XM(XMTrading)のスプレッド26銘柄&口座タイプとボーナスの特徴

2020年3月10日

ブログの閲覧数今日の読者数 443
昨日の読者数 760
総閲覧数 370031

ハイレバレッジで取引できる海外FXは高いレバレッジで日本で人気を博しています。その中でもXMtrading(エックスエム トレーディング)通称XMは日本人人気NO1の海外FX口座です。レバレッジ888倍と脅威の倍率ですから、まさに少額取引しかできない投資家におすすめと言えます。

やはり海外FXを利用するには最も重視したいのが安全性です。最近できたばかりの海外FXなどを使うにはどうしても抵抗がありますから、こういった利用者が多いFX会社を利用するようにしていきましょう。

入金ボーナスがもらえる口座は、スプレッドが広く3,000円ボーナスのみのECN口座はスプレッドが狭いという考えでいいので、ボーナスを選ぶかスプレッドを選ぶかで口座を開設するといいと思います。

XMtradingの主な特徴

XM

XMtradingの特徴を簡単に挙げると

  1. レバレッジは最大888倍
  2. スプレッドは変動制
  3. 日本語サポート体制完備
  4. ボーナス制度は常時あり
  5. ゼロカットシステム採用

ゼロカットシステムとは急激に値が動いたとき、口座のロスカットが追い付かずにマイナスになるときがあります。

その際にXMtradingがマイナス分を補填してくれることをゼロカットシステムといいます。

ハイレバレッジで取引をする際に、こういった仕組みがあればユーザーが損をしないわけですから、枚数が多い取引をする人には重宝する仕組みと言えます。

XM Tradingの入金方法はbitwalletとクレジットカードなので、カードがない人はbitwalletを開設しておきましょう。

出金手数料も1,000円以下(824円)なので、利益を出金するのにも大変重宝します。

参考記事

ちなみにXM Tradingのレバレッジは最大888倍ですが、

資金を200万円以上入金すると、レバレッジが200倍に引き下げられます。

要するに多額の資金で取引する人にとっては、実質レバレッジは200倍と言うことです。

またXM Tradingは3000円の口座開設ボーナスがあるので、10通貨から取引できるXMマイクロ口座を開設しておいて、3,000円が無くなるまで、アプリの使い方や取引の発注方法を覚えるなどという利用が可能です。

口座は複数作れるので、XMマイクロ口座でFX取引を覚えてから別の口座を開設するといいでしょう。

ただし入金ボーナスはzero口座に移動すると消滅するので、そこは頭に入れておく必要があります。

XM各口座共通仕様

XM
海外FX業者XMtradingの口座の種類は3種類あり、MT5とMT4でそれぞれ口座開設できますから全部で6種類あるということになります。

各口座の共通仕様は

取引ツール 最大ポジション数 証拠金維持率 マージンコール
MT4/MT5 200 20%以下 50%
両建て スキャルピング 口座の通貨 ゼロカットシステム
可能 可能 3種類 あり

となります。MT4/MT5は取引ツールを指し、自動売買を行わない人はどちらのツールを選んでも問題ないでしょう。

  1. 証拠金維持率20%以下とは資金が10万円あった場合損失が8万円を上回ったときにロスカットされるという仕組みです。
  2. マージンコール50%以下とは、その証拠金が50%以下になった場合にXM Tradingから届くお知らせのことを言います。
  3. ゼロカットシステムとは相場の急変動時に資金がマイナスになっても、0円にしてくれる有難いシステムのことを言います。
  4. 両建てとは反対売買を同時に行うことを指し、同一口座内では可能となっています。
  5. 口座の通貨とは円建て、ドル建て、ユーロ建てで入出金や取引を行うかを指し、基本はJPY(円建て口座)を選びます。

詳しくは下記で説明しています。

それではXM Tradingで口座を開設するとさまざまな種類が存在しそれぞれの仕様も異なりますので、ここではその口座の特徴や違いなどを紹介していきたいと思います。

