FXドル円・ポンド円からGOLDの相場2023年9月25日の値動き予想

ジリ上げゴミ相場 そろそろ長い陽線が出そうだが。

下記ボタンを二つ毎日クリックしてもらえると、記事更新のやる気と応援になりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ 

下記youtubeは月~金にやっていきます。

チャートの設定は下記記事で紹介しています。

人気記事 海外FX辛口調査結果

記事中には下記のように、バナー広告やテキストリンク広告やボタン広告が含まれています。あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

ゴミ相場の時はGOLD(XAUUSD)取引がおすすめ

FXがAI相場によってあまり動かなくなって久しいゴミ相場ですから、1日100pips以上動くGOLD(XAUUSD)取引をトライしましょう。

少女2
カワコ
ただし経済指標発表前後では、1時間で100~300pips動く事もあるので要注意です。

また海外FXは一つの業者で複数の口座の種類があるので、一番コスパが低い口座名まで記載しています。

下記は取引手数料1ドル=0.1pipsで換算したスプレッドを表記しています。

GOLD(XAUUSD)のスプレッド 手数料込み 口座名
Traderstrust 0.8pips プロ
HFM(HotForex) 0.9pips ゼロスプレッド
XMtrading 1.2pips KIWAMI
Exness 1.25pips プロ
Tradeview 2.2pips ILC・cTrader
AXIORY 2.4pips ナノ・テラ
FBS 2.5pips プロ
is6fx 2.7pips プロ
iFOREX 3.0pips エリート
FXGT 3.2pips PRO
Big Boss 3.2pips プロスプレッド

上記でGOLDのコストを比較しましたが、海外FXは変動スプレッドなので0.1~0.3pipsの誤差は出ますので、ご了承ください。

FX銘柄は下記でコスパを比較できます。

海外FXシンプル比較

とりあえずどこを選べばいいのかわからない人向けに、シンプルに海外FX業者をレバレッジと不安点だけ紹介しています。

私自身が実際にトレードや出金までしているので、調べただけの記事を書いているブログを見るより信頼性は上がると思います。

日本で人気がある海外FX3社 最大レバレッジ 不安な点
XMtrading 1,000倍 かつてほどの勢いがなくなった点
AXIORY 400倍 レバレッジ400倍が低い
TitanFX 500倍 取引の禁止事項が少ないので、使いやすい業者
大手海外FX ここを使うのが一番リスクが少ない
HFM(HotForex) 1,000倍 早朝時の約定が弱い 大口取引は0.2~0.3pips滑る
Exness 2,000倍 経済指標発表前後は約定が通らない
Tradeview 500倍 証拠金100%以下でロスカットになるである程度資金がいるa-book業者
ボーナス狙い 資金がないトレーダーがよく使う業者
Big Boss 1,111倍 クッション付ボーナスの業者では一番スプレッド狭い
is6fx 1,000倍 以前は出金遅延の常連だったが現在は問題なし
FXGT 1,000倍 以前はサーバーダウンが目立ったが現在は正常化
iFOREX 400倍 地味・ドル円・ユーロ円・ポンド円以外はコストが割高

正直に言えば海外FXはどこも年1~2回はサーバーダウンするのが普通(日本も昔は月1~2回が普通だった)なくらい、サーバーは強くないと思っておきましょう。

出金遅延や出金拒否があれば、せっかくの資産は戻ってこない可能性がありますから、あまり新しい業者を利用するのではなく大手や日本で人気の業者を選ぶのが基本です。

それでも何が起こるかが分からないのが海外FXですから、自己責任で業者選びをすることが重要です。

下記は過去予想

ドル円雇用統計後の切り替えし、現在は買い優勢 下値がどこかだけ。

豪ドル円買いサインなので、売りは低め
金曜はキレキレ予想でした。二日連続簡単だったので、ああいった簡単な日を待つのが正解です。

月足+1シグマ 142.70銭を割ったので売りに見えますが、これは7/末で割っていないと意味はありません。

豪ドル円は難しかったので、まああんなものでしょう。

ドル円日足

とりあえず日足の25MAが142.00前後なのでサポートしています。月曜に変わるので、今書くのは難しいですが

昨日サポートライン

143.40 142.87 142.56が戻りのめどになります。下値は142.00銭

日足の基準線 141.80銭 -1シグマ 141.10銭なのでちょっと割った140.90銭ぐらいでしょうか。

あとは日脚チャートで、過去のレジスタンスを見ます。端数省略

  • 141.20
  • 139.80
  • 139.20
  • 139.00
  • 138.80
  • 138.40

です。

ドル円週足チャート

上昇トレンドは+1シグマ 10MA 転換線に沿って上昇します。(強いと5MAまで)

