3pips 2.4pips 1.4pips 1.1pips 往復5ドル
Axiory ナノ 1.1pips 1.3pips 1.9pips 1.5pips 1.2pips 往復6ドル
Exness プロ 1.0pips 1.4pips 2.2pips 1.3pips 1.8pips 無料
TitanFX ブレイド 1.2pips 1.8pips 2.8pips 1.9pips 1.6pips 往復7ドル
GEMFOREX ノースプレッド 0.3pips 1.5pips 3.1pips 2.0pips 2.7pips 無料
TTCM PRO 1.1pips 1.5pips 2.5pips 2.1pips 1.3pips 往復6ドル

残りの8社は下記表をチェックしてみてください。


ユーロクロスのスプレッド
FX会社名 口座名 EUR/GBP EUR/AUD EUR/NZD EUR/CAD EUR/CHF 手数料
FBS ECN 1.7pips 2.1pips なし 1.9pips 1.1pips 往復6ドル
Land-FX ECN 1.5pips 1.5pips 1.8pips 3.0pips 1.3pips 往復7ドル
Big Boss プロスプレッド 1.6pips 1.5pips 2.9pips 1.4pips 1.9pips 往復9ドル
HotForex ZEROスプレッド 1.5pips 2.6pips 3.0pips 2.9pips 1.8pips 往復6~8ドル
XMtrading ゼロスプレッド 1.3pips 2.9pips 4.0pips 2.8pips 2.2pips 往復10ドル
iFOREX エリート 1.1pips 3.0pips 9.0pips 4.0pips 2.0pips 無料
FXGT スタンダード 2.0pips 3.5pips 5.2pips 3.9pips 3.1pips 無料
IFCMarkets スタンダード 1.9pips 4.0pips 7.1pips 4.3pips 2.5pips 無料
侍
ドル蔵
ついにGEMFOREXの牙城が崩れ去ると言った結果に終わりましたね。

それでも日本で人気の銘柄のコストはGEMFOREXが突出しているので、ユーロクロスしか取引しない人以外は気にする結果でもないでしょう。

上記表でコスパを見てもらえれば分かるように、最小のスプレッドですら広く最強の値幅があるのがEUR/NZDです。

EUR/NZDの日足チャート

EUR/NZDの日足チャート

上記は大きなトレンドが出た時のEUR/NZDの日足チャートです。画像が小さいので見えずらいかもしれませんが、わずか10日間で1,000pipsも上昇しています。

まさにポンドクロス並みの値幅があるので、海外FXでのハイレバレッジ取引で一撃に賭けるには向いている銘柄ですが、ほとんどの人が瞬殺でやられてしまうと言えます。

同様にGBP/NZDもこれ以上の動きを見せるので、NZDクロスの威力はFXでは最強レベルと言われています。

少女1
ミミコ
まさに怪物通貨と言われる銘柄の一つだよ。
少年
トレ太
EUR/NZDとGBP/NZDに比べたらポンド円の値動きなんてスローモーションだからね。

ポンドクロス・豪ドルクロスのスプレッド比較

豪ドルクロスはともかく、ポンドクロスは激しいを超えた値動きがかなりヤバイ通貨です。

下記表を見てもらえれば分かるように、スプレッドの広さがその値動きの激しさを物語っています。

ポンドクロスでハイレバ取引を行うと瞬殺されるので、くれぐれも取り扱いには注意しておきましょう。

少女2
カワコ
ある意味取り扱い注意の危険物と思うといいでしょう。

まずは上位7社からののランキングでコストを紹介していきますが、取引手数料は込みの値で表記しています。

ポンドクロス・豪ドルクロス
FX会社名 口座名 GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF AUD/NZD AUD/CHF AUD/CAD 手数料
Tradeview ILC/cTrader 2.6pips 1.5pips 1.5pips 1.5pips 1.7pips 1.2pips 1.3pips 往復5ドル
Axiory ナノ 2.8pips 2.2pips 2.1pips 2.0pips 1.6pips 1.6pips 1.2pips 往復6ドル
GEMFOREX ノースプレッド 2.9pips 3.1pips 2.4pips 1.6pips 1.9pips 2.4pips 無料
TTCM PRO 3.6pips 3.1pips 3.3pips 2.3pips 2.1pips 2.1pips 2.0pips 往復3~6ドル
Exness プロ 4.2pips 1.8pips 2.2pips 1.7pips 1.5pips 1.4pips 1.5pips 無料
Titanfx ブレイド 4.6pips 3.9pips 3.1pips 2.9pips 1.9pips 1.9pips 2.1pips 往復7ドル

