Tradeviewのスプレッド比較&おすすめ口座の特徴

2019年12月6日

ブログの閲覧数今日の読者数 2023
昨日の読者数 2393
総閲覧数 267576

昔から日本で実績のあるTradeviewは、スプレッドも狭く海外FXでは人気の会社の一つです。

しかし最近では日本語が減ってしまい英語表記が増えたため、使いにくくなりつつあるFX会社と言えますが、信頼感ではトップレベルですから、大きなお金を預けるにはTradeviewなどを選ぶほうが賢明と言えます。

ここではTradeviewで口座開設を考えている人のために、スプレッドやレバレッジなどの様々な特徴を紹介していきたいと思います。

Tradeviewの特徴

Tradeview
Tradeviewは下記のように多くの口座の種類が存在します。

それぞれの特徴を簡単に書くと

口座名 レバレッジ 最低入金金額 取引手数料 最低取引枚数
MT4 スタンダード 500倍 100ドル 無料 0.01lot(1,000通貨)
バイキング口座 400倍 1,000ドル 往復6ドル 0.1lot(10,000通貨)
Cトレーダー口座 1,000ドル 往復5ドル 0.01lot(1,000通貨)
MT5口座 100倍 0.1lot
MT4 ILC口座 200倍

Tradeviewは口座開設をしてもボーナスはありません。企業の信頼性とスプレッド重視の人が選ぶといいでしょう。

口座の種類が多いので簡単に書くと、レバレッジを利かせたい裁量トレーダーは「MT4スタンダード口座」で、狭いコストで取引を考えている裁量トレーダーは「MT4 ILC口座」や「MT5口座」を選ぶのがおすすめです。

  1. 自動売買やシグナル取引をするならCトレーダー口座を開設するといいでしょう。
  2. バイキング口座はWiondowsのみの利用となります。
  3. バイキング口座は、高速の約定スピード「Currenex」を利用したい人が開設するプロ向け口座です。
  4. MT5口座はレバレッジが100倍しかないので、「MT4 ILC口座」を選ぶほうがベターです。
  5. ゼロカットシステム採用で、資産がマイナスになってもリセットしてくれます。

スキャルピングをメインに考えている人は「Cトレーダー口座」の評判が高く、スプレッドも狭いので口座を開く価値があるといえます。

Tradeviewのスプレッド

Tradeviewのスプレッド一覧

TradeviewはMT4ILC口座とMT5口座には手数料が往復5ドルかかるので(1lot)、下記スプレッド表では、0.5pips含めた表記にしています。

変動スプレッド 変動(平均値)
通貨 スタンダード口座 MT4ILC/MT5
USDJPY 1.8pips 0.6pips
EURJPY 1.9pips 1.0pips
GBPJPY 2.3pips 1.5pips
AUDJPY 2.6pips 1.0pips
NZDJPY 未確認 1.6pips
CADJPY 1.6pips
CHFJPY 1.6pips

ドルストレート以下は口座を開設しないとわからないので未確認となります。

ドルストレート 変動スプレッド 変動(平均値)
通貨 スタンダード口座 MT4ILC/MT5
EURUSD 未確認 0.6pips
GBPUSD 1.1pips
AUDUSD 0.7pips
NZDUSD 1.1pips
USDCAD 0.9pips
USDCHF 0.9pips

ユーロクロスもかなりの低スプレッドです。

ユーロクロス 変動スプレッド 変動(平均値)
通貨 スタンダード口座 MT4ILC/MT5
EURGBP 未確認 1.0pips
EURAUD 1.3pips
EURNZD 2.4pips
EURCAD 1.6pips
EURCHF 1.2pips

ポンドクロスもこの低いスプレッドですから、値動きの激しい取引がしたい人はここで口座開設しましょう。

ポンドクロス 変動スプレッド 変動(平均値)
通貨 スタンダード口座 MT4ILC/MT5
GBPAUD 未確認 1.9pips
GBPNZD 2.1pips
GBPCAD 1.9pips
GBPCHF 1.6pips

その他の特徴

ダッシュボード
上記はログイン後のダッシュボードの様子です。かなりのシンプルさとなっています。

Tradeviewは、スプレッドが業界最高峰に狭いため日本で人気が出すぎて金融庁から注意を受けたほど。

そのため日本人の勧誘には消極的なため、トップページなどを見ても英語が多くわかりづらい構成となっています。なので決して怪しい会社ではありませんが、英語に抵抗がある人には不人気となっています。

また信託保全も35,000ドルまであり、金融ライセンスもケイマン諸島のCIMAライセンスを取得していて何も不安要素がない海外FX会社です。

要するにここは日本のFX会社のスプレッド並みで、ハイレバレッジ取引したい人が使う口座と言えます。

スタンダード口座だけスプレッドが広いのですが、それでもその他の海外FX会社と比べて変わらないぐらいでしょう。

海外FX会社でスワップ狙いをあまり勧める気はなかったのですが、唯一ここなら高金利通貨でスワップ狙いを考えてもいい海外FX会社と言えます。

ただしロスカット水準が100%なので、あまりレバレッジをかけすぎるとあっさりロスカットされるので、スワップ狙いの場合はこのロスカット水準をよく見る必要があるといえます。

ハイレバ取引で勝負をかけたい人にも、ロスカット100%水準はかなりのネックとなるので、資金がたっぷりあってハイレバレッジ取引をしたい人にはおすすめのFX会社です。

少額資金の人にはボーナスもなく、あまりお勧めできません。資金が増えたらここTradeviewか日本のFX会社を利用しましょう。

まとめ

以上がTradeviewのスプレッド比較&おすすめ口座の特徴でした。スプレッドだけを見てもダントツのFX会社ですから、コストも信頼性も抜群と言えます。

信託保全もあり、日本人利用者の多さなどを考えるとNO1海外FX会社と言っても過言でないTradeviewですから、信頼できる海外FX会社しか興味ない人がここで口座開設を考えると良いでしょう。

まあここを選ぶなら資金がある人だけなので、それならば日本のFX会社でいいのではないでしょうか。

下記で口座開設から取引ツールのインストールまで手順を紹介していますので、興味がありましたら始めてみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事