固定スプレッドで取引できる海外FX業者

ブログの閲覧数今日の読者数 24
昨日の読者数 527
総閲覧数 352769

日本のFX会社ではどこも原則固定スプレッドを提供しているため、海外FXの変動スプレッドには抵抗がある人も多くいると思います。

そんな中でも固定スプレッドを採用している海外FX業者はいくつか存在しますので、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ほぼ固定スプレッドを提供している海外FX業者

チャート
変動スプレッドが多い海外FX業者で、固定スプレッドを提供している企業は

の4社になりますが、FBSIFCMarketsは、固定スプレッドと変動スプレッドの両方を採用しています。

ほぼ固定スプレッドと書いたのは

少女1
ミミコ
早朝時や週末のマーケットクローズ時などはスプレッドが拡大する傾向があるからです。

それではそれぞれの海外FX業者の固定スプレッドと特徴を見ていきましょう。

GEMFOREX

GEMFOREX
GemForexには2種類の口座があり

  1. オールインワン口座
  2. ノースプレッド口座

といずれもほぼ固定スプレッドを採用しています。

どちらも最大レバレッジが1,000倍で、海外FXでありがちな取引手数料も無料となっています。

少年
トレ太
今のところ私が調べた海外FX業者では、ここがスプレッドなどのコスト面を見ると一番の業者でした。

気になるほぼ固定スプレッドは

オールインワン口座

オールインワン口座

オールインワン口座 主要銘柄のスプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
1.5pips 1.6pips 2.1pips 1.6pips 2.0pips 2.0pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
1.5pips 2.2pips 1.5pips 1.8pips 2.0pips 1.9pips

ノースプレッド口座

ノースプレッド口座 主要銘柄のスプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
0.3pips 0.5pips 1.0pips 0.6pips 1.2pips 1.2pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
0.3pips 1.3pips 0.3pips 1.1pips 0.8pips 0.3pips

と二つの口座を見てもらえれば分かるように、ノースプレッド口座のほうが断然スプレッドは狭くコストは安く済ませることが出来ます。

少女2
カワコ
ただしノースプレッド口座で取引するには、口座残高が30万円以上必要です。
少年
トレ太
後は口座開設ボーナスもなく裁量トレードだけしかできなくて、自動売買トレードも出来ないよ

ということは日本と同じレベルのスプレッドで、海外のハイレバレッジ取引を楽しむには、それなりの資金がないと取引できないということになるのです。

公式サイトへ

ボーナスやその他の特徴を知りたい人は、下記記事を参考にしてみてください。

iFOREX

iFOREX
iFOREXは、口座の種類が一つしかないため、FX初心者にはわかりやすい業者の一つです。

少年
トレ太
口座を開設するとその一つの口座でFXや株式指数、商品などの取引が可能となります。
主要銘柄のスプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
0.7pips 1.7pips 2.3pips 3.0pips 3.0pips 2.0pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
0.7pips 1.1pips 0.8pips 2.0pips 2.0pips 1.5pips

スプレッドはほとんど動きませんが、上記を見てもらえればわかるようにGEMFOREXと比べると、高めの設定となっています。

少女2
カワコ
これだとドル円・ユーロ円とドルストレート以外はちょっとコストが高いわね
少女1
ミミコ
レバレッジも400倍までだから、主に入金ボーナス狙いの人が昔から数多く利用している業者なのよ

ここも取引手数料は無料なので、コストを見るにはスプレッドだけをチェックすればいい点が楽なポイントと言えます。

公式サイトへ

もう少しボーナスなどの特徴が知りたい人は、下記で詳細をまとめています。

ちなみに取引ツールも独自のものを採用していますので、下記記事でチェックしてみてください。

is6com

is6com
is6comには2種類の口座があり(現在プロ口座は停止中)

