Exnessのスプレッド一覧&口座タイプの種類と選び方

ブログの閲覧数今日の読者数 500
昨日の読者数 648
総閲覧数 523419

Exnessは取引手数料が無料でありながら、低コストパフォーマンスを提供している優良FX会社の一つと言われています。

ただし取り扱い銘柄数もかなり多く口座の種類や口座の基本通貨も多いので、管理がしずらいのも特徴と言えます。

ここでは口座ごとでスプレッドを比べてみましたので、取引を考えている人は口座の特徴とともにチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Exnessの主要銘柄スプレッド

Exnessの公式サイト
下記スプレッドは手数料込みで表記しています。

  1. スタンダード口座3種類(セントやプラス)あるが、現在はスタンダード口座一つのみ利用可能
  2. スタンダード口座とプロ口座は取引手数料は無料
  3. ロースプレッド口座は往復7ドルのため+7.0pipsで加算して表記
  4. ゼロ口座は往復7ドル以上で銘柄ごとに手数料が異なるので1ドル=0.1pipsを加算して表記
Exness 主要銘柄のスプレッド
クロス円 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円
スタンダード 1.1pips 1.9pips 2.0pips 1.3pips 2.9pips 2.4pips 4.1pips
プロ口座 0.6pips 1.2pips 1.3pips 0.8pips 1.8pips 1.5pips 1.7pips
ロースプレッド 7.0pips 7.4pips 7.5pips 7.2pips 7.9pips 7.6pips 7.8pips
ゼロ口座 7.0pips 10.0pips 15.0pips 9.0pips 15.0pips 9.3pips 10.4pips
ドルストレート他 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
スタンダード 1.0pips 1.5pips 1.5pips 2.0pips 2.3pips 1.5pips
プロ口座 0.7pips 0.9pips 0.9pips 1.3pips 1.5pips 0.9pips
ロースプレッド 7.0pips 7.2pips 7.2pips 7.5pips 7.4pips 7.3pips
ゼロ口座 7.0pips 9.0pips 10.0pips 13.0pips 10.1pips 9.1pips
少女1
ミミコ
見ての通りスタンダード口座とプロ口座に絞って口座を開設するといいよ。

ということで、下記からはExnessのスタンダード口座とゼロ口座のスプレッドに絞って紹介していきます。

しかし結果を見ると全体的に狭いスプレッドが提供されていますから、かなりの驚きの調査結果となりました。

ただしボーナスなどの特典がないため、コスト重視で選ぶ海外FX業者になると思います。

Exnessユーロやポンドクロスやオセアニア通貨などのスプレッド
ユーロクロス他 EUR/GBP EUR/AUD EUR/NZD EUR/CAD EUR/CHF
スタンダード口座 1.6pips 2.3pips 3.6pips 2.0pips 2.9pips
プロ口座 1.0pips 1.4pips 2.2pips 1.3pips 1.8pips
ポンドクロス他 GBP/CHF GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD CAD/CHF
スタンダード口座 2.7pips 6.6pips 2.8pips 3.5pips
プロ口座 1.7pips 4.2pips 1.8pips 2.2pips
豪ドルクロス他 AUD/NZD AUD/CHF AUD/CAD NZD/CAD
スタンダード口座 2.3pips 1.5pips 2.5pips 3.3pips
プロ口座 1.5pips 1.4pips 1.5pips 2.0pips

さすがにポンドクロスなどは広いスプレッドとなりましたが、数十社調べた中では全体的に見てもトップレベルのコストパフォーマンスを誇っています。

後は日本での実績待ちと言える企業でしょう。


スタンダード口座の28銘柄のスプレッド一覧
スタンダード口座
プロ口座
プロ口座
ロースプレッド口座の28銘柄
ロースプレッド口座
ゼロ口座の28銘柄
ゼロ口座

その他の海外FX業者とスプレッドを見比べてみたい人は、下記で各口座ごとでチェックすることが出来ます。

Exnessの口座の種類と主な特徴

Exnessには口座の種類がデモ口座を含めると8種類あります。

各口座の相違点
口座名 スタンダード プロ ロースプレッド ゼロ
取引手数料 無料 往復7ドルが最大 往復7ドル~
銘柄の種類 FXは108銘柄 FXは82銘柄
最低入金金額 なし 1,000ドル
マージンコール 60% 30%

となりますが、上記で紹介したようにコスパなどを考えると、赤文字で書いたスタンダードかプロ口座の2択を利用するといいでしょう。

下記はそれぞれの口座の共通仕様です。

各口座の共通点
スプレッド 変動
最大レバレッジ MT5は2,000倍 MT4は無制限
注文方式 成行約定
最低取引量 0.01lot(1,000通貨)
最大ポジション 無制限
取引ツール MT4/MT5
証拠金維持率 100%以下で強制ロスカット
ボーナス なし
両建て 可能
スキャルピング 可能
口座の通貨 円・ドル・ユーロなど44種類

