BigBossの出金方法と手数料と拒否&bitwalletの手順まで

ブログの閲覧数今日の読者数 239
昨日の読者数 534
総閲覧数 385754

ここではBigBoss(ビッグボス)の出金に関する内容を色々と調べてみましたので、今後の取引での参考にしてみてください。

BigBossで取引して得た利益の出金拒否があるのかも、実際に出金してみた手順を見れば真意が分かると思います。

その際にかかった時間や日数なども書いていますので、今後ご自分が実践する際の目安になると思います。

まずは分かりやすく表でまとめてみました。

BigBossの出金の種類と手数料
出金方法 出金手数料 最低出金金額 出金限度額 出金手続き日数
クレジットカード 原則60日以内は出金出来ずにサポートに確認が必要
bitwallet 無料 なし 300万円 1~5営業日
BXONE
銀行出金 日本の銀行は2,000円 500万円以上はサポートの確認がある 2~5営業日
FOCREX口座からの出金 下記 1~2営業日
仮想通貨の手数料 BTC 口座 BTC 0.001 AXE 口座 AXE 500000
ETH 口座 ETH 0.01 XRP 口座 XRP 20
OMG 口座 OMG 1 NEO 口座 NEO 3
QASH 口座 QASH 10 RSVC 口座 RSVC 20
EXC 口座 EXC 0.0015

見てのとおりクレジットカードに関して言えば、少しややこしい内容となっているのでなるべくクレジットカード以外で入金してから出金を行うといいでしょう。

ということで一番のおすすめの出金方法はbitwalletであることが分かると思います。

なので、下記ではその口座開設方法を詳しく紹介しているので、まだ口座を持っていない人は参考にしてみてください。

bitwalletから国内の銀行への出金手数料は824円ですが、ランクがあがれば半分の412円まで安くなります。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

bitwalletの出金手順

それではbitwalletで出金をする方法を詳しく紹介していきたいと思います。

まずはBig Bossのダッシュボードにログインします。

Big Bossのダッシュボード

すると左メニューに「出金」という項目があるのでクリックします。

出金手段の一覧

すると出金手段の一覧が表示されるので、bitwallet出金をクリックします。

注意書き

注意書きがいくつか書かれていますが、最初に記載してあるメールアドレスをチェックしてみましょう。

ちなみにこの注意書きは「BXONE」でも同じ内容が記載されています。

侍
ドル蔵
bitwalletとBigbossのメールアドレスが一致していないと出金出来ません!

意外にもこれは盲点で、このパターンはTitanfxでも同様でした。

とりあえずこのパターンに一致した人の対処法は二つあります。

  • bitwalletのメールアドレスをBigbossと一緒にする
  • Bigbossのメールアドレスをbitwalletと一緒にする

という手段です。二つのどちらかに合わせた、もしくは最初から同じメールアドレスであった場合は次に進みます。

ちなみに1回の出金限度額は300万円なので、これ以上の出金を考えている人は2回に分けて出金の申請を行うことで手続きが出来るそうです。

出金フォームの入力

注意点をチェックしたらそのままに下に進むと「出金フォーム」が表示されるので、各項目を入力していきます。

出金フォーム

入力する項目は

  1. 出金元口座 通常は一つの口座番号を選ぶが複数ある場合は出金する口座番号を選択
  2. 出金額 出金する金額を入力
  3. 出金先アドレス 上記でも書いたようにbitwalletと同じメールアドレスの必要がある
  4. 出金通貨 初期はUSDとなっているが「JPY」を選ぶ

出金額の下に「全額」というチェックボックスにチェックを入れると、金額を入力せずに全額が表示されます。

入力が完了するとそのまま下段へスクロールします。

出金内容の確認画面

すると先ほど入力した内容の確認画面が上記のように自動で表示されます。

今回は残ボーナス約3,000円あり出金すると全て消滅してしまうのですが、このまま出金手続きを進めていきます。

同意ボタン

そのまま下へ進むと注意書きと同意するのチェックボックス、「出金する」ボタンがあるので注意書きを読んで問題なければ「同意する」にチェックを入れて「出金する」をクリックします。

