TitanFXの口座開設方法&各メニューの使い方の手順までを解説!

2020年1月22日

ブログの閲覧数今日の読者数 507
昨日の読者数 607
総閲覧数 370702

ここではTitanFXの口座開設の手順からログイン後のメニュー操作の説明を画像付きの解説で簡単に紹介していきます。

依然と比べてTitanFXの申し込み手順は、書類低提出や本人写真の提出などが増えて面倒になりましたが、こういった作業はFX取引をする中で重要な要素と言えます。

これらを省略する海外FX業者のほうが信頼度が下がるので、手続きをしっかり行っている業者を選ぶことも重要な要素の一つでもあるのです。

TitanFXの申し込み手順

TitanFXTOPページ

まずはトップページに行ってTitanFXの下段にある「新規リアル口座を開設」をクリックします。

すると下記申し込み内容の入力画面が立ち上がりますので入力していきます。

申込情報入力

  1. 名 姓 ローマ字入力で最初は大文字です。例 Taro Tanaka
  2. メールアドレス IDが送られてくるので、お持ちのメルアドを入力します。
  3. 生年月日 30/12/1990 と日付から入力します。
  4. TitanFXを知ったきっかけ 任意(お好み入力)です。ネット検索とかFXブログとかを入力します。
  5. クライアントキャビネットのパスワード 今から決めるパスワードで最低大文字と小文字と数字が一つずつ必要で、7文字以上の入力が必要です。「例 Ab12345」7文字が最低でも必要。

上記はバツ印が赤くなっていますが、パスワードを設定して条件を満たすと緑色の×印に変わります。

次は連絡先から口座の種類を決めます。

連絡先情報入力

連絡先情報

  1.  Japanのままでいいです。
  2. 国番号 電話番号 09012345678とハイフンなしで入力します。
  3. 市区町村以降の住所 1-2-3 201 kanda- machiとアルファベットで入力します。左は神田町1丁目2-3 201号室の例
  4. 市町村区 hyougo-shi koube-ku  兵庫市神戸区の記入例
  5. 都道府県 hyougo 兵庫県の記入例
  6. 郵便番号 ハイフンなしで入力します。

住所は厳密に入れなくても大丈夫です。kanda 1-2-3 201でも問題ないでしょう。

次は口座の種類を決めます。

口座の種類の入力

口座の種類は手数料面だけでいえば、スタンダードが手数料無料でブレイド口座が手数料が往復7ドル取られます。

スプレッドを比べたい人は下記記事を参考にしてください。

ズールトレードを申し込む場合はスタンダードを入力します。

  1. 口座タイプ スタンダードかブレイド ここではスタンダードを選択します。
  2. レバレッジ 1倍から500倍まであります。後で変更すればいいのでここでは500倍を変更します。
  3. 基本通貨 日本円での入出金なのでJPYを選択します。
  4. 利用規約等を読んだらチェックボックスにチェックを入れて、下段の「口座開設ボタン」をクリックします。

基本通貨をドルにした場合は何が違うのかを知りたい人は、下記でまとめています。

すると下記「ご登録ありがとうございます」メッセージが表示されます。

メッセージ

先ほど入力したメールアドレスにメールが来ているかチェックします。

メールが来ていない場合は、上記「こちらをクリック」を押して再送信してみましょう。

TitanFXからのメールをクリックすると「確認」ボタンが表示されるのでクリックします。

確認ボタン

すると確認完了メッセージが表示されます。

確認完了メッセージ

ここでTitanFXの審査にはいるので、その間に現金の入出金ができるbitwalletの口座を開設しておきましょう。

審査が完了すると下記メールが「【重要】TitanFX : MT5(MT4)口座ログイン情報」という件名で送られてきます。

メール内容

これは後のMT4やMT5をダウンロードした後に利用する入力情報です。

本人確認の書類の提出

TitanFXのダッシュボードにログインすると下記本人確認の書類の提出が求められます。

本人確認の書類の提出画面

「御本人様確認を開始する」を押すと、セキュリティ情報の設定画面に切り替わります。

セキュリティ情報の設定

  1. 秘密の質問とその答え 選択肢の中から質問を選び、答えは自分で入力します。
  2. 雇用業種 該当する職業のジャンルを選びます。
  3. 雇用形態 フルタイムやアルバイト、無職や自営業の中から選びます。
  4. 投資額 今後1年間に投資する予定の金額を入力します。
  5. 投資期間 投資する予定の期間を選びます。

「次へ」ボタンを押します。

本人確認書類の提出

今度は写真付きの本人確認の書類の提出が求められます。パスポートか運転免許証、マイナンバーカードで写真が付いているものを用意しましょう。

用意した書類のチェック欄にチェックを入れて「次へ」を押します。

情報入力

写真付き提出書類の情報を入力します。

  1. 発行国 日本のままです。
  2. 姓 名 提出書類のままの名前を入力します。漢字なら漢字 ローマ字ならローマ字
  3. 番号(免許番号や個人番号、旅券番号)
  4. 有効期限 有効と書かれている日付まで入力します。

