AnzoCapitalの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめ

ブログの閲覧数今日の読者数 592
昨日の読者数 566
総閲覧数 314863

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)はまだ新しい海外FX業者で、日本でも知名度は低く利用者もそこまで多くない業者です。しかし資金管理面などには力をいれており今後の実績次第では注目になる可能性も高い企業と言えるでしょう。

ただあまりにも実績が少ないので、判断は難しいと思いますがここではAnzoCapital(アンゾーキャピタル)の評判と危険性を調べてみましたので、今後の参考にしてみてください。

客観的に見た位置付け
実績が高い 評価が高い
実績は普通 評価は普通
実績が乏しい 評価は低い
コストが安い 特典が多い
コストは平均的 特典が少ない
コストは割高 特典がない

という位置付けになるので、結論を最初に書くと

「コストパフォーマンスが突出している点」と「新しい業者なので口コミが少ない」海外FX業者です。

少女1
ミミコ
スプレッドはかなり狭いので、これから飛躍する可能性は高いけどね

スポンサーリンク

ひと目でわかるAnzoCapitalの評判と安全性と危険性

AnzoCapital

ここからはAnzoCapitalに関する評判や安全性・危険性など下記の「青いリンク」をクリックすると詳細をチェックできます。

安全性と危険性のチェックポイント
海外での企業的評価 ✅ 新しい海外FX業者なので評価がないという判定 ▷ 海外での評価
ライセンス取得 ✅ ベリーズ国際金融サービス委員会から取得 ▷ ライセンスの詳細
資金管理 ✅ 完全信託保全と書いていたのに分別管理と変更 ▷ 資金管理について
出金トラブル ✅ 口コミが無いので、トラブルなどは不明
ベストブローカー賞 ✅ 特になし
スポンサー契約 ✅ 特になし
広告出稿 ✅ 特になし
運営実績 ✅2018年からの運営期間はかなり短いため評価待ちという状態
評判や特徴のワンポイントチェック
コスト(スプレッド) ✅ スプレッドはとにかく狭いのが特徴的 ▷ AnzoCapitalのスプレッド一覧を見る
スワップ ✅ 「USDMXN」と「USDZAR」のスワップポイントがかなり魅力的
ボーナスボーナスとは ✅ 最大10万円までもらえる50%入金ボーナスとLINE登録で50ドルのキャッシュバック
レバレッジ ✅ 最大500倍とレバレッジは平凡な仕様
口座の特徴 ✅ 3種類あるがRAW口座のコストパフォーマンスの高さが秀逸
取引条件1 ✅ 1,000通貨から取引可能両建て・スキャルピング可能MT4のみ利用可能
取引条件2 ✅ ロスカット20%以下最低入金金額100ドル入金手数料無料45のFX銘柄
利用した感想 ✅ クレカ入金に対応していないのがネック、サポートは良好でスプレッドも狭いので実績待ち
SNSの口コミ ✅ 数が少ないため利用者の情報は見当たらない ▷ 口コミの詳細
海外FXブロガーの口コミ ✅ 特に根拠がないまま信頼性が高いと書いている ▷ 海外FXブロガーの口コミ
サポートの評判 ✅ 良好 返信も丁寧で日本語対応の問題もない ▷ サポートとのやり取りの詳細

最近評判が落ちた点は

  • 完全信託保全と書いていたのが分別管理と変更された点
  • 最初にこの記事を書いて半年経過したがクチコミが増えていない点

評価が上がった点

少年
トレ太
サポートとやりとりしてみたら、とても対応が良かった点

これらの要点を集約してAnzoCapitalに向いている人は

  1. 低スプレッド業者で海外FX取引を始めたい人
  2. 最大10万円の入金ボーナスを狙いたい人
  3. bitwalletに対応しているのですでにbitwallet口座を持っている人

逆に向いていない人は

  1. 口コミが少ないので他人の意見を参考にしたい人
  2. クレジットカードで入金出来ないので、入金手段がクレジットカードしかない人
  3. 運営実績を重視する人

