TTCM(TradersTrust)の評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめ

2020年1月22日

ブログの閲覧数今日の読者数 141
昨日の読者数 628
総閲覧数 371572

TTCM(TradersTrust)は一般的な海外FX会社で日本での利用もそれなりにある中堅業者と言えます。

ダッシュボードの使い勝手などはかなり評判が高く、日本よりの仕様となっていますからどの操作も違和感なく使える業者と言えます。

ここではTTCM(TradersTrust)の評判や危険性を色々と調べてみましたので、参考にしてください。

TTCM(TradersTrust)の感想

TTCM(TradersTrust)

TTCMを利用した感想は

  1. 全体的に使いやすい
  2. PRO口座はスプレッドが狭い
  3. 企業的信頼度が高い
  4. 公式ページ全体が丁寧に作成されている
  5. 休日のサーバーが遅い
  6. プロモーションのメンテナンスが悪い

と欠点もありますが、これから海外FXを始めるには非常に信頼度が高い業者の一つと言えます。

土日などに公式ページなどにいくとクルクル回ってスピードの遅さを感じますが、いざ取引時間帯になると一転高速の動きに変わります。

またボーナスキャンペーンを定期的に開催しているのですが、終了した後もメニューに残しているので、ボーナス目当てに訪れた人をがっかりさせる仕様となっています。

初回入金200万以上でPRO口座より狭いVIP口座の利用が可能ですが、それならばTradeviewのほうが同レベルのスプレッドで提供しているので、そちらで口座開設をするといいでしょう。

公式ページにはかなり情報が記載されているので、不明な点はほとんど自分でチェックすることが可能なくらい、サービスレベルは高い企業です。

逆に言えば内容が豊富過ぎて、調べたい内容を探すのにも手間取る点がデメリットとも言えます。

注文方式もNDDを採用しているため、透明性は高くリクオート(約定拒否)やスリッページ(値が大きく滑る)などは発生しにくい仕様と言えます。

またTTCM(TradersTrust)では全ての注文を平均100ミリ秒以内に処理しているため、FBSのように注文してからの一定のタイムラグが発生しませんので、信頼度が高い要因の一つでもあります。

ゼロカットシステムも採用しており残高がマイナスになっても追証がなく資産は守られますから、経済指標時の急激な値動きでも安心して利用出来ます。

両建てもスキャルピングも可能なので、何でもありの海外FX業者と言えます。

TTCM(TradersTrust)は仮想通貨の取り扱いも15種類あるので、FX(44銘柄)と仮想通貨両方取引したい人にはおすすめです。

もう少しスプレッドや口座の種類などの特徴を知りたい人は下記でまとめてみました。

ツイッターの評判

TTCM(TradersTrust)のツイッターでの口コミを探してみると、さすがに人気の業者なので口コミ数もかなり多かったです。

ツイッターの評判1

口座開設の手続きが他の海外FX業者と違って手間がかかるというツイートですが、優良な業者であればあるほど手続きは簡素化されませんから、業者選びの一つのポイントともいえるでしょう

