FBSのスプレッド比較&口座の特徴から入金ボーナスの特典を解説

2020年1月29日

ブログの閲覧数今日の読者数 3146
昨日の読者数 3327
総閲覧数 367452

ここでは海外FX業者のFBSの特徴を紹介していきます。レバレッジは業界最高峰の3,000倍ですが実際にはここまでレバレッジを利かせる人は少ないとも言えます。

まずはFBSFXの口座の種類からスプレッドなどを調べてみましたので、参考にしてください。

日本語には対応していますが、上手な訳ではないので少し変な違和感を感じるかもしれませんが、慣れれば違和感はなくなるでしょう。

海外FX業者選びの調査記事

知りたい海外FX会社の各口座ごとのスプレッドは海外FXスプレッド比較でチェック可能です。15社以上のスプレッドを全て画像で紹介しているので、どのブログよりも信頼度は高いです。

FBSFXの口座ごとのレバレッジ比較

FBSFX
上記をみてもらうと分かるようにFBSは、世界で1,300万人以上のトレーダーがいる企業です。これだけで怪しい業者でないことがわかりますからある程度信頼できるFX会社と言えます。

口座名レバレッジ最低入金金額スプレッド取引手数料最低取引枚数
セント口座1,000倍1ドル変動なし1,000通貨
マイクロ3,000倍5ドル固定
スタンダード100ドル変動
ゼロスプレッド500ドル固定下記参照
ECN500倍1,000ドル変動1lot 往復12ドル10,000通貨
ボーナスECNは全くなし。後は100%入金ボーナスやキャッシュバック有
  1. ここFBS FXの魅力は100%入金ボーナスと、取引を行うともらえるキャッシュバックです。なのでこれらの特典がないECN口座を開く価値は無いといえます。
  2. また海外FXでは珍しく固定スプレッドを採用しているので、日本の原則固定スプレッドに慣れている人にもおすすめです。
  3. ゼロスプレッド口座はスプレッド0ですが手数料がかかるので、下記スプレッド比較で参考にしてください。
  4. 証拠金維持率はどの口座も20%を下回った場合なので、ハイレバレッジで取引してもすぐにロスカットされないと言う事です。
  5. ゼロカットシステムを採用しているため、急激な値動きで口座がマイナスになってもFBSが0円にリセットしてくれます。
  6. 入出金はbitwalletとVISAがメインとなります。下記でbitwalletの口座開設をしておきましょう。

FBSFXのスプレッド

FBS FXのスプレッドを各口座で比較しています。変動スプレッドは値が動くのでその平均値となります。

ゼロスプレッド口座は、その名の通りスプレッドが0なので1万通貨あたりの手数料を記載しています。

ECN口座は下記から+6ドル(100,000通貨取引)往復12ドル手数料がかかります。

変動固定固定 1万通貨
通貨スタンダード/セントECNマイクロゼロスプレッド
USDJPY2pips0.3pips3pips3ドル(手数料のみ)
EURJPY3pips0.5pips4pips3ドル
GBPJPY4pips1.1pips7pips8ドル
AUDJPY3pips0.5pips10pips7ドル
NZDJPY2.2pips0.9pips10pips11ドル
CADJPY4pips0.8pips10pips8ドル
CHFJPY7pips0.9pips10pips7ドル

ドルストレートのスプレッド GBPUSDだけスタンダード/セント口座は分かれています。

ドルストレート変動固定固定 1万通貨
通貨スタンダード/セントECNマイクロゼロスプレッド
EURUSD1.1pips03pips3ドル(手数料のみ)
GBPUSD0.9/3pips0.5pips3pips3ドル
AUDUSD0.8pips0.3pips3pips3ドル
NZDUSD4pips0.6pips4pips4ドル
USDCAD3pips0.6pips3pips3ドル
USDCHF7pips0.5pips7pips8ドル

値動きが大きいユーロクロスは、EURNZDがありません。

ユーロクロス変動固定固定 1万通貨
通貨スタンダード/セントECNマイクロゼロスプレッド
EURGBP1.5/3pips0.6pips3pips3ドル(手数料のみ)
EURAUD11pips1.4pips7pips7ドル
EURNZD7pipsなし12pips16ドル
EURCAD6pips1.2pips12pips11ドル
EURCHF7pips0.6pips7pips7ドル

