TitanFXの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめ

ブログの閲覧数今日の読者数 591
昨日の読者数 566
総閲覧数 314862

TitanFXはようやく運営実績が5年を超えて、新興の海外FX会社から中堅所まで順調に業績を伸ばしてきた業者です。

ここでは低スプレッドで人気の海外FX業者TitanFXの、さまざまな評判や危険性を徹底的に調べてみましたので、基本辛口目線ですが参考にしてください。

少女1
ミミコ
推し推しブロガーの情報なんて読むだけ無駄だしね
客観的に見た位置付け
実績が高い 評価が高い
実績は普通 評価が普通
実績が乏しい 評価が低い
コストが安い 特典が多い
コストは平均的 特典が少ない
コストは割高 特典がない

という位置付けになるので、結論を最初に書くと

「それなりに高いコストパフォーマンス」か「出金トラブルがない業者」で選ぶ海外FX会社です。

少女1
ミミコ
特典がないので、まさにコストや約定力勝負だね。

スポンサーリンク

ひと目でわかるTitanFXの評判と安全性と危険性

Titanfx

ここからはTitanFXの評判や安全性・危険性など下記の「青いリンク」をクリックすると私が調べた内容をチェックできます。

安全性と危険性のチェックポイント
海外での企業的評価 ✅ 平均より高い評価 ▷ 海外での評価の詳細
ライセンス取得 ✅ バヌアツ共和国金融当局で取得済  ▷ ライセンスの詳細
資金管理 ✅ 一般的な分別管理を実施 ▷ 資金管理の詳細
出金トラブル ✅ 口コミや掲示板を見ても特になし
ベストブローカー賞 ✅ 特になし
スポンサー契約 ✅ Le Trail Pacific 2019 レース マイナー過ぎて評価できず
広告出稿 ✅ Googleとヤフーで実施しているので、広告会社の審査はクリア ▷ 広告出稿
運営実績 ✅2014年から5年以上の運営実績は新興業者のレッテルをクリア
評判のワンポイントチェック
コスト(スプレッド) ✅ スプレッドは狭いのはブレイド口座だけ ▷ TitanFXのスプレッド54銘柄
ボーナスボーナスとは ✅ ほとんど実施しない
レバレッジ ✅ 最大500倍で口座残高が増えても制限はなくCFDも同条件(100,000ドル超えで一考)
口座の特徴 ✅ 2種類あるがスタンダード口座を開設するメリットなし ▷ TitanFXの口座の種類と特徴
取引条件1 ✅ 1,000通貨から取引可能両建て・スキャルピング可能MT4とMT5利用可能
取引条件2 ✅ ロスカット20%以下最低入金金額200ドル入金手数料無料57のFX銘柄
利用した感想 ✅ コスト以外に魅力が無さすぎる ▷ 利用した感想
SNSの口コミ ✅ 出金トラブルが無いので優良業者に入る ▷ 口コミの詳細
海外FXブロガーの口コミ ✅ 誇張や適当な内容が多すぎて参考にならない ▷ 海外FXブロガーの口コミ
サポートの評判 ✅ 良好 日本語対応で丁寧な印象を受ける ▷ サポートとのやり取りの詳細
使い勝手の評判 ✅ ▷ ダッシュボード  ▷ 注文時の約定 ▷ 取引ツール ▷ 便利ツール

最近評判が落ちた点は

  • 口座開設時の手続きが増え面倒になった。
  • ボーナスキャンペーンを全然実施しないので、ボーナスを利用した取引が出来ない点。

評価が上がった点

少年
トレ太
暗くて陰湿だった公式サイトのデザインがリニューアルして明るくなった点

これらの要点を集約してTitanFXに向いている人は

  1. コストパフォーマンス重視で海外FX取引をしたい人
  2. 500倍のレバレッジをFXでもCFDでも制限なく利用したい人
  3. 海外FX業者で両建てやスキャルピングの制限を受けたくない人
  4. 出金トラブルの心配なく取引したい人

逆に向いていない人は

  1. ボーナスがメインで海外FX取引を行っている人
  2. 運営実績が2014年ではまだ短いと思う人

が該当します。これらのポイントだけ抑えていれば、ここはその他の情報は読まなくてもいいでしょう。

下記では「口座開設」→「入金方法」→「取引ツールのインストール」→「取引ツールの使い方」→「チャートの推奨設定」→「注文方法」まで出来るように詳しく紹介しています。

