XMのスワップポイント一覧と計算方法&稼げる銘柄をチャート分析

ブログの閲覧数今日の読者数 92
昨日の読者数 439
総閲覧数 294366

XMでハイレバレッジ取引でスワップを狙う方法は、エントリータイミングさえ判断を誤らなければかなり「おいしい銘柄」が揃っています。

ここではそのXM(XMTrading)で、スワップが稼げる銘柄の計算方法からスワップポイントまでを紹介していきます。

スワップは日々変動するので、下記はあくまで目安としてご利用ください。

スワップが稼げる狙い目の高金利通貨ランキング

3日分のスワップがもらえる曜日

侍
ドル蔵
XMは上記の通り水曜日に3日分のスワップがもらえます

2020年5月時点でスワップが稼げる銘柄は以下の通りです。買いSWAPとは買いのスワップポイントを意味します。

銘柄 買いSWAP 売りSWAP 1lotあたり日本円換算
第一位 USD/MXN 米ドル/メキシコペソ -607.88 248.12 1153.28円
第二位 EUR/ZAR ユーロ/南アフリカランド -434.23 133.27 803.51円
第三位 EUR/TRY ユーロ/トルコリラ -247.79 42.81 676.01円
第四位 USD/ZAR 米ドル/南アフリカランド -36.92 9.08 546.59円
第五位 EUR/RUB ユーロ/ロシアルーブル -238.76 20.9 311.88円
第六位 USD/RUB 米ドル/ロシアルーブル -208.77 7.23 107.90円

1lotは10万通貨なので、日本のFXと単位を間違えないようにしておきましょう。

少女1
ミミコ
日本で人気のTRY/JPYやZAR/JPYはXMtradingでは取り扱いがありません。

トルコクロスも落ち目のスワップポイントとなったので、米ドル/メキシコペソが今のところ堂々の1位となっています。

侍
ドル蔵
10lotで1日11,536.66円ですから1か月で約34万6,000円稼げますから、スワップ生活が狙える通貨です。

スワップアービトラージも見ての通り「買いのマイナス幅」が大きいため、両建てでスワップを稼ぐという手法も通用しません。

ということでこれらの高金利通貨が、売りで稼げるかどうかをチャート分析していきます。

下記の推奨設定でご自分のMT4かMT5を設定してみると、チャート分析がある程度理解できると思います。

参考記事

USD/MXNが売りで稼げるかチャート分析

ポンド円のブログランキングで1位にいた、(現在は面倒なので辞めた)元予想ブロガーとしてのチャート分析を紹介しておきます。

3位の時の画像

少女2
カワコ
ランキング3位の時の画像しか残っていなかったね

USD/MXNの月足チャート(2020年5月)

USD/MXNの月足チャート

長期チャートのお手本である月足チャートの現在のトレンドは

  1. ボリンジャーバンド+1σより上なので上昇トレンド
  2. 移動平均線10MAより上なので上昇トレンド
  3. 一目均衡表の雲の上なので上昇トレンド

ということであまり売りには適していないトレンドになります。

狙うとしたら10MA(オレンジの線)か20MA(白い点線)か、ボリンジャーバンドの-1σまでが基本戦略となります。

USD/MXNの週足チャート(2020年5月)

USD/MXNの週足チャート

中期チャートのお手本である週足チャートの現在のトレンドは

  1. ボリンジャーバンド+1σより下なので短期の売りトレンド
  2. 移動平均線10MAより下なので短期の売りトレンド
  3. 一目均衡表の雲の上なので上昇トレンド

となります。週足ベースで見ると20MAか、ボリンジャーバンドの-1σぐらいまでは売りでエントリーをするといいでしょう。

10MAを上回るようであった場合は、上昇トレンドが復活する可能性があるので損切が賢明です。

これらをまとめると

  1. 長期では上昇トレンドなので、長いスパンでの保持は厳しい
  2. 中期では上昇の勢いが落ちてきているので、売りの仕掛けどころ
  3. 売りの下限の目安は21.00000~22.00000までが狙いどころ
  4. 損切ポイントは24.20000あたりが週足の+1σに位置するのでここが目安