MT4口座にすればレバレッジは無制限となるので、MT5口座の2,000倍もあれば十分だと思いますが、間違えないようにしておきましょう。

ただしMT4で無制限レバレッジを利用するには以下の条件が必須となります。

  1. 取引口座内の残高は1000USD未満であること。
  2. すべての取引口座(MT4,MT5含む)の合計取引量は5ロット(50万通貨)以上であること。
  3. 過去に決済された注文実績の合計数が、指値注文を除いて10回以上であること。

ということで、口座を開設しても実績を作らなければ無制限レバレッジは利用出来ないということになるのです。

少女1
ミミコ
注文方式の成行約定は、利用した感想でいえばSTP方式かな。
侍
ドル蔵
海外FXの注文方式はSTPとECNに分かれるのだけど、前者のほうが約定スピードと約定力は弱めです。

海外FXの大手はこの約定力が弱いのが特徴的なので、Exnessもまさに該当する業者と言えます。

侍
ドル蔵
FX銘柄の108種類は驚異的で、口座の基本通貨も44種類と多すぎるくらい。
少女2
カワコ
ちなみに口座の基本通貨は、損益の表示が選んだ通貨の表示となります。

下記はドル建て口座でトレードした際の損益の表示です。

ドル建て表示のスマホ画面

少年
トレ太
ドルでの表示なので、円高トレンドの際は為替差益を損しますが、円安時には得をする口座だと思っておくといいでしょう。

ロスカットは0%なので資金ギリギリまで粘れますが、そんなトレーダーにならないようしっかり損切することが大切です。

ゼロカットも採用していて、これは相場の急変動時に、口座残高がマイナスになっても0円にしてくれるシステムのことを言います。

ただし「ロスカット0%=ゼロカット」なので、単純にロスカットされても追証がないという認識でいればいいでしょう。

スタンダード口座の選び方

Exnessのスタンダード口座は3種類ありますが、下記を見てもらえれば分かるようにセントとプラスの口座開設は出来ません。

ダッシュボードの口座開設

サポートに確認したところ、

  1. 日本でのスタンダードセント口座はご利用できません。
  2. 公認の提携企業に属するお客様限定の口座となります。

という回答だったので、スタンダードプラスで特典をもらうには、上記の公認された提携企業のみの優遇措置となります。

プロスプレッドの口座のほうがスプレッドが狭いのですが、最低1,000ドル必要なので資金を用意出来ない人はこのスタンダード口座からのスタートとなります。

ボーナスやキャッシュバックなどの特典はないので、ハイレバレッジと低スプレッドでの取引がメインとなります。

後はマージンコールの差ぐらいしかないので、ここで資金を稼いでプロ口座に資金移動を行うとよいでしょう。

スタンダード口座に向いている人

  1. 資金が10万円以下の人
  2. プロ口座とスプレッドを比べたい人
  3. ストラテジープロバイダーを始めてみたい人

が該当します。

プロ口座の選び方

資金が10万円以上用意出来る人はこのプロ口座をメインにトレードしていきます。

もちろんスタンダード口座で10万円以上稼ぐことが出来たら、プロ口座へ資金移動をしてトレードを切り替えるといいでしょう。

最初の紹介したようにスプレッドも狭く取引手数料も無料なので、日本のFXのコストに近い口座と言えます。

少女1
ミミコ
ただし約定力はそこまで強くないので、言うほど完璧な口座とは言えない仕様と言えます。

後は下記でも紹介しているように、早朝時や週末時のスプレッドがかなり拡大するので、大きなロット数を持った際にはなるべく次の日や次週までの持ち越しは避けるべきと言えるでしょう。

この口座もレバレッジ無制限を利用したければ、取引ツールはMT4を利用するのですが、MT5でもレバレッジ2,000倍もあるので十分ではないでしょうか。

ロースプレッドとゼロ口座の二つの口座の存在理由は特にないので、割愛しておきます。

プロ口座に向いている人

  1. 資金が10万円以上の人
  2. スタンダード口座で10万円以上稼げた人
  3. とにかく低コストでFX取引を行いたい人

が該当します。

ソーシャル口座

Exnessでコピートレードやストラテジープロバイダーを始めるにはいくつか条件があります。

  1. ソーシャルスタンダード口座は最低500ドルの入金が必要
  2. ソーシャルプロ口座の場合は最低2,000ドルの入金が必要

また口座開設をした後に、本人確認書類や住所確認書類、経済状況プロフィールの認証が必要となっています。

また最後に取引を行ってから、7日以上期間が空くとソーシャル口座の利用は出来ません。

そして最低10回以上の取引をExnessで実践していないと利用も出来ません。

また最初の注文が30日以上前に行われている必要があるので、ある程度の経験値が必要と言う事になります。

少女2
カワコ
要するに昨日今日始めたばかりの人では、ソーシャル口座は利用できないということだね。

ちなみに手数料は5~50%の設定が可能なので、コピートレード側には手数料負担が大きいけど、ストラテジープロバイダー側に立てば美味しい手数料が稼げるということになります。

