iFOREXのレバレッジの特徴&変更方法と規制・口座残高制限を解説

ブログの閲覧数今日の読者数 56
昨日の読者数 526
総閲覧数 331805

ここではiFOREXのレバレッジに関する情報を色々と調べてまとめてみましたので、まずは簡単にFX銘柄に関するレバレッジ早見表から紹介していきます。

iFOREXのレバレッジ早見表
口座名 最大レバレッジ 口座残高の増加によるレバレッジ制限 選択・変更できるレバレッジ
エリート 400倍 なし なし
例外銘柄
200倍 スイス/トルコリラ トルコリラ/Hフォリント トルコリラ/円
ポンド/トルコリラ ユーロ/トルコリラ
50倍 ユーロ/インドルピー ユーロ/ロシアルーブル 米ドル/インドルピー
米ドル/チリペソ 米ドル/露ルーブル
20倍 ユーロ/オフショア人民元

ここは口座が一つしかないので非常に分かりやすい構成なのですが、口座残高による制限やレバレッジの変更は出来ません。

あえて特殊な方法でレバレッジ400倍以上で取引することは可能ですが、これは後述しておきます。

少女1
ミミコ
主にスワップが稼げる高金利通貨のレバレッジが、400倍では取引出来ない仕様となっています。

レバレッジ自体も他社と比べると400倍という低い仕様なので、あまり変動するメリットもないと言えるのでしょうね。

それではも少し詳しくiFOREXのレバレッジの特徴などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

レバレッジの変更や口座残高制限以外の規制

iFOREX

iFOREXでは上記早見表でも紹介しましたように、口座残高が増えてもレバレッジ制限はかかりません。

そして400倍のレバレッジ変更も出来ないので、こちらからは特に何もすることはないのが特徴的と言えます。

侍
ドル蔵
ただし取引休止期間の前後に「必要証拠金の増額」が発生してしまいます。

FX銘柄に関して言えば単純にレバレッジが400倍から200倍へ半減します。例外通貨も同様に半減するので、上記早見表でチェックしておいてください。

取引休止期間の時間帯を調べて見ると、公式サイトに記載してある必要証拠金増額の時間帯は

  • 取引休止前後15~90分の間
  • 土曜日は日本時間03:00以降

となっています。FX銘柄は土曜の朝3:00から必要証拠金の増額が適用されます。

ただし「USD/RUB」「EUR/RUB」「USD/INR」「EUR/INR」だけ取引休止時間があるので、CFDのメンテナンス時間と共に下記記事を参考にレバレッジが制限される時間帯をチェックしておいてください。

今度はiFOREXのCFD銘柄のレバレッジを紹介しておきます。

レバレッジ変更の意味はないことを知っておこう

海外FXのハイレバレッジ取引は、ハイリスクではあるのですが取引枚数さえ抑えてしまえばそこまでハイリスクではありません。

分かりやすく取引枚数で事例を挙げて見ると

  1. 資金10万円で30lot(300万通貨)取引を行うと約3.3pipsでロスカット
  2. 10lot取引を行うと約10pipsでロスカット
  3. 1lot取引を行うと約100pipsでロスカット
  4. 0.1lot取引を行うと約1,000pipsでロスカット

と言う事になります。

上記の例を見てもらうとわかるように、取引においてレバレッジを変更している内容は書いていないことが分かります。

少女1
ミミコ
要するに取引枚数を変更(制限)しているということですね。

要するにレバレッジというのは、資金に対してより多くの取引枚数を増やすことが出来る仕様なので、自分自身が資金に対して取引枚数を抑えてしまえばレバレッジを抑える、もしくは変更する必要などはどこにもないのです。

上記例で分かりやすく言えば

少女2
カワコ
2番と3番では取引枚数が10分の1になっているので、結果レバレッジも10分の1になっているということになるのです。

この仕組みさえ知っておけば、後は自分自身の取引枚数を抑えることが出来るかどうかのレベルなので、そこは経験をもとにうまくコントロールできるように付き合っていくといいでしょう。

仮想通貨

iFOREXの仮想通貨のレバレッジは通常であれば10倍で取引が出来て、取引休止前後15~90分の間に2.5倍まで制限されます。

仮想通貨
銘柄名 銘柄名 レバレッジ 取引休止期間前後
ビットコイン/円 ビットコイン/ライトコイン 10倍 2.5倍
ビットコイン/ユーロ ビットコイン/イーサリアム
イーサリアム/円 ビットコイン/米ドル
イーサリアム/ユーロ ビットコインキャッシュ/米ドル
ライトコイン/円 イーサリアム/米ドル
ライトコイン/ユーロ ライトコイン/米ドル
リップル/円 リップル/米ドル
リップル/ユーロ モネロ/米ドル
イオス/米ドル ダッシュ/米ドル

日本国内での仮想通貨のレバレッジ規制は4倍なので、通常取引であれば日本で取引するより2.5倍も高いレバレッジで取引出来ると言う事になります。

FX銘柄も日本の規制では25倍ですから、iFOREXと比べると16倍も差があります。

なので資金が少ないトレーダーはどうしても海外FXなどに流出してしまうのは、やむを得ない事情と言えますね。

インデックス

品揃えが多い株式指数(インデックス)でも下記のようにかなり銘柄ごとでレバレッジは異なります。

銘柄 レバレッジ 取引休止期間前後 銘柄 レバレッジ 取引休止期間前後
日経225(円) 200倍 66倍 USDX 200 66倍
日経225(ドル) VIX
日本100 シンガポール 25 100倍 50倍
米国30 AUS200(オーストラリア200)
米国テック100 スイス20
米国500 メキシコ30
米国2000 ブラジル60 50倍 25倍
EU STOXX 50(ユーロ50) 中国A50
ドイツ30 サウジアラビア・タダウル全株指数
スペイン35 韓国200
FRA40(フランス40) 台湾指数
イタリア40 ドバイ指数
UK100(イギリス100) ギリシャ20
FANG+ 中国SSE 20倍 10倍
インド50 中国SZSE
HK50(香港50) トルコ証券取引所イスタンブール100 25倍 12.5倍

倍率は200倍が主流ですが制限時間になると66倍まで一気に下がるので、このレバレッジ制限によるロスカットには気を付けましょうと言いたいのですが、

少女1
ミミコ
iFOREXのロスカットは0%なので資金が0円になるまで安心です。
少年
トレ太
しかし銘柄数が多すぎて覚えるのはかなり困難だね。

またiFOREXでは日本や海外での株式も取引可能なのですが、数が多いのでここでは割愛します。

これらのレバレッジの目安は5~20倍の中に各銘柄が混在しています。

取引休止期間前後の倍率は同じレバレッジが適用されているので、証拠金を気にすることなくトレード可能です。

商品や貴金属・エネルギー

今度は一気にゴールドやシルバーなどから、原油と商品のレバレッジをまとめて表で並べてみました。

銘柄 レバレッジ 取引休止期間前後 銘柄 レバレッジ 取引休止期間前後
ゴールド/ドル 200倍 100倍 ブレント原油 100倍 10倍
ゴールド/グラムトルコリラ SUGAR(砂糖) 50倍
ゴールド/ユーロ COFFE (コーヒー)
シルバー/ドル COCOA (ココア)
プラチナ(白金)/ドル 大豆
銅/ドル 100倍 50倍 天然ガス 66倍 33倍
パラジウム/ドル 50倍 CORN(コーン) 66倍 33倍
ヒーティングオイル 20倍 COTTON (綿) 50倍 25倍
ガソリン 20倍 WHEAT(小麦) 50倍 25倍
WTI原油 10倍 上海原油 20倍 10倍

これらCFD銘柄もレバレッジの変更などは出来ないので、取引休止期間前後の証拠金の増額だけ気を付けて取引するといいでしょう。

内容を見て見るとレバレッジもかなりバラつきがあるので、覚えるにはちょっと難しいと言えますね。

レバレッジ400倍以上で取引する方法

iFOREXのレバレッジは最大400倍と他社と比べてもかなり低い仕様となっています。

参考記事

ではこのレバレッジ400倍取引では物足りないという人は、下記の方法で400倍以上で取引することは可能です。

少女1
ミミコ
その方法とは「入金ボーナス」を活用して証拠金を増やすことです。

海外FXのボーナスと言うものは基本は「取引枚数を増やすツール」です。

レバレッジを上げる=取引枚数を増やす

という意味ですからiFOREXが提供している100%入金ボーナスや50%入金ボーナスを活用すると現金に対しての証拠金を上げることが出来るのです。

例えば100%入金ボーナスは10万円の入金を行うと、ボーナス特典としてクレジットが10万円付与されます。

結果 証拠金=20万円

となるので、ボーナスが無い状態の10万円の資金と比べると、ボーナス分が増えることで倍の枚数で取引可能となります。

これによって資金10万円でレバレッジ400倍の取引を行う際に、仮に6lot(60万通貨)しか取引出来なかった銘柄が倍の12lotまで取引出来ると言う事です。

侍
ドル蔵
結果的に見るとレバレッジ400倍取引の際より倍の枚数が取引出来るので、レバレッジ800倍で取引した内容と同じになると言う事です。

当然現金10万円でボーナスが5万円しかなかった場合は、1.5倍のレバレッジ600倍取引となるので現金とボーナス金額の割合に応じて、レバレッジ400倍以上の取引が出来ると言う事になります。

少年
トレ太
要するに海外FXのボーナス特典というのは、一撃あたりの取引枚数を増やしたい人には便利な特典ということだね。

参考記事

この内容に不満があって、もっとハイレバレッジで取引したい人は下記海外FX会社がiFOREXよりはるかに高いレバレッジで取引可能です。

  1. Exnessは初期はレバレッジ2,000倍だが所定の取引枚数をクリアすると無制限レバレッジで取引可能
  2. FBSは最大レバレッジ3,000倍
  3. GEMFOREXは限定口座数300人までレバレッジ5,000倍取引可能

これら3社はiFOREXと比べても倍以上のレバレッジで取引可能ですが、最初に紹介したように取引枚数を増やせるだけなので、資金ギリギリでトレードするとスプレッドだけでロスカットされる可能性も十分あり得ます。

こういったハイレバレッジ取引の基本は

資金=取引枚数

が基本ですから資金が10万円であれば1lot(10万通貨)が取引枚数の目安ということになります。

これくらいであれば、どの海外FX会社を利用してもレバレッジはあまり関係ないので、ボーナスやスプレッドなど別の要因で口座開設するかどうかを検討するといいでしょう。

まとめ

以上がiFOREXのレバレッジの特徴&変更方法と規制・口座残高制限を解説でした。

ちなみに最近の大きなイベントであった英国選挙やコロナウィルスでのレバレッジ規制などは、iFOREXでは無かったので、ここはあまりレバレッジを気にする海外FX業者ではないと言えます。

おさらいをしておくと

  1. 口座の残高が増減してもレバレッジ制限はなし
  2. FXやCFDのレバレッジは固定で変動はなし
  3. 取引休止期間前後にはレバレッジ制限がかかる

などなど。

その他の海外FX業者のボーナスをチェックしてみたい人は下記記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

注目記事