と言う事ですから、あまりスワップだけで長い期間を稼ぐという期待は、現時点では出来ない結果に終わりました。

となると週足ベースの短期か中期でスワップを稼ぐという戦略が、「USD/MXN」には適していると言えるでしょう。

公式サイトへ

侍
ドル蔵
21.00000~24.20000の値幅狙いなので、かなり狭いレンジでの取引が目標となります。

クロス円とドルストレートのスワップポイント

このあたりの銘柄はスワップを狙うというより、ポジションを保持して翌日に持ち越した時のマイナス金額をチェックしていく銘柄となります。

銘柄 買い 売り 銘柄 買い 売り
USD/JPY 米ドル/円 -2.06 -3.82 EUR/USD ユーロ/米ドル -4.8 -1.1
EUR/JPY ユーロ/円 -4.22 -2.12 GBP/USD 英ポンド/米ドル -3.58 -3.18
GBP/JPY 英ポンド/円 -2.73 -4.43 AUD/USD 豪ドル/米ドル -1.72 -1.82
AUD/JPY 豪ドル/円 -2.1 -3.5 NZD/USD NZドル/米ドル -1.34 -1.94
NZD/JPY NZドル/円 -1.9 -3.5 USD/CAD 米ドル/カナダドル -4.02 -3.62
CAD/JPY カナダドル/円 -2.44 -3.84 USD/CHF 米ドル/スイスフラン -0.35 -5.01
CHF/JPY スイスフラン/円 -6.39 -2.69 ▶ XM(XMTrading)のスプレッド81銘柄を見る

せっかくなので、最初に紹介しているスワップ計算方法でドル円の買いのスワップを「2020年5月22日のレート」で計算してみます。

クロス円のスワップ計算方式 = 取引枚数(通貨)×0.001×スワップポイント

高金利通貨であったドル円も今や昔の話で、このスワップポイントで買いで1lotエントリーすると「-206円」と逆に支払う仕様になってしまいました。

侍
ドル蔵
XMtradingは同一口座での両建ては可能です。

しかし売りも買いも両方マイナススワップのため、両建て取引をするとダブルでマイナススワップの影響を受けてしまいます。

少女2
カワコ
スイスフランのマイナススワップが目立つので、買いでのエントリー時は気を付けておくといいでしょう。

その他のドルストレートは下記で紹介しています。

ユーロクロス・ポンドクロスのスワップポイント

相場があまり動かない時に積極的にトレードされるユーロクロスやポンドクロスのスワップです。

これらも昔は高金利通貨として、スワップが稼げるため積極的な売買がありましたが、現在は値幅を取るだけの銘柄となってしまいました。

銘柄 買い 売り 銘柄 買い 売り
EUR/GBP ユーロ/ポンド -3.85 -0.95 GBP/AUD 英ポンド/豪ドル -7.77 -7.57
EUR/AUD ユーロ/豪ドル -9.66 -4.06 GBP/NZD 英ポンド/NZドル -9.75 -6.65
EUR/NZD ユーロ/NZドル -11.48 -3.38 GBP/CAD 英ポンド/カナダドル -7.55 -6.65
EUR/CAD ユーロ/カナダドル -9.18 -3.38 GBP/CHF 英ポンド/スイスフラン -1.97 -7.77
EUR/CHF ユーロ/スイスフラン -3.58 -5.08 ▶ XM(XMTrading)のスプレッド81銘柄を見る

一番マイナススワップが大きいEUR/NZDで、1lotあたりの金額をスワップ計算ツールで計算してみると

EUR/NZD

1日あたり買いで「約-753円」を支払い、売りで「約-221円」の支払いとなります。

1か月ロングポジションで保持した場合、およそ23,000円マイナスになりますから、中長期の保持には注意が必要です。

その他のユーロクロスやポンドクロスは下記で紹介しています。

豪ドル・NZドル・その他クロスのスワップポイント

ここからはどちらかと言うと中途半端なクロス銘柄ですが、NZクロスなら時折値幅があって取引を行うには面白い銘柄と言えます。

銘柄 買い 売り
AUD/NZD 豪ドル/NZドル -4.61 -4.11
AUD/CAD 豪ドル/カナダドル -4.03 -3.49
AUD/CHF 豪ドル/スイスフラン -1.11 -4.11
NZD/CAD NZドル/カナダドル -3.37 -3.67
NZD/CHF NZドル/スイスフラン -0.69 -4.09
CAD/CHF カナダドル/スイスフラン -1.01 -4.70

