明らかに買いのエネルギーを溜めている相場と見て良さげ。 月・火どちらか爆上げでしょうかね。 8時間雲抜けポイントまでこの …
続きを読む

見事なジグザグ相場と言えますかね。今日かと思いましたがドル円8時間雲落下。 ドル円週足チャート  要するに+1σを超え無 …
続きを読む

FBSの出金方法から拒否に関する情報と実際の出金手順まで

今日の閲覧数 106
昨日の閲覧数 441
総閲覧数 437352

ここでは海外FXのFBSにおける出金に関する内容を、実際にトレードして出金まで実践している私が紹介していきます。

その証拠に下記出金手順の中に150万円以上入金している、「残高の画像」を掲載していますので、見て見るといいでしょう。

出金手順例では、実際に実践したクレジットカードとbitwalletのと注意点などを、画像付きの解説で分かりやすく解説していきたいと思います。

全部で14種類あるFBSの出金手段ですが、クレジットカードとbitwalletがメインで後はSTICPAYを利用する人が若干いるぐらいだと思っておきましょう。

ちなみに2021/12に出金してみましたが、bitwalletへの着金時間はわずか5分でした。

bitwalletへの着金時間

ただしbitwalletからお使いの銀行への着金は2~3営業日(平日)かかります。

スポンサーリンク

出金拒否やトラブルについて

FBSは私が実際に出金を実践して出来ているので、違法トレードなどがない通常トレーダーであれば問題はありません。

取引禁止事項などは下記記事にまとめています。

少年
トレ太
ただしカードなどで出金する場合は、最下段のまとめにも書いているように優先順位があります。
少女1
ミミコ
この優先順位を間違えると出金拒否やトラブルにはなります。

一応クレジットカードとbitwalletでの出金履歴の画像も下記で紹介しておくので、参考になると思います。

出金履歴

またここはサッカーの名門バルセロナやとプレミアリーグのレスター・シティの契約をしているので、わずか数十万や数百万の額で出金拒否やトラブルを起こすメリットは無いでしょう。

少女1
ミミコ
出金を拒否して顧客とのトラブルや裁判などにでもなれば、名門サッカークラブと契約したステータスが傷つきますから、こういった問題などが起きるとは考えにくいです。
少年
トレ太
今は何か問題があるとSNSであっと言う間に拡散しますから、通常取引で出金拒否など起こってしまうとすぐ分かります。

私の意見ばかりだけでは信頼性が低いと思うので、SNS上での出金拒否やエラーに関する口コミを見つけてきたので、2例だけ紹介しておきます。

FBSの出金拒否に関する口コミ2

こういった決済トラブルもしっかりサポートしてくれているので、出金拒否の可能性はほとんど無いと言っていいでしょう。

FBSの出金拒否に関する口コミ

bitwalletの出金限度額がないので、何度も出金したらエラーになって出金遅延があったようですね。

さてここまでは順調な話ばかり紹介してきたので、ここからは実体験に基づく実際に経験した出金トラブル例も紹介しておきます。

問題自体はすぐ解決したので、内容が気になる人が読んでみてください。


私自身が久しぶりにFBSで出金すると、上記口コミでもあった出金エラーが多発しました。その時の証拠画像

出金エラー画像

見てのとおりクレジットカードで9回連続出金拒否にあってしまいました。

この時に「出金リクエストは拒否されました。添付コメントをご確認ください」という件名で、メールアドレスに送られてきた内容を見て見ると

メール内容

  1. エラーが発生しました
  2. 次のコメントではリクエストは拒否されました。
  3. 出金リクエストを行ってください

という内容が記されています。しかも原因が全く分からなかったので、サポートに確認をして見ることにしました。

その後調整をかけてもらうことで無事出金出来たので、やはりトラブルが発生してもサポートに依頼をかけると解決しています。

サポートとのやりとり

上記のようにエラー内容をサポートに確認したところ「財務部が処理します」と言う形で、出金処理を行ってくれました。

処理が成功したときの証拠画像

出金履歴

SNS上での口コミでもあったように、こういった出金エラーはぼちぼちあるようですが、サポートとのやりとりでいずれも解決しているので、出金拒否をする海外FX業者ではないことが分かったと思います。

