HotForexのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項

ブログの閲覧数今日の読者数 289
昨日の読者数 628
総閲覧数 371990

HotForexではスキャルピングや両建て取引などは可能ですが、どのような特徴や制限などがあるのか気になるところです。

特典を利用した取引はお得なのか損なのか、またその他の取引の際の禁止事項などを色々と調べて見たので参考にしてみてください。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

スキャルピングの特徴

HotForexでの取引特典24項目

HotForexではスキャルピング取引は可能かどうか公式サイトに記載がなかったので、サポートに聞いて見ました。

質問内容

  1. スキャルピングは可能ですか?
  2. 両建ては可能ですか?

サポートの回答

  1. スキャルピングは可能です。
  2. 同一口座での両建て(Hedge Trade)は禁じられてはおりません。しかしながら複数口座上での両建てや、他業者取引口座との両建て取引は禁止されております。

といった回答でした。制限自体は少しありますが自由度の高い内容と言えるでしょう。

それではもう少し詳しい内容を調べて見ましたので、今後の取引の参考に読んでみてください。

スキャルピング向き口座

HotForexには数多くの口座があるので、どの口座がスキャルピング取引に向いているかを調べてみました。

すると全ての口座で注文方式はNDD STP方式を採用しているため、ECN方式を採用している他社と比べると約定力がやや落ちる方式となります。

実際にHotForexのプレミア口座とゼロスプレッド口座でそれぞれ取引した私の感想を書くと

少女1
ミミコ
約定拒否(リクオート)が発生しやすいのがSTP方式の特徴です。

そうはいっても常にリクオートやオフクオートが発生するわけではなく、以下の時間帯では多くの約定拒否の経験があります。

  • 早朝の時間帯
  • クリスマスや年末年始

など要するに取引量が格段に落ちる時間帯では、STP方式を採用している口座でのスキャルピング取引は向いていないと言えます。

これはHotForexだけに限らず、その他の海外FX業者でも同様の傾向が見受けられたため、スキャルピングをどの時間帯でも取引したい人はECN口座を選ぶといいでしょう。

ちなみにHotForexでコストパフォーマンスが高いゼロスプレッド口座のコストを紹介しておきます。

HotForexのスキャル向け口座のコストパフォーマンス
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円
ゼロ口座 0.8pips 1.6pips 1.4pips 2.1ips 1.9pips
EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD
0.9pips 1.0pips 1.5pips 1.7pips 1.5pips

上記は公式サイトの平均値ではなく、私が調べた時のコストとなりますのであらかじめご了承ください。

侍
ドル蔵
ゼロ口座は往復取引手数料が6~8ドルかかるのですが、上記は+0.6~0.8pips加算した値で書いています。

見ての通りその他の海外FX会社と比べてもゼロ口座であれば、平均以上のコストで取引可能です。

後はやや弱いと言える約定力だけなので、24時間スキャルピング取引を行うトレーダーであればここは敬遠してもいい海外FX業者と言えます。

その他の銘柄やプレミア口座とAUTO口座などのスプレッドは下記でまとめています。

ストップレベルも要チェック

ストップレベルとは注文した後に指値や逆指値で、損切や利確の値を設定する最小単位のことを指します。

ストップレベルが5.0pipsだと、注文した値と5.0pips離れていないと指値や逆指値の設定が出来ないということです。

少女2
カワコ
この値が大きいとスキャルの際の損切設定の際に大きな障壁となり、利益小損失大という可能性が出てきます。

スキャルピングトレーダーと言えば、少ない値幅で決済回数を重ねることで利益を積み上げていく手法ですから、損失の設定も小さくするのが実情です。

しかしHotForexでは残念ながらストップレベルの値があるので、下記でまとめてみました。

HotForexのストップレベル
銘柄名 マイクロ・プレミアム・AUTO ゼロスプレッド
ドル円 3pips 2pips
ユーロ円 5pips 2pips
ポンド円 5pips 3pips
豪ドル円 4pips 2pips
NZドル円 5pips 2pips
EUR/USD 3pips 2pips
GBP/USD 3pips 2pips
AUD/USD 4pips 2pips
NZD/USD 3pips 2pips
USD/CAD 3pips 2pips