デモ口座の特徴

Exnessのデモ口座は以下の口座で仮想取引が可能です。

  1. スタンダード
  2. ロースプレッド
  3. ゼロ
  4. プロ

デモ口座のレバレッジは下記表でまとめてみました。

デモ口座のレバレッジ
2,000 1,888 1,000
888 800 600
400 200 100
88 50 20
10 2

かなり細かく設定できるのですが、デモなのであまり意味はないような気がします。

どちらかというとレバレッジ2,000倍で、自己資金に対して何枚(lot)持てるのかを試してみるといいでしょう。

自己資金もスタートは500という初期設定ですが、口座の通貨を円にすれば500円、ドルにすれば500ドルからのスタートとなり、数値も任意で設定可能です。

デモ口座画面

取引ツールはMT4とMT5両方利用できるので、どちらも利用したことが無い人はこのデモ口座で使い勝手を見て見るといいでしょう。

参考記事

デモ口座に向いている人

  1. MT4やMT5をまだ利用したことが無い人
  2. 自己資金に対して、何枚取引できるかを調べたい人
  3. ハイレバレッジ取引が怖いので、仮想のお金で体験してみたい人

が該当します。

高金利通貨のスプレッド

高金利通貨はスワップは高いですが、コストも高いのが一般的です。

中長期保持の銘柄なので取引回数が絞られるためどこの業者も辛目の設定となっています。

下記は公式サイトで掲載している平均値のスプレッドです。

Exnessの高金利通貨
銘柄 スタンダード口座のスプレッド プロ口座のスプレッド
EUR/MXN ユーロ/ メキシコペソ 937.7pips 586.1pips
EUR/ZAR ユーロ/ 南アフリカランド 540pips 337.5pips
USD/RUB 米ドル/ ロシアルーブル 329.1pips 205.7pips
USD/ZAR 米ドル/ 南アフリカランド 194.4pips 121.5pips
GBP/ZAR ポンド/ 南アフリカランド 503.2pips 314.5pips
GBP/MXN ポンド/メキシコペソ 1094.6pips 684.2pips
AUD/ZAR オーストラリアドル/ 南アフリカランド 337pips 210.6pips
AUD/MXN オーストラリアドル /メキシコペソ 628pips 392.5pips
NZD/ZAR ニュージーランドドル/ 南アフリカランド 529.4pips 330.9pips
CHF/MXN スイスフラン / メキシコペソ 904.6pips 565.4pips
CHF/ZAR スイスフラン / 南アフリカランド 299.5pips 187.2pips
CAD/MXN カナダドル /メキシコペソ 701pips 438.2pips
少女2
カワコ
ここは品揃えではNO1の海外FX業者だから、実質これが最高の高金利通貨と言えるわね
少女1
ミミコ
でもこの広いスプレッドでは、ハイレバレッジでポジション取りをするとすぐロスカットだね
侍
ドル蔵
ここは証拠金維持率0%を割るとロスカットだよ

現在はメキシコクロス、南アフリカクロス、ルーブルクロスが高金利通貨の代表格なので、クロス円でスワップを狙う時代は終わったと言えます。

MT5/MT4でそれぞれのスワップを確認する方法は、下記で紹介しています。

仮想通貨のスプレッド

Exnessは仮想通貨の取り扱いもあるので、チャンスがあれば参入してみるといいでしょう。

仮想通貨
銘柄 スタンダード プロ
BTC/USD ビットコイン / 米ドル 126 71.9
BCH/USD ビットコインキャッシュ/ 米ドル 2.6 1.6
BTC/JPY ビットコイン/円 177.3 83.3
BTC/KRW ビットコイン/ウォン 3230.9 1625.1
ETH/USD イーサリアム/米ドル 4.1 2.0
LTC/USD ライトコイン/ 米ドル 2.5 1.5
XRP/USD リップル/ 米ドル 11.6 4.6

