XM Tradingの口座の種類と特徴&自分に合う口座はここで解決!

ブログの閲覧数今日の読者数 1949
昨日の読者数 2393
総閲覧数 267502

XM Tradingで口座を開設するとさまざまな種類が存在します。それぞれの仕様も異なりますので、ここではその口座の特徴などを紹介していきたいと思います。

入金ボーナスがもらえる口座は、スプレッドが広く3,000円ボーナスのみのECN口座はスプレッドが狭いという考えでいいので、ボーナスを選ぶかスプレッドを選ぶかで口座を開設するといいと思います。

XM各口座共通仕様

XM
海外FX業者XMtradingの口座の種類は3種類あり、MT5とMT4でそれぞれ口座開設できますから全部で6種類あるということになります。

各口座の共通仕様は

取引ツール 最大ポジション数 証拠金維持率 マージンコール
MT4/MT5 200 20%以下 50%
両建て スキャルピング 口座の通貨 ゼロカットシステム
可能 可能 3種類 あり

となります。MT4/MT5は取引ツールを指し、自動売買を行わない人はどちらのツールを選んでも問題ないでしょう。

  1. 証拠金維持率20%以下とは資金が10万円あった場合損失が8万円を上回ったときにロスカットされるという仕組みです。
  2. マージンコール50%以下とは、その証拠金が50%以下になった場合にXM Tradingから届くお知らせのことを言います。
  3. ゼロカットシステムとは相場の急変動時に資金がマイナスになっても、0円にしてくれる有難いシステムのことを言います。
  4. 両建てとは反対売買を同時に行うことを指し、同一口座内では可能となっています。
  5. 口座の通貨とは円建て、ドル建て、ユーロ建てで入出金や取引を行うかを指し、基本はJPY(円建て口座)を選びます。

詳しくは下記で説明しています。

ボーナスに関する内容は下記でチェックしておいてください。

マイクロ口座

XM Tradingマイクロ口座の特徴は5ドルからの入金で取引できる点と

レバレッジ 取引手数料 注文方式 ボーナス
最大888倍 無料 STP 3.000円
最大取引枚数 最小取引枚数 1lot取引時の枚数 100%入金ボーナス
100 lot MT4 0.01 /MT5 0.1 1,000通貨 20%入金ボーナス

STP方式とは「Straight Through Processing」の頭文字からとった注文方式です。簡単に言うとスプレッドに海外FX業者の利益を乗せてトレーダーにスプレッドを表示していると言う事になります。

1lot1,000通貨ですから、最大取引枚数は10万通貨までという取引になります。

逆に最小取引枚数が0.01lot(MT4のみ)ですから、最小取引枚数は10通貨という取引ができるので、デモ口座感覚で少ない枚数での取引が可能と言うことになります。

気になるマイクロ口座の23銘柄の通常時のスプレッドです。(MT4/MT5同じ)

マイクロ口座の通常時のスプレッド23銘柄

このように銘柄の横にmicroが付いているのが特徴的と言えます。

  1. USD/JPY 1.6pips
  2. GBP/JPY 3.9pips
  3. AUD/JPY 3.3pips
  4. EUR/JPY 2.4pips
  5. EUR/USD 1.9pips

と手数料が無料とはいえ、広いスプレッドとなります。

広いスプレッドは100%入金ボーナスや20%入金ボーナスでカバーするしかないでしょうね。

マイクロ口座を開設するのにおすすめのトレーダーは

  • FX経験が浅く取引枚数を抑えたい人
  • 海外FXにお金をあまり入金したくない人
  • 入金ボーナスがどのような仕組みか知りたい人

などが口座開設をするといいでしょう。

スタンダード口座

XM Tradingのスタンダード口座の特徴は

レバレッジ 取引手数料 注文方式 ボーナス
最大888倍 無料 STP 3.000円
最大取引枚数 最小取引枚数 1lot取引時の枚数 100%入金ボーナス
50 lot 0.01lot 100,000通貨 20%入金ボーナス