ここは私自身が利用してきている海外FX会社なので、過去に出金拒否(エラー)になった際の内容メールもいくつか紹介しておきます。

送られてくるメールの件名はいずれも「出金リクエストは拒否されました。添付コメントをご確認ください」です。

事例1

過去の出金拒否(エラー)の事例1

上記は1万ドルの出金をbitwalletで行おうとしたら、クレジットカードで先に出金するように出たメッセージです。

冒頭で紹介したように出金の優先順位はクレジットカード(デビットカード)なので、この順番を間違えると出金エラーになります。

事例2

過去の出金拒否(エラー)の事例2

今度はクレジットカードの裏表両面の画像を提出せずに出金の依頼をかけた時の「出金リクエストの拒否メール」です。

このようにやるべき事をきちんと実施していないと、出金拒否になってしまいます。

事例3

過去の出金拒否(エラー)の事例2

上記はクレジットカードの残債が無いのに、クレジットカードで出金したら上記エラーになりました。

クレジットカードは入金分しか出金は出来ないので、利益の出金をする場合にはbitwalletを利用するといいでしょう。

参考記事

公式サイトへ

と言う事で下記からは気になる出金手数料から、クレジットカードとbitwalletでの出金手順を紹介していきたいと思います。

出金手数料と最低出金額

まずはFBSの出金手数料から最低出金額などをサポートに聞いて調べて見ました。

FBSの出金の種類と手数料
出金方法 出金手数料 最低出金金額 出金限度額 出金手続き日数
bitwallet 100円 1ドル なし 1営業日
Perfectmoney 出金額の0.5% 1~2営業日
VISA 1ユーロ 2ユーロ 30,000ユーロ
JCB 1ユーロ
Sticpay 出金額の2.5%+0.3ドル 3ドル 50,000ドル
Bonsai Pagamentos 日本の銀行は2,000円 100ドル 20,000ドル
WebMoney 0.8% 1.5ドル なし
Apple Pay 現在入出金不可
Google Pay
侍
ドル蔵
ドルとユーロが混ざってややわかりにくい金額体系ですかね。

上記ではクレジットカードの出金限度額は1回ごととなっていますが、ちなみに私自身が実際に出金した際には、1回1,000~1,500ドルが出金限度額でした。

サポートに確認した金額を掲載しているのですが、実情は異なると思っておきましょう。

少女2
カワコ
ただしその日に何度も出金手続きは出来るので、承認されたらもう一度出金手続きを行うと問題なく出金は出来ます。

クレジットカードの手数料は以前1ドルだったのですが、現在は1ユーロに値上がりしました。

少年
トレ太
1ユーロぐらいまけろよ!という感じですかね。

最近は偽造クレジットカードでの違法入金が増えているらしく、入金出来ない可能性もあるのでbitwalletで入出金するほがベストだと思います。

少女1
ミミコ
その他の海外FX業者もbitwalletに対応しているところが多いですからね

後は下記仮想通貨関連からでも出金可能となっています。

  1. Bitcoin 出金額の1% + 1ドル
  2. Tether ERC20とTRC20 手数料は出金額の1%+ネットワーク料金
  3. Litecoin 手数料は出金額の1.5%+ネットワーク料金
  4. Bitcoin Cash 手数料は出金額の1.5%+ネットワーク料金
  5. Ethereum 手数料は出金額の1.5%+ネットワーク料金

