IFCmarketsのスプレッド一覧&口座タイプやレバレッジの特徴

ブログの閲覧数今日の読者数 596
昨日の読者数 770
総閲覧数 371669

ここではIFCmarkets(アイエフシーマーケット)でFX取引を始めてみようと考えている人に、口座ごとのスプレッドからボーナスの内容などを詳しく調べてみました。

知名度は高くないですが14年以上の運営実績がある海外FX業者ですから、下記の内容を参考にしながら色々とお得な情報収集をしてみてください。

スポンサーリンク

IFCmarketsの主な特徴

IFCmarkets

IFCMarketsの主な特徴を簡単に書くと

  1. レバレッジは最大400倍
  2. スプレッドは変動制と固定両方あり
  3. 取引手数料は全ての口座で無料
  4. 日本語サポートは極めて良好
  5. ボーナス制度は常時行われてはいない
  6. ゼロカットシステム採用

と口座開設ボーナスや入金ボーナスなども一切なく、取引ツールでNetTradeXが使える極めて珍しい海外FX業者と言えます。

IFCmarketsのNetTradeXの機能を簡潔にまとめると

使っている媒体の電源が入っていなくてもトレーリング注文が実行され、注文方法では成行から指値・逆指値・OCO・組み合わせ・IFD/IFOなどが利用できるツールです。

またMT4とMT5も両方使えるので、操作的に慣れないツールを利用したくない人でも問題ありません。

また海外では珍しい固定スプレッドと変動スプレッドを、両方採用している業者でもあります。

  • 固定スプレッド=Fixed
  • 変動スプレッド=Floating

という解釈で公式ページをチェックしてみるといいでしょう。

少女2
カワコ
しかもどの口座も取引手数料が無料
侍
ドル蔵
要するに「毎回取引手数料のコスト計算をしなくてもいい」という大きなメリットがあります。

ゼロカットシステムとは急激な為替のレート変動で自分の口座がマイナスになっても、追証が発生しないシステムの事を言います。

また口座にはヘッジアカウントとネッティングアカウントがあり、前者は両建ての際にポジションが別々に管理されます。

後者は他の海外FX業者と一緒でポジションが相殺され、証拠金が+-0になるアカウントとなります。

少女1
ミミコ
両建て取引は大体このパターンですね

それでは海外FX業者のIFCmarketsの口座ごとのスプレッドや、特徴などを詳しく紹介していきたいと思います。

NetTradeXビギナー口座とMT4・MT5マイクロ口座の特徴

IFCmarketsのビギナー口座の主な特徴はNetTradeX専用の口座となり、固定スプレッドと変動スプレッドの口座をどちらも開設できます。

またビギナー口座とマイクロ口座は、資金が50万円を上回るとポジションが取れないので、出金したり資金移動の手間が発生します。

NetTradeXビギナー口座とMT4・MT5マイクロ口座はほぼ同じ仕様となっていますが、スプレッドだけ仕様が異なります。

  • NetTradeXビギナー口座 変動スプレッドと固定スプレッド両方選択可能
  • MT4マイクロ口座 固定スプレッド
  • MT5マイクロ口座 変動スプレッド
少女1
ミミコ
どちらがお得なの?

という素朴な疑問に応えるべく下記で各口座のスプレッドをスクリーンショットで掲載しています。

レバレッジ 取引手数料 マージンコール 証拠金維持率
400倍 無料 100%以下 10%以下
スプレッド 最低入金金額 最大取引枚数 最低取引枚数
変動と固定 100円 100,000通貨 100通貨
注文方式 両建て スキャルピング 口座の通貨
NDD STP方式 可能 可能 円 ドル ユーロ

100円の入金から可能で100枚からの取引から見てもらえば分かるように、まさにFX初心者のための口座と言えます。

ただよくある質問には「最低入金金額はない」と書いているので、ちょっと記述にバラつきがあります。

侍
ドル蔵
しかもデモ口座まであるので、海外FX業者の中でも極めてFX初心者に寄っている企業と言えます。
ただし口座残高が5,000ドルまでという上限があるので、取引などで利益を得た場合出金や資金移動を行う手間が発生します。