それではもう少しTitanFXの評判を掘り下げて紹介していきたいと思います。

TitanFXを利用した感想

TitanFX

TitanFXの利用した感想は

  1. スプレッドが狭いブレイド口座を選ぶだけのシンプルな海外FX業者
  2. 取引制限がほとんどないので自由度が高い
  3. 出金も問題なくできる

とこの3点だけを見れば十分だと思います。

侍
ドル蔵
そして問題の狭いと言われるスプレッドを紹介しておきましょう。

ブレイド口座には往復手数料が7ドルかかるので、0.7pips加算したスプレッドを表記しています。

TitanFX クロス円のスプレッド
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円
スタンダード口座 1.3pips 1.5pips 2.7pips 1.7pips 2.2pips 2.1pips 2.2pips
公式サイトの平均値 1.33pips 1.74pips 2.45pips 2.12pips 2.62pips 2.1pips 2.31pips
ブレイド口座 1.0pips 1.1pips 2.2pips 1.4pips 1.9pips 1.7pips 1.8pips
公式サイトの平均値 1.03pips 1.44pips 2.15pips 1.82pips 2.32pips 1.8pips 2.01pips

これらは私が口座開設をして表示させた変動スプレッドなので、表記の誤差は当然あります。

TitanFX ドルストレート
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
スタンダード口座 1.2pips 1.9pips 1.5pips 1.7pips 1.6pips 1.7pips
公式サイトの平均値 1.2pips 1.57pips 1.52pips 1.86pips 2.2pips 1.92pips
ブレイド口座 1.0pips 1.3pips 1.1pips 1.7pips 1.3pips 1.2pips
公式サイトの平均値 0.9pips 1.27pips 1.22pips 1.56pips 1.5pips 1.62pips

と言う事でここのコストパフォーマンスは、私が調べた数十社の中では上位のスプレッドです。

少女1
ミミコ
1位ではないと言う点と、クロス円がどれも1.0pipsを下回っていない点もポイントですね。

狭い狭いと言われるTitanFXですが、驚くほどの内容ではありません。

少年
トレ太
口座数がなかなか伸びないのも、このコストパフォーマンスでは弱いと言う事です。

もちろん日本で人気のXMHotForexなどと比べると全然狭いスプレッドですが、これらの業者はボーナスキャンペーンで客を呼び込んでいるので口座数が伸びる要素があるということです。

その他のスプレッドや時間ごとでの変化を知りたい人は、下記記事が参考になると思います。

確かにTitanFXは、2020年には13万口座を突破する勢いで多くの口座数を伸ばしています。

少女2
カワコ
しかしボーナスキャンペーンを実施しない海外FX業者なので、なかなかスプレッドだけでこれ以上総口座数を伸ばすのは難しいと思います。

しかもここのアピールポイントであった、口座開設の簡素化がなくなり本人確認書類の提出の義務化がすすんだことで、ちょっとお試しでTitanFXで取引というトレードスタイルはもう出来ません。

自分と一緒に証明書を写す(セルフィー撮影)書類の提出が必要になったので、手間だけでみるとかなり面倒なマイナスポイントと言えます。

セルフィー画像の例

セルフィー画像の例

もちろんプラスポイントもあって、今までTitanFXはMT4しか取引ツールしかなかったのですが、2019年に秋にMT5を導入したことでツールの選択肢が増えました。

違いはそんなにないのですが、8時間足や2時間足の時間足表示がさせたい人はMT5で、自動売買がメインの人はMT4を利用するといいでしょう。

レバレッジも500倍と一般レベルですが、残高による制限がないのが唯一の救い。100,000ドルを超えるとTitanFXがレバレッジ制限を考えるらしいのですが、そんなに貯め込む人はいないでしょう(笑)。

少年
トレ太
後は出金トラブルが無い点と、他社とくらべると比較的狭いスプレッドの二点で、ここでの取引を考えてみるといいでしょう。

他社とのコストの差をチェックしたい人は、下記でかなり詳しく紹介しています。

後はスワップですが、ここは公式サイトにスワップポイントを掲載していない業者です。

少女1
ミミコ
なので口座開設後に一つ一つ自分で気になる銘柄のスワップを調べなくてはいけないのが、かなりのデメリットと言えます。

他の海外FXブロガーがここのスワップを紹介していたとしても、リアルタイムのスワップでないのであまり参考にはなりませんしね。

侍
ドル蔵
このあたりのサービスの悪さも改善してほしいポイントと言えますね。

一応MT4とMT5での調べ方は下記で紹介しています。

ツイッターの評判

今度は主観評価でなく客観評価です。

TitanFXのツイッターでの口コミは多いのですが、内容が無いのも多いのが特徴です(笑)