これも来週動くので、軽めに書くと1番下の転換線139.40銭がめどになるでしょう。日脚の過去のレジスタンスで言えば139.20~139.00銭ですかね。

上は141.10銭なので手前跳ねの141.30前後で反発します。要するに日脚の-1シグマ 141.10銭と同じなので

141.30か141.00銭ではねるということになります。

その下の10MAが140.00銭なので、切りのいい数字手前がレジスタンスになるということです。

ドル円8時間足チャート

下落トレンドは-1シグマ 10MA 転換線に沿って下降します。(強いと5MAまで)

これも月曜に動くので、軽く書きますが-1シグマが

143.60銭なので、月曜朝から売るのは無謀ということです。(もちろん売り材料出れば別ですが)

なので月曜朝は現在75MAなので、ここと日足の基準線141.80銭どちらかで反発、もしくは横横になるでしょう。

もしくは141.30前後を一気につけて、爆上げするという流れになります。(朝141.30銭窓もある)

もうちょっと拡大

雲下限 141.44銭なのでここが週足+1シグマと大体一致していますから、141.30前後が固いということです。

雲が分厚いと横横(レンジ)になるので、しばらくは142.60~139.00銭のジグザグ相場と考えるのが無難

ドル円4時間足チャート

こちらも-1シグマ 143.23 5MA 142.70銭なので、売るのは無謀

どこまで戻すかを考えましょう。もしくは買うということです。

ドル円30分足チャート

1時間足チャートは雲から離れすぎているので、30分を見ます。

雲が分厚くなってきているので、弱ければ142.35~142.55 跳ねて142.70~142.90

要するに週足5MAがめどということです。今が142.30ぐらいなので、この前後が目安。

ドル円15分足

こちらは142.20と142.40なので142.40前後が目安 弱ければ142.20ということになります。

移動平均線待ちなら、日本時間は日足の基準線 141.80銭~142.20と考えるのが妥当 かまわず日経の下落と一緒に下げるのなら 141.40~141.00が妥当と考えるべき
でしょう。

別の考え方をすると

ポンド円レート=ドル円×GBP/USD

ユーロ円レート=ドル円×EUR/USD

ポンド円が日脚の14MA 182.75銭(月曜に動きます)

上記はポンド円15分足 雲上限が143.70なので値幅25銭 ということはドル円の戻しは142.20~142.10が有力(GBP/USDが売られたら別)

という見方ができます。

要はポンド円が売りやすい位置にいるといえます。

ポンド円30分足

雲上限が182.80銭なので、やはり日脚の14MAで売られます。

ユーロ円15分足

雲上限が156.00銭なのでユーロ円レート=ドル円×EUR/USDで、ドル円の弱さが見えてきます。

要するにドル円だけで見るのではなく、他銘柄を見るほうがいいということです。

どちらにしても週足+1シグマでは爆上げしやすいので、そこでの利確は妥当と言えます。

豪ドル円チャート

豪ドル円のレート=AUD/USD×ドル円のレート

なので、AUD/USDがどうなるかのウェイトは大きい。

AUD/USD8時間足チャート

雲ねじれなので、抜いても抜かなくてもおかしくはない

75MA 0.671が月足転換線 0.673が週足25MA 0.676が週足+1シグマなので堅い

ドル円200pips下げで80pipsしか動かない豪ドル円ですから、心拍数相場も視野にいれておきましょう。

こんな感じ

例えばドル円141.30銭の場合 AUD/USD 0.671

  1. 141.3×0.671=94.81が豪ドル円のレート 心拍数相場
  2. 141.3×0.673=95.09が豪ドル円のレート 心拍数相場
  3. 141.3×0.676=95.51が豪ドル円のレート これならまし

