IFCMarketsの口座開設方法&取引ツールの設定まで簡単解説

2019年12月6日

ブログの閲覧数今日の読者数 1957
昨日の読者数 2393
総閲覧数 267510

ここではIFCMarketsの口座開設方法からFX取引までの流れを画像解説付きで紹介していきます。

口座開設をして取引ツールのインストールまでの流れですから、間違えないように設定していきましょう。

手順を一から紹介していきますので、ここで口座を開こうか考えている人が参考にしてみてください。

IFCMarketsの申し込み手順

メニュー
まずはIFCMarketsのトップページに進み「口座を開設」をクリックすると下記入力画面が出てきます。

入力画面

  1. 名 姓 ローマ字入力をします。 taro yamada
  2. ログインに必要なメールアドレス メールアドレスを入力してください。
  3. パスワード お好きなパスワードを決定します。
  4.  日本を探して選択します。
  5. 番号 012 345 6789 の場合 0123456789 と入力します

入力し終えたら「取引を始める」を押してください。メールアドレスにIFCMarketsの情報が送られてきます。

メール確認

口座開設の手順

メールアドレスの確認ボタンをクリックすると、下記口座開設画面が出てきます。

口座開設画面

  1. 取引ツールをお選びください。 MT4かMT5、もしくはNetTradeXを選びます。
  2. 口座タイプ Beginner-fixed Standard-fixed Beginner-Floating Standard-Floating Micro-Floating から選びます。
  3. レバレッジ 1~400倍までを選びます。NetTradeXの場合は100倍までしか選べません。
  4. 口座の通貨 JPY USD EUR なのでJPYを選びます。

その他の口座の通貨を選ぶ意味が知りたい人は下記記事が参考になります。

MT4やMT5の場合は{Standard-Floatingと Micro-Floating}しか選べません。ヘッジングを利用にチェックという項目も出てきますのでチェックを入れたまま。

基本書類と同意

契約書や取引条件に目を通したら、上記「上記の基本書類の内容について同意します」

のチェックボックスにチェックをいれて「口座を開設」ボタンを押します。

完了ボタン

上記完了メッセージが出てきて、メールにMT4やMT5、NetTradeXを利用するためのログイン情報が送られてきますので、大切に保管しておきます。

本人確認書類の提出

次は本人確認の書類をアップロードします。ダッシュボード右上の赤矢印をクリックするとメニューが出てくるので

「会員ページの承認」をクリックします。

メニュー

すると下記個人情報入力画面に切り替わります。

個人情報

名前は入っているので、生年月日を入力し運転免許証かパスポートをスマホで撮影して、上記「クリップ」のマークをクリックします。

  • 運転免許証は裏表の2枚の画像、パスポートは写真が入った全面の画像を用意してアップロードします。
  • 裏面をアップロードする場合は「+新しいフィールドを追加」をクリックしてアップロードしてください。

次は下段に進み住所を入力します。

住所入力

  1. 住所 田中町1丁目2-3 201号の場合 例 tanakamachi 1-2-3 201
  2. 市町村 山口市南区の場合 例 yamaguchisi minamiku
  3. 都道府県 山口県の場合 例 yamaguchi
  4. 郵便番号 番号を調べて入力してください。

これらを入力すると今度は住所証明書(電気・ガス・水道・電話)などの住所と日付と名前が入った請求書を用意します。(発行から半年以内)

10mb以下と規定しているので、画像の圧縮をしておきましょう。準備が出来たらまた「クリップ」のマークをクリックしてアップロードします。

「保存し完了」ボタンを押します。

メッセージ

書類を受け取ったというメッセージが出て終了です。

これによって「クレジット・デビットカード」での入金と「銀行振り込み」での出金が可能となります。

取引ツールのインストール

IFCMarketsで取引をする場合には、ツールのインストールが必要となってきます。

IFCMarketsにログインすると下記ダッシュボードが出てきます。

ダッシュボード

そのまま下段へスクロールします。

ツール一覧

するとIFCMarkets独自ツールのNetTradeXやFXトレードでおなじみのMT4、MT5の一覧が出てくるので、申し込みの際に選んだツールをクリックします。

ここではMT4を選んでみましたので、ダウンロードボタンをクリックすると下記画面に切り替わります。

口座情報

口座を一つしか開設していない場合は、口座番号はそのままにして下段に進みます。

複数ある場合は、ツールをインストールしたい口座番号を選びます。

ツールの一覧

スクロールボタンを選ぶと取引ツールの一覧が出てきます。ここではMT4 PC for Windowsを選択して「ダウンロード」を押しました。

「実行」ボタンが出てくるので押すと下記セットアップ画面が出てきます。

セットアップ画面

「次へ」を押すとMT4のインストールが始まり、完了ボタンが出たら終了なので「完了」を押します。

するとMT4の提供元のホームページが立ち上がりますが、興味なければ閉じても問題ありません。

MT4にログインする

MT4のインストールが終了すると下記画面が立ち上がります。

MT4画面

メールで送られてきたログイン情報を用意しましょう。

ログイン情報

上記「ログイン」と「パスワード」を使用します。

上記MT4の画面で「IFCMarkes-Real」を選択して「次へ」を押します。

既存のアカウント

既存のアカウントにチェックを入れて「ログイン」と「パスワード」をクリックして「完了」を押します。

これでMT4のパソコン版のインストールが設定しました。

初期設定などは下記を参考にしてください。

スマホツールのインストール

スマホツールはグーグルプレイやアップルストアで、MT4かMT5のアプリをインストールしてください。

ダウンロードしてアプリを開くと下記「気配値」の画面に変わります。

銘柄一覧

「気配値」の左に「三」マークがあります。これはメニューを意味するのでクリックします。

口座管理

口座管理という青い文字をクリックします。

十字マーク

右上の十字マークをクリックします。

既存のアカウントにログイン

上記「既存のアカウントにログイン」をクリックします。

証券会社検索

証券会社を検索という窓が出てくるので、「IFC」と入力します。

IFCMarkets

すると上記画面が出てくるので「IFCMarkes-Real」を選択します。

ログイン入力

上記ログインとパスワード入力が求められるので、上記メールで送られてきた情報を入力して「ログイン」を押します。

完了画面

これで完了です。

まとめ

以上がIFCMarketsの口座開設方法&最短申し込み手順を簡単解説でした。

後は資金を入金してトレードするだけですから、ハイレバレッジ取引なので慎重にトレードを行いましょう。

スマホの設定や注文方法は下記記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事