Tradeviewの口座開設方法&最短申し込み手順を簡単解説

2019年12月6日

ブログの閲覧数今日の読者数 1941
昨日の読者数 2393
総閲覧数 267494

海外FXで人気のTradeviewは入金ボーナスはないですが、スプレッドが狭いのが特徴的なTradeviewですから、証拠金維持率100%だけを気を付けてトレードすれば、かなりおすすめのFX業者と言えます。

ここではTradeviewの口座開設の手順を、画像を交えて紹介していきます。口座開設が完了したら下記に取引ツールの設定方法まで紹介しています。

Tradeviewの申し込み手順

トップページ
まずはTradeviewのトップページに進み「新規口座開設」を押します。

個人口座

個人の人は個人口座申請、法人の人は法人口座を申請をクリックします。

個人口座申請

個人口座申請申請画面に変わるので、取引プラットフォームを選択します。

取引口座の通貨は「日本円」のままにしておきます。

その他の通貨を選ぶ意味が知りたい人は下記記事が参考になります。

MT5を選ぶとレバレッジ100倍までになるので、MT4スタンダード口座(レバレッジ500倍)かMT4 ILC(Innovative Liquidity Connector)口座(レバレッジ200倍)を選ぶといいでしょう。

スプレッド重視の人はMT4 ILC口座のほうがおすすめです。

個人情報を入力

情報入力

ご登録情報入力画面が出てくるので、全て入力していきます。田中太郎さんの例で書いて行きます。

  1. 姓 名(ローマ字) Tanaka Taro
  2. 出生地と国籍と国は Japanを選択します。
  3. 生年月日 月だけ英語表記なので選んでください。
  4. 都道府県 スクロールで選べます。
  5. 市区町村 (ローマ字) yamagichishi nakaku という入力で大丈夫です。 山口市中区の場合
  6. 住所 (ローマ字)  5-20-25 higashihara という入力です。東原5丁目20-25の場合
  7. 郵便番号と電話番号とメールアドレスは指定の入力をお願いします。
  8. 後は性別と結婚しているか独身かの選択をします。

次は米国市民かの回答と職業と所得などの選択となります。

市民権

米国市民権・永住権に関しては「ありません」を選択します。

身分証

すると国籍をもう一度選び、パスポートや運転免許証、マイナンバーカードなどを選択し、そこに書かれている番号を入力します。

年収や投資経験を入力

職業や年収

  • 職業と年間所得(給料)と総資産などを大体の目安で選びます。
  • 年収・純資産・投資予定金額も目安で入力します。年収と年間所得は一緒にしておいて問題ありません。

次は収入源に関する情報を入力していきます。

収入源に関する情報

  1. 収入源が何かを入力し、破産経験があるかどうかも入力します。
  2. ~必要であれば追加書類を提出しますにチェックを入れます。

次は投資の経験を入力します。

投資の経験

株式・債権や為替、先物、オプションなどの取引経験と取引量と取引頻度を選びます。

数が多いので大変ですが、経験値を選んでいきましょう。

その他の情報

次は下記を入力します。

  1. 年間投資予定金額 おおよその金額をドル単位で入力します。100ドル1万円くらいの換算でいいです。
  2. 口座の目的 投資・投機を選びます。
  3. 口座管理の担当 ご本人が取引を選びます。

必要書類のアップロードと署名

入力が終了すると本人確認の書類をアップロードするので、スマホで撮影してアップロードしましょう。

  • 書類の種類 運転免許証・パスポート・マイナンバーカードを選んでください。
  • 発行された国 Japanを選びます。
  • 現住所確認書類 携帯電話以外の公共料金の請求書・健康保険証・日付が3か月以内の住民票のいずれかをアップロードします。

アップロード画面

書類が用意できたら「Browse」をクリックします。運転免許証などは裏表の写真が必要となります。

次はマウスやスマホで署名して規約にチェックを入れます。

署名はうまくいかない場合は、イニシャルでもOKです。「A・H」など

下記へ進み規約読んでチェックボックスにチェックを入れます。

規約の英語を訳すと下記のように書いています。

私は偽証罪の罰則の下で以下を確認します:私は、顧客契約を含む私の口座を開設するために必要なすべての文書を読み、理解し、Tradeview担当者と話し合う機会を得ました。 電子取引契約; リスク開示声明; プライバシーポリシー通知および電子的手段による声明の配信に対する同意。 偽証罪の罰則の下で、口座開設に関連して提供されたすべての情報(デジタル通貨の変換から派生した不換通貨を含む、あらゆる手段およびあらゆるソースからの口座に入金される資金源を含む) 合法的な情報源からのものであり、犯罪行為の収益ではありません。

最後に「送信する」を押して完了し、下記メールが送られてきます。

挨拶メール

ここからTradeviewの審査が始まります。Tradeviewは日本時間の早朝時にやり取りが多いので、夜間に質問を送っておくと早朝に返事が届きます。

審査が完了すると下記メールが送られてきます。

口座完了メール

ここでのログインとパスワードは

  1. 自分の口座にログインする
  2. 取引ツールにログインする

の両方で利用しますので、大切に保管しておいてください。

追加口座を開設する方法

間違えてMT5口座を開設したり、MT4のILC口座に変えたいなと思った際は、下記手順で口座を追加できます。

メールで送られてきたログインIDやパスワードで、Tradeviewにログインしたら下記「追加口座」をクリックします。

ダッシュボード

するとトレードビュー 追加口座申請画面が表示されます。

追加口座画面

もう一度名前と口座番号とレバレッジの入力が必要となります。口座番号はメールで送られてきたログインIDと一緒です。

しかも追加口座する場合は、最初に作成した口座にお金がないと出来ません。

そしてTradeviewに追加口座申請をして、送られてきた下記メールを見ると最初に作成した口座に最低でも10万円以上は口座に入金が必要ということですから、どうしても追加口座を開設したい場合は、入金が必要ということになります。

メール内容

そして円口座を選び、取引プラットフォームで変更する口座を選択します。

何かTradeviewに連絡がある場合は、連絡事項に記入可能です。

私はレバレッジとそれに伴う取引リスクに関しては理解しています。にチェックを入れ、全て入力したら「送信する」をクリックします。

完了メッセージ

上記完了メッセージが出ますので、後は承認されるのを待つのみです。

まとめ

以上がTradeviewの口座開設方法&最短申し込み手順を簡単解説でした。

口座開設が終わったら次は取引ツールをインストールして設定します。設定は簡単なのでサクサク行っていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事