BigBossのスプレッド一覧&口座タイプとボーナスの特徴

2020年1月20日

ブログの閲覧数今日の読者数 190
昨日の読者数 2450
総閲覧数 356360

海外FX業者のBigBossは日本で力を入れているイメージの海外FX業者ですが、ここのスプレッドはどうなのか気になるトレーダーは多くいます。

またBigBoss(ビッグ・ボス)の口座の種類は多いのか、デモ口座でスタート出来るのかなど素朴な疑問点に応えるべくこの記事では上記の内容とレバレッジやボーナスまでしっかり調べてみました。

ここで口座開設を考えている人しっかり内容を吟味して、選択するかどうかを考えてみてください。

海外FX業者選びの調査記事

知りたい海外FX会社の各口座ごとのスプレッドは海外FXスプレッド比較でチェック可能です。20社以上のスプレッドを全て画像で紹介しているので、どのブログよりも信頼度は高いです。

当ブログからの海外FX口座開設で下記レポートを無料プレゼント実施中!

少女1
ミミコ
いきなり300万トレーダーを輩出したってホント?!

BigBossの主な特徴

BigBoss

Big Bossの主な特徴を簡単に書くと

  1. レバレッジは最大555倍
  2. スプレッドは変動制
  3. 日本語サポートは全く問題なし
  4. ボーナス制度は常時行われてはいない
  5. ゼロカットシステム採用

と言った具合で555という語呂でレバレッジを設定しているところがやはり公式ページのデザインを見ても、日本で人気のXM Tradingを意識しているのがよくわかりますね。

ゼロカットシステムとは急激な値動きで自分の口座残高がマイナスになっても、追証がないシステムを言います。

それでは海外FX業者のBigBossの口座ごとのスプレッドや、特徴などを詳しく紹介していきたいと思います。

スタンダード口座の特徴とスプレッド一覧

スタンダード口座の主な特徴は

レバレッジ取引手数料マージンコール証拠金維持率
555倍無料50%以下20%以下
スプレッド最低入金金額最大取引枚数最低取引枚数
変動0ドル5,000,000通貨1,000通貨
注文方式両建てスキャルピング口座の通貨
NDD ECN可能可能円 ドル

NDD注文方式とは、FX会社が顧客の注文の際に利益を上乗せしない「透明性の高い」注文方式を意味します。

スタンダード口座の26銘柄スプレッド一覧

スタンダード口座の26銘柄スプレッド一覧

  • USD/JPY 1.5pips
  • EUR/JPY 1.9pips
  • GBP/JPY 2.5pips
  • EUR/USD 1.7pips
  • GBP/USD 2.2pips

とやや高めのスプレッドですから、ボーナスキャンペーンがない時にスタンダード口座を開設する意味は、あまりありませんが中にはPRO口座よりコストが安い銘柄もあります。

ただしビットコイン/米ドル関連銘柄はスタンダード口座でしか取引出来ないので、これらの取引がメインの人はスタンダード口座限定取引となります。

スタンダード口座を開設するのに向いている人

  1. 手数料無料でBTC関連の銘柄の取引がしたい人
  2. PRO口座とスプレッドを比較したい人

が該当します。

せっかくなのでBigbossがライバル視しているXMのスプレッドも紹介しておきます。

XM Tradingのスタンダード口座26銘柄スプレッド

スタンダード口座通常時のスプレッド26銘柄

  • USD/JPY 1.6pips
  • EUR/JPY 2.4pips
  • GBP/JPY 4.0pips
  • EUR/USD 1.8pips

XM Tradingには入金ボーナスが常時あるとは言え、圧倒的にBigbossのスプレッドが狭いということが分かります。

そもそもこのスプレッドの広さでXM Tradingが、爆発的人気が出た理由がいまだによくわかりませんけどね。

Bigbossのスタンダード口座と比べても、レバレッジ888倍ぐらいしか優位性はありません。

ちなみに

  1. USD/RUB USD/TRY USD/ZARの3種類はレバレッジは50倍と固定されています。(プロスプレッドも同様)
  2. BTC/USD ETH/USD XRP/USD BCH/USD EOS/USD LTC/USD NEO/USD はレバレッジ5倍固定でスタンダード口座しか取り扱いがありません。