取引枚数以外は、ほとんどマイクロ口座と同じ仕様となっています。最低入金額も5ドルからです。

通常時のスタンダード口座26銘柄のスプレッドは

スタンダード口座通常時のスプレッド26銘柄

GOLDのスプレッドも紛れていますが、マイクロ口座とほぼ同じスプレッドです。日本と違い変動スプレッドなので見るタイミングでスプレッドが異なるのも特徴的です。

要するにマイクロ口座でなくスタンダード口座を開設する人は

  1. 枚数を多く取引したい人
  2. 入金ボーナスを受け取って少ない資金でハイレバレッジ取引を行いたい人

になります。1lotの取引が10万通貨ですから、ポンド円やポンドクロスなどで枚数を多くして取引を行うと、ハイレバレッジ取引の醍醐味が味わえるということです。

Zeroスプレッド口座

XM TradingのZeroスプレッド口座の特徴は、200万円以上の入金を行うとレバレッジは200倍まで下げられてしまいます。

またボーナスも口座開設ボーナス3,000円だけとなりますので、ボーナス狙いの人にはおすすめできない口座となります。

レバレッジ 取引手数料 注文方式 ボーナス
最大500or200倍 往復10ドル=1pips ECN 3.000円のみ
最大取引枚数 最小取引枚数 1lot取引時の枚数 最低入金額
50 lot 0.01lot 100,000通貨 100ドル=1万円

ECN方式とは簡単に言うと「Electronic Communications Network」の略で、スリップページは発生しても約定拒否がない注文方式となるので、透明性が高い取引となります。

入金が増えるとレバレッジが落とされるので、200万円がひとつの目安となります。

もちろん利益が乗って「口座残高が200万円以上」になっても同様です。

また口座残高が1,000万円以上になるとレバレッジは100倍まで落ちるので、この二つの金額を目安に入出金を行うと良いでしょう。

Zeroスプレッド口座のスプレッドは残念ながら0ではありません。取引手数料も片道5ドルですから、Zeroの意味はあまりないと言えます。

一応「USD/JPY」や「EUR/USD」が0pipsになるときがあるので、その意味合いでZeroスプレッド口座と言うのでしょう。

通常時のZeroスプレッド口座24銘柄のスプレッド一覧

Zeroスプレッド口座24銘柄

  1. USD/JPY 0.1pips
  2. GBP/JPY 1.6pips
  3. AUD/JPY 1.2pips
  4. EUR/JPY 0.3pips
  5. EUR/USD 0.2pips

とここからさらに手数料が1pips追加されるので、狭くもなく広くもないスプレッドとも言えます。

XM TradingのZeroスプレッド口座を開設するのにおすすめのトレーダーは

  • ドル円やユーロ円の取引がメインの人
  • ボーナスに興味がなくスプレッド重視の人
  • 海外FXである程度信頼できる企業に大きなお金を預けたい人

などが該当します。

早朝時や週末時にはスプレッドが広がるので、気になる人は下記記事でチェックしてみてください。

その他の情報

XM Tradingの口座に関するその他の情報は

  1. 法人口座の開設は出来ない
  2. 追加口座を開設しても提出済の書類の再提出は必要ない
  3. 90日間取引がないと取引口座は閉鎖される 
  4. デモ口座の開設は可能 デモ口座の期限はないのですが90日間ログインがないと凍結されます。
  5. ECN口座に資金移動した場合はボーナスは消滅する 出金でも同様なのでボーナスが残っている人は注意が必要ですし、90日取引がない場合も消滅します。
  6. レバレッジの変更も自分で可能 ただし口座の種類の変更はできないので追加口座の申請が必要となります。
  7. 残高があり取引が行われていないと毎月5ドルの口座維持費が引かれます。残高が0円の場合は引かれません。

などなど。残高が4ドルの場合に取引を行わない場合は4ドル引かれるのでそこは頭にいれておいてください。

まとめ

以上がXMtradingの口座の種類と特徴&自分に合う口座はここで解決!でした。

おさらいをすると

  1. 少ない資金の人やFX初心者はマイクロ口座
  2. ある程度資金がありボーナスで取引枚数を増やしたい人はスタンダード口座
  3. ボーナスは必要なくスプレッド重視の人はZeroスプレッド口座
  4. MT4/MT5の選択は、裁量取引でトレードするならどちらを選んでもよい

という点です。口座開設後の詳しい使い方などは下記も参考になるので読んでみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事