FX初心者が取引するおすすめ通貨ランキング

FXをこれから始めるFX初心者はどの通貨を取引すれば悩むところです。値動きが大きいほうが稼げるけどその分損失も大きくなるし、かと言って全然動かないと意味がないし、というわけでここでFX取引経験の長い私が、FX初心者向けに取引したほうがいいおすすめ通貨ランキングを紹介していきます。

FX初心者はまず取引において10~20銭ぐらいで利確や損切を行えば長くFXを楽しむことが出来るでしょう。そのためには各通貨の値動きがどれくらいか把握しておくことです。

おすすめ通貨ランキング

アメリカ国旗
FX初心者が取引する通貨の基準は

  1. 値動きが少ない
  2. 方向感が出やすい
  3. 証拠金が少ない

この3つだと思います。怪物通貨のポンドなどは動きが激しいのでお勧めしませんし、証拠金が多い通貨はその分資金が必要となります。またトレンドが出たら方向感が出やすい通貨のほうが取引している際に安心してみていられますからね。

第一位 豪ドル円

オペラハウス
オーストラリアの通貨。旅行以外ではあまり馴染みがない通貨だがFXでは比較的人気が高く、他の通貨と比べて下がりだしたら下がり続けて、上がりだしたら上がり続けるので取引がしやすい。

中国経済指標やオーストラリアの経済指標で大きく動く性質がある。NZドル円と同じ方向に行きやすい性質がある。

ドル円が上がれば上がり、下がれば下がる。AUD/USDが上がれば上がり、下がれば下がるのが特徴的で証拠金も少なくトレードできる。

年々金利が下がっているので値自体は下落傾向。1日の値幅の目安は30銭~60銭を目安にトレードしよう。

第二位 米ドル円

ご存知基軸通貨のドル円は値動きも豪ドル円同様1日30~60銭動くのが標準的。基軸通貨ゆえに横横のレンジ相場にもなりやすい。

金利が高いので売りより買いのほうが人気の通貨 米国の経済指標で大きく動く。代表的な経済指標はFOMCと雇用統計が有名です。世界中のトレーダーが注目する通貨なので情報量は他通貨を圧倒しています。

一目均衡表に強い特徴があるので、トレードするなら一目均衡表の特徴を学んでトレードしましょう。

第三位 NZドル円

羊
オーストラリアの隣国ニュージーランドは、豪ドルと同じ方向に行きやすい。ただし豪ドルと違いクセは強い。買いのパワーは豪ドルより早い。

NZ経済指標は日本時間早朝にあるので、出勤前のサラリーマンでも経済指標狙いで取引可能。しかし早朝はスプレッドが広がりやすいのが難点

動きは跳ね上がることも多いので、売りは注意が必要。証拠金が少なくトレードできるので、資金が減ったらこの通貨でのトレードなら枚数が多くトレード可能。1日20~50銭が値幅の目安

第四位 AUD/USD

豪ドル円のドル絡みの通貨

米国の金利が上がったため停滞が続いている。穏やかな方向性なので豪ドル円とともに取引にはおすすめ。

ただし豪ドル円より値幅がない日が多いのが難点。午前中の経済指標で大きく動くので午前中のトレードにはリスクが高い。

方向性がつかみやすい通貨なので、FX初心者向きで1日10~50pipsが取引の目安

第五位 NZD/USD

NZドル円のドル絡みの通貨

豪ドル同様米国の金利が上がったため停滞が続いている。

売りのスピードも早いが買いも早い。NZドル円同様証拠金が少なくトレードできるので、資金が減ったら重宝する通貨で1日10~50pipsが取引の目安

第六位 カナダドル円

アメリカの上に位置する国なので米ドル円と同じ方向に行きやすい通貨。証拠金も米ドル円より少なく済むので、資金が減ったら利用したい通貨。

動きが活発化するのはNY時間なので、仕事終わりのサラリーマン向け通貨と言えます。

動きはこの通貨ランキングの中では最も動かない通貨。FX初心者には向いているが、あまり動かないのでイライラする通貨でもあります。1日20~50銭が取引の目安

第七位 ユーロ円

ユーロ
ヨーロッパ絡みの通貨ですが、ユーロドルが停滞しているので最近は動きが少ない。1日1円2円動くのが普通だったがEUR/USDの膠着によりドル円の動きに左右されやすい。

スワップがマイナスなので買いトレードには注意が必要。EUR/USDはドル円と逆に行きやすい性質があるので、ユーロ円は膠着する日が多いのも特徴的

それでも動くときにはポンド円並みに動くので、そのトレンドに乗れれば魅力的な通貨。1日30~80銭が取引の目安

第八位 EUR/USD

ヨーロッパの基軸通貨。金利が低いのでかなり長い間停滞しています。膠着する日が多いのでトレンドが出たら一気に動きやすい。

毎日狙うにはしんどいが、膠着が終わりそうなトレンドが出たら乗っかりたい通貨です。1日20~60pipsが取引の目安。

ドル円とは逆に動きやすいのが特徴的

経済指標ではあまり動かない。政策金利だけが大きく動く経済指標。たまに景況感の指標で大きく動くくらい。経済指標が嫌いな人がトレードする通貨

第九位 GBP/USD

ポンド
イギリスの通貨 ユーロ圏にいるのに何故かポンドは通貨として残っています。

ポンド円の次に動きが激しい通貨 英国の離脱問題と米国の金利差で停滞気味。1分で50pipsとか動くことがあるので損切設定は必須の通貨

GBP/NZDなどは最高に値動きが激しい通貨なので、値動きが少なくイライラする場合は一度トレードしてみましょう。

チャートにへばりついていないと取引は難しい通貨なので、FX初心者向きではないでしょう。

EUR/USDと同じ方向に行きやすい性質があります。1日40~80pipsが取引の目安

第十位 ポンド円

英国のポンドはまさに怪物通貨でGBP/USDの値が最近は低くなったが、ドル円とGBP/USDの動きで左右されるので、売りも買いもスピードは早い。

FX初心者が手を出してはいけない通貨の一つといえるでしょう。GBP/USD同様チャートから目を離すことが出来ない忙しい通貨

1日50~1円20銭が取引の目安。とにかくポンド円は別格の動きをします。特に日本時間15:00~深夜1:00までの動きは激しいという認識でトレードしましょう。

他の通貨と比べると損切も利確も幅広い設定が必要となりますが値動きが大きいので人気がある通貨と言えます。

まとめ

以上がFX初心者が取引するおすすめ通貨ランキングでした。FX初心者はランキング順にトレードしていけば徐々にその値動きに慣れていくと思います。

後はチャートやブログなどでしっかり情報収集をして方向感がわかるよう日々勉強していきましょう。

スポンサーリンク