TitanFXの口座開設方法&アプリとMT4/MT5のインストールまで

ブログの閲覧数今日の読者数 1657
昨日の読者数 1909
総閲覧数 205405

ここではスプレッドが狭くて人気となっている、TitanFXの口座開設の手順を画像付きの解説で簡単に紹介していきます。

レバレッジは500倍と海外FX業者の中では控えめで口座開設ボーナスもないですが、狭いスプレッドでカバーしてると考えておきましょう。

TitanFXの申し込み手順

TitanFXTOPページ

まずはトップページに行ってTitanFXの下段にある「新規リアル口座を開設」をクリックします。

すると下記申し込み内容の入力画面が立ち上がりますので入力していきます。

申込情報入力

  1. 名 姓 ローマ字入力で最初は大文字です。例 Taro Tanaka
  2. メールアドレス IDが送られてくるので、お持ちのメルアドを入力します。
  3. 生年月日 30/12/1990 と日付から入力します。
  4. TitanFXを知ったきっかけ 任意(お好み入力)です。ネット検索とかFXブログとかを入力します。
  5. クライアントキャビネットのパスワード 今から決めるパスワードで最低大文字と小文字と数字が一つずつ必要で、7文字以上の入力が必要です。「例 Ab12345」7文字が最低でも必要。

上記はバツ印が赤くなっていますが、パスワードを設定して条件を満たすと緑色の×印に変わります。

次は連絡先から口座の種類を決めます。

連絡先情報入力

連絡先情報

  1.  Japanのままでいいです。
  2. 国番号 電話番号 09012345678とハイフンなしで入力します。
  3. 市区町村以降の住所 1-2-3 201 kanda- machiとアルファベットで入力します。左は神田町1丁目2-3 201号室の例
  4. 市町村区 hyougo-shi koube-ku  兵庫市神戸区の記入例
  5. 都道府県 hyougo 兵庫県の記入例
  6. 郵便番号 ハイフンなしで入力します。

住所は厳密に入れなくても大丈夫です。kanda 1-2-3 201でも問題ないでしょう。

次は口座の種類を決めます。

口座の種類の入力

口座の種類は、スタンダードが手数料無料でブレイド口座が手数料が往復7ドル取られます。スプレッドを比べたい人は下記記事を参考にしてください。

ズールトレードを申し込む場合はスタンダードを入力します。

  1. 口座タイプ スタンダードかブレイド ここではスタンダードを選択します。
  2. レバレッジ 1倍から500倍まであります。後で変更すればいいのでここでは500倍を変更します。
  3. 基本通貨 日本円での入出金なのでJPYを選択します。
  4. 利用規約等を読んだらチェックボックスにチェックを入れて、下段の「口座開設ボタン」をクリックします。

すると下記「ご登録ありがとうございます」メッセージが表示されます。

先ほど入力したメールアドレスにメールが来ているかチェックします。来ていない場合は上記「こちらをクリック」を押して再送信してみましょう。

TitanFXからのメールをクリックすると「確認」ボタンが表示されるのでクリックします。

確認ボタン

すると確認完了メッセージが表示されます。

確認完了メッセージ

ここでTitanFXの審査にはいるので、その間に現金の入出金ができるbitwalletの口座を開設しておきましょう。

審査が完了するとメールが送られてきます。

メール内容

これは後のMT4やMT5をダウンロードした後に利用する入力情報です。

取引ツールのダウンロードと実行方法

これでTitanFXにログインできるようになるので、今度は取引ツールをダウンロードします。

メールに書いてある「ダウンロード」ボタンを押します。

MT4ダウンロード画面

MT4のダウンロード画面に変わります。MT5を選んだ人はMT5のダウンロード画面に変わります。

MT4ダウンロードをクリックして完了すると下記「実行」ボタンが出てくるので押します。

実行ボタン

下記画面が出てくるので「次へ」を押します。

次へボタン

これでMT4のインストールは完了します。

完了するとMT4を提供している「https://www.mql5.com/」の画面が立ち上がりますが、中身を見て興味がなければ閉じてください。

MT4に自分の情報を入力

デモ口座画面

上記のようにデモ口座画面が立ち上がりました。

ここで自分のTitanFXからきた情報をMT4に入力していきます。間違えてデモ口座画面を消した場合は

MT4上で「ファイル」→「取引口座にログイン」を選択し、入力していけば大丈夫です。

メール内容

上記メール内容を見ると私は「Titan-FX3」なのでこれを選んで「次へ」を押します。

自分に送られてきたメールで、自分の「Titan-FX1~3」がどれかをチェックしてください。

アカウントタイプ

上記画面が現れるので、アカウントタイプを選択していきます。

「既存のアカウント」にチェックをいれて、メールに書いてある「ID(口座番号)」と「パスワード」を入力して「完了」を押します。

これでMT4が使えるようになりました。次はアプリの設定を紹介していきたいと思います。

アプリのインストール

次はTitanFXのMT4アプリ(MT5でも同じ)をインストールします。

AndoroidやiPhoneでインストールした後の設定となります。

気配値

インストール後MT4を立ち上げると上記「気配値」の画面になっていますが、この時点ではデモ口座の状態なので、TitanFXのIDとパスワードの入力が必要となります。

上記画面の左上の「三」というメニューをクリックします。

口座管理

上記の青色になっている「口座管理」をクリックします。

デモ口座画面

上記デモ口座画面になっているので、「+」をクリックします。

既存のアカウント

既存のアカウントにログインをクリックします。

検索BOX

証券会社を検索の検索BOXに「titan」と入力して検索します。

titan一覧

すると上記のように「Titan-FX1~3」が3種類出てくるので、メールに記載されているナンバーのTitan-FXを選択します。

ログイン画面

ログインとパスワード入力画面が出てくるので、ログイン=口座番号とパスワードを入力してスマホ画面下の「ログイン」を押せば終了です。

後は入金をすればトレードが可能です。スマホアプリの使い方は下記で紹介しています。

まとめ

とりあえずはTitanFXの口座開設手順は以上です。

次はMT4の設定方法を紹介していきたいと思います。大体MT5と一緒ですが、MT4は時間足の追加が今できなくなっていますので、それ以外の初期設定を下記記事で参考にしてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事