マイクロ口座の特徴とスプレッド一覧

XM Tradingマイクロ口座の特徴は5ドルからの入金で取引できる点と

レバレッジ 取引手数料 注文方式 ボーナス
最大888倍 無料 STP 3.000円
最大取引枚数 最小取引枚数 1lot取引時の枚数 100%入金ボーナス
100 lot MT4 0.01 /MT5 0.1 1,000通貨 20%入金ボーナス

STP方式とは「Straight Through Processing」の頭文字からとった注文方式です。簡単に言うとスプレッドに海外FX業者の利益を乗せてトレーダーにスプレッドを表示していると言う事になります。

1lot1,000通貨ですから、最大取引枚数は10万通貨までという取引になります。

逆に最小取引枚数が0.01lot(MT4のみ)ですから、最小取引枚数は10通貨という取引ができるので、デモ口座感覚で少ない枚数での取引が可能と言うことになります。

気になるマイクロ口座の23銘柄の通常時のスプレッド一覧です。(MT4/MT5同じ)

マイクロ口座の通常時のスプレッド23銘柄

このように銘柄の横にmicroが付いているのが特徴的と言えます。

  1. USD/JPY 1.6pips
  2. GBP/JPY 3.9pips
  3. AUD/JPY 3.3pips
  4. EUR/JPY 2.4pips
  5. EUR/USD 1.9pips

と手数料が無料とはいえ、広いスプレッドとなります。

広いスプレッドは100%入金ボーナスや20%入金ボーナスでカバーするしかないでしょうね。

マイクロ口座を開設するのにおすすめのトレーダーは

  • FX経験が浅く取引枚数を抑えたい人
  • 海外FXにお金をあまり入金したくない人
  • 入金ボーナスがどのような仕組みか知りたい人

などが口座開設をするといいでしょう。

スタンダード口座の特徴とスプレッド一覧

XM Tradingのスタンダード口座の特徴は

レバレッジ 取引手数料 注文方式 ボーナス
最大888倍 無料 STP 3.000円
最大取引枚数 最小取引枚数 1lot取引時の枚数 100%入金ボーナス
50 lot 0.01lot 100,000通貨 20%入金ボーナス

取引枚数以外は、ほとんどマイクロ口座と同じ仕様となっています。最低入金額も5ドルからです。

通常時のスタンダード口座26銘柄のスプレッド一覧は

スタンダード口座通常時のスプレッド26銘柄

GOLDのスプレッドも紛れていますが、マイクロ口座とほぼ同じスプレッドです。日本と違い変動スプレッドなので見るタイミングでスプレッドが異なるのも特徴的です。

XM Tradingとボーナスなどの仕様が同様のライバル会社Hotforex

MT4/MT5 プレミアム口座のスプレッド26銘柄一覧

マイクロ・プレミアム口座口座のスプレッド26銘柄一覧

  • USD/JPY 1.6pips
  • EUR/JPY 1.5pips
  • GBP/JPY 3.1pips
  • AUD/JPY 2.3pips
  • EUR/USD 1.2pips

とややHotforexのほうが勝っています。その他の仕様を比べると

入金ボーナス

  1. XM Tradingは50万円
  2. Hotforexは500万円で出金可能なキャッシュバックあり

とこちらもHotforexが優位に立っています。ポルシェのスポンサー契約をしているなど、企業実績も高いのでこちらも口座開設の検討余地がある企業の一つと言えます。

要するにマイクロ口座でなくスタンダード口座を開設する人は

  1. 枚数を多く取引したい人
  2. 入金ボーナスを受け取って少ない資金でハイレバレッジ取引を行いたい人

になります。1lotの取引が10万通貨ですから、ポンド円やポンドクロスなどで枚数を多くして取引を行うと、ハイレバレッジ取引の醍醐味が味わえるということです。

Zeroスプレッド口座の特徴とスプレッド一覧

XM TradingのZeroスプレッド口座の特徴は、200万円以上の入金を行うとレバレッジは200倍まで下げられてしまいます。

またボーナスも口座開設ボーナス3,000円だけとなりますので、ボーナス狙いの人にはおすすめできない口座となります。

レバレッジ 取引手数料 注文方式 ボーナス
最大500or200倍 往復10ドル=1pips ECN 3.000円のみ
最大取引枚数 最小取引枚数 1lot取引時の枚数 最低入金額
50 lot 0.01lot 100,000通貨 100ドル=1万円