残りの8社は下記でチェックしてみてください。


ポンドクロス・豪ドルクロス
FX会社名 口座名 GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF AUD/NZD AUD/CHF AUD/CAD 手数料
HotForex ZEROスプレッド 4.0pips 4.3pips 2.6pips 2.1pips 2.5pips 3.0pips 2.3pips 往復6~8ドル
Big Boss プロスプレッド 4.0pips 3.3pips 2.7pips 3.2pips 2.4pips 2.7pips 2.0pips 往復9ドル
XM ゼロスプレッド 4.1pips 3.1pips 3.3pips 3.0pips 2.3pips 4.8pips 1.8pips 往復10ドル
Land-FX ECN 5.5pips 2.1pips 12.9pips 2.0pips 2.3pips 1.2pips 6.0pips 往復7ドル
FBS ECN 4.3pips 3.3pips 2.5pips 1.5pips 1.9pips 往復6ドル
FXGT スタンダード 5.6pips 4.8pips 5.0pips 4.2pips 4.5pips 3.1pips 2.9pips 無料
iFOREX 1口座のみ 11.0pips 11.0pips 4.5pips 3.0pips 1.1pips 5.0pips 5.0pips 無料
IFCMarkets スタンダード 14.5pips 6.4pips 5.7pips 5.9pips 8.0pips 4.5pips 4.5pips 無料

値動きが大きすぎて、GBP/NZDなどは取り扱っていない海外FX業者もあるほどです。

少女2
カワコ
経済指標発表時には、決して取引しないことをおすすめします。

このあたりの銘柄はFX初心者は手出し禁止と言えますから、くれぐれも一発逆転などは狙わないほうがいいでしょう。

少女1
ミミコ
でもゼロカットシステムがあるから、口座残高1万円ぐらいにしてハイレバ取引したらいいんじゃない?
少年
トレ太
ただ早朝や週末のクローズ前などはスプレッドが広がるから、その日その日で決済しないとスプレッドの広がりだけでロスカットされるよ!
少女2
カワコ
世の中そんなにうまく行かないってことね

日本のFX業者と海外FX業者のスプレッドとの違い

スプレッド
日本のFX業者は原則固定のスプレッドを採用していて手数料は無料となっていますが、海外FXでは以下のコストが主流です。

  1. 手数料無料の変動スプレッド口座(ほぼ固定の業者もある) 参考 固定スプレッドで取引できる海外FX業者
  2. 手数料がかかるが狭いスプレッド口座

手数料無料の口座はボーナスやキャッシュバック、ポイントなど日本のFX会社にないお得な特典が付く口座などが用意されていて、少ない資金の人には人気の口座となっています。

少年
トレ太
逆に手数料がかかるが、コスパに優れている口座などは特典などあまり期待できないと思っておくといいでしょう。

中には特典自体全く無い海外FX業者も存在しますが、その業者で自動売買やコピートレードを利用するには、手数料無料口座を指定してくるケースも存在します。

また日本も海外も早朝時などの流動性が低い特はスプレッドが広がりますが、経済指標時には日本のFX会社のほうがスプレッドは広がり、海外FX業者のほうが全然スプレッドが広がらないケースもあります。

早朝や週末クローズ時のスプレッドは下記で調べましたので、興味があれば読んでみてください。

参考記事 

そして海外FX業者の取引手数料は、最初に開設した口座の基本通貨に左右されます。

  1. 円建て口座の場合 ドルで手数料が取られる
  2. ドル建て口座   ドルで手数料が取られる
  3. ユーロ建て口座  ユーロで手数料がかかる
  4. ポンド建て口座 ポンドで手数料が発生

基本は円口座を開設すればドルでの手数料計算となりますが、面白半分にユーロ建て口座やポンド建て口座にした場合、この取引手数料が1ドルでなく、1ユーロや1ポンドになりドルよりコストが高くつく業者もあるので気を付けておきましょう。

要するにユーロやポンド建て口座にすると1ドルと1ユーロ、1ポンドのレートになり手数料が割高になるのです。

少女1
ミミコ
なので円建て口座がない海外FX会社はドル建て一択になると言う事ですね。

日本にはこういった手数料が発生する業者は数が少ないので、これらの基本通貨に関する内容ぐらいは頭に入れておくといいでしょう。

スプレッドのスリッページの判断

海外FXは変動スプレッドなので、注文時にスリッページなのか、変動スプレッドでレートが動いたのかの判別が非常に分かりにくいというのが難点です。

スリッページとは簡単に書くと注文したときの値と約定したときの値が違うことです。

少女1
ミミコ
チャートで見てた値で注文したのに、実際には約定時の値が違ったので、スリップしたのでは?

