FX一目均衡表の薄い雲はフラットに近いほど固い

チャートの特徴
スポンサーリンク

雲は薄いところを突破しやすいとか、書いてあるブログをよく見かけますが、実際には薄いところでも場所が決まっています。

雲の形がフラット(平)や平衡に近い形であったり、斜めの形であったりするとまた、突破ゾーンも変化していきます。なので、パターンを覚えていくことが、一目均衡表攻略の糸口です。

王道パターン

雲
まずはおさらいで王道パターンを覚えておきましょう。

チャート例

  • 黄色い雲は下抜けするポイント
  • 青い雲は上抜けするポイント

です。下抜けするポイントは黄色い雲が左下がりの形/で上抜けするポイントは、青い雲が右下がりの雲の形です。上記画像は少しずれていますね(笑)

チャートはDMMFXのプレミアムチャートから引用させていただいております。

固い薄くてフラットな雲

フラットな雲
上記は薄くてフラットに近い部分の雲の上抜けに失敗した典型的パターンです。

固すぎて上ひげが完成しました。ここでのポイントは、上ひげを付けたあと下がるパターンもあれば、突破しやすい右側の青雲へ目指すパターンが存在します。

チャート例
上記は突破しないはずの薄くてフラットな雲を上抜けしたのですが、やはりこれは引掛けということで、そのあと下落しています。

セオリーでいけば当然ですね。

チャート例

これはフラットに近い形なのに下落しました。しかしセオリーでは

  1. 黄色い雲は下抜けしやすい
  2. 左下がりの黄色い雲は下抜けしやすい

という二つのパターンが当てはまるため、落ちてもおかしくない雲の形と言えます。

これらのセオリーが通じない場合も当然あり

  • レンジ相場
  • 経済指標のインパクトの影響
  • その他外部要因(災害や金利変更など)

もこのセオリーは吹き飛ばします。あくまでこれらの指標発表前後は、セオリーが関係なくなる可能性もあるということです。

スポンサーリンク

下記もフラットな部分で上抜けしたので、当然引掛けでした。抜けるなら右端の青い雲の部分が王道なのです。

上昇中も同様

上昇中に薄いフラットに近い雲に近付いた場合も同様ですが、青い雲より黄色い雲のほうが、下へ落ちやすいという点は覚えておいてください。

青い雲がはじいたパターン

チャート例

チャート例

いずれも青い雲がレジスタンスとなり、下記画像では黄色い雲のフラットな部分で落ちています。ここで引掛けはなかったため、かなり強力な売りサインが点灯したことが見えてきます。

斜めの薄い雲部分はねらい目

雲を突破するパターンは、やはり斜めの部分が非常に多い傾向が見受けられます。

チャート例

チャート例

上記画像が青い雲を上抜けする王道パターンともいえます。しかし必ず上抜けするわけでもなく失敗パターンも存在します。下記画像が失敗例です。

また完全に上抜けしても、青い雲から落ちるパターンも少ないですが存在します。下記がその例です。

基本は青い雲を上抜けしたら買いで勝負をして、雲の下に抜けたら損切という方法がセオリーと言えます。

上記の画像がその損切パターンです。

まとめ

この雲が薄くてフラットな部分が固いということを覚えておけば、色々役立つのですが、ここでのポイントは時間軸も一緒に見なくてはいけません。例を挙げると

  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 8時間足
  • 日足

までです。15分足が青い雲の斜め部分を上抜けしても30分足の位置が丁度雲のフラットな部分の真下だったら、上昇しないということです。

これは次回もう少し細かく書いてみたいと思います。

コメント