ECN方式とは簡単に言うと「Electronic Communications Network」の略で、スリップページは発生しても約定拒否がない注文方式となるので、透明性が高い取引となります。

入金が増えるとレバレッジが落とされるので、200万円がひとつの目安となります。

もちろん利益が乗って「口座残高が200万円以上」になっても同様です。

また口座残高が1,000万円以上になるとレバレッジは100倍まで落ちるので、この二つの金額を目安に入出金を行うと良いでしょう。

Zeroスプレッド口座のスプレッドは残念ながら0ではありません。取引手数料も片道5ドルですから、Zeroの意味はあまりないと言えます。

一応「USD/JPY」や「EUR/USD」が0pipsになるときがあるので、その意味合いでZeroスプレッド口座と言うのでしょう。

通常時のZeroスプレッド口座24銘柄のスプレッド一覧

Zeroスプレッド口座24銘柄

  1. USD/JPY 0.1pips
  2. GBP/JPY 1.6pips
  3. AUD/JPY 1.2pips
  4. EUR/JPY 0.3pips
  5. EUR/USD 0.2pips

とここからさらに手数料が1pips追加されるので、狭くもなく広くもないスプレッドとも言えます。

同じく人気の海外FX業者のTradeviewなら、ECN口座で取引手数料は往復5ドルですから、この点は大きなデメリットと言えるでしょう。

XM TradingのZeroスプレッド口座を開設するのにおすすめのトレーダーは

  • ドル円やユーロ円の取引がメインの人
  • ボーナスに興味がなくスプレッド重視の人
  • 海外FXである程度信頼できる企業に大きなお金を預けたい人

などが該当します。

早朝時や週末時にはスプレッドが広がるので、気になる人は下記記事でチェックしてみてください。

デモ口座の特徴

デモ口座ボタン

デモ口座ではスタンダードとZeroスプレッドの2種類の口座が選べます。当然スプレッドも上記と同じ仕様になります。

取引は仮想のお金なのですが、1,000円~50万円まで初期の申し込み時に選ぶことが可能です。

実際に10万円くらいでハイレバを利かせて取引すると、何万通貨取引できるかどれくらいの損益が出るかの確認にもなります。

レバレッジは888倍までなので、ここで低レバレッジを選ぶ理由はありませんから888倍を選択するのがおすすめです。

また円口座以外でもユーロ建てやドル建ても選択可能なので、本口座でドル建てにしようか考えている人がデモ口座でユーロやドルで取引を体験することも可能です。

実際は円でもドルでも為替差益の影響を受けるか受けないかだけなので、急激な円高や円安が発生しない限りそこまで影響を受けることはないでしょう。

デモ口座を開設するのにおすすめのトレーダーは

  • FX経験が浅くハイレバ取引にまだ抵抗がある人
  • 海外FXの取引方法を丁寧に学びたい人
  • 各口座のスプレッドを比べたい人

などが口座開設をするといいでしょう。

その他の口座の特徴

XM Tradingの口座に関するその他の情報は

  1. 法人口座の開設は出来ない
  2. 追加口座を開設しても提出済の書類の再提出は必要ない
  3. 90日間取引がないと取引口座は閉鎖される 
  4. デモ口座の開設は可能 デモ口座の期限はないのですが90日間ログインがないと凍結されます。
  5. ECN口座に資金移動した場合はボーナスは消滅する 出金でも同様なのでボーナスが残っている人は注意が必要ですし、90日取引がない場合も消滅します。
  6. レバレッジの変更も自分で可能 ただし口座の種類の変更はできないので追加口座の申請が必要となります。
  7. 残高があり取引が行われていないと毎月5ドルの口座維持費が引かれます。残高が0円の場合は引かれません。