と思う事が結構あります。

海外FX業者がスリッページなしと書いていても、実際のところ変動スプレッドの影響で結構滑ります。

少年
トレ太
ここが日本のFXとは違うので、かなり違和感を感じると思いますがこれが変動スプレッドの弱みと言えます。

よく海外FXブロガーは「DD業者はイマイチでNDD業者が優秀」と書いていますが、全然関係ありません。

ちなみに日本のFX会社もDD方式なので、日本のFX会社が全部イマイチということになってしまいますからね。

どうしても海外FX業者のスリッページが自分の利益を抜いていると思う人は、a-book業者という評価があるTradeviewTTCMなどを選ぶといいでしょう。

侍
ドル蔵
a-book業者は顧客のスプレッドや手数料だけで純粋に運営しているので、スリッページなど悪意がある注文を発生させる可能性は低い業者と言われています。

各社の口座利用最低残高早見表

スプレッドが狭いお気に入りの海外FX会社を見つけても、各業者が指定する最低残高を用意出来なければ意味はありません。

なので、下記で各海外FX会社の主だった口座の最低残高or最低入金金額をまとめて表にしてみました。

侍
ドル蔵
ちなみにこの最低残高は入金だけでなく、トレードで利益を得た金額でも対象になります。
侍
ドル蔵
と言う事は、最初に5万円を入金してスタンダード口座で取引をして、利益が最低残高を満たせばコストの狭い口座を追加で開設して資金を移動するといいんだね。
海外FX各口座の最低残高早見表
海外FX会社名 口座名 最低残高or最低入金金額 口座名 最低残高or最低入金金額 口座名 最低残高or最低入金金額
TTCM プロ 2万円 クラシック 5,000円 VIP 200万円
GEMFOREX ノースプレッド 30万円 オールインワン 100円 5,000倍口座 最高10万円までが限度
Land-FX ECN 20万円 LIVE 3万円 LPボーナス 1万円
Tradeview ILC/cTrader 10万円 Xレバレッジ 1万円 カリネックス 10万円
Exness プロ 1,000ドル スタンダード 1ドル ゼロ 1,000ドル
FBS ECN 1,000ドル スタンダード 100ドル セント 1ドル
HotForex ZEROスプレッド 200ドル プレミアム 100ドル マイクロ 5ドル
Titanfx ブレイド 200ドル スタンダード 200ドル 2口座のみ
Axiory ナノスプレッド 1万円 スタンダード 1万円 2口座のみ
XM ゼロ 100ドル スタンダード 5ドル マイクロ 5ドル
IFCMarkets スタンダード 100ドル ビギナー 100ドル マイクロ 100ドル
Big Boss プロスプレッド 0ドル スタンダード 0ドル FOCREX 仮想通貨のみ 0ドル
FXGT スタンダード 10ドル 1口座のみ
iFOREX エリート 5ドル 1口座のみ

TTCMのVIP口座は200万円を用意できれば、取引手数料が6ドルから3ドルまで下がります。

侍
ドル蔵
要するに上記スプレッドから-0.3pips引いた値がコストとなります。
少女2
カワコ
言うほど安くはならないから、そこまで利用価値はないけどね。

ちなみに例えばGEMFOREXに30万円を入金して、ノースプレッド口座で取引を実践したと仮定します。

FX取引でマイナス3万円になり、口座残高が27万円になった場合ノースプレッド口座を利用出来なくなるのかをサポートに確認してみました。

侍
ドル蔵
返答は月末など、スタッフが口座残高をチェックしてから検討すると言う回答でした。

ということで、資金を用意してトレードで最低残高を下回ってもすぐにその口座が利用出来なくなるわけではないと言う事です。

少女2
カワコ
この辺りの基準は各海外FX会社で異なるので、それぞれのサポートに確認してみるといいでしょう。

この表を見ると、スプレッドが狭くて少ない資金でも始められる海外FX会社は

となります。上から順に大手企業で並べているので利用する予定の目安にしてみてください。

まとめ

以上が海外FX口座14社スプレッド比較&25銘柄コストパフォーマンスNO1は?でした。

結果を見ると

GEMFOREXのノースプレッド口座がNO1コストパフォーマンスでした。

手数料無料であまり動かない変動スプレッドのノースプレッド口座ですから、コスト重視の人はここを選ぶといいでしょう。

侍
ドル蔵
ただし最低30万円以上資金が必要な点は忘れずにおいてください。

後は各海外FX業者のそれぞれの口座でスプレッドをチェックしてみたい人は、下記で私が実際に口座開設をしてスクリーンショットで調べたので、チェックすることが可能です。

FXGTのスプレッド一覧&口座タイプの特徴

FXGTはまだ新しい海外FX業者なので、 ...
続きを読む

FBSのスプレッド一覧&口座タイプの種類と特徴

海外FXでは大きな企業であると、スプレッ ...
続きを読む

GEMFOREXのスプレッド一覧&口座タイプの種類と特徴

低コストパフォーマンスが売りのGEMFO ...
続きを読む

スポンサーリンク

注目記事