AUD/USD 0.671までなら豪ドル円は下げトレンドが続きます。

週足+1シグマ 94.50ぐらい?(月曜に変わる)ので、手前跳ねで94.70か金曜安値なので、値幅は少なそう。

上は95.20 95.50なので売りは入れやすい。

GOLD日足

ドル円下げると上げる(必ずではない)GOLD 為替介入が怖いならこちらをやるべき

1933が月足+1シグマなので、1937の週足25MAを抜けば上もある

赤丸で抜き返すのもゼロではないが確率は薄そう

20Maが1933ぐらいなので、ここを抜くまでは売り

金曜は10MAまで 転換線も堅いので金曜高値が売り場には違いなし。

GOLD8時間足

水曜以降なら1933はあるかなという感じ

4時間-1シグマ 1905を割れば下目線 ドル円レンジ臭いので、こちらもレンジか

とりあえずは1910が4時間20MA なのでここ 上は1922~1925

金曜はいまいちな予想でした。まあドル円以外は上げ予想だったので、ドル円だけいまいちでした。

ドル円はどこまで上げるかわからないので、しばらくは口先介入とあるかどうかわからない本物の為替介入との闘いになるでしょう。

ドル円は360円から75円へ上昇したので、値幅は約285円

半値戻しで142.50なので218円がめど フィボナッチ38.2戻しだと108円戻しなので108+75=約192円

152円つけたサポートが128円で値幅24円ですから 152円抜くと176円 倍返しで200円になります。

これで200円を意図したサポート値幅であることがわかります。

GOLDもドル円下げでは買われます。必ずではないですが先週安値が週足-1シグマになるのかもしれません。

日足や週足は月曜に変わるので、その他の時間足をチェック

ドル円1時間足

FXに変わらず投資では1時間雲を割ると売りですが、現在の強い上昇トレンドではフェイクも多い。

ちょうどドル円1時間足雲を割ったので、売りに見えますがこの場合はその他の時間足を見ます。

上は144.40 75MA 下は100MA 144.20銭どちらに抜けるか

ドル円4時間足

ちょうど散々サポートしてきた25MA 割っても基準線-1シグマの144.10銭 節目の144.00銭とサポートは多い

上は144.40銭なので、ここをめどに下値探し。144.40抜けば買い

ちょうど雲割れが143.00銭 ここで割れるかが下値は来週の焦点

上は先週高値を超えれるか

ドル円日足

月曜変わるので意味ないですが、サポートラインは

5MA割れの 144.00銭 +1シグマ 143.63銭の手前 143.80ぐらい? 10MA 143.30銭

一度も10MA叩いていないので、ここを割れる確率は低い ポンド円も結局日足の10MAを割れませんでした。

ドル円15分足

雲上抜けないので、143.30 143.80 143.60 狙うか 午後から買うかが月曜の戦略 現在は売り推奨

しかしポンド円見ると143.8~144.10銭までか

ポンド円レート=ドル円×GBP/USD

豪ドル円日足

微妙な終わり方

月曜上窓で10MA突破 下窓で 10MA抜けていないという展開

これも月曜動くので10MA抜けているかに注目

最終関門96.70銭を抜けるかが上の焦点

とりあえず96.00銭割るまでは買いか

豪ドル円8時間足

4時間+1シグマを抜けなかった豪ドル円 抜いたら今度は8時間+1シグマに阻まれました。日足の+1シグマ96.70銭

手前で反落が96.47銭 抜いたら反落が96.84銭という見方 96.84銭抜くと上昇トレンド復活でいいでしょう。

豪ドル円30分足

ちょうど下抜けポイントなので、どちらでもあるという相場 まさに1/2相場が月曜日

96.00銭の下は95.75銭がサポートライン

豪ドル円レート=ドル円×AUD/USDです。

AUD/USD8時間足

雲分厚いので頭は重い ドル円が下げれば上げるかな。

金曜高値と25MA 0.669 節目の0.670は固そう。

ポンド円15分足

とりあえず183.00銭がサポートライン

午後から上げるか

ポンド円30分足

雲割れは15:00までなので買い そうなるとドル円の下値は堅い

ドル円30分足

赤丸で落下しなければ買い なのでどうやらドル円は上で良さげ

15分足

赤丸で抜けるかの攻防

今後はブログ1割動画9割で記事更新していきます。ブログも書かないと読者こないので・・・

10時~12時にポイントをブログにも書いています。(たまに)