NDD STP注文方式とは、FX会社を間に通す注文方式ではあるのですが、注文時にFX会社に利益を上乗せしない「透明性の高い」注文方式を意味します。

ただ小ロット取引の場合は、IFCmarketsも自社で注文を処理する仕様となっています。

NetTradeXビギナー口座とMT4マイクロ口座の固定スプレッド25銘柄一覧

  • USD/JPY 1.8pips
  • EUR/JPY 2.5pips
  • GBP/JPY 5.5pips
  • AUD/JPY 3.5pips
  • EUR/USD 1.8pips
  • GBP/USD 3.0pips

手数料無料の固定スプレッドとはいえ、USD/JPYとEUR/USD以外は、利用価値をあまり感じないほどのスプレッドと言えますね。

少女2
カワコ
レート表示の横にスプレッドが表示されているので、わかりやすい仕様ではあります。

NetTradeXビギナー口座とMT5マイクロ口座の変動スプレッド24銘柄一覧

NetTradeXビギナー口座とMT5マイクロ口座の変動スプレッド24銘柄一覧

  • USD/JPY 1.5pips
  • EUR/JPY 2.5pips
  • GBP/JPY 5.2pips
  • AUD/JPY 2.9pips
  • EUR/USD 1.3pips
  • GBP/USD 3.3pips

やや固定スプレッドよりかは低いですが、それでもそこまで差はありません。

少女1
ミミコ
まあこれなら変動スプレッド口座を開設したほうが良さそうですね。

ただIFCmarketsの公式サイトには0.4pips~と記述があるので、タイミングによってはもう少しスプレッドは縮小されるのでしょう。

NetTradeXビギナー口座とMT4・MT5マイクロ口座を開設するのに向いている人

  1. デモ口座よりもリアル取引をしたいが、そこまでお金をかけたくない人
  2. USD/JPYとEUR/USDがメインの取引の人

が該当します。

NetTradeXスタンダード口座の特徴

NetTradeXのスタンダード口座の主な特徴は

とNetTradeXビギナー口座と比べるとレバレッジの制限や、最低入金金額などが増えてくるので、FX取引の初心者から脱出した人が使う口座となっています。

侍
ドル蔵
まあ一般トレーダーはこのあたりの口座から開設を検討すると言えますね。

NetTradeXとMT4スタンダード口座の固定スプレッド25銘柄一覧

NetTradeXとMT4スタンダード口座の固定スプレッド25銘柄一覧

  • USD/JPY 1.8pips
  • EUR/JPY 2.5pips
  • GBP/JPY 5.5pips
  • AUD/JPY 4.5pips
  • EUR/USD 1.8pips

NetTradeXとMT5スタンダード口座の変動スプレッド22銘柄一覧

NetTradeXとMT5スタンダード口座の変動スプレッド22銘柄一覧

  • USD/JPY 1.5pips
  • EUR/JPY 2.2pips
  • GBP/JPY 5.4pips
  • EUR/USD 1.5pips
  • AUD/USD  1.5pips

と変動であれ固定であれドルストレートとドル円以外は、少しスプレッドが高すぎるのが現状と言えます。

侍
ドル蔵
これではちょっと取引コストがしんどいですね。
少女2
カワコ
やはりVIP口座を開設しないと、スプレッド面ではうまみは無さそうと言えます。

NetTradeXスタンダード口座を開設するのに向いている人

  1. 手数料無料で一般レベルのFX取引を行いたい人
  2. その他の口座とスプレッドを比較したい人

が該当します。

MT4・MT5スタンダード口座の特徴

IFCmarketsのMT4・MT5スタンダード口座の主な特徴は

  • MT4 固定スプレッド
  • MT5 変動スプレッド

という内容で後は同じ仕様となっています。

レバレッジ 取引手数料 マージンコール 証拠金維持率
200倍 無料 100%以下 10%以下
スプレッド 最低入金金額 最大取引枚数 最低取引枚数
変動と固定 100,000円 制限なし 10,000通貨
注文方式 両建て スキャルピング 口座の通貨
NDD STP方式 可能 可能 円 ドル ユーロ
レバレッジ 取引手数料 マージンコール 証拠金維持率
200倍 無料 100%以下 10%以下
スプレッド 最低入金金額 最大取引枚数 最低取引枚数
固定と変動 100,000円 1万lot 10,000通貨
注文方式 両建て スキャルピング 口座の通貨
NDD STP方式 可能 可能 円 ドル ユーロ

最大取引枚数が1万lotとかなり大口のトレーダーが利用できる口座と言えます。

少女1
ミミコ
1万lotって利用するトレーダーがいるの?

