iFOREXのスプレッド比較&レバレッジとボーナス等の特徴

2019年11月6日

ブログの閲覧数今日の読者数 109
昨日の読者数 1909
総閲覧数 203857

iFOREX(アイフォレックス)は他の海外FX会社と異なり、口座の種類が一つだけのシンプルなFX業者ですからどの口座を開設すればいいかという悩みはありません。

レバレッジも400倍で運営期間も業界屈指の長さを誇りますから実績は十分と言えます。ここではiFOREXのスプレッドの比較から口座の特徴などを紹介していきたいと思います。

iFOREXの特徴比較

iFOREX

iFOREXは、日本語サポートはバッチリで、ホームページに様々な説明があるので特に操作などに困ることはないでしょう。

逆に海外FX会社だと気づかない人も多くいると思います。

取引口座も一つだけですから迷うこともなく、海外FXの中では最も使いやすい部類の一つと言えます。

口座名 レバレッジ 最低入金金額 スプレッド 取引手数料 最低取引枚数
口座の種類は一つ 400倍 1万円 変動 なし 1,000通貨

その他の主な特徴は

  1. 20年以上の歴史がある老舗FX業者
  2. 英領バージン諸島の金融サービス委員会に登録 証明書(英語で書かれています)
  3. 資金は分別管理
  4. しっかりとした資本金 14,922,898 USD
  5. マイナンバーの番号とクレジットカードがあれば、取引までは10分で可能です。
  6. 追証がないゼロカットシステムで、資金はマイナスになっても支払いは発生しません。

など。企業的には全く問題なく安心して利用できますが、MT4とMT5が使えないのがデメリットと言えます。

FX取引のレバレッジは400倍ですが、日本の株式CFD取引でも40倍のレバレッジで取引することが可能です。

iFOREXのスプレッド

iFOREXは手数料がかからないので、スプレッドだけ見ておけばいい日本のFX会社と同じ感覚です。

ドル円は実際にみると0.7pipsぐらいの表示でした。豪ドル円のスプレッドがポンド円より広いのが残念なところです。

通貨 円 変動スプレッド
USDJPY 0.9pips
EURJPY 1.2pips
GBPJPY 2.5pips
AUDJPY 3.0pips
NZDJPY 3.0pips
CADJPY 2.0pips
CHFJPY 2.0pips

ドルストレートは高くもなく安くもないと言ったところでしょう。

ドルストレート 変動スプレッド
EURUSD 0.9pips
GBPUSD 1.5pips
AUDUSD 1.00pips
NZDUSD 2.00pips
USDCAD 2.00pips
USDCHF 1.5pips

ユーロクロスは、値がよく動くEUR/NZDがスプレッド広すぎなのが残念です。

ユーロクロス 変動スプレッド
EURGBP 1.1pips
EURAUD 3pips
EURNZD 9pips
EURCAD 4pips
EURCHF 2pips

ポンドクロスは総じて広いスプレッドとなっています。

ポンドクロス 変動スプレッド
GBPAUD 11pips
GBPNZD 11pips
GBPCAD 4.5pips
GBPCHF 3pips

iFOREXのボーナスの種類

iFOREXのボーナスの種類は

  1. 初回入金は上限1,000ドルまでの100%ボーナス
  2. 40%の入金ボーナス
  3. 有効保有額に対して3%固定利息
  4. 2回目以降の入金で最大100%のキャッシュバック

など。スワップでない利息が付くと言う点では中長期保持のトレーダにはおいしい制度と言えます。

100%ボーナスと40%ボーナスの特徴

iFOREXは初回入金の1,000ドルまでは100%ボーナスが支給されます。(100ドル=1万円で支給。)

10万円入金すれば20万円の資金になるということです。

このボーナスで増えた資金を出金することは出来ませんので、あくまでハイレバレッジをかける資金や日本より広いスプレッドの補填と考えておきましょう。

また1,000ドル(10万円)を超える入金に対しては、最大2万ドルまで40%のボーナスが付与されます。

下記が例です。

100%ボーナス支給例

  1. 1,000ドル入金=1,000ドル(100%入金ボーナス)
  2. +1,000ドル入金=①の入金ボーナス+400ドルの入金ボーナス(40%入金ボーナス 以下同)
  3. +5,000ドル入金=①の入金ボーナス+2,000ドルの入金ボーナス
  4. +10,000ドル入金=①の入金ボーナス+4,000ドルの入金ボーナス