ツイッターの評判2

a-bookとは手数料(スプレッド含む)しか会社の利益を取らない優良な業者のことを言います。要するに顧客の注文から一切利益を抜かない業者のことを言います。

a-book業者は極めて数が少ないのでこれだけでも信頼度が抜群にあがりますが、実際はB-bookらしいです。

ツイッターの評判3

このプロモーションコードを入れ忘れると二度とボーナスがもらえませんから、これだけは気を付けておきましょう。

ツイッターの評判4

口座開設ボーナスだけで取引可能ですが、入金0円だと利益も1万円しか出金できません。

ツイッターの評判5

出金トラブルもなしの優良業者でかつbitwalletで入出金可能です。

ツイッターの評判6

出金はどうやら早くはなさそうですね。

ツイッターの評判7

やはりポンドクロスのスプレッドには皆不満がたくさんあるようです。

これらの口コミをまとめると

  1. 出金はやや時間がかかるがトラブルはなし
  2. かなりの優良業者
  3. 口座開設の手続きはしっかりしている
  4. ポンド絡みの取引の人には不向き

であることが分かります。

公式ページには設立10周年と書いてあるので、運営は2009年からと長くこの点でも新興の変な海外FX業者でないことが見えてきます。

運営会社TTCM Traders Capital Limitedの評判

TTCM(TradersTrust)の運営会社TTCM Traders Capital Limitedは

金融ライセンス

グループ会社のTTCM Traders Trust Capital Markets Limitedが、キプロス共和国にてライセンスを取得していると言う事になります。

TTCM Traders Capital Limited自体が金融ライセンスを保持しているわけでないので、やや評価は下がりますが問題ないレベルの内容と言えます。

気になる資金管理は

資金管理の内容

分別管理だけと銘打っているので、やや弱いイメージが拭えない結果となりました。

ただしTTCM(TradersTrust)は口座開設時に、同時にウォレット口座は作成され自分が入金したお金は運用口座へ反映されないので、証拠金管理やリスク管理をしながら取引が可能という、他にない画期的は方法で資金管理をしています。

ウォレット口座の仕組み

しかし情報量が豊富なのにも関わらず、会社概要などが掲載されていなかった点がかなりのマイナスポイント。日本人的にはどんな会社かをチェックするのにはあったほうがいいですからね。

気になる海外口コミサイトの評価は

海外口コミサイトの評価

星3.2以上と高評価となっています。レビュー件数が少なかったため、この評価を安易に鵜呑みにはできませんが、それでも一定の評価がある海外FX業者と言えます。

実際日本での人気も高いですからね。

またヤフーリスティング広告で、下記のように広告を出しているのは高い評価と言えます。

TTCMのヤフーリスティング広告

さすがにヤフーも怪しい海外FX業者の勧誘を広告として出稿させるわけにはいきません。厳密な調査で調べて広告OKを出しているはずですから、詐欺業者である危険性はこの点で低いと言えます。

ダッシュボードの評判

TTCM(TradersTrust)のダッシュボード画像

ダッシュボード画像

今まで口座開設をしてきた海外FX会社の中では、もっとも使いやすい仕様となっています。

動作も止まるような不快感もなく、追加口座作成も簡単にできて、わからない点も「よくある質問」がしっかりメニューにあるので、まさに欠点なし。

他の海外FX業者だと「よくある質問」がTOPページまで行かないと読めなかったりと、何かしら欠点があったのですがここには欠点らしい欠点はありませんでした。

非常にバランスが整ったダッシュボードだと思います。

ただ上記でも上げたようにプロモーションが終了しても残っているので、このあたりのメンテナンスはやや不快感が残ります。

上記の左メニューの「トレーダーズコンテスト」と赤くなっているのでクリックすると

コンテスト内容

すでに終了しています・・・・

じゃあ目立つように赤くするな!と大声で突っ込みを入れたくなります。

まあ欠点はこれぐらいなので、金融ライセンスの保持が別のグループ会社である点だけが改善点ですから、TTCM(TradersTrust)は、特に問題ない優良企業であることは間違いないでしょう。

後は自分の資金を預けて運用するストラテジープロバイダーというシステムもあるので、FXでなかなか利益が出ないという人はこういったサービスを利用して資産運営するのも一つの手段と言えます。

利用方法は簡単で、メニューのソーシャルトレーダーをクリックすると運用可能なトレーダーの一覧が出てきます。

ストラテジープロバイダー

週や月間の利益率や平均値まで表示されているので、ご自分で好きなトレーダーの手法をコピーすることが可能となっています。

これらで運用するには専用のコピー口座を開設して入金する必要がありますから、「コピーを開始する」をクリックするとコピー口座の開設画面に切り替わりますので、簡単に運営が始められます。