ドル円の下値はピタリでした。豪ドル円の上値もまあまあでゴミドル円でした。

豪ドル円だけ上値更新できていないので、やはりこの銘柄は取引価値は低い。

NZドル円同様オセアニア通貨は最弱通貨のままと言えます。

最弱通貨の意味は

EUR/AUD GBP/AUD CHF/AUD AUD/CADなどでAUDが最弱だからです。

この4銘柄が上昇トレンドだと、AUDは上げにくいということです。なので同じ動きをするNZDも弱いということになります。

ドル円は142.30銭完全に抜いたので、上は150円まで目安なし。ゆえに読みずらい相場。

どちらにしろ抜いたサポートラインは一度つけにいくので、142.30~50まではみておきたい。

ポンド円もドル円の上げに引っ張られているので、上値は読みにくい。月足+3シグマにほぼ到達していて、余力はないので、そろそろ落ちそう。

GOLDは週足25MAまで上昇。来週はここ1933~1937と20MA1940前後が上のめどになりそう。

日足チャート

ドル円

上昇トレンドは上矢印から 5MA +1シグマ 10MA 転換線に沿って上昇

なので、昨日は5MA その前は+1シグマ 手前ではねています。

何度も書いているようにレジスタンスに関して言えば

  1. 手前で反発
  2. 割ったら反発
  3. 抜いたら反落
  4. 手前で反落

が基本です。今は日足の5MA +1シグマの手前で反発していますから

強い上昇トレンドと言えます。

月曜に動くので、今回は値を書きませんが、覚えておくといいでしょう。

ポンド円

高値圏の下髭は売りサインです。

前回豪ドル円が出て、上げてしまったので上げるときは上げますが 余力ないので、下値を狙いたい

豪ドル円

14MAがサポート 上値は10MA 96.05銭あたり +1シグマが4時間25MAあたりか

このへんは月曜に動くので、なんとなくの表記

AUD/USD週足

15週かけて抜いた20MAをあっさり割れる大陰線

20MA 0.67 -1シグマ 0.660 ここは月足-1シグマと一緒

ちょっと割った0.657までがサポートライン

0.660×142.30=93.90銭

が豪ドルのレートなので94円がサポートライン

GBP/USD

+1シグマわったので、1.274抜くまで売り 転換線割れがサポートするか 14MAで行くかが焦点

現在月足25MAがサポート 割れると 日足の20MA 25MA叩きながら月足21Ma 1.250を目指しますので

ポンド円もドル円次第

142.30×1.25=177.80 なのでこの辺が目安

ドル円のレートがポンド円の下値を決めるでしょう。

4時間足

ドル円

長い陽線が出ると調整が入ります。

上昇トレンドで高値を見極めるのは難しいのですが、下値は割と見えてきます。

雲がサポートラインになるので、前半は142.30~142.60がめど

となると4時間20MA 25MAまでの下げがまたありそう。

月足+1シグマが現在 141.60銭 このままだと来月は142.00前後

ということは週末に142.00銭を割っているとまた+1シグマを抜いたら反落になります。

ポンド円

結局20MAがサポート 21MA 25MAがいずれも重なっているので、ここは堅い

下の雲のこぶを過ぎると落ちます。

豪ドル円

結局+1シグマで反落した豪ドル円 次は日足の20MA 週足5MA 94.7~94.30がターゲット(月曜に動くので不明)