出金履歴

すると「しばらくお待ちください・・・」というメッセージと口座番号と金額が表示され、上記出金履歴の画面に切り替わります。

注意書きにも書いてあるように、この時点ではまだ「一次申請」にあたるため画面上では「申請中」となっています。

侍
ドル蔵
とりあえず80,593円を月曜日の17:00頃に申請しましたので、ここからどれくらい時間がかかるのかも後に紹介していきます。

後は登録したメールアドレスに「bitwallet出金の一次受付のお知らせ」という件名でBig Bossからお知らせが届きます。

bitwallet出金の一次受付のお知らせメール

メールを読んでみると単純にbitwalletへの金額が反映される目安は、出金処理後は通常1~5営業日で反映と記載されています。

後は「ID」「口座番号」「出金金額」や注意点が記載されているので、自分が申請した内容と照らし合わせておくといいでしょう。

注意点を一部抜粋しておくと

弊社がお客様の出金申請を確認する段階で、お客様のお取引により、口座残高に変動が生じた際は、出金可能額が減少する場合がありますのでご注意ください。

弊社がお客様の出金申請を確認する段階で、お客様の注文により口座残高のうち購入に充当される予定の金額がありご申請の金額を出金処理できない場合は、弊社から改めてご連絡させていただきます。

という内容です。

要するに出金申請をした時点ではあくまで「受付」状態なので、取引がまだ出来る状態を指します。

少女1
ミミコ
なので取引の結果次第では、出金申請した金額が減少することがあるということですね。

そしてダッシュボードに戻ってみると

口座残高

まだボーナスの3,007円がクレジットとして表記が残っているので、この時点ではボーナスはまだ消えていないことがわかります。

そしてしばらく経つと下記「申請キャンセルのお知らせ」というメールが送られてきました。

少女1
ミミコ
もしかして出金拒否?と思ったのですが

お客様の以下の申請は下記のいずれかの理由によりキャンセルされました。

  • マイページでキャンセル申請ボタンをクリックした
  • 一次承認URLの有効期限(72時間)切れ

という内容だったので「bitwallet出金の一次受付のお知らせ」のメール内容をもう一度チェックしてみると

「bitwallet出金の一次受付のお知らせ」のメール内容

確かにステップ2で「URLをクリックすると出金処理を進めていきます。」と書いていました。

これを完全に見逃していたので、もう一度最初からやり直して金額を8万円に修正してURLをクリックしてみました。

BIGBOSSのお礼メッセージ

するとようやくこれで出金処理が始まったというメッセージが出たので、後は処理が完了するのを待つだけとなります。

登録メールにも「bitwallet出金の二次受付完了のお知らせ」という件名で、二次受付の内容が送付されてきます。

結局やり直したのが金曜日の朝9:00ぐらいだったのですが、bitwalletから「個人間資金移動による入金受理完了」という件名でメールが届いたのが、その日の20:52分。

そのメール内容を紹介しておきます。

出金完了メール内容

送金元の名前を抜粋してみると

  • 送金元アカウント accounting@bigboss-financial.com
  • 送金者名(ニックネーム) BIG BOSS
侍
ドル蔵
これでBigbossが出金拒否する海外FX業者でないことが分かったと思います。
少年
トレ太
実際に出金した感想を書いておくと、その日に出金処理が完了したことはかなりスピーディーな海外FX業者の部類に入ると思いました。