実際のリアルなスプレッドをスクリーンショットで紹介しておきますので、違いを見比べてみてください。

スタンダード口座の仮想通貨7銘柄

スタンダード口座の仮想通貨7銘柄

プロ口座の仮想通貨

プロ口座の仮想通貨

侍
ドル蔵
上記は日本時間の18:30頃にスクショした画像です。

平均値とはだいぶバラ付きがあるので、実際に仮想通貨取引を考えている人は参考になると思います。

少女1
ミミコ
韓国ウォンクロスがあるのが珍しいかな

エネルギーとゴールドなどの貴金属

エネルギー銘柄取り扱いは少ないですが、貴金属の銘柄は多く取り揃えられています。

エネルギー スタンダード プロ
UKOIL ブレント原油 9.7 6.0
USOIL 原油 8.6 5.4
貴金属 スタンダード プロ
XAG/AUD 銀/豪ドル 30.6 19.1
XAG/EUR 銀/ユーロ 28.4 17.8
XAG/GBP 銀/ポンド 26.0 16.3
XAG/USD 銀/ドル 3.2 2.0
XAU/AUD 金/豪ドル 537.4 335.9
XAU/EUR 金/ユーロ 493.6 308.5
XAU/GBP 金/ポンド 454.2 283.9
XAU/USD 金/ドル 50.4 31.5
XPD/USD パラジウム 752.5 469.8
XPT/USD プラチナ 67.0 41.9

少し取引量が狭い銘柄になると、かなりスプレッドが拡大しています。

品揃えのために置いてあるのかわかりませんが、ここまで広いと取引する人がいるのかな?という印象を受けます。

株式指数(インデックス)のスプレッド

インデックスの取り扱いもありますが、これまでの品揃えを見るとやや少なめの印象を受けます。

株式指数(インデックス)
銘柄 スタンダード プロ
JPN225 日経225 9.9 6.2
USTEC100 USTech100 41.5 25.9
US30 US Wall Street30 7.2 4.5
US500 US SPX500 13.2 8.2
UK100 イギリス100 72.7 45.4
AUS200 オーストラリア200 67.7 42.4
FRA40 フランス40 28.1 17.6
DE30 ドイツ30 6.0 3.8
HK50 香港50 36.6 22.9
STOXX50 EU Stocks 50 17.5 10.9

流石にこの辺りのスプレッドは、世界的にも一定の取引があるため落ち着いた広さを提供していますが、それでも毎日取引できるレベルの銘柄は少なめと言えます。

侍
ドル蔵
どちらにしてもプロ口座で取引をしないと、厳しいコストパフォーマンスには違いありません。

後は株式もいくつか銘柄が揃っていますが、ここでは省略をしておきます。

週末クローズ時と早朝時

Exnessは早朝や週末のマーケットクローズ時にはスプレッドが拡大するのかどうかを調べてみました。

対象口座はスタンダード口座とプロ口座です。


早朝時のスタンダード口座の28銘柄のスプレッド一覧
早朝時のスタンダード口座の28銘柄のスプレッド一覧

プロ口座28銘柄一覧

プロ口座28銘柄一覧

週末マーケットクローズ時のスタンダード口座の28銘柄のスプレッド一覧

週末マーケットクローズ時のスタンダード口座の28銘柄のスプレッド一覧

プロ口座28銘柄一覧

プロ口座28銘柄一覧

調査した結果早朝や週末両方ともかなりスプレッドは拡大しています。通常時と比べるとこの広がり具合は他社と比べても広めと言えます。

Exnessのレバレッジは無制限のため、より多くの枚数が保持できる以上、このスプレッドの拡大はストップ狩りと勘違いされやすいと思います。

あらかじめこれくらいスプレッドが広がると言う情報をインプットしておけば、ハイレバレッジで次の日や翌週にポジションを持ちこすということがハイリスクと言う事を知っておきましょう。

調査した感想

今まで数十社調べた海外FX業者の中では、かなり高いコストパフォーマンスを誇る業者と言えます。

少年
トレ太
スプレッドが狭いプロ口座も取引手数料が無料なので、日本のFX取引に慣れている人には馴染みやすい海外FX会社と言えます。

ただしボーナスキャンペーンなどを実施していないので、日本での知名度があがるかどうかはやや疑問が残ります。

ブロガーやトレーダーなどがここをおすすめしだすと、爆発的な人気が出そうなスペックを搭載していると言えます。

少女2
カワコ
なので今後のキャンペーンなどに期待をしておくといいのではないでしょうか。

後は早朝と週末時のスプレッドの広がり具合が大きかったので、資金がギリギリのトレーダーには注意が必要と言えます。

まとめ

以上がExnessのスプレッド一覧&口座タイプの種類と選び方でした。

おさらいをしておくと

  1. スタンダード口座とプロ口座以外のコストは割高なので、利用価値はなし
  2. プロ口座のスプレッドの狭さは業界最高レベル
  3. 早朝や週末時のスプレッドはかなり拡大するので持ち越しには要注意

など。口コミやSNSなどでここが噂になれば、おそらくかなりのインパクトがあるコストパフォーマンスなので、後はしっかりとした日本語サポート待ちといったところでしょうね。

スポンサーリンク

注目記事