ネットワーク料金とは変動する手数料のため、金額提示は出来ないそうです。

クレジットカード出金の注意点

まずは最初にカードにおける、出金時のいくつかの注意点を紹介しておきます。

クレジットカードで入金した場合は、最初にbitwalletで入金してもクレジットカードから先にお金が戻されます。

要するにbitwalletとクレジットカード両方で入金した場合、優先順位がクレジットカードからの出金になるため、先にbitwalletから出金すると出金拒否となりますので注意してください。

そして出金時にはクレジットカードで入金した場合、カードの両面画像の提出が求められます。

少年
トレ太
そしてクレジットカードを2種類で入金した場合、カード1種類だけの画像提出だと出金拒否に該当します。

これらを踏まえて下記で出金手順を進めて行ってください。

またその他の方法で入金した場合も、その手段から先に出金しないと利益の出金は出来ません。

侍
ドル蔵
ただし必ず最初はクレジットカードの返済が優先されます。

クレジットカードの出金方法

とりあえずダッシュボード内がリニューアルしたので、内容を修正して紹介していきます。

まずはFBSのダッシュボードにログインします。

メニューバー

ダッシュボード上段の「資金管理」をクリックします。

「資金管理」画面

すると上記「資金管理」画面に切り替わるので「出金」をクリックします。

一番上に表示されているのが出金する口座の番号なので、それ以外の口座から出金する場合は口座番号右の「v」をクリックします。

口座の一覧

すると開設した口座の一覧が表示されるので、今から出金する口座番号をクリックして「出金」をクリックします。

14種類の出金方法

今度は出金する種類の一覧が冒頭で紹介した14種類が表示されますが、私はVISAのクレジットカードで入金したので、VISAの手順で進めていきます。

上記の「VISA」をクリックすると、下記「銀行カード詳細」画面に切り替わります。(JCBを選択しても同じ)

銀行カード詳細画面

まずは入金したクレジットカードのカード番号を入力します。

次に入金の際に使用したクレジットカードの裏表の画像を提出する必要があり、以下の条件が提出要件に該当します。

  1. カード名義人が自分であることを確認
  2. 有効期限が切れていないかを確認する
  3. 自分の署名が必要(漢字でOK)