などなど。残高が4ドルの場合に取引を行わない場合は4ドル引かれるのでそこは頭にいれておいてください。

要するに取引しないで口座に残高を残しておくと年間60ドルかかります。決して馬鹿にはならないので入金したまま取引を行わないという期間は短くしておきましょう。

XMのボーナスの特徴

このボーナスについて一言で書いておくと

「出金はできず、あくまで入金したお金を増やして取引するためのお金」

なので出金は出来ません。海外FXは日本と比べてスプレッドが広いので、その穴埋めとしてボーナスを利用する感覚です。

要するに10万円入金して10万円あげるから、20万円になったお金で取引して利益をあげてくださいということです。

XM Tradingにはボーナスが3種類存在します。

  1. 3口座共通でもらえる3,000円ボーナス
  2. ZERO口座以外でもらえる「100%入金ボーナス」と「20%ボーナス」です。

いずれも申し込みをしないともらえません。

100%ボーナスや20%ボーナスの申し込み場所が見当たらない人はログイン後、口座番号の横にある「オプションを選択する」→「ログインする」を選ぶと下記画面が出てくるので該当ボーナス横の入金ボタンをクリックします。

ボーナス申請画面

もしくは

「よくあるご質問」→「取引口座」→「どのようなボーナス・プログラムがありますか? 」→「ボーナスプログラム」

をクリックすれば下記申し込みボタンが出現します。

ボーナスプログラム内容

100%ボーナスの特徴

100%ボーナスは初回入金のみ適用され、最大5,000ドル(1ドルは100円計算)までもらえますので、最初はおおよそ最大50万円まで入金するといいでしょう。

そして何度も書いていますが、Zero口座を開設して入金しても3,000円ボーナスしかないので気を付けましょう。

50万円以上入金したい人は、下記20%ボーナスの仕組みを見て考えてください。敗者にうれしい救済措置があるのです。

20%ボーナスの特徴

20%ボーナスは最大4,500ドルまでもらえます。(申請必要!)

これは入金ごとにもらえるのですが、入金の20%までとなるので、入金を繰り返した人が最大4,500ドルまでもらえる制度です。

要するに

  1. 一番最初に10万円入金したら100%ボーナスで10万円もらえます。
  2. 負けて10万円入金したら、20%ボーナスが適用され2万円もらえます。
  3. 負けてまた20万円入金したら4万円もらえます。

この合計金額が4,500ドルまでと言うことです。

その代わり利益をあげて資金を出金するとボーナスは消えてしまうので、勝っている人には20%ボーナスは縁が無く、負け続けている人には恩恵があると言う事です。

いずれもXMTrading Zero口座では、100%と20%入金ボーナスは対象外なので間違えないようにしておきましょう。

XM Tradingには口座間で資金を移動できますが、スタンダード口座やマイクロ口座でボーナスを獲得して、ZERO口座に資金を移動するとボーナスは消えますので注意してください。

ボーナスの受け取り方は

ログインした後に口座番号の横にある「アクション」の下のオプションを選択するの「ログインする」を選ぶと下記のように表示されます。

ボーナスの種類

ここで100%か20%ボーナスの選択を行いましょう。順序的には最初は100%から始めて上限の50万円まで達したら20%を申し込むといいでしょう。

ちなみにXM Trading同様の入金ボーナスを行っていて、同レベルで安心して利用できる海外FX業者はHotforexFBSなどです。

ただしこの2社はキャッシュバックまでついているので、XM Tradingよりかはお得な制度があると言えます。

主な特徴を掲載しておきます。

まとめ

以上がXMtradingののスプレッド26銘柄&口座タイプとボーナスの特徴でした。

とりあえず口座の種類のおさらいをすると

  1. 少ない資金の人やFX初心者はマイクロ口座
  2. ある程度資金がありボーナスで取引枚数を増やしたい人はスタンダード口座
  3. ボーナスは必要なくスプレッド重視の人はZeroスプレッド口座
  4. MT4/MT5の選択は、裁量取引でトレードするならどちらを選んでもよい

という点です。

上記にも書きましたがハイレバレッジには、少ない資金での取引がおすすめです。大きな枚数の取引はハイリスクハイリターンですから、きちんと資産管理ができる人がトレードしていきましょう。

スポンサーリンク