残りの通貨は「値動きも少なく」、「スプレッドも広く」「スワップもつかない」という悪い意味での三拍子が揃っている銘柄ばかりなので、特に見なくてもいいと思います。

何かしら該当国で大きなニュースがあった時に値幅を狙うかどうかなので、まさに青天の霹靂でしか値動きの期待が薄い通貨と言えるでしょう。


銘柄 買い 売り
USD/TRY 米ドル/トルコリラ -179.95 -9.65
USD/CNH 米ドル/人民元 -9.79 -0.99
USD/DKK 米ドル/デンマーククローネ -38.63 -64.43
USD/HKD 米ドル/香港ドル -7.72 -3.97
USD/HUF 米ドル/ハンガリーフォリント -31.22 -18.62
USD/NOK 米ドル/ノルウェークローネ -64.49 -93.49
USD/PLN 米ドル/ポーランドズロチ -38.02 -25.12
USD/SEK 米ドル/スウェーデンクローナ -68.12 -83.12
USD/SGD 米ドル/シンガポールドル -10.53 -10.93
EUR/DKK ユーロ/デンマーククローネ -56.54 -56.84
EUR/HKD ユーロ/香港ドル -98.86 -28.46
EUR/HUF ユーロ/ハンガリーフォリント -39.44 -13.24
EUR/NOK ユーロ/ノルウェークローネ -92.17 -74.87
EUR/PLN ユーロ/ポーランドズロチ -48.36 -20.16
EUR/SEK ユーロ/スウェーデンクローナ -93.89 -69.89
EUR/SGD ユーロ/シンガポールドル -14.22 -9.02
GBP/DKK 英ポンド/デンマーククローネ -52.98 -75.78
GBP/NOK 英ポンド/ノルウェークローネ -84.80 -105.9
GBP/SEK 英ポンド/スウェーデンクローナ -81.03 -96.53
GBP/SGD 英ポンド/シンガポールドル -13.08 -13.28
NZD/SGD NZドル/シンガポールドル -5.94 -7.14
CHF/SGD スイスフラン/シンガポールドル -14.77 -7.27
SGD/JPY シンガポールドル/円 -5.67 -5.7

その他の海外FX業者もこれらの銘柄を用意していますが、個人的にはほとんど意味がない銘柄だと思います。

スワップ計算方法 円建て口座の場合

ちなみにXMのスワップの計算方法は

  1. クロス円のスワップ計算方式 = 取引枚数(通貨)×0.001×スワップポイント
  2. その他の通貨のスワップ計算方式 =(0.00001÷為替レート)×取引枚数(通貨)×スワップポイント×対象円のレート