上記の署名や有効期限などを確認して、問題なければスマホなどでクレジットカードの両面を撮影します。

撮影すると今度は「カード番号の一部」を消してからFBSに提出する必要があります。

通常クレジットカードの番号は12桁の番号ですが、以下の修正をカードの両面画像に行います。

  1. 最初の6桁の数字と最後の4桁の数字を残したカード番号の画像
  2. 裏面の場合はCVVを消した画像

CVVとはカード裏面にある3桁の数字を指し、3桁全てを消して提出します。

CVV確認方法

画像の加工が完了したら、下記「前面をアップロードしてください」と「裏面をアップロードしてください」にある「十」のマークをクリックして画像を提出します。

銀行カード詳細画面

FBSでクレジットカードでの出金する際の難点は、

少女2
カワコ
出金するたびにこのカードの画像の両面提出を行わないといけないことです。

そのため撮影した画像は破棄せず保存しておくといいのですが、次回の出金時にカードの有効期限が切れていた場合はこの画像は当然無効となります。

そのまま下段に進むと出金限度額の表示があるので、そこに表示されている金額が現在出金出来る金額の限度額となります。

ここでお引き出し金額の欄に金額をUSD(ドル)で入力します。

出金する金額を入力する画面

ちなみに1回の出金限度額はカード会社で異なるのですが、1,200~1,800ドルぐらいが目安となります。

少年
トレ太
例えば2,000ドル出金した場合は差額が口座に戻されるので、資金が増えていると勘違いしないように気を付けておきましょう。

上記のように出金する金額は「USD」で入力しますが、その下段に「日本円」で自動計算されるので特に計算は不要です。

侍
ドル蔵
ちなみに出金手数料は毎回1ユーロとられます。

出金する金額を入力したら上記「お引き出しを確認する」ボタンをクリックすると、下記確認画面が表示されますので「はい、そうです。」をクリックします。

確認画面

すると登録したメールアドレスに「入力コード」が送られてくるので、その入力コードを下記「・・・」の枠に入力します。

コード入力画面

入力が完了したらオレンジの「確認する」をクリックして、下記リクエスト完了画面が出たら出金手続きは終了です。

リクエスト完了画面

この後ダッシュボードに1時間ぐらい戻れたり戻れなくなるエラーがたまに発生しますが、時間が経てば戻れるようになりますので安心してください。

ちなみに出金が反映されたのは2~3時間くらいで、FBSのダッシュボード下段の「リクエスト」でも出金履歴の確認は可能です。

ダッシュボード下段の出金履歴

上記のようにステータスが「新」の表示であれば、まだ出金手続きは完了していません。

「確認されました」と表示されれば、手続きは完了したということになります。

侍
ドル蔵
ちなみに出金処理が完了するまで口座には残高は残ったままなので、勘違いしないように気を付けておきましょう。

bitwalletの出金方法

次はFBSからbitwalletで出金する手順を紹介していきますので、まずは同様にダッシュボードにログインします。

メニューバー

クレジットカードでの手順と一緒ですが、ダッシュボード上段の「資金管理」をクリックします。

「資金管理」画面

そうすると「資金管理」という画面に切り替わるので、その中にある「出金」をクリックします。

出金ボタンの上に表示されている口座番号が出金する予定の口座になりますから、それ以外の口座で出金する場合は上記画像一番上にある「v」をクリックします。

口座の一覧

すると複数の口座番号の一覧が表示されるので、該当する口座番号をクリックして「出金」ボタンをクリックします。

14種類の出金方法

ここで表示される出金手段は14種類あるので、その中からbitwalletをクリックします。

ここでダッシュボードに戻るエラーが発生した場合は、もう一度上段にあるメニューの「資金管理」をクリックしてやり直します。

bitwallet

すると上記のように「お引き出し画面」が表示されるので、出金可能な金額と「bitwalletのメールアドレス」が入力されているのを確認します。

少女1
ミミコ
アドレスの入力が無いもしくは異なる場合は、メールアドレスを自分で入力します。

bitwalletのメールアドレスを入力して、出金する金額を「ドル」で入力すると、下段の「およその受取金額」に日本円での出金金額が自動計算されます。

この自動計算された金額を確認後、「お引き出しを確認する」をクリックします。

資金管理

するとFBSに登録したメールアドレスに、「FBSの確認コード」という件名で確認コードが送られてきます。

FBSの確認コード

このメールの中段に記載されているコードを入力し、上記画像のオレンジのボタンの「確認する」を押します。

すると上記のように、「リクエストが作成されました」と表示されたら完了です。

少女2
カワコ
カードのように画像の提出が無いので、bitwalletでの入出金のほうが手間が少なく簡単に出来ます。

後は出金した金額が、bitwalletに反映されるのを待つだけとなります。