またレバレッジを変更したい場合はサポートに連絡しないといけないので面倒な仕様となっています。

カスタマーサポート support@bigboss-financial.com

プロスプレッド口座の特徴とスプレッド一覧

Big Bossのプロスプレッド口座の主な特徴は

レバレッジ取引手数料マージンコール証拠金維持率
500倍往復9ドル50%以下20%以下
スプレッド最低入金金額最大取引枚数最低取引枚数
変動0ドル5,000,000 通貨1,000通貨
注文方式両建てスキャルピング口座の通貨
NDD ECN可能可能円 ドル

スタンダード口座との相違点はスプレッドと取引手数料だけの違いとなっています。

ここでもまたXM Tradingの往復手数料10ドルを意識した設定となっています。

プロスプレッド口座の22銘柄スプレッド一覧

プロスプレッド口座の22銘柄スプレッド一覧

  • USD/JPY 0.4pips
  • EUR/JPY 0.6pips
  • GBP/JPY 1.0pips
  • EUR/USD 0.7pips
  • GBP/USD 1.2pips

とスタンダード口座よりはるかに低いスプレッドとなっていますが、ここに往復手数料9ドルが加わるので実質は+0.9pipsで考えるといいでしょう。

1万通貨で取引した場合は0.9ドルに下がるので、少枚数取引の人にも安心です。

通貨の横にproという表示があるので、もしプロスプレッド口座を開設してproの表示がない場合は設定が違うということになります。

せっかくなのでプロスプレッド口座の通貨表示も書いておきます。

スマホだとすぐ見えると思うので、パソコンの場合

メニューの表示

上記MT4ツールのメニュバーにある「表示」→「通貨ペア」リストをクリックします。

フォルダ一覧

末尾にproという表示のフォルダを選びます。

するとFXやCFDの銘柄が入ったフォルダが表示されるので、表示したい銘柄をダブルクリックするだけです。

銘柄一覧

ちなみにXM Tradingのゼロスプレッド口座のスプレッドは下記記事を読んでみてください。

プロスプレッド口座を開設するのに向いている人

  1. スタンダード口座よりコストを抑えたい人
  2. BigBossで海外FX取引を始めたい人

が該当します。

FOCREX口座の特徴

FOCREX口座とは仮想通貨取引所専用の口座のためFX取引を行えません。

主な特徴は

レバレッジ取引手数料マージンコール証拠金維持率
現物取引0.2%なしなし
スプレッド最低入金金額追証取引ツール
変動0ドルありFOCREX取引サイト
注文方式口座の通貨
CEXBTCUSD,EXCUSD,ETHUSD,ETHBTC,XRPUSD

レバレッジやロスカット、マージンコールがない現物取引という仕様です。さらにゼロカットシステムなどはなく、口座の残高がマイナスになった際には追証が発生します。

これらが無いと言う事は、それだけ仮想通貨はFXよりもはるかに値が飛びやすい取引になるので、かなりリスクが高いという認識で取引を行わないと行けません。

大きな値動きの下髭連発など、チャートをチェックしてみると頻繁に発生していますからね。

下記はビットコイン/米ドルチャートで、zaifxから引用させてもらっています。

ビットコイン/米ドル週足チャート

仮想通貨ブームも終わり十中八九勝てない取引ですが、今後の上昇を見込んで仕込んでおくか、勝負をかけてみたい人が始めてみるといいでしょう。

注文方法のCEX方式とは中央集権型の取引所のことを指し、オーダーが集中するためハッキングなどの被害に遭いやすい環境での取引となります。

入金はDBS Bank (Hong Kong) Limited (052)に、ご自分の銀行からSWIFT コードを利用して海外送金する形となっています。

その他の口座の特徴

BigBossのその他の口座の特徴は

  1. クイック口座開設を選ぶと本人確認書類は後回しに出来る
  2. デモ口座・法人口座はなし
  3. プレミア口座という自分の代わりにファンドマネージャーに資金運用を委託する口座があるのだが紹介は行っていない
  4. 口座の解約は口座の残高を全額出金したら、自動的に口座が停止する仕組みとなっています。
  5. 18歳以上80歳未満までが口座開設可能