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座

でほぼ固定スプレッドは採用されています。

is6com クロス円のスプレッド
クロス円 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 EUR/USD AUD/USD
マイクロ口座 2.0pips 2.9pips 3.9pips 3.7pips 3.9pips 1.9pips 2.5pips
スタンダード口座 1.6pips 2.3pips 3.1pips 2.9pips 3.1pips 1.5pips 2.0pips
プロ口座 0.8pips 1.1pips 1.5pips 1.4pips 1.6pips 0.7pips 1.0pips

いずれの口座の取引手数料は無料なのですが、上記2社と比べると割高なスプレッドと言う内容になっています。

そのため積極的な取引には向いておらず、ボーナスを活かした回数を絞った取引を行う業者であると言う認識でいるといいでしょう。

ただし海外FX業者として不安要素もあるので、下記で詳細を見てから利用するかどうかの判断を行ってください。

FBS

FBS
FBSは変動スプレッドと固定スプレッドを両方採用しているのですが、その固定スプレッドを提供している口座は

  1. マイクロ口座
  2. ゼロスプレッド口座

の二つが該当します。どちらもレバレッジ3,000倍で取引可能ですが、入金金額や口座残高でレバレッジは2,000倍~500倍に引き下げられてしまいます。

詳しくは下記で紹介していますので、読んでみてください。

マイクロ口座

マイクロ口座 主要銘柄のスプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
3.0pips 4.0pips 7.0pips 10.0pips 10.0pips 10.0pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
3.0pips 3.0pips 3.0pips 4.0pips 3.0pips 7.0pips

と取引手数料は無料なのですが、かなりの割高なスプレッドとなります。

少女1
ミミコ
ここはスタンダード口座とECN口座以外の口座を開設するメリットはありません。

ただしゼロスプレッド口座は、その名の通りスプレッドは全て0となっています。

ゼロスプレッド口座のスプレッド

ただしこれではFBSに利益がないので、ここに取引手数料が加わりますので、取引手数料をpips換算(1ドル=1pips)すると下記コストになるのです。

ゼロスプレッド口座 主要銘柄の取引手数料をpips換算した表
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
3.0pips 8.0pips 8.0pips 7.0pips 11.0pips 8.0pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
2.0pips 3.0pips 3.0pips 4.0pips 3.0pips 8.0pips
少女1
ミミコ
このコストではやはり勝負にならないね。
侍
ドル蔵
だから下記でスタンダード口座とECN口座のスプレッドを見るといいよ。ただし変動スプレッドだけどね

その代わりここには、入金ボーナス1万ドルやキャッシュバック、ロイヤリティプログラムといった豪華な特典が揃っている為、1500万人のトレーダーが集結しています。

公式サイトへ

IFCMarkets

IFCMarkets
IFCMarketsは、大手海外FX業者のためコストはやはり高めの設定となっています。

ここも変動と固定スプレッドを提供しているのですが、固定スプレッドを提供している口座は

  1. NetTradeXビギナー固定スプレッド口座
  2. NetTradeXスタンダード固定スプレッド口座
  3. MT4スタンダード口座
  4. MT4マイクロ口座

の4種類の口座が存在します。レバレッジは200~400倍がメインとなります。

少女1
ミミコ
NetTradeXとは、IFCMarketsの独自取引ツールが使える口座になります。

MT5も利用できるのですが、MT5口座の場合変動スプレッド限定になるのです。

NetTradeXビギナーとマイクロ口座 主要銘柄の固定スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
1.8pips 2.5pips 5.5pips 3.5pips 5.5pips 3.5pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
1.8pips 3.0pips 2.0pips 3.0pips 3.0pips 2.0pips

とここも取引手数料は無料なのですが、大手ゆえにかなりの割高なスプレッドとなります。

少女1
ミミコ
ドル円とユーロドルの取引ならギリギリ使えるかどうかってとこね。
NetTradeXスタンダードとMT4スタンダード口座 主要銘柄の固定スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
1.8pips 2.5pips 5.5pips 4.5pips 5.5pips 3.5pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
1.8pips 3.0pips 2.0pips 3.0pips 3.0pips 2.0pips