入力したら「次へ」を押します。

自動認証システム

書類とスマホを用意して、「次へ」を押すと同意宣言の画面に切り替わります。

同意宣言

文章確認後「同意する」を選びます。

書類検証

書類検証画面が出てくるので「次へ」を押します。

撮影画面

撮影が始まるのでスマホと写真付き身元証明を片手に撮影します。

私はうまくいかなかったので、終了後に下記メッセージに従い書類をアップロードしました。

自動認証未確認画面

撮影がうまくいかなかった場合の手順

撮影がうまくいかなかった場合、「次へ」を押すと「写真付き身分証明書のアップロード画面」に切り替わります。

写真付き身分証明書のアップロード

写真付き身分証明書の表面と裏面の写真をセルフィー画像にして、スマホに撮影してアップロードを押します。

セルフィー画像とは身分証を持った状態でスマホで撮影する必要があるのです。

セルフィー画像例

撮影完了後「ファイルを選択しアップロードする」を押して写真を提出し「次へ」を押します。

完了画面

完了確認後次は現住所証明書類の提出が求められます。

現住所証明書類

住民票か公共料金(ガス・水道・電気)の請求書(住所が入ったもの) を用意出来たら「ファイルを選択しアップロードする」を押して提出します。

3か月以内の発行であることを確認して「次へ」を押します。

完了画面

完了画面が出るので「次へ」を押すとTitanFXの承認作業が始まり1日くらい時間を要します。

完了すると「証明書類確認の手続きが完了しました」という件名でTitanFXからメールが送られてくるので、これで入金とツールのインストールを行えばFX取引が可能となります。

追加口座の開設手順

TitanFXにMT5口座がようやく追加されたので、ここでは口座を追加する手順を紹介していきます。

ダッシュボードにログインしたら左メニュー下段の「追加取引口座を開設する」ボタンを押します。

追加取引口座を開設する

すると追加する口座の詳細設定画面に切り替わりますので、各項目を決めていきます。

口座の設定画面

  1. プラットフォームタイプ 今度はMT5を選びます。
  2. 口座タイプ 今度はブレイブ口座を選びます。
  3. レバレッジ 1~500倍までお好きな倍率を選びましょう。
  4. 基本通貨 JPYを選びます。その他の通貨を選ぶとどうなるかは下記記事で紹介しています。
  5. Titan FX IB業者が提供する口座縛りのあるEA(自動売買)を利用しますか? 「はい」か「いいえ」を選択

はいを選ぶとEAの名前の入力が必要となります。

「口座開設」ボタンを押すとTitanFXからツール情報が送られてくるので大切に保管しておきます。

記事最後に取引ツールのインストール手順の紹介記事があるので、そこでツールをインストールしてみてください。

ダッシュボード左メニューの仕様

今度はダッシュボードやメニューの説明まで画像付きで紹介していきます。

ダッシュボード

上記ダッシュボードを見てもらえばわかるように、非常にシンプルな作りとなっています。

左のメニューバーから説明すると

  1. ダッシュボード その他の操作をしている際に上記の画面に戻りたい場合にクリックすると戻れます。
  2. 出金 クレジットカードやbitwallet、電信送金などの一覧が出てきます。
  3. 入金 出金の種類と同じですが、クレジットカード入金の場合クレジットカード情報を入力する必要があります。

また上記で追加口座を作成した場合は、入金の際それぞれどちらの口座に入金するのか選択する必要があります。

この場合口座番号しか明記されていないので、入金する口座の番号を覚えておきましょう。

口座の選択肢

次はダッシュボード上段のメニューの説明をしておきます。

上段メニューの仕様

ダッシュボード上段のメニュー

左から順番に

  1. よくある質問 クリックすると操作や仕様などで不明点がある場合に、様々な内容が表示されます。
  2. お問い合わせ 選択するとお問い合わせのメールやライブチャットで不明点を聞くことが出来ます。
  3. 自分の名前 クリックすると口座開設時に入力した個人情報などの修正やパスワードの変更が可能です。

TitanFXは、日本語サポート完備なのでメールでもライブチャットでもどちらを利用しても問題ありませんが、急ぐ要件の場合は「ライブチャット」を利用するといいでしょう。

TitanFXのよくある質問の例を掲載しておきます。

口座開設方法のFAQ

上記項目をクリックすると知りたい内容が表示されます。

口座開設、変更手続きや入出金、ツールの使い方から取引についてまでが掲載されています。

TitanFXのダッシュボードの内容はシンプルすぎて薄い内容ですが、よくある質問などをクリックすると、内容の左に各仕様のメニューバーが表示されます。

各仕様のメニューバー

ここには口座の特徴やツールの種類、シグナルトレードの簡単な説明が記載されていますので、知りたい特徴などがある場合はここで調べてみましょう。

TitanFXのスプレッドや口座の種類などが知りたい人は下記でまとめています。

まとめ

とりあえずはTitanFXの口座開設方法&各メニューの使い方の手順までを解説!は以上です。

おさらいをすると

  1. スプレッド重視の人はブレイド口座を選ぶ
  2. ズールトレードを申し込む場合はスタンダード口座を申し込む
  3. TitanFX上で撮影が上手くいかなかった場合は、スマホで撮影してアップロードできる
  4. ライブチャットのほうが返答は早い
  5. メニューはシンプルなので、そこまで利用する機会は少ない
  6. 追加口座を開設した場合入金先の口座番号を間違えないように入金する

など。基本はブレイド口座からスタートすればいいと思いますので、間違えた場合は追加口座で対応していきましょう!

次はTitanFXのツールのインストール方法紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク