TitanFXのスプレッド一覧&口座タイプの種類と特徴

ブログの閲覧数今日の読者数 536
昨日の読者数 648
総閲覧数 523455

TitanFX(タイタンエフエックス)は低スプレッドと約定力が優れている海外FX会社です。

取引制限も緩くスキャルピングトレーダーにとっては、使い勝手が良い部類の業者となります。

ここでは口座ごとのスプレッドや、口座タイプの特徴などを種類ごとに詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

TitanFXの主要銘柄のスプレッド

ここでは実際に私が口座開設をして、取引ツールのMT4とMT5で銘柄の一覧表示で調べた、TitanFXの2つの口座のスプレッドをそれぞれ紹介していきます。

少女1
ミミコ
公式サイトの平均値とはことなりますが、変動スプレッドなので多少の誤差はご了承ください。

ここでの注意点は

  1. MT4でもMT5でも口座名が一緒なら同じスプレッド
  2. スタンダード口座は取引手数料は無料
  3. ブレイド口座は、往復の取引手数料7ドルを0.7pipsで加算

という点です。1lotは10万通貨取引なのですが、0.1lot取引だと往復の取引手数料は0.7ドルに縮小されます。

取引手数料を加算していないブレイド口座のスプレッドは、下記スクリーンショットで確認してください。

TitanFX クロス円とドルストレート
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円
スタンダード口座 1.3pips 1.5pips 2.7pips 1.7pips 2.2pips 2.1pips 2.2pips
ブレイド口座 1.0pips 1.1pips 2.2pips 1.4pips 1.9pips 1.7pips 1.8pips
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
スタンダード口座 1.2pips 1.9pips 1.5pips 1.7pips 1.6pips 1.7pips
ブレイド口座 1.0pips 1.3pips 1.1pips 1.7pips 1.3pips 1.2pips

と変動スプレッドなので毎回調べる事に値は変わりますが、公式サイトの平均値と私が調べた結果との誤差はそこまでない感じですね。

少女2
カワコ
取引手数料を加えても断然ブレイド口座のほうが、コストを抑えて取引可能です。
侍
ドル蔵
スタンダード口座は、スールトレードを始めようと考えている人以外特にメリットはありません。

公式サイトへ

次はユーロクロスやポンドクロスなど

TitanFX クロス銘柄
ユーロクロス EUR/GBP EUR/AUD EUR/NZD EUR/CAD EUR/CHF
スタンダード口座 1.6pips 2.6pips 3.6pips 2.4pips 1.8pips
ブレイド口座 1.2pips 1.4pips 3.9pips 1.9pips 1.9pips
ポンドクロス他 GBP/CHF GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD CAD/CHF
スタンダード口座 3.0pips 4.9pips 4.0pips 3.9pips 2.3pips
ブレイド口座 2.9pips 4.6pips 3.6pips 3.1pips 1.9pips
豪ドルクロス他 AUD/NZD AUD/CHF AUD/CAD NZD/CAD NZD/CHF
スタンダード口座 1.9pips 2.2pips 2.3pips 3.2pips 2.6pips
ブレイド口座 1.9pips 1.9pips 2.1pips 3.0pips 2.5pips
侍
ドル蔵
ユーロクロスはかなり狭いスプレッドだね。これなら日本のFX会社よりお得だよ。
少女1
ミミコ
銘柄によってはブレイド口座のほうがコストが高いのもあるわね。

全体的にブレイド口座で取引をすればスプレッドは狭いので、やはりスタンダード口座を選ぶ必要は無さそうですね。

下記はその調べた内容のスクリーンショットですから、嘘偽りのないことを確認できます。

侍
ドル蔵
変動スプレッドなので、下記のスクリーンショットの値は誤差があります。

スタンダード口座のスプレッド28銘柄一覧
スタンダード口座の28銘柄一覧


実際のブレイド口座29銘柄の一覧を画像で掲載しておきます。

ブレイド口座の29銘柄の一覧

少女2
カワコ
ブレイド口座は取引手数料は往復7ドルです。上記の表示に+0.7pipsと考えておくと分かりやすいでしょう。

スプレッドは狭いけどじゃあ取引手数料はどこが安いの?という質問に答えて数社の取引手数料を掲載しておきます。

  1. XM  手数料往復1.0pips
  2. Axiory 手数料往復0.6pips
  3. TTCM  手数料往復0.6pips
  4. Tradeview  手数料往復0.5pips

と手数料に関しては一般的と言えます。
日本で人気のXM は入金ボーナスがあるとはいえ、ダントツに高い手数料となっていますから、XM を使うのは馬鹿馬鹿しいというレビューが多いのも頷けます。

その他の海外FX業者のスプレッドは下記で見比べることが可能です。

TitanFXは狭いコストだけで勝負している数少ない海外FX業者ですが、色々見ているとその口座タイプの特徴を知っていないせいか、口座の選び方を間違えている人も多くいます。

デモ口座をいれてもたった3種類の口座しかありませんから、下記で主な口座の特徴をまとめてみましたので、参考にしてください。

TitanFXの口座の特徴

TitanFXには、主に2種類の口座で取引を始めます。

「スタンダード」「ブレイド」口座の相違点と共通点を比べてみると

TitanFXの各口座の相違点
口座の種類 スタンダード口座 ブレイド口座
取引手数料 無料 往復7ドル
注文方式 NDD STP方式 NDD ECN方式

わずか二点しか口座の違いがないという珍しい海外FX業者です。

もちろんスプレッドの中身は口座で異なりますが、以下の仕様は全て共通となります。

TitanFXの各口座の共通点
最大レバレッジ 500倍
ボーナス なし
スプレッド 変動 
最低入金金額 200ドル
最大取引量 100lot(1lotは10万通貨)
最低取引量 0.01lot(1,000通貨)
マージンコール 証拠金が90%を下回ると警告が表示
証拠金維持率 20%でポジションがロスカット
口座の通貨 円 ドル ユーロ 豪ドル シンガポールドル
両建て 可能
スキャルピング 可能
取引ツール MT4 MT5 使い方の記事 → MT5/MT4アプリの使い方
銘柄の種類 57通貨
FXの取引時間 冬 月曜日 7:01 ~ 土曜日 6:59
FXの取引時間 夏 月曜日 6:01 ~ 土曜日 5:59

二つの口座はゼロカットシステムを採用しているため、口座残高がマイナスになっても追証は発生しません。

侍
ドル蔵
マージンコール90%でロスカット20%だから随分と早い警告が出ると思っておきましょう。

レバレッジは500倍と一般的な仕様ですが、口座残高が増えてもレバレッジを変更されることはありません。

少女2
カワコ
そして両建てやスキャルピングにも何の制限もないので、かなり自由度が高い海外FX業者なのです。
少年
トレ太
ただし他社と違いボーナス制度が全くないので、コストと約定力が売りの企業と言えます。

口座の通貨が豪ドルやシンガポールドルが利用できる点は、他社にあまりない仕様ですが円口座に対応しているので、基本は円かドル建て口座を選びます。

ドル建て口座した場合のメリットやデメリットを知りたい人は、下記記事でまとめています。

TitanFXの口座選びのポイント

TitanFXにはデモ口座を入れると3種類の口座があります。

簡単に口座の選び方のポイントを挙げると

  1. デモ口座 主にFXの操作から注文方法、取引ツールの使い方などを覚える口座
  2. スタンダード口座 スプレッドはやや高めで取引手数料は無料だがあまり利用するメリットはなし
  3. ブレイド口座 スプレッドが狭いが取引手数料が発生する口座で基本はこの口座

という解釈でそれぞれの口座を開設するといいと思います。

少女1
ミミコ
よくその他の海外FXブロガーが「スタンダード口座」がおすすめ!

という記事を見かけますが、スタンダード口座を選ぶ理由は特にないので、ブレイド口座一択で選ぶといいでしょう。

後は最近取引ツールにMT5が導入されたので、最新版が使いたい人がMT5口座を選びます。

少女1
ミミコ
8時間足チャートを使うならMT5だけど、スマホではどちらも4時間足までの表示となります。

下記ではMT4やMT5のスマホアプリの使い方を丁寧に紹介していますので、違いを知りたい人は読んでみてください。

スタンダード口座の特徴

スタンダード口座
TitanFXのスタンダード口座は200ドルからの入金金額が必要なので、お試しで使ってみたい人にはやや金額が大きい仕様と言えます。

100ドルからの入金にも対応しているのですが、入金手数料が1,500円かかるので、200ドル(約2万円)から入金するほうがおすすめです。

DMA STP注文方式とは、全ディーリングデスク(自社で注文すること)を介さずに、注文を行う方式です。

DMAとは高速約定で決済するため、顧客に不利益な注文を成立させにくい方式と言えます。

スタンダード口座は、コピートレードのズールトレードを利用する際には必須の条件なのですが、ズールトレードは現在日本の居住者にサービスを提供していないので、あまり意味がない条件となります。

スタンダード口座を開設するのに向いている人

  1. 取引手数料を払ったり計算するのが面倒な人
  2. ブレイド口座とスプレッドを比較したい人

が該当します。

ブレイド口座の特徴

ブレイド口座
TitanFXのブレイド口座の主な特徴は、スタンダード口座と比べてコストパフォーマンスに優れている口座という解釈だけでいいと思います。

DMA ECN方式はDMA STP方式よりさらに透明性が高い注文方式で、複数の流動性プロバイダーと電子商取引を行っています。

取引制限も特にないので、自動売買トレーダーから裁量トレーダーまで様々なタイプの人が開設するのが、このブレイド口座と言えます。

実際に私自身がこの口座でトレードをしてみたのですが、約定スピードはこの口座がNO1と言っても過言ではないぐらい他社とは違う印象を受けました。

少女1
ミミコ
なのでTitanFXは、約定力を求める人にはおすすめかな。

ちなみに往復取引手数料は7ドルですが、これは1lot取引した場合に発生する手数料です。

少女1
ミミコ
0.1lot取引だと0.7ドルになるので単純に取引量で左右されると言う事ですね。

ブレイド口座を開設するのに向いている人

  1. コスト重視のトレーダー
  2. スキャルピングトレーダー

が該当します。

デモ口座の特徴

TitanFXにはデモ口座もあるので、本当にスプレッドが狭いのかどうかをデモ口座で確認してみるといいでしょう。

デモ口座申し込み画面

デモ口座に必要な入力情報は

  1. 名前
  2. 電話番号
  3. メールアドレス
  4. 居住国

を選択し「送信」ボタンをクリックするとメールに「Titan FX MT4(MT5)デモダウンロード」が送られてくるので、ダウンロードをしたら取引ツールの設定などを行います。

少女1
ミミコ
口座タイプと通貨などを選択すれば、簡単に仮想のお金で取引可能です。

操作や設定などの不明点は日本語サポート対応なので、気軽に聞いてみるといいでしょう。

ただし有効期限は30日までですが、本口座を開設してサポートに連絡すれば無期限でデモ口座の利用は可能です。

サポートメール support.jp@titanfx.com

他社と違い、デモ口座で賞金を狙えるキャンペーンなども実施していません。

参考記事

デモ口座を開設するのに向いている人

  1. 二つの口座のコストを調べたい人
  2. MT4やMT5の使い方が知りたい人

が該当します。

下記記事では取引ツールのインストールなどの手順を紹介していますので、デモ口座を開設した人はサーバーを「demo」に選択すると、ツールが使えるようになります。

その他の口座の特徴

TitanFXの口座に関するその他の特徴は

  1. 法人口座の開設は可能
  2. 満18歳以上であれば開設可能
  3. 口座維持費用は全くかからない
  4. 口座残高が増えてもレバレッジ制限はなし
  5. 追加口座は全部で6口座まで 7口座以降は口座残高の合計が6、000ドル以上あれば可能だがそこまでいる?

口座の残高が増えてもレバレッジが500倍のままでいいという、制限が緩い海外FX業者と言えます。

取引の制限も緩く、こういった口座に関する制限も特に見受けられないのがTitanFXの強調できる大きな特徴と言えます。

ここからはスワップの恩恵が受けられる高金利通貨からCFDなどのスプレッドを紹介していきます。

高金利通貨のスプレッド

高金利通貨はスプレッドは広いですがスワップは魅力的なので、中長期トレーダーは金利狙いもありと言えます。

少年
トレ太
ここではスワップがもらえる高金利通貨のスプレッドをスクリーンショットで貼り付けてみました。

スワップポイントは日々変わるのですが、スワップポイントは公式ページには掲載されておらず、直接取引ツールで確認するしかありません。

その手順を下記で紹介しています。

スタンダード口座の高金利通貨8銘柄のスプレッド

スタンダード口座の高金利通貨8銘柄

ブレイド口座の高金利通貨8銘柄
ブレイド口座の高金利通貨8銘柄

下記は公式サイトの公表値ですから、上記のリアルなpipsと比べてみてください。

高金利通貨 スタンダード口座 ブレイド口座
USD/RUB 801pips 800pips
USD/MXN 4.52pips 3.52pips
USD/ZAR 36.69pips 35.69pips
USD/TRY 11.57pips 10.57pips
EUR/TRY 26.92pips 25.92pips
EUR/ZAR 8.01pips 7.01pips
GBP/TRY 27.43pips 26.43pips
ZAR/JPY 1.44pips 0.44pips

ここの高金利通貨は、海外FX業者を数十社調べた中でもまずまずの品揃えで、抑えるべき高金利痛は抑えているという印象でしょうかね。

売りでも買いでも銘柄によってはかなりスワップは稼げるので、これらの高金利通貨でスワップ生活を目指しましょう!

ゴールドなどの貴金属とエネルギーのスプレッド

TitanFXでは、仮想通貨の取り扱いはありませんが、下記メタルや原油取引は可能です。

まずは貴金属とエネルギーのスプレッドを公式サイトの平均値から引っ張ってきました。

金銀クロスと原油
銘柄 日本語表記 スタンダード口座 ブレイド口座
XAU/USD 金/ドル 2.23pips 2.11pips
XAU/AUD 金/豪ドル 2.85pips 2.63pips
XAU/EUR 金/ユーロ 2.39pips 2.27pips
XAG/EUR 銀/ユーロ 2.73pips 2.61pips
XAG/USD 銀/ドル 2.13pips 2.01pips
XPD/USD パラジウム/ドル 30.12pips 30.0pips
XPT/USD プラチナ/ドル 30.12pips 30.0pips
XTI/USD WTI原油 0.69pips 0.57pips
XBR/USD ブレント原油 0.71pips 0.59pips

下記は私がMT4からスクリーンショットで張り付けたリアルなスプレッドです。

スタンダード口座の貴金属とエネルギーの9銘柄一覧

スタンダード口座の貴金属とエネルギーの9銘柄一覧

ブレイド口座の貴金属とエネルギー

ブレイド口座の貴金属とエネルギー9銘柄

株式指数(インデックス)

今度はインデックスのスプレッドを公式サイトの平均値で表にまとめてみました。

インデックス
銘柄 日本語&説明 スタンダード口座 ブレイド口座
JPN225 日経225 0.92pips 0.8pips
NAS100 USTech100 0.32pips 0.2pips
US30 US Wall Street30 0.42pips 0.3pips
US500 US SPX500 0.16pips 0.04pips
GER30 ドイツ30 0.22pips 0.1pips
UK100 イギリス100 0.22pips 0.1pips
AUS200 S&P/ASX200 0.22pips 0.1pips
EUSTX50 ユーロ STOXX 50 0.32pips 0.2pips
FRA40 CAC40指数 0.22pips 0.1pips

上記の銘柄を見るとやや取り扱い量は少ない印象を受け、話題の原油を触るか様子見かにも結構悩むでしょうしね。

少女1
ミミコ
ここはFX専門で取引をして、余裕があれば株式指数などの取引をするトレーダーにわかれそうです。

こちらもリアルなスプレッドをMT4から画像で貼り付けてみました。

スタンダード口座の株式指数のスプレッド9銘柄一覧

スタンダード口座の株式指数の9銘柄

ブレイド口座の株式指数の9銘柄一覧

ブレイド口座の株式指数の9銘柄

調査した感想

24時間のスプレッドを大体見てきた結果、他社と比べると早朝や週末時は広がりにくい結果となりました。

またスタンダード口座の存在意義がないので、いつか実施される?ボーナス専用の口座で置いてある印象を受けました。

少女2
カワコ
取引手数料に関しては並レベルだったので、後-2ドルぐらい下がればさらに利用者は増えそうな業者と言えます。

それでもクロス円のスプレッドは取引手数料を含めて1.0pips下回る銘柄はほとんどなかったので、日本のFX会社で長年取引している人には、割高と感じるでしょう。

それでも値幅が大きいユーロクロスは、日本のFX会社より狭かったのでこれらの銘柄でメインに取引している人には、おすすめの海外FX会社と言えます。

週末クローズ時と早朝時の拡大調査

今度は週末クローズ時や早朝時には広がりやすいスプレッドを調べてみました。


TitanFXスタンダード口座早朝時の26銘柄のスプレッドの広がり具合


スタンダード口座早朝時の26銘柄

0.3~3.0pipsぐらい広がる傾向にあるようです。

スクリーンショットでの静止画像なので、都度都度広がり具合は変わってくるでしょうね。

TitanFXのブレイド口座早朝時の27銘柄

ブレイド口座早朝時の27銘柄の広がり具合

スプレッドが狭いブレイド口座でも上記のように0.2~2.5pipsは広がっています。

スタンダード口座と比べると広がり具合はまだマシですが、それでも早朝時には広がりやすい傾向が見受けられました。

TitanFXのスタンダード口座週末クローズ時の28銘柄の広がり具合

スタンダード口座週末クローズ時の26銘柄の広がり具合

ブレイド口座週末クローズ時の26銘柄の広がり具合
ブレイド口座週末クローズ時の28銘柄の広がり具合

単純に広がり具合を見るため、ブレイド口座は取引手数料往復7ドルを含めずに表記しています。

早朝より週末のほうがスプレッドは拡大しているのですが、他社に比べるとそこまでの拡大ではないというのが率直な感想です。

少女1
ミミコ
これはやはりサーバーの強さなのでしょうかね。

他社の早朝・週末時の広がり具合を見てみたい人は、下記記事でまとめています。

経済指標発表時の変動幅を調査

ここでは経済指標発表時のTitanFXの広がり具合を、ブレイド口座で調査してみました。

調査した経済指標 豪国  小売売上高

指標発表30秒前の9銘柄のスプレッド

指標発表30秒前の9銘柄

指標発表直前9銘柄

指標発表直前9銘柄

指標発表直後9銘柄

指標発表直後9銘柄

結果を見ると経済指標発表時には、そこまでスプレッドの拡大は見受けられませんでした。

経済指標対象の豪ドル銘柄を見ても、同じ地域のNZドルのほうが広がっています。

基本的にNZドルクロスは、どこの海外FX業者もスプレッドは広いのも特徴的なのです。

少女2
カワコ
日本で経済指標時前後の拡大状況を知っている人にとっては、驚きの結果だったのではないでしょうか。

ただしこれはTitanFXに限らず、海外FX業者全体に見られる傾向なので、ハイレバレッジ取引で多くの枚数を保持している人は、経済指標時にスプレッドの広がりでロスカットされる可能性は低いということですね。

日常の広がり具合を調査

今度は変動スプレッドというものがどれくらい動くのか、原則固定スプレッドに慣れている日本のFXトレーダーにとって気になる値動きを調べてみました。

ここでは主要銘柄9種類の広がりを、日本時間12:30頃に1分間で3回のスクリーンショットを貼り付けて調査しました。

少女1
ミミコ
ブレイド口座は手数料なしで表記しています。

1回目のスタンダード口座の9銘柄の調査スプレッド

1回目のスタンダード口座の9銘柄

2回目
2回目のスタンダード口座の9銘柄
3回目
3回目のスタンダード口座の9銘柄

1回目のブレイド口座の9銘柄の調査スプレッド

1回目のブレイド口座の9銘柄の調査
2回目
2回目のブレイド口座の9銘柄の調査
3回目
3回目のブレイド口座の9銘柄の調査

調査結果を見るとポンド/米ドルだけ0.3pips動いただけで、その他銘柄は安定した動きで終わりました。

少女2
カワコ
変動スプレッドだと取引をしてスリッページを見極めるのが難しいので、上記の値幅はある程度参考になると思います。

どちらにしても約定する値はずれやすいのが海外FXの特徴なので、この値動きに慣れていくしかないと言えます。

まとめ

以上がTitanFXのスプレッド一覧&口座タイプの種類と特徴でした。

おさらいをしておくと

  1. 主要銘柄のスプレッドは狭い部類に入る
  2. 早朝や週末時はスプレッドの広がりが大きい
  3. 口座の種類は2種類だけ
  4. スタンダード口座を選ぶメリットはなし
  5. 取引手数料は標準レベル

と言った内容となります。

仮想通貨もなくその他の銘柄数が少ないのでFXメインの業者になるでしょう。

ただし取引制限もなくレバレッジ制限もなくコストパフォーマンスに優れているTitanFXですから、他社で変な制限のしがらみを受けた人にはおすすめの海外FX業者と言えるでしょう。

以前は口座開設は非常に簡単だったのですが、最近は本人確認書類の提出が必須など手間も増えてきました。

下記でがはその手順を詳しく紹介していますので、興味がある人は口座開設を手順に従って実践してみてください。

スポンサーリンク

注目記事