ただし半年以内に80歳に達する年齢の人は口座の開設は出来ない仕様となっています。

まあこの年齢で金融商品の取引を行うぐらいなら別の趣味を探したほうがいいですよね。FX取引は決して精神的によろしくないですからね。

BigBossは残念ながらデモ口座がないので、使い方を学んだり実際のスプレッドのチェックなどが出来ない点は大きなデメリットと言えます。

口座解約は分かりやすく残高0円に出金するといいそうなので、どの海外FX業者と比べても非常に簡単な仕様と言えます。

ボーナスの特徴

BigBossはあまりボーナス提供を行っていません。公式サイトをチェックしてボーナスキャンペーンが開催されていたらラッキーぐらいの認識でいましょう。

実際その他のブログをチェックしてみるとボーナスキャンペーン時に、口座開設の申し込みが集中しているという記事を見かけました。

現在行われているキャンペーンは

4ドルキャッシュバックキャンペーン

FX取引でスタンダード口座とプロスプレッド口座の口座開設者が対象で、1ロットの取引ごとに4.00ドル相当のボーナスが端数切捨てでもらえます。

相当なのできっちり4ドルでない点には注意が必要です。

しかも出金は出来ないのであくまで証拠金UPの位置づけとなります。

ボーナスの付与は毎週月曜日となっていますので、木金曜日の取引が手っ取り早いキャッシュバックの受け取り手段と言えます。

出金したり口座で資金移動するとキャッシュバックは消滅します。

不正取引を行った場合も消えますので一般的な常識範囲でトレードしましょう。

取引対象外の通貨ペア17銘柄(表示は取引対象となっているので間違いです)

取引対象外の通貨ペア

出金できるキャッシュバックキャンペーンは、海外FX業者でも行われている業者は少なくFBSHotforexくらいしかありません。

いずれも申請を一度行ったら口座に勝手に振り込まれているので、気が付けば勝手に残高が増えています。

過去に行われたボーナスキャンペーンの例

スタンダード口座とプロスプレッド口座を開設して入金すると最大54万円まで入金ボーナスが受け取れるキャンペーン

FOCREX口座などは対象外で、ボーナス反映は入金から1営業日経過後など条件はぼちぼちでした。

このキャンペーン目的で口座を開設した人も多くいたのですが、実際はボーナスは出金出来ないのでボーナスという位置づけと言うよりかは、証拠金増加目的のクレジットという位置づけでした。

このようにBigBossは不定期でキャンペーンを行っていますが、いずれも出金出来ないと言う事を頭に言えておきましょう。

そもそもどこの海外FX業者も出金できるキャンペーンを行っている業者はほとんどありませんからね。なので上記で紹介したFBSHotforexなどのキャッシュバック制度はかなりおすすめです。

レバレッジの特徴

レバレッジ555倍で取引すると、豪ドル円で例を挙げるなら3万円入金した場合にトレード出来る枚数は約20万通貨取引が可能となります。

ゼロカットシステムがあるので、雇用統計や政策金利発表時などに絞って枚数をMAX取引していくと、上手くいったときに大きな利ザヤを生むことが出来るかもしれませんね。

ただしBigBossは指標発表時などの、市場の変動性が高い時間帯を狙った取引を禁止しているため、この方法はあくまで参考例となります。

またゼロカットシステムも不正な取引と判断した場合には、発生せず追証の請求があるという構成となっています。

不正取引の例は、上記経済指標を狙った取引や2つの口座で両建取引を行った場合などが該当しますので、あくまで一般取引での範疇となります。

要するにゼロカットシステムはあるようでない期待が薄いシステムという認識でいましょう。

まとめ

以上がBig Bossのスプレッド一覧&口座の種類とレバレッジやボーナスの特徴でした。

おさらいをすると

  1. ボーナス開催は不定期なのであれば狙い目
  2. スプレッドの広さと手数料は一般より弱い
  3. キャッシュバックキャンペーンも出金は出来ない
  4. ビットコインがらみの取引メインならスタンダード口座開設がおすすめ
  5. ゼロカットシステムは中途半端な位置づけ
  6. 取引の制限は自由なようで若干不自由

と素晴らしい内容とまではいきませんが、手数料無料のポンド円の取引や仮想通貨取引などをメインにする人ならBigbossを利用してみるといいでしょう。

仮想通貨もまた大きな上昇トレンドに転換する可能性も無きにしもあらずですから、ブームが再燃するまえに安値を探して仕込んでみてはどうでしょうか。

ただし値動きが大きいので、あくまで少額での仕込みが重要と言えます。

「果報は寝て待て」ですから仕込んだら後は数年放置するのみです。

ただしレバレッジが利かせられないので、現物取引である以上日本で取引するほうがいいのかもしれませんけどね。

一応下記で口座開設の手順を紹介していますので、キャッシュバック目当ての人はチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事