TitanFXのアプリとMT4/MT5のインストールの手順

2019年12月15日

ブログの閲覧数今日の読者数 2016
昨日の読者数 2393
総閲覧数 267569

TitanFXで口座開設が終了しましたので、今度はFX取引するためのツールをダウンロードしていきたいと思います。

TitanFXから送られてきたメールを用意して、下記手順に従ってインストールを行ってみてください。

過去にMT4/MT5のツールをインストールした経験がある人は、手順は一緒なので簡単にできると思います。

TitanFX取引ツールのインストール手順

TitanFX

これでTitanFXにログインできるようになるので、今度は取引ツールをダウンロードします。

メールに書いてある「ダウンロード」ボタンを押します。

MT4ダウンロード画面

MT4のダウンロード画面に変わります。MT5を選んだ人はMT5のダウンロード画面に変わります。

変わらない人はダウンロードしたファイルのアイコンをダブルクリックするとセットアップがスタートします。

セットアップアイコン

「MT4(MT5)ダウンロード」をクリックして完了すると下記「実行」ボタンが出てくるので押します。

実行ボタン

下記画面が出てくるので「次へ」を押します。

次へボタン

これでMT4(MT5)のインストールは完了します。

完了するとMT4(MT5)を提供している「https://www.mql5.com/」の画面が立ち上がりますが、中身を見て興味がなければ閉じてください。

MT4に自分の情報を入力

デモ口座画面

上記のようにデモ口座画面が立ち上がりました。

ここで自分のTitanFXからきた情報をMT4に入力していきます。間違えてデモ口座画面を消した場合は

MT4(MT5)上で「ファイル」→「取引口座にログイン」を選択し、入力していけば大丈夫です。

メール内容

上記メール内容を見ると私は「Titan-FX3」なのでこれを選んで「次へ」を押します。

自分に送られてきたメールで、自分の「Titan-FX1~3」がどれかをチェックしてください。

アカウントタイプ

上記画面が現れるので、アカウントタイプを選択していきます。

「既存のアカウント」にチェックをいれて、メールに書いてある「ID(口座番号)」と「パスワード」を入力して「完了」を押します。

これでMT4が使えるようになりました。次はアプリの設定を紹介していきたいと思います。

パソコンだけしか使わない人は、下記で初期設定を行ってください。

アプリのインストール

次はTitanFXのMT4アプリ(MT5でも同じ)をインストールします。

AndoroidやiPhoneでインストールした後の設定となります。

気配値

インストール後MT4を立ち上げると上記「気配値」の画面になっていますが、この時点ではデモ口座の状態なので、TitanFXのIDとパスワードの入力が必要となります。

上記画面の左上の「三」というメニューをクリックします。

口座管理

上記の青色になっている「口座管理」をクリックします。

デモ口座画面

上記デモ口座画面になっているので、「+」をクリックします。

既存のアカウント

既存のアカウントにログインをクリックします。

検索BOX

証券会社を検索の検索BOXに「titan」と入力して検索します。

titan一覧

すると上記のように「Titan-FX1~3」が3種類出てくるので、メールに記載されているナンバーのTitan-FXを選択します。

ログイン画面

ログインとパスワード入力画面が出てくるので、ログイン=口座番号とパスワードを入力してスマホ画面下の「ログイン」を押せば終了です。

これで入金まで済んでいればそのまま取引が可能となります。

取引画面

発注

単純に取引枚数を入力して「発注」を押せば注文が出来ます。日本のFX会社のツールと違い、操作は少なくシンプルな設計となっていますから、FX初心者でも簡単に操作が可能です。

まとめ

以上でTitanFXのアプリとMT4/MT5のインストールまでは完了です。

TitanFXはダッシュボードからツールがインストール出来ないのが難点ですから、送られてきたメールは無くさずに大切に取っておきましょう。

後は入金をすればトレードが可能となります。スマホアプリの使い方は下記で紹介しています。

上記でインストールしたパソコンツールの設定は下記で行えます。

スポンサーリンク

おすすめ記事