iFOREXの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめ

2020年2月23日

iForex(アイフォレックス)は運営も1996年からと長いため日本でも利用者が多い部類の海外FX業者になります。アイフォ戦士という独特のネーミングも一時期流行りましたからね。

取引ツールも独自のを提供しているため、ツールの操作などを一から覚えなくてはいけませんが、ボーナスや狭いスプレッドで人気があるのも特徴的と言えます。

ここではそのiFOREXの評判と危険性を調べてみましたので、ここでFX取引を始めてみようか考えている人は参考にしてみてください。

iForexを使用した感想

iForex
iFOREXを利用した感想は、レバレッジ400倍とハイレバ取引には十分な倍率と言えます。

  1. 視覚的には完全日本語対応なので使いやすい
  2. 入金ボーナスも充実
  3. 証拠金維持率0%なのでまさに極限までハイレバレッジ取引ができる
  4. 注文方式はDDを採用
  5. ツールが独自のものだけでMT4/MT5が使えない
  6. 取引すると本人確認書類の提出の電話がかかってくる

など。

注文方式がDD採用というのが微妙な評価となります。公式サイトに記述がなかったので、サポートに問い合わせてみました。

DD方式とは顧客とインターバンクの間にFX会社が入ることで顧客に不利益を与えるイメージですが、日本のFX会社がほとんどDD方式採用なのでイメージ違いでいいと思います。

あくまで中間にディーラーが入るだけですから、必ずしもノミ行為を行っているというわけではないからです。

他にない証拠金維持率0%は、損が出ても資金のぎりぎりまで耐えられてゼロカットシステムが採用されているため、口座がマイナスにならない点も大きなポイントと言えます。

これがいいか悪いかは別として、少ない資金のトレーダーには入金ボーナスも含めて、重宝しそうな海外FX業者と言えます。

また他の海外FX業者と違い口座の種類は1種類しかないので、どの口座を開設しようかなど悩む必要がない業者でもあります。

スプレッドやボーナスなどの詳細をまとめた記事は下記になります。

また取引を始めると海外から電話がかかってくるので、電話に出るか考えさせられます。

電話に出てみるとどうやらiFOREXからの「本人確認書類」の提出を促す電話だったので、電話がかかってくるのが嫌な人は、口座開設時には本人確認書類の提出を行っておくべきでしょう。

こういった電話がかかってくることは、企業的にコンプライアンスがしっかりしている証の一つとも言えます。

ツイッターの評判

iFOREXのツイッターによる口コミは人気ゆえに多すぎたのですが、しっかりデメリットも紹介していきたいと思います。

ツイッターの評判

出金拒否などのトラブルはなく、しっかり着金できたということです。

ツイッターの評判2

やはりMT4/MT5使えないのがネックという口コミが多かったです。

ツイッターの評判3

スワップが高いのスワップ目当てのトレーダーにおすすめという口コミですが、海外FX業者ですから短期売買のほうがいいと思います。

ツイッターの評判4

ゼロカットシステム採用なので、追証がないのはやはり大きなウェイトを占めます。

ツイッターの評判5

FXは値動きが少ない日が多いので、動きの激しい原油や天然ガスなどの取引を推奨しています。

この時は結構ツイッター上で衝撃が走っていました。利用者が多いので当然ですよね。

これらの口コミをまとめると

  1. MT4やMT5がないので、独自ツールの使い方を覚える必要がある
  2. 出金はしっかりできるので安心できる業者

と矛盾が生じる結果となりました。入金ボーナス目当ての10万円までのトレーダーなら利用する価値はあると言えます。

運営会社Formula Investment House Ltd. の評判

iFOREXの運営はFormula Investment House Ltd.でグループ自体に金融ライセンスを保持しています。

ライセンス保持の記述

実際公式ページにも英領バージン諸島の金融サービス委員会から取得したライセンスが掲載されています。

金融ライセンス

会社概要も日本語でしっかり掲載されていたので紹介すると

会社概要

この中で特筆すべきは資本金の額です。約1,400万ドルですから日本円で換算すると14億円なので、まずまずの企業レベルと言えます。

しかも日本より経済力は低い国ですから、iFOREXの企業レベルの大きさが伺えます。

資金の管理方法は分別管理

分別管理の記述

すべてのお客様の資金は保護を確実にするために主要銀行に保管され、会社の資本からは完全に分離されています。

まあこういった記述はどこの海外FX会社でも書かれているだけなので、実証する根拠はありません。ツイッターにもあったように出金できれば何の問題もないと言えます。

出金に関する記述

どこの海外FX業者も出金に関する詳細を記述したところはないのですが、ここiFOREXはしっかり書かれています。

期間も3日と明記されていて、口コミ通り出金に関しては拒否などもなく問題なく行える企業と言えるでしょう。

海外FX口コミサイトの評価

海外FX口コミサイトの評価

星2.2と標準レベルより低めの評判となっています。

それでも日本では人気があるのが、不思議なくらいです。やはり長い運営実績と出金が可能と言う点は大きいのでしょうね。

警告までは出ていなかったので、やや評価は低い海外FX会社としてみるといいでしょう。

出金は問題なくできるので資金面では安全なレベルと言えます。

ただしbitawalletにも対応していますから、とにかく出金トラブルが問題ない海外FX業者がいいという人は、ここiFOREXを利用するといいでしょう。

ダッシュボードの評判

iFOREXにログインしてみると、動作はまずまずのスピードなので決して速い方とは言えません。

ダッシュボード画像

ログインすると各金融商品の銘柄一覧が表示され、ツールも独自ツールのため入金さえ出来ていれば、このまま注文するという変わったシステムです。

さすがに日本人利用者が多いだけあって、操作的にはLand-FX同様使いやすい部類のダッシュボードになります。

またFXを学ぶビデオレッスンなどもあり、FX初心者にとっての学習ツールは取り揃えられていますが、閲覧するにはサポートに連絡が必要となっています。

レッスン内容

資金の入出金はbitwalletからクレジットカードなど多彩な方法があるので、これらのレベルは海外FX業者でも群を抜いています。

実際にiFOREX入金した手順は下記記事で紹介しています。

またよくある質問の内容が少ないので、わからない点はサポートに逐一連絡して聞かないといけませんが、日本語サポートは100点なのでこの点は安心して利用できるでしょう。