ここでもゼロスプレッド口座のストップレベルだけが狭い仕様であることがわかりました。

少女2
カワコ
コストやストップレベルだけを見ると、スキャルピング取引はゼロスプレッド口座一択でいいのではないでしょうか。

ご自分でストップレベルを確認したい場合は以下の方法でチェックできます。

まずはパソコン版で、MT4やMT5を起動します。

「気配値」一覧

画面左側に「気配値」というウィンドウがあるので、ここでストップレベルを調べたい銘柄を「右クリック」します。

すると「仕様」という項目が出てくるのでこれをクリックします。

取引条件

すると上記のように「取引条件」が出てくるので、その中にあるストップレベルを見るだけです。

少女1
ミミコ
数値が10であれば1.0pipsになりますので、上記の「GBP/NZD]は6.0pipsということですね。

MT4やMT5で見るのが面倒な人は公式サイトでもチェック可能です。

公式サイトのトップページ上段にあるメニューの「商品」→「フォレックス」をクリックします。

メニューの「商品」→「フォレックス」

すると下記のようにFXメジャー通貨ペア・コントラクト仕様という画面に切り替わるので、ストップレベルを調べたい銘柄の赤い文字をクリックします。

銘柄一覧

するとプレミアム口座からAUTO口座までの、4種類の口座のストップレベルを確認することが出来ます。

4種類の口座のストップレベル

上記は「EUR/GBP」ですがゼロスプレッド口座では、ストップレベルは20なので2.0pips、その他の口座は30なので3.0pipsという仕様を確認することが出来ます。

侍
ドル蔵
この画面ではその他にもスプレッドやレバレッジまで調べる事も可能です。

ボーナス口座のスキャルピング取引は?

HotForexには、豊富な特典がもらえるプレミアム口座とマイクロ口座があります。

特典内容をまとめた記事

上記で詳しく書いているので詳細は省きますが、これらの口座で100%クレジットボーナスを利用してスキャルピング取引を行うと

決済時に3pips以上の値幅が必要

と言う条件が付いて回るのです。

またキャッシュバックがもらえる「100%スーパーチャージボーナス」で、スキャルピング取引を行うと(プレミアム口座限定)

  1. 1分未満の決済ではキャッシュバックはもらえない
  2. 1~2分未満ではキャッシュバックは半額
  3. 2分以上保持して決済すればキャッシュバックは全額もらえる

というややこしい条件が付いて回ります。

コスパ的に見てもゼロスプレッド口座には敵わない二つの口座ですが、この特典を活かしたスキャルピング取引を行うメリットは

  • ボーナスを利用して枚数を増やした取引が出来る
  • プレミアム口座で取引するとキャッシュバックがもらえる

という恩恵が受けられます。

コストと特典を天秤にかけて自分の資金に合うよう口座を選べば、やや約定力が弱い口座とはいえスキャルするには十分魅力があると言えるのです。

両建て取引の特徴

HotForexでは両建て取引は可能ですが以下の条件が付随します。

同一口座での両建ては可能だが、その他の口座と併用した取引は不可

ということはプレミア口座でドル円の買いをエントリーして、ゼロスプレッド口座でドル円の売りのエントリーは出来ないということですね。

これは同タイミングだけでなく、日付をまたいだエントリーでも適用されるので翌日なら大丈夫という勘違いには気を付けておきましょう。

少女2
カワコ
この条件でもう一つ注意点を書いておくと、異なる口座で自動売買(EA)取引を考えている人も要注意です。

EAはあくまでお任せ注文ですから、二つ以上の口座でEAを利用していると意図せず両建て取引が成立する場合もあります。

この悪意がない両建て取引も当然禁止事項にあたるので、EA利用者はなるべく一つの口座で自動売買を行うほうが賢明と言えます。

侍
ドル蔵
そして同一口座でしか両建て取引が出来ないということは、他社の口座と両建て取引をする行為も禁止事項にあたるので注意しておきましょう。

ボーナスを利用した両建て取引も可能ですが、HotForexでは口座残高0円になってボーナスだけで両建て取引することは出来ない仕様なので、他社との違いを知っておきましょう。

