High Trade-FXの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめ

2020年1月19日

ブログの閲覧数今日の読者数 196
昨日の読者数 628
総閲覧数 371627

High Trade-FXは日本語対応の海外FX業者ですが、情報量が少なくあまりおすすめできない海外FX業者の一つでもあります。

ここではHigh Trade-FXの評判と危険性を色々と調べてみましたので、参考にしてみてください。

High Trade-FXの危険性

High Trade-FX
High Trade-FXは海外FX業者なのに海外の口コミサイトで検索にすら出てきませんでした。

この時点でかなりグレーな会社なので、無理にFX取引を始める必要はないと言えます。

公式ページを色々見てみると「出金依頼」のボタンを押すとエラーメッセージが出てきました。

エラーメッセージ

まあこのエラーメッセージはSSL化が上手くいってないメッセージなので、詐欺メッセージではないのですが、こういった公式ページの荒いメンテナンス状況を考えると、やはり様子見の海外FX会社でいいのかもしれませんね。

また口座開設ボタンなどを押しても同様のメッセージが出てくるので、もう運用は行っていないのかもしれません。

これでは危険性を評価しようにも、利用できないので評価する方法はありませんね。

ツイッターや運営会社の評判

ツイッターの口コミもなく誰も利用していない様子です。

会社概要もしっかり掲載されていますが、従業員が5名となっていてあまりに小さい企業なので、利用するには危険性が高いと言えるでしょう。

会社概要

住所はモルディブとなっていて、事業開始日は2015年12月15日とまずまずの運営期間を誇っています。

日本のブロガーに悪評を書かれたため、すでに日本事業を行っていないと言う事でしょうか。

公式ページはしっかり日本語対応をしているので、外国の運営というイメージは湧きませんでした。

High Trade-FXのスペック

High Trade-FXのレバレッジは1,000倍で証拠金維持率100%と高めの設定となっています。証拠金維持率100%はTradeviewと一緒なので、かなりハードルは高いですが、Tradeviewのほうが信頼度が1,000倍くらい違います。

High Trade-FXは、100%ボーナスを実施していて、条件を満たせばボーナスがもらえます。

その条件とは口座開設をして7日以内に5万円以上入金すると条件達成となっています。

書類審査も不要で、すぐに海外FX取引を行いたい人には、利用勝手が良かったのでしょう。TitanFXも以前はすぐに取引ができたのですが、企業モラルの観点からか最近は書類提出が義務づけられるようになりましたしね。

そもそも各所にある口座開設ボタンを押してもエラーとなるので、どんなにHigh Trade-FXで取引を始めたくても出来ません。

もうじきHigh Trade-FXの公式サイトも消えるのでしょうね。

  • プラットフォームはMT4で、初回最低入金額は5,000円となっています。
  • 平均スプレッドはUSD/JPYで1.5pipsなので高めのスプレッドとなっています。

High Trade-FXは、追証もなく両建てやスキャルピングも可能だったので、制限は緩い海外FX業者だったのでしょう。

まとめ

以上がHigh Trade-FXの評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめでした。

公式ページのデザインは何とも言えない派手で不気味なイメージでした。

新規口座開設をしても入力画面に変わらないので、間違って口座開設をすることもないので、特に利用することもなさそうです。

海外クチコミサイトで名前すら出てこない海外FX業者は不透明性が高いので、やはり利用するのは控えたほうがいいということをHigh Trade-FXが証明してくれたと思います。

私自身が実際に口座開設して詳細や、評判を調べた記事が下記になります。

結局管理人のおすすめ海外FX会社はどこなのですか?という質問が多いので紹介すると

  1. HotForexが企業的信頼度 実績 ボーナスの3本柱が揃っています。
  2. FBSはボーナスと実績、サッカーの名門バルサと契約など安心して利用できます。
  3. Axioryはボーナスはないですが、実績とスプレッドで推奨できます。

スポンサーリンク