現在月足+1シグマが 94.50なので今月95.00銭割っていると、また下値探しも出てきます。

上は20MA 96.10 25MA 96.20なので売りで攻めやすい

1時間足

ドル円

目安手掛かりなし

ポンド円

雲割れは火曜なので、181.20 181.00がサポートライン

たまに赤矢印で落ちるが、4時間-1シグマ 180.70銭まで

いつ大陰銭が落ちても不思議ではない

豪ドル円

雲抜け赤丸なので、必然的に96.00~96.20が売り場

GOLD

金曜高値は週足25Ma おそらく来週は1935ぐらい なので1935か手前の1932~1928が目安

30分足

豪ドル円

見てのとおりサポートラインが96.15銭 赤丸で抜けば流れが変わる可能性もあるか

4時間20MA 25MAがまさにサポートライン 非常に簡単なわかりやすい相場

そのカギを握るAUD/USD 30分足

金曜は赤丸で抜くと思ったのですが、あっさり下降 これで豪ドル円は売りがスタート

月曜は赤丸抜けば流れ変わりますが 雲分厚いので希望は薄い 週足20MA 0.67 転換線 0.6885がめど

非常に簡単相場(と書くと逆に行きます)

GOLD

200MA 1993が目安 赤丸で割るでしょうか。抜くと週足20MAまでは見ておきたい

15分足

ドル円

144.00銭が目安で赤線の動きか ちょっと難解 素直に買うかだけ

143.26銭がサポートライン 午後から割れるかだけ

下記は6/12の予想

今日はドル円と豪ドル円の内容だけ

下記は5/29の予想記事

ドル円はどこまで上昇するか!142.30銭を抜くと151.90銭まで何もなし!

為替介入に怯えながら買う日々が続きそう・・・・

下記は2023年5月22日の値動き予想

上昇トレンドかゴミ相場化の節目になりそうな来週の攻防

ドル円 142.00 140.00 139.60 139.50 139.30銭の攻防には違いなし

クロス円はEUR/USD GBP/USD AUD/USD などの動きに左右されます。

どちらにしても週足や月足+2シグマを抜いたら売られるので、ドル円の上げで+3シグマまで行くかに注目と言えるでしょう。

下は週足+1シグマや5MAに近づきます。

豪ドル円チャート

8時間足

週足+1シグマを抜いて終えた豪ドル円 月足転換線に阻まれた金曜日

金曜安値 91.46銭を守れれば92.30銭越えを目指します。

割ると20MA 91.06銭あたり ここを割るとまたゴミ相場が始まるでしょう。

15分足

朝一買い勝負のところ。91.70銭は91.00銭まで売られた週足+1シグマを抜いたサポートライン。

週足+1シグマを抜いたので、そのまま上げると考えるのが普通。

ドル円チャート

30分足

金曜安値が月足10MA 赤丸で抜いてから買うといいでしょう。

137.42割ると日足の200MA 137.20 +1シグマ 137.00銭 週足50MA 136.60あたり

4時間足

雲分厚いので 137.20と昨日安値がサポートライン

ペース早いので横横も想定しながら買い 25MA -1シグマがサポート

BADニュース限り 137.20~137.40まで 上は月足転換線 139.50 手前の139.20

抜いても140.00 月足+1シグマ 139.60ぐらい

ペースが速いか遅いかとの闘いに違いなし。

1時間足

雲割れ赤丸なので、金曜安値がサポート 139円越えまで買い

要は赤丸近くまで横横もあるということです。

ポンド円

1時間足

ポンド円は週足+2シグマ 月足+2シグマにすぐ到達するので、(ペース早いから)

うざい動きが予想されます。やや頭の重いレンジ上げと思っておきましょう。

月曜は75MA 171.40 雲下限 171.00銭がサポート ペースが速いのでこの雲の中で時間つぶしもある。

GOLDチャート

8時間足

来週は25MA抜くまで売り 現在は 2003

20MAは 1995 ここらが

週足10MA +1シグマ 転換線になります。

下は1950が週足14MA割れ どちらに抜けるかだけ

4時間足

目先の上値は現在25MAに阻まれているので、ここ1984前後 抜けば1990 下は -1シグマ 1963 それまでは10MA 1966がサポート

1年ぶりに予想ブログと動画を復活しましたので、応援よろしくお願いします。

神予想ブログと言われていたので、参考になると思います。

下記は5/12の予想記事です。

結局5/10 5/11 5/12は経済指標時にだけ動いたゴミ相場でした。

月曜は21:30にニューヨーク連銀製造業景気指数があるので、ここまで動くかどうか

豪ドル円のレート=ドル円×AUD/USD

ですから一番ゴミだったのは豪ドル円でしたかね。ドル円130pips aud/usdは70pipsの動きでした。

ドル円が上昇してAUD/USDが下がるとこうなります。(逆もしかり)