人気がない業者だと口コミの数も少ないので、これも業者選びの一つの物差しでみるといいでしょう。

品揃えは70種類以上ですがCFDも含まれています。

原油の買いチャンスに多くのトレーダーが殺到したときの口コミです。


ただし買いのマイナススワップが5倍ぐらい広がったらしいので、あまり意味はなかった様子

ツイッターでの口コミ

bitwalletに出金したら1秒で着金したらしいですが、さすがにこれはオーバー表現ですが早いことは早いですね。

口コミ2

24時間対応のサポートデスクとありますが、実際に連絡した人はいるのでしょうかね?

口コミ3

上記のように自動売買を利用している口コミが多くて、良し悪しに書かれている内容も少なかったです。

口コミ4

TitanfxかGEMFOREXを推奨している口コミです。私も口座開設ボーナスでここの口座を開設してみました。

口コミ5

ニュージーランド証券投資委員会に登録している海外FX業者とのことです。急成長しているといえ13万口座くらいなので、そこまで多くはありません。


口座数だけ見るとまだまだ小規模のブローカーと言えますが、今後の拡大に期待したいところと言えます。

口コミ6

Big Bossのスプレッドは割高レベルかな。PRO口座でまあまあぐらいです。

口コミ7

主語がないので、何が一番かわかりませんが意外な結果であったそうです。

口コミ8

意外にも自前でのつぶやきが多かったですね。並々ならぬ企業努力を感じます。

口コミ9

スタンダード口座より手数料がかかるブレイド口座のほうがいいという内容で同感です。

口コミ10

2016年下半期第一位!って古すぎる情報な気がしますが、逆に今は何位?というところでしょうか。


上記の口座はブレイド口座のことでしょう。

口コミ11

確かに海外FXでスキャルピングをするなら、ここでしょうが最狭ではなく最狭レベルの表現のほうが妥当ですね。

海外FXブロガーの口コミ

今度は海外FXブロガーが書いているTitanFXの口コミも掲載しておきます。

  1. TitanFXは、国内FXに負けないスプレッドを提供
  2. 競合3社のスプレッドを同時比較した結果「TitanFX」が最狭!
  3. NDD業者の中ではどちらの口座もスプレッドは最狭クラスである。
  4. 特にブレード口座(ECN口座)は、『スプレッド・取引手数料』の安さが売りです。
  5. 値動きがかなり激しい時でもほとんど、スリッページがありません。リクオートやオフクオートはほぼないので信頼して取引ができます。通貨ペアの種類が多いのも勉強になります。実際に取引をしたことはありません
  6. ハイレバレッジとゼロカットがセットになっているTitanFX
  1. さすがに国内のFX会社には負けています。一部という表現を入れるほうが妥当かな
  2. 3社調べて最狭って調査不足は否めませんね・・・
  3. 「最狭クラス」こういう表現なら適確と言えますよね。
  4. 取引手数料は標準レベルです。
  5. 取引していないのにスリッページが無いって・・・まじ適当
  6. ほとんどの海外FX業者はセットです・・・

と相変わらず適当な内容が多い海外FXブロガー達の内容でした。

大体書いている内容で敬遠すべきな点は

  • 間違いなくNO1! ← 「私が調べた中では」という表現があると望ましい
  • 一番狭い ← これも同じ 狭いレベルとか狭いクラスとかのほうが適切です。

こういう書き方はNGですね。根拠がない内容が多いので前置きや具体例で書いてある記述を参考にするといいでしょう。

上記にもあったように海外FX業者の取引手数料を比較してみますが、無料の業者も当然あります。

海外FX会社 取引手数料 対象口座
Tradeview 往復5ドル ILC/cTrader口座
FBS 往復6ル ECN口座
Axiory 往復6ドル ナノ口座
TTCM 往復6ドル(VIP口座は3ドル) プロ口座
Titanfx 往復7ドル ブレイド口座
Land-FX 往復7ドル ECN口座
HotForex 往復6~8ドル ゼロスプレッド口座
Big Boss 往復9ドル プロ口座
XM 往復10ドル ゼロ口座
GEMFOREX 無料 2つの口座が対象
iFOREX 無料 1口座しかない

全ての海外FX業者を紹介しているわけではないので、あくまで上記は目安ですが大体平均レベルです。

少女1
ミミコ
これが根拠って奴だよね!もちろん後50社調べたら変わるとは思うけど

後はボーナス制度などがないので、もう少しここに力を入れれば利用者はもっと増えそうなのですけどね。

運営会社TI Securities Limitedの評判

2014年からの設立なので企業的にもまだ新しい海外FX業者と言えますね。

TitanFXの金融ライセンスは以下の通り公式サイトに掲載してあります。


ライセンス表記バヌアツ共和国金融当局(VFSC) No.40313を取得しています。

一応小さい会社というわけでもなく、複数のグループ関連会社により構成されていて、ライセンスの掲示もしっかり行われています。

ライセンス

公式サイトを見ると社会貢献活動も実施しているので、地域限定とはいえまともな活動をしていることが分かります。

社会貢献活動

後がバヌアツ起業家のハードワークをサポートしているなど書かれていますが、地域がピンポイント過ぎて評価しずらいと言ったところでしょう。

侍
ドル蔵
資金力があるなら、もう少し大きな活動をしているでしょうからね。

これらを踏まえると、そこまで不安要素がある会社でないという評価でいいのではないでしょうか。後は運営実績と口座数が増えれば言う事はないでしょうね。

資金管理

資金管理は完全に独立した別の口座にて、全額保管という分別管理をしています。

以下公式ページから引用

お客様の資金は、Titan FXの経営資金とは完全に独立した別の口座にて、全額保管されています。Titan FXでは、「完全分別管理」ポリシーを採用しており、お客様からお預かりした資金は、常に顧客信託口座に現金で保管されています。同ポリシーにより、お客様の資金が弊社の運営資金として使用されることはございません。

メールでも問い合わせてみました。

メール内容

ニュージーランド、及びバヌアツには、信託銀行の制度はございませんので、
お客様の資産は、全額、NBV(バヌアツ国立銀行)とNAB銀行(ナショナルオーストラリア銀行)にて管理しております。
これらの両銀行は、公的、国際的、または政府の株主を有する高格付けの銀行です。

お客様の全資金は、Titan FXの経営資金とは完全に独立した別の口座に仕訳けされています。
Titan FXでは、「完全分別管理」ポリシーを採用しており、お客様からお預かりした資金は、
常に顧客信託口座に現金で保管されています。
同ポリシーにより、お客様の資金が弊社の運営資金として使用されることはございません。

と信託銀行の制度はないということです。

顧客信託口座に現金で保管されていて使用されることはないということになりますから一定の評価となりますが、こういった管理はどこの海外FX会社も証拠がないので、評価は出来ませんね。

海外での評価

海外サイトの口コミの評価は

口コミサイトの評価

平均以上の3.2~と高評価ですが、いかんせん他の海外FX業者と比べると投稿数が少なすぎるので、ここでの評価は保留としておきましょう。

しかし少ない投稿数とはいえ、一定レベルの星を獲得しているわけですから酷い業者ではないことが分かってきます。

ベストブローカー賞でもあれば、認知度は少し高くなってくるのですが、金で買える噂もあるので何とも言えませんが無いよりかはあったほうがいいでしょう。

広告出稿

後は日本でリスティング広告を出しているので、日本での審査を一定レベルでクリアしていることがわかります。

下記はヤフーでのリスティング広告です。

ヤフーリスティング広告

下記はGoogleでのリスティング広告です。

Googleでのリスティング広告

広告を出すのにもある程度のお金は必要ですし、それぞれの企業の審査もあるので一定の信頼度はこれで立証できたと思います。

少女1
ミミコ
もちろんこれも危険性が低いことである一つの物差しにしか過ぎません。

入出金の評判

TitanFXは様々な入出金サービスがありますが、全てが手数料無料と言うわけではありません。

例を挙げると

  1. 入金手数料は無料
  2. 電信送金による出金も20ドルかかります。

やや出金手数料がかかるイメージですが、出金手段をbitwalletに変えればお使いの銀行への出金を824円と安く済ませることが可能です。

侍
ドル蔵
今ではbitwalletが使える海外FX業者も少なくなってきていますからね。

TitanFXはクレジットカードとbitwalletの入出金手数料は無料となっています。

実際に入金した手順は下記で紹介しています。

bitwalletの口座開設手順は下記を参考にしてください。

異なる口座間での資金移動の換金レートは200pips手数料がかかるので、これは大きなマイナス要因です。

少女1
ミミコ
要するにスタンダード口座で儲かったらブレイド口座へ資金移動するには、手数料がかかると言う事ですね。

またZuleTradeで儲かって裁量トレードに切り替えようと考えている人には、必読の内容と言えます。

取引とツールの評判

TitanFXもMT4/MT5のツールは他企業と一緒です。

取引ツールは以下の媒体で操作可能です。

  1. パソコン
  2. MAC
  3. スマホ(iPhoneとAndroid)
  4. タブレットやipad
  5. Webトレーダー(取引ツールをインストールしないで使えるツール)

これらのインストールはTitanFXにログインした後に「よくある質問」→「テクノロジー」→「プラットフォーム」からダウンロード可能です。

少女2
カワコ
最初に探すにはかなり不便な場所にあるので、かなり探しにくい仕様と言えます。
侍
ドル蔵
サイトリニューアルした際に直してくれれば良かったのにね

MT4チャートのパソコン版の画像です。

MT4チャートのパソコン版

スプレッド表示するために銘柄一覧を全面に出していますが、通常は端に存在します。

チャート画像

チャート画像

メニュー画像

メニュー画像

ここでインジケーターの挿入や銘柄の追加などを行います。

スマホアプリの取引ツールの画像です。

銘柄一覧

このように銘柄の一覧がシンプルに表示されていて、取引する銘柄を選ぶと下記注文画面が立ち上がります。

注文画面

ポジションを持って、決済するときには下記画面に切り替わります。

注文画面と決済画面はそれぞれ異なるので、間違えて誤発注することはないのが特徴的と言えます。

決済画面

ちなみに上記はドル口座の画面ですから、金額は円ではありません。

注文時の約定に関する評判

リクオート・オフクオートなしと公式サイトの記述

リクオート(約定拒否)・オフクオート(注文量が少ない約定拒否)なしと公式サイトに掲載しているTitanFXの注文方式はSTPとECN方式です。

全注文がディーリングデスクを介さないで発注されるSTP方式に対して、ECN方式との違いはどうなのでしょうか?

少女1
ミミコ
約定に関しては早いのでしょうが、体感では早いのはよくわかりません。

遅い約定は体感でもわかりますが、早い約定は他社と比べても違いを実感するのは難しいということです。

少女2
カワコ
ストップウォッチで計測してみれば、また違いがわかるんだろうけどね

しかも変動スプレッドですから、約定した値がスリッページなのか変動ゆえの値違いなのかも見抜けないためこの判断も難しいのです。

ということでTitanFXのサポートに注文方式のことを聞いてみました。

TitanFXはECNブローカーなので、実際のマーケット環境を利用者に提供しています。

ユーザーの注文されたプライスで充分なリクイディティが市場に無い場合、この注文は次の取引可能プライスで約定決済されます。

ECN(電子証券取引ネットワーク)方式とは、ディーラーを介さずに投資家のオーダーを電子的に執行するNDD(ノンディーリング)方式の一つで、トレーダーの注文をオークション形式でマッチングさせるスタイルとなります。

逆を言えばTitanFXはマーケットの価格を変更したり操作する事ができないので、ユーザーはリクイディティプロバイダーから提供されたマーケット価格で、取引を行う事が出来るということです。

とても分かりやすい内容で返答をいただきました。

個人的に結論を言うと

侍
ドル蔵
自分が注文した値で約定すれば、約定スピードも注文方式も全く関係ありません!

これが一番分かりやすい解答です。注文に10秒かかろうがスリッページが発生しようが、自分が目で見た時の値で約定してくれれば透明性が高かろうが、濁っていようが関係ありません。

便利ツールの評判

TitanFXは、Zulutrade(ズールトレード)の自動売買システムを使えば、FXで勝ち続けている人の手法をコピーして自動売買が可能です。まさにズルトレードです(笑)。

これまで様々なブログなどで「勝てる自動売買ツール」などを購入して全然勝てなかった人は、このZulutradeをコピーすればいいだけなので簡単に取引可能です。

少女1
ミミコ
ちなみにスタンダード口座から申し込みが必要となります。

そしてコピーしたトレーダーの実績が落ちたら、また別の勢いのあるトレーダーの手法をコピーに切り替えましょう!

今まで自動売買の勝てる情報に踊らされてきた人は、自分の目でトレーダーの実績を選べますから、これ以上の信頼性は無いと言えます。

やり方は簡単でTitanFXにある「Zuluランキング」でトレーダーの取引結果を自分でチェックして、気にいったトレーダーの手法を取り入れるだけです。

Zulutradeの利点

おすすめの利用方法は、実績をあげているトレーダーを3人ピックアップします。そしてそれぞれの手法で自動売買を設定します。

そして資金を3等分にして、自動売買を続けて成績の良かったトレーダーだけ残して後はまた別のトレーダーを探します。

他社でコピートレードを実践したら好成績だったので、良かったら読んでみてください。

またシグナルトレーダーと言うツールでは、FX取引の専門家が発信する売買タイミングを受け取ることが可能です。

チャートと常ににらめっこせずに、シグナル配信を受け取ったらトレードして、後は決済タイミングを待つだけとなります。

少女1
ミミコ
日本ではこの方法でブログなどでシグナル発信するには、有料だと届け出が必要なので注意しておきましょう。

ダッシュボードの評判

TitanFXのダッシュボード画像

ダッシュボード

シンプルすぎて殺風景なのが印象的、「追加口座の開設」「入出金」「アカウントの設定変更」以外特にすることもなし。

ここまで何も操作することもない業者は珍しく、イマイチ盛り上がりに欠けるのですが、唯一の救いは「よくある質問」があるくらいと言えます。

少年
トレ太
よくある質問は、公式サイトに行かないと探せない海外FX業者が多いからね。

操作などで不明点がある場合は、ここで調べるかサポートに聞くなどしてみましょう。

ダッシュボードの動作的には、遅い印象は受けない良好なサーバーを使用しています。

少年
トレ太
他の海外FX会社はダッシュボードとか遅いサーバー使っているからね。
少女2
カワコ
後はクライアントキャビネットという言い回しが、さすが海外FX業者と言ったところでしょうか。

どちらにしても口座開設をしたら入出金しか使う操作はないので、せめて取引ツールをインストールするメニューくらいあればいいのですけどね。

TitanFXは、しばらく操作を行わなくても他の海外FX業者みたいにログアウトされないので、ログインの手間わずらわしさは無いです。

少女1
ミミコ
ただしセキュリティ上の観点からすると、少し対策が弱い企業と言えます。

サポートの評判

TitanFXのサポートは日本語対応でとても感じがよい印象です。

サポートとのやりとり1

このように完全日本語対応で、Shufti Proについて意見を言ったら丁寧なお礼をいただきました。

サポートとのやりとり2

クレジットカードの登録で不明点について尋ねたら、イラスト付きでわかりやすく返信がありました。

サポートとのやりとり3

ズールトレードのことで聞いてみましたが、丁寧な返信ではありましたが、外部のことなのでわからないというイマイチな答えでした。

サポートとのやりとり4

資金管理について聞いて見ると、参照URLなどを提示して丁寧な対応をしていただきました。

サポートとのやりとり5

口座数は現在どのくらいなのかを聞いたら、12万口座を突破したとのこと。

このように対応自体も日本人が行っているので、取引や操作をしていてわからない点があっても安心してサポートに問い合わせ可能です。

ここでの評価はいい印象を受けましたので高評価です。

titanfx

まとめ

以上がTitanFXの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめでした。

正直に言えば全体的なスペックは可もなく不可もない平凡なレベルの業者と言えますが、口コミの数だけを見るとかなりの人気業者には違いありません。

おさらいをしておくと

  1. スプレッドの狭さはトップクラス
  2. ボーナスがないので枚数を増やしてギリギリまでトレードしたい人には不向き
  3. 資金は分別管理、金融ライセンスも保持しているので標準レベル
  4. ダッシュボードの使い勝手は機能が少なすぎてイマイチ
  5. サポートのレベルは高い

など。

少年
トレ太
危険性は低いので海外FX初心者でも今のところ利用する価値はあると思いますが、付加価値は少ないと言えるでしょう。

これから飛躍的に伸びる業者かどうかと言われると、ボーナス特典などのサービスを増やさないとどうなのかな?というのが正直な感想です。

まだ企業的に新しく口座数もそこまで多くありませんが、日本語サポート力と狭いスプレッドが売りの業者ですから、興味が出たら下記で口座開設の手順を紹介していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

注目記事