私はその他の海外FX業者でも出金をしているので、当日に出金処理が終わる海外FX業者は極めてまれだと思います。

その後ダッシュボードにログインしてみると、当然ですがボーナスクレジットは全て消滅していました。

口座残高

ボーナス自体が消えたことは残念ですが、出金トラブルもなく無事出金処理が終えたことは良かったと思います。

ちなみにBig Bossからメールに「出金の完了通知」が届いたのは月曜日の10:15分でした。

金曜に出金手続きを行ったので2営業日という期間になります。

出金の完了通知メール

上記メールを読んでみると「出金実施日時」は2020年8月31日となっていますね。

bitwallet入金履歴

bitwalletにログインして上記利用履歴を見ると2020年8月28日という入金履歴が見受けられます。

おそらく自動メールで配信しているので、こういった日にちの誤差があるのでしょう。

銀行出金の注意点

今度は銀行出金についての注意書きも紹介しておきます。

主な特徴は

  1. 取引をしている際の出金手続きは証拠金が変わる場合などに、出金金額が変更される場合がある。
  2. 1回の出金上限金額は50,000ドル(500万円)です。
  3. 50,000ドル(500万円)相当以上の出金申請は通常より時間がかかるそうです。
  4. 日本の銀行口座への出金申請をした場合、出金手数料が円建て口座で2,000円、ドル建て口座で20ドルかかります。
  5. 香港かシンガポールへの銀行口座への出金申請の場合、出金手数料は出金額の0.9%引かれてしまいますが、少額出金の場合は円建て口座で7,000円、ドル建て口座で70ドルと割高になります。
  6. 日本と香港、シンガポール以外への銀行口座への出金申請の場合出金手数料は出金額の1.75%になり、少額出金の際には円建て口座で12,000円、ドル建て口座で120ドルとさらに値上がりします。

ポイントとして500万円を超える出金をおこなうには、複数回の申請を行うほうが良さそうです。

注意点

上記の記述にも「上記金額を超える出金をご希望の場合は、上限金額以下で複数回申請をお願いいたします。」とあるので、500万円以上の出金を考えている人が参考にするといいでしょう。

侍
ドル蔵
どうやら出金には収納代行サービス(ペイメントサービス)を採用して行っているみたいだね。

それでは銀行からの出金手順を紹介していきますが、最初に出金する銀行の情報を登録する必要があります。

出金する銀行を登録する

Big Bossのダッシュボードにログインします。

メニューの出金

ダッシュボード左にある「出金」の銀行出金をクリックします。

先ほど紹介した注意点が出てくるので、読んだ人はそのまま下へスクロールしていきます。

出金フォーム

すると上記出金フォームが出てくるので、赤いボタンの「銀行情報の追加」をクリックします。

銀行情報1

銀行情報2

上記「銀行情報追加」のウィンドウが表示されるので、各項目を入力していきます。

  1. 銀行名
  2. スウィフトコード
  3. 銀行所在国
  4. 都道府県
  5. 郵便番号
  6. 銀行住所
  7. 銀行支店名
  8. 銀行支店番号
  9. 口座番号
  10. 銀行口座名義 すでに入力されています。

私は楽天銀行なので、楽天の情報を入力していきました。

銀行情報3

これらを入力したら一番下段にある「保存する」ボタンをクリックして取りあえず完了です。

登録した銀行からの出金手順

銀行登録が完了したので、もう一度Big Bossのダッシュボードにログインします。

メニューの出金

先ほどと同様に、ダッシュボード左にある「出金」の銀行出金をクリックして、そのまま下へスクロールしていきます。

出金フォーム

すると上記出金フォームが出てくるので、下記項目の内容を選択して埋めていきます。

  • 出金元口座 これから出金する口座の口座番号
  • 出金額 全額出金ならチェックボックスにチェックを入れると全金額が自動で入力されます。
  • 出金先口座 先ほど登録した銀行(私の場合は楽天銀行)を選択します。
  • 出金先通貨 ドルと円が選べますが、円を選ぶといいでしょう。