ポンドクロスもGBPNZDの取り扱いがありません。値動きが激しすぎるからでしょうね。

ポンドクロス変動固定固定 1万通貨
通貨スタンダード/セントECNマイクロゼロスプレッド
GBPAUD5pips3.1pips12pips11ドル(手数料のみ)
GBPNZD6pipsなし6pips9ドル
GBPCAD7pips3.1pips12pips11ドル
GBPCHF7pips1.2pips7pips8ドル

折角なのでスクリーンショットでそれぞれのスプレッドの一覧を紹介しておきますが、変動スプレッドなので多少の誤差はあらかじめご了承ください。

ECN口座のスプレッド21銘柄一覧

ECN口座のスプレッド21銘柄一覧

ここに取引手数料が往復12ドル(1.2pips)加わります。1万通貨で1.2ドルとなります。

手数料無料のスタンダード/セント口座のスプレッド34銘柄一覧

スタンダード/セント口座のスプレッド34銘柄一覧

変動スプレッドがどうしても嫌だという人はFBS FXの固定スプレッドのマイクロ口座か、ゼロスプレッド口座を開設するといいでしょう。

ボーナスの特徴

FBS FXには様々なボーナスが存在します。

  1. Trade 100 Bonus 口座開設で100ドルをもらえるがこの100ドルは出金できず、利益を出しても100ドルまでしか出金できないお試し版という事
  2. 100%入金ボーナス 最大1万ドルまでもらえます。(ECN口座やTrade 100 Bonus口座にはなし)

条件は

  • 入金してから30日以内にボーナスの申請を行う(資金移動は不可)レバレッジは500倍までとなる。
  • 出金するにははドル換算で、入金の金額の1/3の取引が必要(300ドル入金した場合は、100lot取引すれば出金可能)

下記はFBSのダッシュボードです。左のメニューから100%ボーナスをもらう申請を行いましょう。

*取引を行う前に必ず申請をすることです。

ダッシュボード

利用規約にもあるようにお金が減った場合は100%ボーナスは支給されません。(サポート確認済)

問い合わせ内容

現在の残高が初回入金より少ない場合、100%入金ボーナスを得ることはできません。とはどの時点をさすのですか?

回答
回答

取引前に申請してくださいとの事です。

消滅条件

  • 口座残高か有効証拠金(ボーナス資金を除く)がボーナス金額の30%以下になると、ボーナスはキャンセルされます。
  • 100ドル入金して100ドルボーナスをもらい200ドルで取引を行い、取引で負けて130ドル以下になると消滅するのです。
  • 別口座を開いて資金を移動してもボーナスは消滅します。

要するに最初に入金した資金を倍にして、その倍のお金でしっかり利益を出してくださいということです。

ボーナス目当ての出金は出来ないということです。まあ当然と言えば当然ですけどね。

キャッシュバックとその他の特典

FBS FXのキャッシュバックは、1lot(10万通貨)取引で最大12ドル受け取ることが出来て出金制限はないので、100%入金ボーナスよりかは現実味が高いといえます。

ここもキャッシュバックのオプションを有効にする必要があるので口座開設したら最初に有効にしておきましょう。

口座ごとのキャッシュバック例

  • セント口座・スタンダード口座 1lotの取引あたり2ドル~6ドルのキャッシュバック
  • ゼロスプレッド口座 0~6ドルのキャッシュバック
  • マイクロ口座 0~12ドルのキャッシュバック

キャッシュバックメインで取引を行う人はマイクロ口座を開設するといいでしょう。

ちなみに0ドルのキャッシュバック銘柄は「EURTRY」をマイクロ口座かゼロスプレッド口座で取引した場合のみです。EURTRYはスワップで最強レベルの通貨なので、0ドルなのでしょうね。

後はロイヤリティプログラムに参加すれば、ランクアップすることでiPhoneやMAC、Platinumステータスまで行けばロレックスやベンツまで獲得可能です。

賞品例

これらの豪華特典がFBS FXに1千万人以上のトレーダーが参加する魅力でもあるといえます。

まとめ

以上がスプレッド一覧&口座の種類とボーナスやレバレッジの特徴でした。利用者も多く金融ライセンスまで保持しているFBSはややスプレッドは高いですが、安全に海外FXで取引を行うにはおすすめの業者と言えます。

キャッシュバック狙いならマイクロ口座で口座を開設して、スプレッドや100%入金ボーナス目当てならスタンダード口座を開設するとよいでしょう。

下記は口座開設の手順です。ツールのインストール方法まで紹介しています。

スポンサーリンク

おすすめ記事