という計算でスワップポイントを計算することが可能ですから、下記で計算例を挙げておきます。

ドル円が107.623銭の時の買いのスワップポイントは、上記では「-2.06」ですから「1lot(10万通貨)取引」の場合

100,000(通貨)×0.001×-2.06(買いのスワップポイント)=-206円

電卓で計算する場合は、マイナススワップの際に+/-を利用すると計算しやすいでしょう。

電卓の+/-

実際に上記電卓での入力方法は

 例 100,000×0.001×2.06+/-=-206円

今度はクロス円以外のスワップを計算してみます。

豪ドル/ドル(0.65365)の買いスワップ「-1.72」の時豪ドル円「70.35銭」時の0.1lot時の計算例

(0.00001÷0.65365)×10,000×-1.72×70.35=約-18.51円

となります。

侍
ドル蔵
1lot取引の場合は10倍の-185.11円ですから簡単に割り出すことが可能です。

今度はユーロクロスEUR/AUD(1.66815の時)の、1lot保有時間の売りのマイナススワップ「-4.06」で計算してみましょう。

(0.00001÷1.66815)×100,000×-4.06×117.323(ユーロ円のレート)=約-285.55円

という金額になるのです。

スワップ計算ツール

XM Tradingではスワップ計算機という便利なツールがあります。

これは取引したい銘柄の枚数に応じて、スワップや必要資金の計算をしてくれるのです。

少女2
カワコ
要するに入金前や後に、ハイレバレッジ取引を活かした取引枚数の上限を調べることが出来るので、必要最低限の資金計算が可能なツールです。

このスワップ計算ツールの場所を紹介しておきます。

XMtradingのトップページに進み、上段メニューの「FXを学ぶ」→「FX計算ツール」をクリックします。

上段メニューの「FXを学ぶ」→「FX計算ツール」

するとXMTradingのFX計算ツールという画面に切り替わるので、少し下段にスクロールします。

スワップ計算ツール

スワップ計算ツールの「詳細を読む」ボタンをクリックすると、下記画面に切り替わります。

スワップ計算ツール

ここで下記項目を入力して「計算する」ボタンをクリックすると、上記のように1日でもらえるスワップの金額を算出することが出来ます。

  1. 口座の基本通貨 JPYを選択するともらえるスワップの金額が円となる(上記だと約11.563円)
  2. 通貨ペア スワップを稼ぎたい銘柄を入力(今回はUSD/MXN)
  3. 口座タイプ 「スタンダード口座」を今回は選択
  4. ロット数 1lot10万通貨なので上記は10lotの100万通貨

売りでしかスワップはもらえないので、当然結果は「スワップ売り(JPY)」の金額を見ます。

10lotに必要な証拠金を調べるには、上記画像の「スワップ」左の「証拠金」をクリックすれば「証拠金計算ツール」の画面が開くので、下記で使い方を説明しておきます。

証拠金計算ツール

今度はUSD/MXNでスワップを稼ぐために必要な資金を算出してくれる、「証拠金計算ツール」の使い方を紹介しておきます。

上記で紹介したように「証拠金」のタブをクリックすると、下記のように証拠金計算ツールが表示されます。

証拠金計算ツール

ここで下記項目を入力して「計算する」ボタンをクリックすると、「USD/MXNで10lot取引をする場合に必要な資金」を算出することが出来ます。

  1. 口座の基本通貨 JPYを選択すると必要証拠金の金額が円での表示となる(上記だと約215,000円)
  2. 通貨ペア 今回はUSD/MXNで必要な資金を算出
  3. 口座タイプ 「スタンダード口座」を今回も選択
  4. ロット数 10lotの100万通貨でスワップを計算したので今回も10lot
  5. レバレッジ 最大888倍まで選べますが今回は500倍を選択

必要資金はおよそ215,000円という結果になりました。

少女1
ミミコ
この資金で10lot取引したらすぐロスカットになるでしょうね。

MT4でのUSD/MXN注文画面

上記は「USD/MXN」のMT4のパソコン版で、注文画面を開いたときのスプレッドとなります。

このように高金利通貨はスワップこそ魅力ですがスプレッドも広いので、レバレッジを効かせた取引はあまり意味が無いと言う事が分かったと思います。

少女2
カワコ
くれぐれも資金目一杯で高金利通貨の取引を行わないように、この証拠金計算ツールを上手に活用していきましょう。

まとめ

以上がXMtradingのスワップポイント一覧と計算方法&稼げる銘柄をチャート分析でした。

おさらいをしておくと

  1. 高金利通貨は現時点では6種類しかない
  2. 南アフリカランド円は取り扱いがない
  3. スワップは自分で計算するよりスワップ計算ツールの利用が簡単
  4. スワップ生活を始めるのに必要な証拠金は証拠金計算ツールの利用が簡単

です。高金利通貨は大きく値が動く銘柄ではないので、最近大きなトレンドが出た後ですから、上記のチャートで示したポイントをチェックしておいてください。

上昇トレンドのため長期保持には向いていない状態なので、短期か中期狙いでスワップを稼いでみるといいでしょう。

スポンサーリンク

注目記事