日足は月曜に移動平均線動くので省略

ドル円4時間足

4・8時間の20MAを抜いたので、ここを割るまで買いが続くのが最近のFX しばらくはここ(現在は134.90銭)がサポート

月曜に変わりますが、日脚の転換線が135.60 10MAが 135.20 +1シグマが金曜高値です。

4時間足チャート

上昇トレンドは5MA +1シグマ 10MA 転換線がサポートなので、月曜は135.30~135.40銭が目先のサポート

ただしまっすぐの雲を抜いたので、少しレンジも想定

金曜高値を抜くと 週足50MA 136.40銭まではレジスタンスなし ここを抜くと137.00銭が見えてきます。

下は135.00銭割るまで買いだと思っておきましょう。

豪ドル円4時間足

ゴミドル円はレンジ相場 AUD/USDが現在 日足 週足-1シグマに到達したので、下も堅い

というこかここまで堅いので、BADニュースない限り上 4時間足8時間足の20MA 25MA  90.70前後が抜けるかどうか。

豪ドル円のレート=ドル円×AUD/USDです。

豪ドル円1時間足

4時間足8時間足の20MA 25MA  90.70前後がちょうど一目均衡表の雲 上抜けなら赤丸が濃厚

月曜は買いで攻めたい

ポンド円4時間足

こちらも4時間足8時間足の20MA 25MAが 169.50銭ぐらいなので、ここを抜くと復活

動きは荒そうなので、ひっかけだ注意で買いで攻めたい。

ポンド円1時間足

雲抜けは赤丸なので上抜けは本来であれば、火曜になりますが、値幅を考えると考えにくいので、ドル円の上げにつられて早めの上げを予想。

上げないと思う人は169.50銭前後が売り場 ゴミ相場なら火曜上げもある

ポンド円レート=ドル円×GBP/USDです。

GOLD週足

こちらは月曜に見ないとわからないですかね。

見ての通り+1シグマに沿って上昇しているので、来週も+1シグマか10MAまで

まだ一度も10MA叩いていないので、ここは堅い

下記は5/1の予想

一目均衡表と移動平均線でFXやGOLDのチャートポイントを紹介していきます。初日なので軽めの予想です・・・

下記ボタンを二つ毎日クリックしてもらえると、記事更新のやる気と応援になりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ 

下記youtubeはぼちぼちやっていきます。

チャートの設定は下記記事で紹介しています。

軽めの自己紹介

過去数年FXの予想記事を書いてきました。大体1~2年予想記事を書いてはモチベーション低下により長い休憩に入っています。

前回は2019年冬から予想記事を書いて(その前は1年前ぐらいまで)2022年5月に休憩して2023年4月から再開しています。

応援クリックがないとテンションがあがらないので、また長い休憩に入ると思っていてください。

ドル円・ポンド円日足予想

下記チャート画像は、日本でおなじみの海外FX業者XMtradingのMT5から張り付けています。

月曜に移動平均線は動くので、正確な位置は月曜にご確認ください。

ドル円日足チャート
ドル円日足チャート

日銀政策発表待ちだったドル円。

爆上げ後の月曜なので、あまり動かないゴミ相場かどうかだけ。

上昇トレンドはボリンジャーバンドの+1シグマ 移動平均線10MA 一目均衡表の転換線に沿って上昇するので、近づくのを待つかどうか。

前回は200MA(黄色い線)を抜いたところが天井だったので、200MA前後の売りに注意。

ポンド円日足チャート

ドル円3円上げで5円近く爆上げしたポンド円。こちらも買いずらい位置にいるので、月曜は様子見か

FX初心者の人は下記相関関係を知っておきましょう。

  1. ポンド円のレート=ドル円×GBP/USD
  2. ユーロ円のレート=ドル円×EUR/USD
  3. 豪ドル円のレート=ドル円×AUD/USD

人気の豪ドル円が動かないゴミ相場になっているのは、AUD/USDが動かない狭いレンジになっているからです。

少女1
ミミコ
ドル円と反対に行きやすいのが、GBP/USD、EUR/USD、AUD/USDやGOLD(XAUUSD)

