ドル円散々日足の10MA待ちといいながら、昨日は10MAまでの上げでした・・・ 下値は読み切れていますが、上値が読み切れ …
続きを読む
/ 為替予想

ドル円は週足10MAがサポートして普通にあげていきました。まだ+1σ 114.76銭を叩いていないので、少しはみ出た11 …
続きを読む
/ 為替予想

FXGTのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項

今日の閲覧数 747
昨日の閲覧数 1875
総閲覧数 347299

1種類しかなかった口座が5種類まで増えたFXGTではスキャルピングや両建て取引は禁止されていませんが、いくつか条件などが存在します。

基本的にスキャルピングはOKで両建て取引の場合は、同じ口座内であれば可能という仕様になっています。

結論を先に書くと、サーバー自体はそこまで強い業者ではないので、そこまでスキャルピングには向いていません。

両建ても他社との併用などは出来ないので、1口座限定で考えるのであれば利用するといいでしょう。

なので海外FXで自由度の高いスキャルピングや両建て取引を考えているのであれば、下記2社がおすすめですが、FXGTのようにボーナスキャンペーンを積極的に実施していません。

なのでボーナスを活かしたスキャルピングや両建てを考えているのであればFXGTを利用するといいでしょう。

ここではこれらの特徴からその他の取引の禁止事項を色々と調べてみましたので、気になる注意点とともに参考にしてください。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

スキャルピングの特徴

fxgt
FXGTでは、スキャルピング取引は出来るのですが取引ツールがMT5しかなくMT4に対応していないため、これまでにMT4でしかEAを稼働していない自動売買トレーダーには使いにくい海外FX業者と言えます。

そして注文方式はECN口座以外はNDD STP方式を採用しているため、以下の特徴が上げられます。

  1. 手数料は無料
  2. スプレッドは平均的
  3. 流動性の低い時間帯はリクオート(約定拒否)やオフクオートの発生もある
  4. ECN口座より約定スピードは遅い

ということでECN口座以外は、あまりスキャルピング向けの口座ではないということがわかります。

ECN口座を利用すると取引手数料は10ドル発生しますが、やや低めのスプレッドで取引は可能で高速約定も可能ですし、リクオートなどは発生しにくい口座と言えます。

ただしFXGTは口座開設ボーナスや入金ボーナスといった特典が豊富なので、ECN口座以外はボーナス狙いでスキャルピング取引をするのはありと言えます。

しかしFXGTのボーナスは出金出来ないため、取引量を多くこなしてボーナスも獲得したいのであれば他社を利用するといいでしょう。

指定の取引量を満たせばボーナスが出金出来る海外FX業者の一例

なのでFXGTのボーナスは証拠金を上げるために利用するか、資金が枯渇した際にボーナスだけで取引をするのに活用するのが有効的と言えます。

気になるコストパフォーマンスは

FXGT クロス円のコスパ
クロス円 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円
セント口座 2.0pips 2.4pips 3.6pips 3.3pips 4.8pips 3.6pips 4.2pips
ミニ口座 1.8pips 2.2pips 3.6pips 3.0pips 3.0pips 3.4pips 3.3pips
スタンダード口座 1.6pips 2.2pips 3.0pips 2.8pips 2.8pips 2.8pips 2.8pips
FX専用口座 1.6pips 2.2pips 3.0pips 2.8pips 2.8pips 2.8pips 2.8pips
ECN口座 1.3pips 1.7pips 2.2pips 2.1pips 2.2pips 2.0pips 2.8pips

見ての通りスキャルピング取引をするには、割高な設定となっています。

少年
トレ太
ECN口座は取引手数料往復10ドルを+1.0pipsで加算して表記しています。
少女2
カワコ
例えボーナスが豊富であっても、コストがそれに見合わなければスキャルピング取引には不向きです。