と言った具合で最大20,000ドル(200万円)までが40%ボーナスの支給対象です。

要するに 200万円入金=10万円は100%ボーナス+190万円は40%ボーナス=最大86万円

1,000ドルを超える入金をした場合は入金後にサポートへ連絡が必要で、出金するとボーナスが消える場合がある。

これだけは忘れないようにしておきましょう。

3%固定利息

コイン

iFOREXは、初回の入金金額が1、000ドル以上ある場合、有効保有額に対して毎月年利で3%の固定利息を受け取ることが可能です。

年利3%は日割り計算で計算されるので、資金が多い入金であればあるほど利息が付くのです。(最大1、500万円まで)

もちろん入金ボーナスの金額は対象外となります。

ただし入金してからほったらかしでは利息を受け取ることはできず、30日以上ポジションを保有していない場合や、30日以上取引を行っていない場合は対象外となります。

ということは、ポジションを持っていれば利息は受け取れるので、スワップ狙いの中長期トレーダーには、一押しの制度と言えるでしょう。

おすすめの取引は高スワップ通貨「EUR/TRY」を1~10万通貨売りでトレードして保持をしておくことです。

1、500万円の資金をiFOREXに預けて、しばらく寝ておくと毎月約3万7千円の利息と「EUR/TRY」のスワップが受け取れるので、(年換算すると約45万円+スワップ)まさに不労所得の最強の稼ぎ方と言えます。

ただし利用規約に単独の裁量がiFOREXにあると書いてあるので、高額入金を考えている人はサポートに確認するといいでしょう。

単独の裁量とは事前通知を行い、突然変更や中止などの効力を発揮するということです。

最大100%のキャッシュバック

iFOREXは、2回目の入金から90日間まで取引量に応じてキャッシュバックを受け取ることが可能です。

2回目の入金(入金金額の40%が対象)をした際に、口座詳細でキャッシュバックがいくらもらえるかの内訳を見ることができます。

ログインした後に「ファイナンス要旨」のメニューの一覧の中に「ペンディングボーナス」「必要取引量」と表示されています。

事前申請も必要ないので、この制度を知らずにiFOREXに2回以上入金してトレードしているトレーダーは「ファイナンス要旨」を確認してみるといいでしょう。

そしてキャッシュバックされた金額は、出金することが可能ですから入金ボーナスとは異なる点を認識しておきましょう。

iFOREXのその他の特徴

取引銘柄の例

800以上の取引が可能なiFOREXは、取引画面でFX以外の様々な金融商品の取引をすぐに行えます。

例を挙げると

  • ビットコインなどの仮想通貨
  • 原油
  • 株価指数
  • 主要銘柄の株式取引(アップルやアマゾンなど)
  • 金銀、小麦や大豆などの商品取引

一時仮想通貨ブームなどが起きた際に、口座開設が遅くて悔しい思いをしたトレーダーも数多くいます。

iFOREXのFX口座を開設をしておけば、FX以外の様々な商品の取引が可能なので、こういったブームがまた来た際に乗り遅れることなくトレードできる環境が構築できます。

当然売りも買いも出来るので、悪い情報が入った際にも売りでエントリーすれば波に乗れるでしょう。

株式投資は株式CFDという形で最大40倍のレバレッジを利かせて取引可能ですが、日本の銘柄も数は限られています。

日本の銘柄例

あのパズドラでブレイクした伝説の銘柄「ガンホー」も取引可能です。日本のレバレッジが信用取引で3倍ですから、いかに最大40倍の取引が大きいかが分かると思います。

取引ツール

チャートステーション

iFOREXはMT4とMT5がないのが唯一の欠点なのですが、スマホアプリやパソコンでの取引ツールは揃っています。

それでも慣れたツールで取引したいという人は、別途MT4やMT5で取引銘柄のチャート設定などを行い、取引をiFOREXで行うと良いでしょう。

下記では実際の取引方法をスマホとパソコンでそれぞれシンプルに解説しています。

またサポートに「VIPシグナルをリクエスト」すれば、専属トレーダーの売買の予測情報を受け取ることが可能です。

当然ですが100%的中するシグナルではないので、投資判断は自己責任となります。

またこういった売買情報は、このブログでも毎日更新しているので興味がありましたらトップページから最新の為替予想情報を入手してみてください。

まとめ

以上がiFOREXのスプレッド比較&レバレッジとボーナス等の特徴でした。

入金ボーナスやキャッシュバックも充実しているiFOREXは、日本語サポート力も高くスプレッドも狭いのでおすすめのFX業者です。

実績も信頼度も高いiFOREXですからFX取引を始めて見たい人は、下記で口座開設までの手順を紹介していますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事