逆に自分の手法で自信があるものがあれば、ソーシャルトレーダーとして登録し利用者を募って、利用者からの手数料でも稼げますから、自信のある手法が完成したらソーシャルトレーダーとして参加してみましょう。

取引ツールの評判

TTCM(TradersTrust)は、MT4とウェブ上でダウンロードなしで利用できるウェブトレーダーだけが利用可能です。

MT5やcTraderなどは使えないのがデメリットですが、裁量決済で取引するならMT4で全然問題ないので、あまり気にしないでいいでしょう。

MT4をインストールして、FX取引で使えるようにするまでの記事は下記です。

MT4チャートをインストールするとこのようなチャート表示になります。

MT4チャート

背景は黒でロウソク足が緑という一般的なチャートとなります。ここにお好みのカスタマイズを挿入して、自分が使いやすいように利用してみましょう。

カスタマイズ記事

スマホアプリのMT4の画面

銘柄画面

初期では上記のように、銘柄の一覧が並んでいるので取引する銘柄を探して一覧に挿入します。

注文画面

上記のように指値や逆指値注文をすると、若干英語表記になります。

ポジション保持画像

ポジションを保持した場合の画像です。円口座だと円、ドル口座だとドル表示になるのです。

ツールの使い勝手自体は外部のものなので、特に使いにくいということはありませんが、機能的にはかなりシンプルなので特に強調するところもありません。

ハイレバレッジ取引の場合は、損切や利確の値をしっかり設定しないといけませんから、これらの設定だけは忘れずに行いましょう。

スマホアプリのその他の設定や、実際に注文する方法の記事

サポートの評判

サポートに関して言えば平日の日本時間午前10:00~午前0:00まで、日本人スタッフが対応しています。

TTCM(TradersTrust)のサポートとやりとりしたメール内容

サポートとやりとりしたメール内容

名前はローマ字ですが、読んでみると日本人であることがわかります。なので返信メールも完璧な日本語と言えます。

サポートとやりとりしたメール内容2

PRO口座のSTP/ECN/NDD方式の意味が分からなかったので、聞いてみたのですが丁寧に返してくれています。

ライブチャットも表記メッセージこそ英語ですが、言語選択で日本語が選べるので何の問題もないと言えるでしょう。

ライブチャット

ただ土日の前とか年末年始前の質問などは、なぜか返信率は低いので、ライブチャットで聞くほうがおすすめです。

休みの後はメールの量が多いので、対応に追われて返せないのか、文化の違いかまではわかりませんが、休日前より営業日に聞くほうが良さそうです。

これは結構他の海外FX業者でも同様だったので、やはり文化の違いかもしれません。

まとめ

以上がTTCM(TradersTrust)の評判と危険性を徹底的に調べた評価のまとめでした。

おさらいをしておくと

  1. 金融ライセンスはグループ会社が保持で資金管理は分別管理
  2. ウォレット口座の作成で他とは違う顧客の資産管理を行っています。
  3. スプレッドはPRO口座にすればかなり狭い
  4. ダッシュボードの使い勝手はおそらくNO1
  5. ボーナスキャンペーンは弱め
  6. 未入金で取引できる

などなど、これまで紹介した海外FX業者の中では安心して利用できる業者の一つと言えますし、日本でもかなり知名度は高いですから危険性は低いと言えるでしょう。

とはいっても金融ライセンスの保持はグループ会社なので、ここを無免許と考える人は敬遠してもいいと思います。

またポンドクロスのスプレッドは広いので、ポンドでしか取引しない人は別の海外FX業者を探すといいでしょう。

私自身が実際に口座開設して詳細や、評判を調べた記事が下記になります。

結局管理人のおすすめ海外FX会社はどこなのですか?という質問が多いので紹介すると

  1. HotForexが企業的信頼度 実績 ボーナスの3本柱が揃っています。
  2. FBSはボーナスと実績、サッカーの名門バルサと契約など安心して利用できます。
  3. Axioryはボーナスはないですが、実績とスプレッドで推奨できます。

スポンサーリンク