が該当します。ちょっと資金管理の記述を分別管理に変更した点がかなりのマイナスポイントと言えます。

それではもう少しAnzoCapitalの評判を掘り下げて紹介していきたいと思います。

アンゾーキャピタルを利用した感想

AnzoCapital
トップページを訪れると上記のようにシックなデザインで、落ち着いた印象を受けます。

AnzoCapitalを私が海外FX業者を数十社調べた(参考 海外FX業者の調査結果)中では

少女2
カワコ
半年後に再調査しても、まだ利用者の口コミが増えていないのが気になる業者と言えます。

正直スプレッドが狭かったのでこれからの期待の業者だったのですが、半年後の様々な再調査の結果「伸びしろが少なすぎた」というのが率直な感想です。

侍
ドル蔵
有名ブロガーの紹介が弱かったのでしょうかね。

公式サイトを読んでみても半年前と比べて特に変化もないので、そんなに運営が上手くいっているとは思えない印象です。

少女1
ミミコ
要するに活気がないので変化がないといったところでしょうか。

公式サイトのニュースの数はそれなりにあるのですが、お知らせなどは今年の年初に1回あるだけなので回転の悪さを感じます。

少年
トレ太
スペック自体は悪くないので、後は利用者数が増えないといつまでもランクアップとはなりそうもないですね。

口座の種類はデモ口座とスタンダード口座とRAW口座で、スプレッドを重視する人はRAW口座の開設をしたらいいでしょう。

ただしRAW口座は初回入金金額が1,000ドル以上必要なので、新しい海外FX業者なのにこの残高制限は無意味かなと思います。

少女1
ミミコ
取引手数料も往復7.2ドルかかるので、他業者と比べてもやや高めの設定となっているのがウィークポイントです。

そしてボーナス狙いの人ならスタンダード口座の開設となりますが、最低でも1万円以上の入金が必要です。

ところどころ公式ページのメニューをクリックすると下記のように待ちのメッセージが出てきます。

waitメッセージ

こういうのを見せられると、サーバーが弱い印象を受けるので取引にも影響がないとは言えないので、微妙な判定となります。

ツイッターの評判

恒例のツイッターでの口コミを調べてみると案の定数が少なく、有益な情報を探し出すことは出来ませんでした。

ツイッターの評判1

今まで行われていなかった入金ボーナスが復活したらしいですね。顧客獲得に必死になっているのが伺えます。

ツイッターの評判2

口座開設すると非通知で電話がかかってくるそうです。せっかくなのでFXでの勝ち方を聞いてみましょう。

ツイッターの評判3

今度はオーストラリアから電話があった模様。一件一件電話がかかってくるのでは逆に怪しいと思うのですけどね。

ちょっと利用者が少なく内容も薄い物ばかりだったので、ここでの評価は保留にしておきます。もうちょっと有益な情報が増えてからの利用を考えるといいでしょう。

海外FXブロガーの口コミ

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の記事を書いている海外FXブロガーの口コミを見ると

  1. 高い安全性と信頼性を備えた海外FX業者
  2. 顧客資金は完全信託保全されるため会社が破綻しても安心

と相変わらず適当な内容が多かったですが、紹介しているブロガーの数も少なくて実体験に基づいた内容も特に見当たりませんでした。

そもそも海外FX会社が信託保全を採用と書いていても、日本のFX会社が書いているのとでは信頼度が違いすぎて、これを安心ポイントと書いている人たちの気が知れないといった所。

海外FX会社の資金管理などは、そこまで一生懸命調べても実効性が高いかまでは誰一人分かりませんから、海外FX会社選びの一つとして見ておきましょう。

AnzoCapital Limitedの評判

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)は2018年から日本でのサービスを開始したため、まだ謎が多い海外FX業者と言えます。

公式ページを色々チェックしてみるとベリーズ国際金融サービス委員会からライセンスを取得しているので、無免許ではなさそうです。

金融ライセンスの記述

会社概要などはありましたが、資本金や従業員数、住所などの情報が全く記載が無くやや不透明な点を多く感じました。

こういった新しい海外FX業者は、情報をより多く開示しないとイマイチ信頼性は低く、評価を付けようにも情報不足を感じます。

資金管理について

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の気になる資金管理は

信託保全

完全信託保全をしているという記述を見かけましたが、ある海外FX業者のサポートに聞いたところ、海外FXでは信託保全制度そのものが無いらしく、これを謳っている業者は疑ったほうがいいという回答を受けたことがあります。

要するに日本人向けの客寄せで書いてある可能性が高い!

ということです。

実際にこれまで20社以上の海外FX業者の評判を書いてきましたが、信託保全制度を完備と書いてあったのはここだけでした!!!

なので実績の低さから、怪しいとしか言えないのがこのAnzoCapital Limitedですが、私が聞いた会社が嘘を言っている可能性もあるので、どう考えるかは自己判断になります。

実際にこれが事実なら海外FX業者の中でもかなり信頼性が高いと言えるので、もう少し実績を積んだ後なら口座開設を考えてもいいのではないでしょうか。

実際には審査が厳しいbitwalletでの入出金も可能ですし、これが事実なら極めて優秀な部類の海外FX業者に入ると思います。

と書いていたのですが、後に公式サイトを見ると

資金の管理方法

分別管理と変更されていました・・・・・

侍
ドル蔵
正直ここはスプレッドが狭いので、今後に期待をしていましたが虚偽の記述をしていたので残念なマイナスポイントと言えます。

海外での評判

気になる海外口コミサイトの評価は

海外口コミサイトの評価

評価なしという判定です。

2016年からの運用を考えるともう少しレビューがあってもいいのですが、今のところ見当たらないため海外FX業者であるかどうかの疑いが出てくるので、マイナス評価と言えます。