なのでFXGTでスキャルピングを考えているのであれば、下記EUR/USDやGBP/USDなどのドルストレートで行うといいでしょう。

ドルストレート他 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
セント口座 1.9pips 2.6pips 2.4pips 2.6pips 2.5pips 2.2pips
ミニ口座 1.7pips 2.2pips 2.1pips 2.5pips 2.3pips 2.2pips
スタンダード口座 1.6pips 1.8pips 1.6pips 2.5pips 2.1pips 2.1pips
FX専用口座 1.6pips 1.8pips 1.6pips 2.5pips 2.1pips 2.1pips
ECN口座 1.3pips 1.4pips 1.5pips 1.8pips 1.6pips 1.5pips
少女1
ミミコ
見ての通りクロス円よりかは若干コストパフォーマンスには優れている仕様と言えます。

また公式サイトにログインしてQ&Aを読むと以下の注意点も存在していました。

スリッページを出来る限り防ぐため、「約定出来ない」場合もある。

このスリッページが発生する頻度が多ければスキャルピング取引には致命的なので、こういったリクオートなどは約定に関する不安要素の一つでもあると言えます。

侍
ドル蔵
また気になるレバレッジも500倍までなので、ボーナスで取引枚数を増やせてもレバレッジに関してもやや弱い印象を受けると言えます。

スキャルトレーダは「利小・損小」が基本の取引なので、出来るだけ1回の取引枚数を増やして取引するのも特徴と言えますからね。

また公式サイトをチェックしても約定に関する記述や、取引の公平性や透明性の記述が無くやや不明点が多いのも事実です。

侍
ドル蔵
2019年12月に事業がスタートした点でも、やや新しすぎる海外FX業者と言えます。

実際にFXGTの約定に関する口コミなどを見て見ると

  1. 約定しにくい
  2. スプレッドが広がる
  3. サーバーが弱い

などあまりいい内容は見かけなかったので、高速取引が特徴のスキャルピング取引を行うには時期尚早の海外FX会社なのかもしれません。

ストップレベルも弊害の一つ

FXGTではストップレベルが存在するため、FX取引でポジションを取った際に指値や逆指値の注文を考えている人にはこの制限が弊害となります。

以下が主要銘柄のストップレベルとなります。

FXGTのストップレベルの仕様
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
ストップレベル 6.2pips 8.0pips 12.2pips 11.2pips 11.4pips 11.2pips
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
ストップレベル 5.2pips 8.4pips 6.0pips 10.0pips 9.0pips 8.8pips

ちなみにポンド円が135.00銭の時に注文を入れると上記表のストップレベルは12.2pipsとなるので、指値や逆指値は135.122銭か134.888銭でしか注文が通らないと言う事になります。

少女1
ミミコ
これだけ細かくストップレベルの設定があると、自動売買でも設定を細かくしないといけないのでかなりネックな仕様と言えます。
侍
ドル蔵
しかも他社と比べて見てもストップレベルは広めの仕様と言えます。
少年
トレ太
これでは高速注文や高速決済が基本のスキャルピングトレーダーにとって、利用するメリットはほとんど無いと言う事になります。

こういった様々な取引に関して「OKなようでOKでない取引制限がある海外FX業者」でスキャルピング取引を行うよりは、ほとんど制限がない海外FX業者で取引するほうが気分的にも楽です。