ただしこれらのドル円以外のドルストレートは「ダウ平均」が上げると上昇しやすく、下げると反落しやすいと思っておきましょう。

AUD/USDが動かないのはEUR/AUDやGBP/AUD、CHF/AUDチャートを見ると最弱通貨になっているからです。

なので豪ドル円は現在、ドル円の上げ下げで大きく動く相場ということです。

GOLD(XAUUSD)日足チャート

1865の窓埋めがいつかというGOLD(XAUUSD)で、雲を割れないと下にいかないのがわかるので、GWは現在のレンジ継続か上昇というところ。

赤丸が雲割れポイントなので、来週は週足10MA 1940あたりが下の目安なのでまだ下値は堅い。

窓埋め無視でこのまま上げるのであれば、日足の終値が20MA 2000を抜いて終わっているかだけになります。

来週は2000~1940のレンジが妥当。これでも600pipsあるので頑張りましょう!

その他の時間足チャートはもう少し下に書いています。

ドル円・ポンド円8時間足チャート

ドル円・8時間足チャート

ドル円・8時間足チャート

雲割れは赤丸なので、来週は134.20銭を割るには何かしらニュースがないとないと思っておきましょう。

8時間足 +1シグマ 5MA 10MA 転換線 が押し目の目安になります。

あまり動かないジグザグ相場になるかだけ。

ターゲットは月足10MA 137.00銭前後 +1シグマと転換線が一する139.40銭と節目の140.00銭というところ。

押し目が続くのであれば、終値で137.00銭をしっかり抜いて(137.50ぐらい)終わるかどうか

ポンド円8時間足チャート

ポンド円も雲割れが赤丸なので、来週は166.85銭前後を割る可能性はほぼなし。

ドル円同様 8時間足 +1シグマ 5MA 10MA 転換線 が押し目の目安になります。

とりあえず前回天井だった172.20銭あたりが目標か。

少女1
ミミコ
あまり動かないジグザグ相場だったらGOLD取引をしましょう。

ドル円・ポンド円30分足チャート

ドル円

雲が分厚いときは、雲の上にいるときは上昇か、動かないゴミ横横になります。

押し目は135.60銭まで。15分足見ると 135.70前後

4時間8時間の移動平均線が追い付いていないので、上げても値幅はそこまでか。とりあえず137.00銭がターゲット。

ポンド円

分厚い雲は矢印が押し目なので、さすがに169.56はなさそう。170.10銭が押し目 値幅あるので慎重にトレードしたい。

15分足見ると 170.20かな。

GOLD(XAUUSD)4時間足チャート

レンジ相場なので読みずらいが、月曜もまだ下かレンジ。

この雲は抜くにはかなり堅いので、赤丸までは下かレンジになります。

2000から1994までレジスタンスが集中しているので、レンジ下抜けを狙って売りたいところ。週足10MAを月曜にチェックしておきましょう。

GOLD(XAUUSD)15分足チャート

日本時間は朝一しか雲割れないので、雲の中に入るまで、上か横横 1990~95前後で売りを仕掛けるか抜けを狙うかが月曜のポイント

1時間足75MAが1991にいるので、レンジの場合は雲は参考にならないので、1985割れを狙うのが基本。

下記ボタンを二つ毎日クリックしてもらえると、記事更新のやる気と応援になりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ 

下記ボタンを二つ毎日クリックしてもらえると、記事更新のやる気と応援になりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ 

下記youtubeはぼちぼちやっていきます。

チャートの設定は下記記事で紹介しています。

まとめ

以上がFXドル円・ポンド円からGOLDの相場2023年5月1日の値動き予想でした。

5/1はFXは上かゴミ相場 クロス円はドル円137.00銭抜けまで押し目買い

GOLD(XAUUSD)は終値で2000抜くまで とりあえず下狙いだがレンジ濃厚 下も週足10MAまで

下記ボタンを二つ毎日クリックしてもらえると、記事更新のやる気と応援になりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ 

スポンサーリンク

注目記事