Tradeviewの追加口座作成と資金移動の手順&円高時の狙い方

ブログの閲覧数今日の読者数 244
昨日の読者数 534
総閲覧数 385759

ここではTradeviewの追加口座を作成する手順から、その増やした口座への資金移動までの手順を紹介していきます。

追加口座を開設する条件として、最初の口座に資金が10万円以上必要と言う点だけ頭にいれて下記手順を読んでみてください。

ちなみに追加口座を開設しても、申請した口座が認可されるまで数時間かかります。

この数時間が待ちきれなくて既存の口座でFX取引などを行い、残高が10万円を割った場合どうなるのかをサポートに聞いて見ました。

サポートとのやりとり

少女2
カワコ
その場合は問題ございません。

という回答だったので、私同様気が短い人でも大丈夫ということです(笑)

口座の種類が非常に多いTradeviewですから、ある程度資金が増えれば追加で口座を保持しておきたい所と言えますからね。

それではそれぞれの手順を画像付きで紹介していきたいと思います。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

追加口座を開設する方法

まずはTradeviewにログインしたら、ダッシュボードの「会員ページ」下にある「追加口座」をクリックします。

ダッシュボード

すると下記の「トレードビュー 追加口座申請画面」が表示されます。

追加口座申請画面

もう一度名前と口座番号とレバレッジの入力が必要となります。口座番号はメールで送られてきたログインIDと一緒です。

しかも追加口座する場合は、最初に作成した口座にお金がないと出来ません。

そしてTradeviewに追加口座申請をして、送られてきた下記メールを見ると最初に作成した口座に最低でも10万円以上は口座に入金が必要ということですから、どうしても追加口座を開設したい場合は、入金が必要ということになります。

メール内容

そして円口座を選び、取引プラットフォームで変更する口座を選択します。

何かTradeviewに連絡がある場合は、連絡事項に記入可能です。

  • 私はレバレッジとそれに伴う取引リスクに関しては理解しています。
  • I acknowledge that I have read the above documents and fully understand the information provided therein.

にチェックを入れ、全て入力したら「送信する」をクリックします。

完了メッセージ

上記「口座のご申請ありがとうございます。口座が開設されましたらご連絡を差し上げます。通常2営業日内に完了いたしますが週末を挟む場合はお時間ががかりますのでご留意ください」と言う完了メッセージが出ますので、後は承認されるのを待つのみです。

ちなみに初期で口座をスタートして、しばらく経過してから追加口座の作成をしたのですが、現住所確認書類の再提出を求められました。

追加口座でまさかの書類再提出でしたから、縛りが厳しい海外FX会社だなという印象を受けましたね。

結局ログイン情報が送られてきたのは3日後でしたので、2営業日と言う表記も怪しいと言えます。

しかもなかなか完了メールが来ないので、催促したらようやく送られてきたという微妙な内容でした・・・

資金移動の手順

Tradeviewで複数口座を開設した場合、資金を入金するか資金移動をするかで新たな口座にお金を用意する必要があります。

ここではその資金移動の手順を紹介していきたいと思いますので、参考情報として読んでおいてください。

下記は実際に入金した手順を紹介しています。

ちなみに最初に注意点を書いておくと

  • 資金移動の手数料は無料
  • 異なる口座間(円口座からドル建て口座など)へ移動した際には、為替レートは口座反映時のブルームバーグが提示する一般的なマーケットレートが適応。

となります。

まずはTradeviewにログインします。

メニューバー

ダッシュボードにログインすると、「会員ページ」の下にメニューバーがあるので「資金移動」をクリックします。

資金移動申請フォーム

すると上記資金移動申請フォームが表示されるので、それぞれの項目を入力していきます。

  1. 口座名義 半角英数
  2. メールアドレス
  3. 金額
  4. これから移動する口座番号
  5. 移動先の口座番号

上記項目を入力したら「利用規約に同意する」にチェックをいれて「送信する」をクリックします。

完了メッセージ

上記に書いてあるとおり、1営業日以内と時間がかかるので、追加口座作成と資金移動の両方を完了させるにはかなりの時間が必要となってしまいます。

全体的に見るととにかく遅い印象なので、素早くトレードしたい人は前日に行うほうがいいでしょう。

円高時に為替差益を狙う

Tradeviewでは円建て口座以外にも、ドル建てやユーロ建て、ポンド建て口座などで取引が可能です。

ということは急激な円高が進行した際に、これらの口座へ資金移動をして為替差益を狙う事も可能です。

やり方を紹介しておくと

  1. ドル円が110円の時に円建て口座に入金
  2. 10万円以上入金してドル建て口座を開設しておく
  3. 円高で90円まで進んだ際にドル建て口座へ資金移動
  4. 円安で100円まで戻った際に、資金移動で円建て口座に資金を戻す

という方法です。

少女2
カワコ
この場合90円のレート換金より100円でのレート換金のほうがお得なので、為替差益で稼ぐことが可能ということです。

もちろんドル円が80円までさらに円高が進行した場合は損をしますから、なるべく急落した後は急騰しやすい最近の相場を見て判断して実践してみるといいでしょう。

資金移動をしても手数料はかからないので、あくまで現レートとにらめっこしながらタイミングを見極めることも重要です。

最近では英国の相場が大きく動く時が、良く見受けられるのでポンド建て口座も開設可能なTradeviewですから、英国ニュースをチェックしながら短期で狙うのも面白い方法と言えます。

実際現実的には中長期ポジションを保持するスワップトレーダーが、この為替差益を狙うには適していると思うので、高金利通貨も魅力的なTradeviewのスワップポイントも下記記事でチェックしてみてください。

まとめ

以上がTradeviewの追加口座作成と資金移動の手順&円高時の狙い方でした。

おさらいをしておくと

  1. 追加口座開設は1営業日以内にできるが口座残高が10万円以上ないと出来ない
  2. 実際に開設してみると新たな口座の認可に数時間も時間を要した。
  3. 資金移動も金額が反映されるのに、通常数分から数時間もかかる
  4. 早くトレードしたい人は前もって申請をしておくほうが良い
  5. 円高が進行した場合、ドル建てやポンド建てで為替差益も狙える

と言ったところです。

全体的に手続きが簡単でなく、しかも申請時間にかなり時間がかかるので私のような短気な人には向いていない海外FX業者と言えます。(笑)

複数口座を保持してからのMT4やMT5のログイン方法や、アプリの使い方などは下記記事で紹介しているので興味があれば読んでみてください。

スポンサーリンク

注目記事