こういった制限が緩い海外FX業者はAxioryが有名ですから、下記記事を参考にしてみてください。

両建ての特徴

FXGTでは両建て取引は可能ですが、以下の制限が付いてきます。

少女2
カワコ
同一口座での両建ては可能ですが、複数口座での両建ては禁止事項となっております。

以前と比べて口座が5つに増えたので、別口座を開設しての両建て取引や他社との両建て取引は禁止ということですね。

他社と併用した両建ての例を挙げると

  1. FXGTで豪ドル円の買い
  2. 海外FXのB社(もしくはFXGTの二つ目の口座)で豪ドル円の売り

こういった両建て取引も禁止されているということになるのです。

少年
トレ太
ボーナスを利用した両建てやボーナスだけの両建て取引は、同一口座であれば問題ないので取引枚数を増やして両建ての勝負をかけることは可能です。

しかし両建て取引自体は片方のポジションを解除した時点が、普通にポジションを保持することと同じなのであまり意味が無いことを知っておくといいでしょう。

ちなみにボーナスだけで両建て取引を行うというのは

資金0円で残ボーナスが5万円ある場合に、ユーロ円の買いを25,000円分、ユーロ円の売りを25,000円分両建てをするという取引です。

またFXGTではスワップを狙った両建て取引自体は可能ですが、マイナススワップのほうが大きいのでリスクなしでスワップ生活を始めることは難しい業者です。

唯一このリスクなしでスワップを稼ぐことが出来るのは、GEMFOREXだけなので、興味がありましたら下記記事を読んで実践してみてください。

取引禁止事項

とりあえずFXGTではQ&Aなどが会員登録をしないと閲覧できなかったり、これから利用を考えている人には情報を入手しにくい海外FX業者です。

なので下記取引が禁止行為にあたるのかどうかをサポートに確認してみました。

  1. ゼロカット方式を多用した取引(経済指標や月曜の窓開けを狙った大きな取引)
  2. 取引インフラの弱点を利用し利益をあげる取引方法
  3. 裁定取引・アービトラージ取引
  4. 接続遅延・レートエラーを利用した取引
  5. 他業者間のレート表示差を利用した取引

これらの取引が可能か禁止取引にあたるかどうかを聞いた結果

少女1
ミミコ
裁定取引・アービトラージ取引は規約違反となります。

それ以外の取引内容は

少女1
ミミコ
ご回答保留にて関連部門にて確認を行いましたところ、取引方法・手法につきましては、当社で一般的な取引ではないと判断させていただいたものについては利用規約にて違反とさせていただいており、ご提示いただいた方法・手法については、それぞれ利用規約違反に抵触する可能性がありますものの、具体的な違反となる取引方法等についてはお伝えできかねます。

というグレーゾーンにあたると言う回答はもらえましたが、明確な答えは分からないと言う結果に終わりました。

なので上記取引を考えている人は、直接サポートに確認してみてください。

侍
ドル蔵
まあそうはいっても常識トレードさえ行うのであれば、何の問題もないのですけどね。

仮想通貨やCFDでのスキャルピング

FXGTはFXよりも仮想通貨での取引がメインとなります。

ただしスプレッドはあまり安定した動きをしていないので、正直仮想通貨でのスキャルピングは難しいかなと言う印象です。

視覚的に表示されているスプレッドで注文しても、動きが激しいので思った以上にレートが離されて約定することも多々あります。

もちろんこれはFXGTに限らず、どの海外FX業者でも同じことが言えるので、仮想通貨自体があまりスキャルピングに適しているとは言えません。

どちらかというと株式指数やエネルギーなどのCFDでスキャルピングをするほうがまだましと言ったところです。

仮想通貨のスワップもかなりマイナスが大きいので、当然のことながら両建て取引を行うこともメリットは無いと言えるでしょう。

少年
トレ太
まあ仮想通貨自体は値幅を狙う銘柄ですから、スキャルよりもEAなどを利用した自動売買取引のほうがよいのではないでしょうか。

裁量トレーダーであれば早朝時などのスプレッドの拡大はかなり大きくなるので、ディトレードメインで行わないとあっという間に資金が枯渇します。

早朝にこういったスプレッドの拡大で、ストップ狩りを食らったなどの口コミを見かけますが、早朝時はどこの海外FX業者もかなりスプレッドは拡大します。

なので、両建て取引でポジション持ち越し時には早朝時にわけのわからないストップロスに引っかかる可能性があることを頭に入れておくといいでしょう。

まとめ

以上がFXGTのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項でした。

おさらいをしておくと

  1. スキャルピング取引は可能
  2. ボーナス目当てのスキャルピング取引をしてもボーナスは出金出来ない
  3. コスパは平均的
  4. ストップレベルは広い
  5. 両建て取引も1口座限定で可能
  6. 約定スピードは並み
  7. システム的要因がまだ弱い

ということで、両建て取引ではそこまで問題はない海外FX会社ですが、スキャルピングに関してはあまりお勧めできない海外FX業者と言えるでしょう。

今後約定が早くコスパが良いECN口座の登場を待つか、もう少しシステム的に強いサーバーが導入されれば利用を考えていいかもしれません。

一応下記でこれまでのトラブルなども紹介していますので、興味がありましたら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

注目記事