夕方17:30くらいに出金の申請を行うと、冒頭でも紹介したように5分で着金しました。

bitwalletに登録したメールアドレスに、「[bitwallet] 個人間資金移動による入金受理完了」という件名で以下の着金メールが送付されます。

着金メール

少女2
カワコ
出金手数料がケチくさく100円とられてしまいました・・・

後はbitwalletから銀行に送金するか、bitwalletに資金を置いておいてFBSの口座残高が少なくなったら、またbitwalletから入金します。

仮想通貨の出金方法

FBSでは仮想通貨でも出金出来るようになったので、さわりだけ紹介しておきます。

まずFBSのダッシュボードにログインします。

メニューバー

上記画像にある「資金管理」をクリックします。

「資金管理」画面

上記「資金管理」という画面に切り替わるので、「出金」ボタンをクリックします。

すると複数の口座番号の一覧が表示されるので、出金する口座番号をクリックして「出金」ボタンをクリックします。

14種類の出金方法

仮想通貨の出金手段は6種類あるので、該当する仮想通貨をクリックします。

テザーでの出金方法

TetherだとERC20とTRC20で出金出来ますので、どちらかをクリックします。

入力画面

すると上記の入力画面が表示されますので、「ウォレットアドレス」と「出金する金額」を入力して「お引き出しを確認する」をクリックして手続きを進めていきます。

Ethereum・Litecoin・Bitcoin Cashでも上記と同じ画面が表示されますが、冒頭でも紹介したように若干手数料が違います。

Bitcoinだけ「ウォレットアドレス」が「住所」という記載になっています。

その他の出金手順

FBSでは他にもWebMoney、Apple Pay、Google Payでの出金も可能になったので、これもさわりだけ紹介しておきます。

まずFBSのダッシュボードにログインは一緒です。

メニューバー

上記の「資金管理」をクリックします。

「資金管理」画面

そうすると上記「資金管理」という画面に切り替わるので、そこにある「出金」ボタンをクリックします。

すると口座番号がいくつか表示される(一つしかない人は一つ)ので、該当の口座番号をクリックして「出金」ボタンをクリックします。

14種類の出金方法

すると下段の方にWebMoney、Apple Pay、Google Payの出金ボタンが表示されるので該当する出金手段をクリックします。

WebMoneyを選ぶと上記のように、「ウェブマネーウォレット」「お引き出し金額」という項目が出てくるのでそれぞれ入力します。

すると自動で「およその受け取り金額」が計算されるので、確認後「お引き出しを確認する」をクリックします。

Apple PayとGoogle Payを選ぶとクレジットカードの出金と同様に、カードの画像の裏表の提出が必要となります。

カード詳細画面

出金手数料は0.5EURと下がりますが、日本円で60円前後なのであまり意味はなさそうな設定金額と言えます。

カード画像を提出して出金金額を入力したら、「お引き出しを確認する」をクリックします。

少年
トレ太
後は登録したメールアドレスに、確認コードなどが送られてくる点などは一緒だと思います。

出金履歴を確認する方法

今度は上記手順で出金した後に、出金履歴を確認する方法も紹介しておきます。
ダッシュボードメニュー

まずはFBSにログインして、上段メニューの「資金管理」→「取引履歴」をクリックします。

すると現在持っている口座が複数(ない人は一つ)出てくるので、履歴を確認したい口座を選びます。

そして中段にある以下のメニューから「出金」をクリックします。

  1. 全て
  2. 入金
  3. 出金 今回はここ
  4. 内部振替 これは資金移動を指します。

取引履歴

するとこれまでに出金した履歴を見ることが可能です。

2021年12月に無事bitwalletで出金することが出来ました!

まとめ

以上がFBSの出金方法と手数料や出金拒否に関する内容とクレジットカードとbitwalletの出金手順でした。

おさらいをすると

  1. 私自身が何度も出金しているので、特に出金拒否された経験はなし。
  2. クレジットカード出金の都度カードの裏表の画像の提出が求められる
  3. Apple Pay、Google Payでも同様に裏表の画像の提出が必要
  4. クレジットカード2枚で入金した場合、1枚だけの画像提出だと出金拒否になる
  5. クレジットカードで入金してbitwalletに先に出金した場合も出金拒否になる
  6. 出金トラブルはそれなりに発生するが、今のところ出金拒否の事例はない

です。

出金の優先順位はクレジットカードが第一位なので、後でも先でもカード入金した場合はカードから出金するということです。

この仕組みさえ理解しておけば、FBSで出金トラブルだという誤解は無くなると言えます。

後は実体験でもあったように、まれにシステムエラーが発生するので上記で紹介した事例と共に内容をインプットしておけば、特に問題のない海外FX会社であることが分かると思います。

スポンサーリンク

注目記事