2件ほど投稿があった様子ですが、AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の従業員からの星5つのレビュー投稿だったらしく、しっかり削除されていました。

こういったことは日本の企業でもしょっちゅう行われているので、これだけで悪質業者とまでは言いませんが、よろしくはない企業という印象を与えただけでしたね。

公式ページはしっかりとした日本語対応なので、海外FX業者にありがちな英語が混ざっていて、読みずらいなどのイメージはありません。

注文方式や約定などの評判

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の取引ツールはMT4だけでiPhone、iPad Androidとパソコンには対応していますが、MACには非対応とやや遅れているイメージですかね。

ゼロカットシステムを採用しているAnzoCapitalは、急激な値動きで口座残高が0円になっても追証がない制度を採用しています。

約定率は99%で約定スピード平均200ms(0.2秒)かつ流動性プロバイダーの一覧が公式ページに掲載されているので、透明性の高い約定力を表していますからスリッページなどは多くは発生しなさそうです。

ただし超速約定と公式サイトには書いていますが、例も少なく内容も薄いので何とも評価はしずらいと言えます。

少女1
ミミコ
経験上公式サイトに書いてある約定力は、あてにならないことが多いからです。

評価できるポイント

リサーチツール

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)はその他にも上記のようなリサーチツールが揃っています。

例を挙げると

  1. FX計算ツール 証拠金やスワップの計算が可能
  2. FX学習 動画でFXの基礎からMT4の使い方までを解説
  3. VPS 約定力を高めるための高速サーバー 残高が5,000ドル以上か毎月5lot以上の取引で利用可能
  4. MQLシグナル シグナルプロバイダーを自動的にコピーしてトレードが可能
  5. Myfxbook AutoTrade コピートレードの利用が可能

などがあり、これまでの調査で見ると、こういったツールは変な業者では用意していないのが一般的なので、これだけを見ると優良業者の部類に入ります。

侍
ドル蔵
上記のツールを用意するにもある程度資金が必要ですからね。

よくある質問メニュー

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の公式サイトには「よくある質問」も充実しており、顧客目線でしっかり公式サイトの内容も充実していると言えます。

中身を見ると一般的な質問がある程度揃っているので、大体の不明点はここで解決しそうといえます。

それでも分からないことがあったら、サポートに確認してみるといいでしょう。

サポートの評判

AnzoCapitalのライブチャット機能も日本語対応なので、気軽に質問は出来る環境が整っています。

メールサポートも朝7:00~20:00までと他の海外FX業者は大体15:00以降のサポートが多いことを考えると日本よりで評価は高く付けれます。

実際にサポートとやりとりした内容を掲載しておきます。

サポートとのやりとり1

資金移動した場合にボーナスは消滅するのかを聞いて見た内容です。


1円でも資金移動するとボーナスは全て消滅するという回答でした。

サポートとのやりとり2

スキャルピングについて聞いた内容です。


特に制限などがないので、低スプレッドを活かした取引は可能ということですね。

サポートとのやりとり3

ボーナスだけで取引可能か聞いて見た内容です。


残念ながら獲得したボーナスだけで取引は出来ないといった回答をいただきました。

サポートとのやりとり4

ウェブトレーダーが利用できるのかを聞いて見たら、画像付きで丁寧な回答をいただきました。

このように日本人スタッフが対応しているため、日本語サポートは全く問題ないと言えます。

返信も早いので不明点がある場合は、気軽にサポートへ問い合わせてみるといいでしょう。

まとめ

以上がAnzoCapitalの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめでした。
上記の内容を踏まえて簡単に結論を出すと

少女1
ミミコ
利用者や口コミが増えるのを申し少し待つ海外FX業者ですかね。

まあ全体的にまとめると、やや情報量が少ない海外FX業者ですが危険性が高いとまでは言えませんが、いかんせん実績が低すぎるという点がネック。

侍
ドル蔵
どうしてもここを試してみたい人は、デモ口座などから始めてみるといいでしょう。

情報が少なすぎるのでもう少し日本での利用者や、口コミの数が増えてから口座開設を行うといいと思います。

まあ金融ライセンスを保持しているので、変な所業をしてくるとは思えませんから、普通に口座開設をしても問題ないかもしれませんけどね。

私の評価では「信託保全完備が変更されて分別管理になった点」と「海外口コミサイトの評価なし」がかなりのマイナスポイントなので、こういった結論に至りました。

侍
ドル蔵
後は自己責任で口座の開設を考えてみてください。

一応口座開設してみましたので、下記手順が参考になると思います。

私自身が実際に口座開設して各海外FX会社の詳細や、評判を調べた記事が下記になります。

スポンサーリンク

注目記事