全て入力したらそのまま下へ進むと、上記の入力した内容の確認をすることが出来ます。

確認内容

内容を確認して問題なければ、そのまま下段へ進みます。

出金するボタン

クレジットボーナスが残っていると、出金することで全消滅する内容が書かれているので、問題なければ「同意する」にチェックをいれて「出金する」ボタンをクリックします。

すると下記出金履歴のページに切り替わります。

出金履歴のページ

手数料が2,000円差し引かれているのと、出金金額などを確認しておきましょう。

後は登録したメールアドレスにBig Bossから「出金申請の受付」という案内が届きます。

内容を抜粋しておくと

当メールはお客様の取引口座からの出金申請の確認通知でございます。

BigBossをご利用いただきありがとうございます。
お客様からの出金申請を受け付けました。
通常、2~5営業日でお客様の銀行口座に反映されます。

●スタンダード口座、プロスプレッド口座からのご出金の場合

出金申請後、出金が完了するまでに取引を行われた場合には、
お客様の口座の残高が変動し、出金額が当初の申請金額から変更される場合があります。
ご了承ください。

●プレミア口座からのご出金の場合

出金申請後、出金が完了するまでの期間、
お客様が運用を委託されたファンドマネージャーによって資金が運用されます。
お客様の口座の残高が変動し、出金額が当初の申請金額から変更される場合があります。
ご了承ください。

何かご質問がございましたら、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

BigBoss サポートチーム

という内容ですから、後は出金が完了するまで待つのみです。

ちなみに私は月曜日の14:00に出金申請したので、楽天銀行に着金したらまたその日数なども掲載しておきます。

するとなんとその日のうちに出金が完了していました。

下記は楽天銀行の入金履歴です。

楽天銀行の入金履歴

XMtradingと同時に出金したのですが、同時刻に完了していました。

もしかしたらBig Bossと同じ系列の海外FX会社なのかもしれませんね。

FOCREX口座からの出金

最後にFOCREX口座から出金する際の注意点も紹介しておきます。

  1. FOCREX口座からの出金は、仮想通貨での出金が可能
  2. 仮想通貨で入金した際には最低1回の取引が必要
  3. 本人名義で管理している仮想通貨コインサービスやウォレットのアドレスから送金する必要があります。

出金手数料や上限金額などは最初に紹介しているので割愛します。

後は不審な点がある場合サポートから連絡があるとも書いているので、問い合わせに対してきちんと返答をする準備をしておくといいでしょう。

少年
トレ太
一応注意書きを見ると出金までの時間は通常 0~1営業日となっているので、最初に書いた内容と合っていませんね・・・

サポートに0~1営業日と1~2営業日どちらが正しいのか聞いて見ることにします。

出金拒否について

取りあえず自分自身では何の問題もなく出金できたので、今度はその他の人が実施した出金の口コミを探してみました。

出金の口コミ1

最近出金拒否にあったのは上記の口コミです。

詳しくは下記で書いているので割愛しますが、高速スキャルピング取引をした結果「出金拒否」+「口座凍結」になったそうです。

こういった取引禁止事項をあらかじめ読んでおくと、やってはいけない内容が分かるので後で後悔する確率は下がると思います。

出金の口コミ2

この人も出金に成功した内容を書いていますが、金額などの詳細がないのでやや不明と言えます。

出金の口コミ3

とりあえず3回連続当日出金に成功したようですが、出金手段がクレジットカードなのかbitwalletなのか詳細が無いのでよくわかりませんね。

どちらにしても通常取引を行ったトレーダーによる「出金拒否」の口コミは見当たらなかったので、上記の高速スキャトレーダーの口コミが気になる人であれば利用を控えるといいでしょう。

まとめ

以上がBig Bossの出金方法と手数料と拒否&bitwalletの手順まででした。

おさらいをしておくと

  1. 出金するのであればbitwalletが手数料も安く簡単にできる
  2. bitwalletのメールアドレスとBig Bossのメールアドレスは一致していないと修正する必要がある
  3. クレジットカードは制限が多いので、入出金は控えるのが賢明
  4. ボーナスの残があれば出金手続きが完了すると消滅する
  5. 一般取引であれば出金拒否の口コミは無し

といったところです。

実際に私が出金手続きを行った内容を紹介しているので、出金トラブルなども特になかった点も紹介出来たと思います。

後は公平を期すために第三者の口コミも紹介しておきましたので、これらの情報を参考にBig Bossの利用を考えてみてください。

参考記事

スポンサーリンク

注目記事