って感じですけどね。

スプレッドは上記ですでに紹介しています。

侍
ドル蔵
これだけ口座タイプが多いと逆に混乱しますけどね。
少女2
カワコ
ちなみにMT5は口座に入金しないと、スプレッドの確認は出来ない仕様となっています。

MT4・MT5スタンダード口座を開設するのに向いている人

  1. MT5のツールが利用したい人
  2. 固定スプレッドで取引したい人

が該当します。

ちなみに入金ボーナスが1万ドルまであり、キャッシュバックまである海外FX業者のFBSですが、ややスプレッドが高いという印象でしたが、IFCmarketsと比べてみましょう。

FBSの手数料無料のスタンダード/セント口座のスプレッド34銘柄一覧

スタンダード/セント口座のスプレッド34銘柄一覧

  • USD/JPY 3.4pips
  • EUR/JPY 2.0pips
  • GBP/JPY 5.7pips
  • EUR/USD 1.7pips
  • AUD/USD  1.7pips
侍
ドル蔵
ワッショイわっしょいですね。 ドッコイどっこいですね。
少女2
カワコ
まあボーナスやキャッシュバックがあるのでFBSの圧勝といえるでしょう。

VIP口座の特徴

棒高跳び

IFCmarketsのVIP口座はスプレッドの縮小などの恩恵を多く受けますが、口座残高が5万ドル以上必要です。

少女1
ミミコ
ハードルが棒高跳び並みに高いと言えます。

その他の優遇条件は

  1. 24時間対応の自動売買取引に必要なVPSサーバーが無料で使用可能
  2. 入出金の外貨送金手数料がキャッシュバック
  3. 資金反映までの資金貸し出しサービス

といった内容なので、そこまで凄い特典はついていませんし、スプレッドも非公開なので全容は不明と言えます。

ちなみにその他の海外FX業者でVIP口座がある所の条件は、TTCMは口座残高2万ドルとなっていますので、VIP口座の条件は下記記事を読んで見てください。

デモ口座の特徴

IFCmarketsはデモ口座も開設出来るので、各口座の使い方やスプレッドなども確認できます。

デモ口座開設画面

NetTradeXの利用も出来ますし、レバレッジ400倍利用も可能なので口座残高を入金予定の金額に設定し、取引可能な枚数をチェックすることも可能です。

また口座の通貨もユーロやビットコインの選択も可能ですから、円建て口座以外の取引がどのような表示になるかも見ることが出来ます。

わたしはドル建て口座を開設している海外FX業者を利用していましたので、下記でその内容を書いていますので読むとよくわかると思います。

デモ口座を開設するのに向いている人

  1. まだ海外FXのハイレバレッジ取引の経験がない人
  2. NetTradeXの使用感を知りたい人

が該当します。

まとめ

以上がIFCMarketsのスプレッド一覧&口座の種類の特徴でした。

おさらいをすると

  1. 固定スプレッドで取引ができる
  2. 入金金額と取引枚数が少なくトレード出来るので、海外FX初心者にはおすすめ
  3. ボーナスはないがスプレッドは高め
  4. 中長期トレーダーならおすすめ
  5. コストを抑えたいならVIP口座の開設しか手段はない
  6. 口座タイプが多いので分かりにくい

など。今のところもう少しボーナスキャンペーンなどを積極的に行わないと、利用者の急増は無さそうな海外FX業者と言えます。

それでも取引枚数の少なさはFX初心者には重宝しますし、信頼と運営実績を重視するなら、IFCmarketsで海外FXデビューをしてもいいのかもしれません。

一応下記で口座開設の手順を紹介していますので、興味があれば始めてみてください。

スポンサーリンク

注目記事