参考記事

侍
ドル蔵
そして口座残高が0円かマイナスになるとボーナスは全て消滅します。

資金30万円ボーナス30万円で両建て取引をすることは可能ですが、資金1万円ボーナス30万円だけで取引する場合などは要注意です。

こういった口座残高が少ない取引はエントリータイミングによっては、スプレッドだけでロスカットされる可能性があるということです。

少女1
ミミコ
要するにHotForexのボーナスは取引枚数が増えるだけのツール、もしくはキャッシュバックの恩恵があるということになります。

また両建て取引ではスワップを狙う手法も存在するのですが、プラスでスワップがもらえる銘柄は全てマイナスのスワップが上回っている仕様のため、両建てでスワップだけを稼ぐ手法も出来ません。

参考記事

取引禁止事項

HotForexの取引禁止事項を色々と調べてみると

  1. MT4やMT5の不正使用した取引
  2. ボーナスを不正利用した取引
  3. 2つ以上の口座での両建て取引

が該当します。しかしこれでは内容が少ないので、サポートに以下の取引について質問を投げかけてみました。

侍
ドル蔵
下記の取引で禁止事項はありますか?
  1. ゼロカット方式を多用したような取引(経済指標トレードでハイリターンを目的とした大きな取引)
  2. 窓開けを狙った週末のマーケットクローズ直前に大きな取引量を発注する取引
  3. 取引インフラの弱点を利用し利益をあげる取引方法
  4. 裁定取引・アービトラージ取引
  5. 接続遅延やレートエラーを利用した取引
  6. 他業者間のレート表示の差を利用した取引

サポートの回答

少女1
ミミコ
提示いただいたすべての取引が禁止、または弊社システムを悪用または乱用なされているとみなされます。

ゼロカット方式とはFXの急激な値動きで口座がマイナスになっても、残高を0円にリセットしてくれるので追証が無いという制度です。

これを利用した経済指標トレードや、週明けの窓を狙うトレードを多用するのは禁止ということですね。

ということで、こういった取引を考えている「ろくでもない人」(笑)はHotForexにおいて、全て禁止事項にあたるということを知っておきましょう。

HotForexでは上記で書いた禁止事項などに違反すると以下の罰則がかけられます。

  1. 追加口座開設の禁止
  2. 口座の凍結
  3. ボーナスの削除
  4. レバレッジの縮小

など。いずれにしても違反すると利益も没収される可能性がある以上、まともなトレードを行うように心がければいいだけです。

ちなみに入金した金額までは出金可能なので、資金全てが没収されるわけではありませんからやや弱いペナルティなのかもしれませんね。

まとめ

以上がHotForexのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項でした。

おさらいをしておくと

  1. スキャルピング取引を行うにはゼロスプレッド口座がおすすめ
  2. ただしSTP方式採用のため、やや約定力は弱い
  3. 特典を狙った口座での取引は決済時に条件が付く
  4. 自動売買専用のAUTO口座の利用も面白い
  5. 禁止事項に触れるとそれなりに大きなペナルティが与えられる

などなど。一般常識のトレードをすれば何の問題もないので、上記はあくまで予備知識として頭にいれておいてください。

口座の数が多すぎて選びにくいのがHotForexの特徴でもありますが、スキャルピング取引専用であれば特に口座選びで迷う事はないでしょう。

これらをチェックしてスキャルや両建て取引を行えば、禁止事項に触れることなく正しいトレードが出来るようになるでしょう。

両建て取引でスワップを稼ぎたい人は下記海外FX会社だけが、少額ですが可能なスワップポイントの設定を行っています。

スポンサーリンク

注目記事