この二つの口座も取引手数料は無料となっています。

侍
ドル蔵
NetTradeXビギナーとマイクロ口座とそこまで差が無いけど広いスプレッドには違いない
少年
トレ太
ここは入金ボーナスやキャッシュバックなどの特典もないので、大手という安心感を求めている人が利用するといいでしょう。

一応変動スプレッドも調べていますので、興味がある人は下記でチェックしてみてください。

公式サイトへ

まあ最後に紹介しているということは、ここがコストでいえば最も使いずらい海外FX業者になるからです。

少女1
ミミコ
何かしら特典が増えれば、もう少しおすすめ業者として推奨するのですけどね。

変動スプレッドと固定スプレッドはどちらがお得なのか

結論をいうとそこは「スプレッドの広がり具合」で見るしかないので、日本では固定スプレッド業者がお得で、海外では変動スプレッド採用業者のほうがお得と言えます。

ただし上記に紹介しているGEMFOREXは、私が調べた数十社の中ではスプレッドの狭さはNO1でした。

下記でその内容を詳しく紹介しています。

スプレッドにお得感を求めるのなら、日本のFX会社を利用すれば十分です。

海外FXに求めるのはスプレッドなどのコスト面ではなく、

少女1
ミミコ
ハイレバレッジ+証拠金アップツール

という2点です。

これは資金が少ない人が、「より多くの枚数で取引を行うことが出来るのが海外FXの魅力」なので、そこにスプレッドの狭さまで求めると、利用できる業者はかなり絞られてきます。

少年
トレ太
それでもコスト面では日本のFX会社は圧倒的なので、どうしてもスプレッドばかり追いかけるのなら海外FX会社は利用しないほうがいいでしょう。

証拠金アップツールは「入金ボーナス」という表現で多くの海外FX業者では、利用することが可能ですから下記で各海外FX業者のボーナス金額などをチェックしてみるといいでしょう。

固定スプレッド採用業者を調査した感想

固定スプレッドを採用している業者は少なかったですが、ほぼ固定スプレッドを提供している業者には共通点がありました。

ほぼ固定スプレッド業者の注文方式は、DD方式を採用している

という点です。

ここで紹介した業者ではGEMFOREXiFOREXis6comが該当します。

少女1
ミミコ
DD方式は日本のFX会社ではおなじみの注文方式なのですが、海外ではほとんどDD方式を採用していません。

DD方式は透明性が低いとかノミ行為をしているとか、まことしやかにささやかれていますが、あまりこういった「根拠のない情報は鵜呑みにしないほうがいい」でしょう。

日本のFX会社も原則固定スプレッドを提供しているので、GEMFOREXiFOREXis6com
などは、日本のFX会社のスペックを参考にして、日本よりのFX取引環境を提供しているのでしょうね。

どちらにしても固定スプレッドのほうが、利用者にとってコスト計算などは簡単なので、海外FX業者ももう少し狭めの固定スプレッド制度を導入してもらいたいと言えるでしょう。

まとめ

以上が固定スプレッドで取引できる海外FX業者でした。

おさらいをしておくと

  1. GEMFOREX以外の海外FX業者は固定スプレッドのコストは割高
  2. 固定スプレッドより変動スプレッド業者のほうがコストは安く済む
  3. コストが高い業者は特典で補うべし

などなど、上記を見てもらうとわかるように全体的にこのコストでは非常に使いづらいのが固定スプレッド業者の特徴でもあります。

日本のFX会社の固定スプレッドも昔は変動スプレッドばかりでしたから、この変動スプレッドという海外FXの特徴に慣れていくしかないと言えます。

少女2
カワコ
ハイレバレッジが魅力の海外FXですから、その分コストは日本のFX会社と比べても割高になる点は諦めるしかないと言えるでしょう。

その他の海外FX業者のスプレッドは、下記でしっかり調べましたので興味がある人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

注目記事