海外FX業者のスキャルピング取引の制限例とスキャル向き口座

ブログの閲覧数今日の読者数 114
昨日の読者数 608
総閲覧数 310432

海外FXでスキャルピング取引を行いたいんだけど、どんな制限などがあるのか自由度は高いのか気になるところです。

ここでは海外FX業者のスキャルピング取引の制限例などを各社のホームページからそれぞれ調べてみましたので、ハイレバレッジスキャルピングを考えている人は参考にしてみてください。

実際にQ&Aやよくある質問から画像を抜粋していますので、内容をしっかりチェックしてみてください。

これらの記載がなかった海外FX業者には直接サポートメールで問い合わせまでしてみました。

スポンサーリンク

iFOREX

iFOREX
iFOREXは、スキャルピング取引は完全NGとなっています。

iFOREXスキャルピング取引の制限

また自動売買やAPI取引も不可となっているので、ここは海外FX業者の中でも取引制限が多い業者にあたります。

少年
トレ太
ここは日本のFX会社と同じDD注文方式を採用していて、スプレッドもほぼ固定の業者なんだけどね

GEMFOREX

GEMFOREX
GEMFOREXは一見問題ないように見えますが、当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められる場合には、何かしらの処置がある場合があります。

スキャルピング取引の可否

少女1
ミミコ
利用規約を見ると一旦取引停止の措置を行う場合があるみたいだね
侍
ドル蔵
レイテンシーアービトラージも禁止みたいだよ

レイテンシーアービトラージ禁止メール

少女1
ミミコ
ということはスキャルピングは禁止ではないけど、サーバーに負荷をかけすぎる場合は取引がストップされる可能性があるということだね
少年
トレ太
ここはコストが良いから一番スキャルにはおすすめの会社なんだけどね、やや制限ありか

is6com

is6com

is6comのスキャルピングに関する制限は

スキャルピング取引の可否

侍
ドル蔵
なるほど制限はないが、負荷がかかりすぎると約定しづらくなるのか
少女2
カワコ
約定しずらいのならなかなか利用しずらい業者になるね

BigBoss

BigBoss
Big Bossも公式ページには記載がありませんでしたが問題ないとの事です。

スキャルピング取引の可否

ただし上記サポートの回答を見てもらえれば分かるように、悪質な取引と判断した場合は何かしら連絡があるということです。

HotForex

HotForex
HotForexはスキャルピング取引は問題ありません。

スキャルピング取引の可否

自動売買口座やコピートレードなどで、短期売買を繰り返しているトレーダーも数多くいますから、こういった制限は特にない優良業者の一つと言えます。

FBS

FBS
FBSは一応出来るみたいですが、明確な記述はありませんでした。

スキャルピング取引の説明

少女1
ミミコ
表記がスカルピングになっているよ!
少年
トレ太
何だか取引してもスカりそうだね 別の意味でのアドレナリンが出そうだよ
少女1
ミミコ
分からなかったのでサポートに聞いてみたよ

サポートに聞いた結果

上記を見てもらえれば分かるように、取引環境はすべてSTPで提供されるためスキャルピングについての制限はないそうです。

しかも自動売買も可能というおまけの回答までいただきました。

Axiory

Axiory
Axioryも特に制限はありません。

スキャルピングの制限内容

超短期売買OKと書いているので、ここもかなり自由度が高い人気業者と言えます。

Titanfx

Titanfx
Titanfxも制限はありません。

スキャルピングの可否内容

スキャルも自動売買も制限がなく、スプレッドも狭いので人気となっている業者であることが見えてきますね。

Tradeview

Tradeview

Tradeviewは公式ページに記載がなかったので、サポートに問い合わせてみました。

サポートからの返答

上記の回答通り特にスキャルピングの制限もなく取引出来ると言う事です。

ここはFAQが英語表記で分かりずらいのですが、知りたいことは日本人サポートがしっかりしているので、メールで聞くほうが迅速な対応をしてくれます。

TTCM

TTCM
TTCMも問題なくスキャル取引可能です。

スキャルピング取引の可否

5桁・3桁表示のフラクショナル価格設定を採用しているので、むしろスキャルピング取引に向いている海外FX業者と言えます。

Land-FX

Land-FX
Land-FXは公式サイトにスキャルについて記載はなかったのですが、サポートに聞いてみると特に制限などは設けていないそうです。

スキャルピング取引の可否

しかもご丁寧にその他の禁止事項を教えていただきました。

  1. 両建て取引(同一口座内の両建ては可能)
  2. 接続遅延・レートエラーを利用した取引
  3. 裁定取引(アービトラージ)
  4. ボーナスを悪用する取引等