取引ツールの評判

iFOREXは独自ツールなので、上記でも紹介したようにログインしたら銘柄一覧が出てくるので、お金さえあればすぐに取引が可能です。

iFOREXで両建ては可能ですが、スキャルピングと自動売買は禁止されていますから裁量取引のみの人しか利用できません。

ユーロクロス一覧

上記はユーロクロスですが、取引したい銘柄をクリックするとすぐに注文画面に切り替わります。

パソコンで取引するには少し文字が小さいのがデメリットと言えます。

チャートを見ながら発注したい人は、メニューの「チャートステーション」をクリックしたら下記のようにチャートとにらめっこしながら取引が可能です。

チャートステーション

iFOREXはMT4とMT5がないのが唯一の欠点なのですが、スマホアプリやパソコンでの取引ツールは揃っています。

それでも慣れたツールで取引したいという人は、別途MT4やMT5で取引銘柄のチャート設定などを行い、取引をiFOREXで行うと良いでしょう。

下記では実際の取引方法をスマホとパソコンでそれぞれシンプルに解説しています。

またサポートに「VIPシグナルをリクエスト」すれば、専属トレーダーの売買の予測情報を受け取ることが可能です。

当然ですが100%的中するシグナルではないので、投資判断は自己責任となります。

またこういった売買情報は、このブログでも毎日更新しているので興味がありましたらトップページから最新の為替予想情報を入手してみてください。

iFOREXはスマホの場合は独自アプリを提供しています。

下記は新規注文時の取引画面となります。数量に枚数を入力し、売買を選択します。

米ドル注文画面

損失を確定する値の指定と、利確の値の設定も行えます。「注文」を押せばポジションが保有となります。

メニューバーを選択すると下記項目一覧が表示されます。

メニュー一覧

アプリをダウンロードしたら定期的に「お知らせ」がスマホに届くので、家族に内緒でFX取引を行っている人などはこのお知らせが来ないようにする設定も行っておきましょう。

下記で実際にiFOREXでFX取引を行ってみましたので、参考にしてみてください。

サポートの評判

iFOREXでやりとりをしたメールを紹介しておきます。日本語公式ページなどもあるので、そのあたりはしっかりとしたサポート体制が整っている印象を受けました。

サポートとやりとり

対応しているのは日本人なので、不備などはなく良好な問い合わせが可能です。

日本語対応は昔からの慣例なので、海外FX初心者でも戸惑うことはないでしょう。

口座の種類が一つしかないので、そこまで使い勝手などに迷わないため、サポートに聞く内容もあまりありませんでした。

こういった点が日本人に古くから愛されているiFOREXの強みと言えるのでしょうね。

iFOREXのその他の特徴

取引銘柄の例

800以上の取引が可能なiFOREXは、取引画面でFX以外の様々な金融商品の取引をすぐに行えます。

例を挙げると

  • ビットコインなどの仮想通貨
  • 原油
  • 株価指数
  • 主要銘柄の株式取引(アップルやアマゾンなど)
  • 金銀、小麦や大豆などの商品取引

一時仮想通貨ブームなどが起きた際に、口座開設が遅くて悔しい思いをしたトレーダーも数多くいます。

iFOREXのFX口座を開設をしておけば、FX以外の様々な商品の取引が可能なので、こういったブームがまた来た際に乗り遅れることなくトレードできる環境が構築できます。

当然売りも買いも出来るので、悪い情報が入った際にも売りでエントリーすれば波に乗れるでしょう。

株式投資は株式CFDという形で最大40倍のレバレッジを利かせて取引可能ですが、日本の銘柄も数は限られています。

日本の銘柄例

あのパズドラでブレイクした伝説の銘柄「ガンホー」も取引可能です。日本のレバレッジが信用取引で3倍ですから、いかに最大40倍の取引が大きいかが分かると思います。

まとめ

以上がiFOREX評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめでした。

おさらいをすると

  1. 出金拒否や出金トラブル面に関しては危険性は低い
  2. スプレッドは広めだが、変動と言うほど動かない
  3. ダッシュボードの使い勝手やサポートはトップレベル
  4. 金融ライセンス保持や分別管理などは信頼性が高い

と言えます。

となると気になるのはサーバー面だけですから、資金があまりない人やサブ口座として利用するのならおすすめの海外FX業者と言えます。

またその他の海外FX業者で、入金ボーナスなどを使い切った人が利用するならば良いのではないでしょうか。

iFOREXに興味が出た人は、下記で口座開設からFX取引までの手順を紹介していますので、ハイレバ取引を始めてみてください。

結局管理人のおすすめ海外FX会社はどこなのですか?という質問が多いので紹介すると

  1. HotForexが企業的信頼度 実績 ボーナスの3本柱が揃っています。
  2. FBSはボーナスと実績、サッカーの名門バルサと契約など安心して利用できます。
  3. Axioryはボーナスはないですが、実績とスプレッドで推奨できます。

スポンサーリンク