Land-FXを利用する人はしっかり上記の禁止事項をチェックしておきましょう。

AnzoCapital

AnzoCapital
AnzoCapitalはスキャルピング取引の記述が見当たらなかったので、サポートに聞いてみました。

サポート内容

特に制限なくスキャルピング取引は可能という事でした。

DealFX

DealFX
DealFXのスキャルピング取引は特に制限なく問題ありません。

スキャルピング取引の可否

少女2
カワコ
一言だけの回答だから、非常にシンプルな内容だね

IFCMarkets

IFCMarkets
IFCMarketsもスキャルピング取引は問題ありません。

スキャルピング取引の可否

少女1
ミミコ
しかし気持ちいいほど簡単な答えだね

XM

XM
XMのスキャル取引の可否は「よくある質問」に明記されていました。

スキャルピング取引の可否

全く問題なく取引可能ということです。さすが日本で人気NO1の業者ですね。

スキャルピング取引におすすめの口座

正直海外FX口座は日本のFX会社と比べてもスプレッドが広く、スキャルピングに向いているとは思えません。

それでも狭いスプレッドと高い約定力を備えた、おすすめの口座を挙げるとすると

  1. Axiory ナノ口座
  2. Tradeview ILC口座
  3. Titanfx ブレイド口座
  4. AnzoCapital RAW口座
  5. TTCM プロ口座 VIP口座

などが一押しです。ただしいずれの口座もスプレッド+取引手数料が必要となります。下記はクロス円のコストの比較です。

クロス円のコストパフォーマンスが高い口座
FX会社名 口座名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円 手数料
Titanfx ブレイド 0.2pips 0.2pips 1.2pips 0.5pips 1.0pips 1.0pips 1.0pips 往復7ドル
Axiory ナノ 0.3pips 0.3pips 0.9pips 0.5pips 0.8pips 0.5pips 0.6pips 往復6ドル
Tradeview ILC/cTrader 0.1pips 0.5pips 1.0pips 0.5pips 0.9pips 0.9pips 1.1pips 往復5ドル
AnzoCapital RAW 0.3pips 0.5pips 0.8pips 0.4pips 1.2pips 0.6pips 0.9pips 往復7.2ドル
TTCM PROとVIP 0.5pips 0.6pips 1.8pips 0.6pips 0.7pips 0.9pips 1.0pips 往復3~6ドル

 

いずれも入金ボーナスやキャッシュバックなどがなく、単純にコストと約定力が高い口座となるので、どうしても海外FXでスキャルピング取引を行いたい人が利用するといいでしょう。

少女1
ミミコ
VIP口座は口座残高が規定を満たすと取引手数料が割安になるんだよ
少女2
カワコ
ただしTTCMが2万ドル必要だけどね

おすすめの理由であるそれぞれの口座のその他のスプレッドは、下記でチェックしてみてください。

少女2
カワコ
まあコスト面では断然日本のFX会社のほうが安いから期待しないでね

海外FXでスキャルピング取引をおすすめしない理由

個人的には海外FXでスキャルピング取引をおすすめする理由は全くありません。

  1. スプレッドは日本のFX会社が断然狭い
  2. ハイレバ取引とスキャルピングはあまり意味がない
  3. 注文方式がNDDでも約定が早いとは限らない
  4. リクオートも海外FXでは頻繁に発生する

などなど。まあリクオートなどは流動性の低い時間帯に多い早朝時間に多いので、それ以外では特に問題は無いと言えます。

海外FXブロガーが書いてある「約定力が高い」とかは本当にその記事を書いている人が、利用しているかどうかをチェックしたほうがいいと思います。

個人的に海外FX業者を数社利用した感想を言えば

約定スピードは日本のFX会社の方が断然早いし約定力も日本のFX会社のほうが優れている

中にはA-BOOK業者のTradeviewなど優秀な業者も存在しますが、それ以外の海外FX業者では「どっこいどっこい」と言えます。

少女1
ミミコ
私もスキャルピング取引にハイレバレッジ取引は何の意味もないと思いますからね
侍
ドル蔵
どうしても取引枚数を多くしたい人だけだよ
少女2
カワコ
だから個人的には全くおすすめはしていません。

まとめ

以上が海外FX業者のスキャルピング取引の制限例とスキャル向き口座でした。

おさらいをしておくと

  1. iFOREXは完全NG
  2. GEMFOREXis6comBig Bossはやや制限がある
  3. 海外FXはスプレッドが広く取引手数料がかかるので、スキャルピング取引には向いていない

など。コストでは決して優れていない海外FX業者ですから取引枚数を大きくしたい人でない限り、日本のFX会社を利用するほうが最も賢いおすすめの手段と言えます。

もちろん日本でも過度なスキャルピング取引を禁止している業者は多くあるので、これらの業者から弾かれた人などが海外FXでスキャルピング取引を始めてみるのならいいのかもしれません。

両建て取引に関する内容は、下記でまとめています。

スポンサーリンク

注目記事