Land-FXのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項

ブログの閲覧数今日の読者数 61
昨日の読者数 526
総閲覧数 331810

Land-FX(ランドエフエックス)ではスキャルピング取引や両建て取引は基本は可能ですが、いくつか存在する注意点などは気になるところです。

ここではこういった取引に関する禁止事項などを、メールでサポートに確認しながら色々と調べてみました。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

スキャルピングの特徴

リクイディティプロバイダーの説明
Land-FXでは世界最高水準の国際的な銀行やリクイディティプロバイダーと流動性締結協定しているので、約定に関して常に低いレートで取引が出来る環境が整っています。

実際にスキャルピング取引が可能なのかをサポートに聞いて見ると

少女1
ミミコ
スキャルピング行為自体は禁止しておりませんが、禁止取引条件に触れるお取引であれば審査対象となります。
少女2
カワコ
詳細な不正取引行為の判断は弊社担当部署にて行われますので、今回のご案内では断言が出来かねますこと予めご了承いただけますと幸いです。

という回答をいただきました。

禁止事項に触れない通常のスキャルピング取引であれば問題ないということですね。

ただし禁止事項の内容の詳細が確認できなかったので、やや眉唾な取引を考えているのであれば、直接サポートに内容を伝えて確認してみるといいでしょう。

少年
トレ太
特に自動売買ツールを利用した、スキャルピング取引を考えている人は要チェックだね

スキャルピング向け口座

Land-FXでは3種類の口座で取引可能ですが、コストパフォーマンスを考えるとECN口座でスキャルピング取引を行うといいでしょう。

LANDFX ECN口座のコストとストップレベル
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
スプレッド 0.8pips 1.0pips 1.7pips 1.2pips 1.6pips 2.5pips
ストップレベル 1.2pips 3.0pips 6.0pips 6.0pips 7.0pips 7.0pips
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
スプレッド 1.0pips 1.4pips 0.9pips 1.5pips 1.8pips 0.9pips
ストップレベル 1.2pips 1.7pips 3.0pips 5.0pips 2.5pips 2.0pips

上記は往復取引手数料7ドルを+0.7pipsで加えたコストで表記していますが、コスパ的にはLPボーナス口座やLIVE口座よりはるかに秀逸です。

下記ではLPボーナス口座やLIVE口座までのコストを詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

参考記事

またLPボーナス口座やLIVE口座はNDD STP方式を採用しているので、取引手数料こそ無料ですがNDD ECN方式採用のECN口座と比べると以下の点が劣ります。

  1. 約定はやや遅い
  2. 早朝時やクリスマスや正月など流動性が落ちる際にはリクオート(約定拒否)が発生しやすい

という難点があるので、時間帯を選ばずにスキャルピング取引を考えているトレーダーであればNDD ECN方式採用のECN口座を選ぶしか選択肢はありません。

ただしボーナスなどの特典も無いのがECN口座の特徴でもあるので、ボーナスを活かした大きな取引枚数でスキャルピング取引を考えているトレーダーであれば、LPボーナス口座で取引するといいでしょう。

少年
トレ太
またLIVE口座でスキャルピング取引をして、規定の取引量を満たせばもらったボーナスを出金することも可能です。

取引量のノルマは大きいのですが、スキャルトレーダーであれば割と簡単に達成可能なレベルと言えます。

参考記事

後は自動売買(EA)を利用したスキャルピング取引も問題なくできるので、下記両建ての際の注意点や禁止事項なども合わせてチェックしておいてください。

ストップレベルにも注意

ストップレベルとは注文後に利確や損切の設定を行う際に設定する指値や逆指値などの設定を行う際の最低ラインを指します。

侍
ドル蔵
上記のECN口座のコストの表にいくつかの銘柄のストップレベルも掲載しているので、一緒にチェックしておいてください。

例えばユーロ円を120.00銭で買いを入れて、損切を119.95銭で行う際にストップレベルが0.6pipsであれば119.94銭でないと設定できないと言う仕様になります。

利小損小の取引が一般的なスキャルピングトレーダーにとって、このストップレベルは意外に邪魔な盲点となるのです。

ストップレベルの確認方法は

パソコン版の取引ツールであるMT4かMT5のどちらかを立ち上げます。

「気配値」一覧

立ち上がった画面左側に「気配値」ウィンドウが表示されるので、この中にある銘柄一覧からストップレベルを調べたい銘柄を右クリックします。

するといくつかの項目が表示されますが、その中にある「仕様」という項目をクリックします。

取引条件

クリックすると選んだ銘柄の取引条件が出てくるので、そこに記載してある「ストップレベル」を確認して÷10で計算することが可能です。

少女2
カワコ
上記は「GBP/AUD」の仕様でストップレベルは100となっているので、10pips以上離れた値でないと設定が出来ないということになります。

両建て取引の特徴

Land-FXでは両建て取引は認められていますが、一つだけ条件が存在します。

同一口座内の両建ては可能だが、異なる口座で同じ通貨ペアの逆ポジションを持つことは禁止

要するにLP口座でポンド円売り、ECN口座でポンド円買いという取引は出来ないということですね。

またその他の海外FX業者の口座を開設して、Land-FXの口座と両建て取引を行うことも禁止されています。

侍
ドル蔵
両建て取引を考えているならLP口座やLIVE、ECN口座単体で行うしかありません。

複数口座を開設して、自動売買を行う際には意図せずに両建て取引が成立しても禁止にあたるので、EAトレーダーは要注意です。

もちろんLIVE口座を二つ開設して、それぞれに資金を入金して両建て取引を行うのも禁止行為となります。

少女1
ミミコ
ちなみにユーロ円を売り、ユーロドルを買いというポジションは両建てに該当しません。
少女1
ミミコ
あくまで同一銘柄のポジションを保持した場合が、両建てに該当するということだね。
少年
トレ太
両建て取引を行う際には、同一口座で同じ銘柄同じ数量であれば証拠金は相殺されて0円扱いになります。

ということは、新たにポジションを取る場合は両建て取引が成立している場合、最大限の枚数を保持してポジションを取ることは可能です。

ただし両建てポジションの注文数量が異なる場合はその注文数量の差の分必要証拠金が発生し、証拠金維持率も通常の取引同様に表示されます。

そしてこの場合にロスカットなどを受けた場合、両建てのポジションもロスカット対象となるので注意が必要です。

またLand-FXにはLPボーナス口座でボーナスを獲得することが出来ますが、ボーナスだけで両建て取引を行うことも可能です。

この場合も証拠金は0円となるので、あらたにポジションを取る場合はロスカットを意識してトレードするといいでしょう。

少女1
ミミコ
Land-FXのロスカットは証拠金維持率が30%を下回った場合です。

そしてLand-FXでは高金利通貨を取引することで大きなスワップを狙う事も可能ですが、両建て取引で証拠金を相殺してスワップだけを狙う手法もマイナススワップが大きいので通用しません。

参考記事

高金利通貨自体は魅力的なので、両建てではなく通常のスワップ狙いであれば上記記事を参考にして、気になる通貨でスワップトレーダーを目指してみてください。

取引禁止事項

Land-FXで禁止されている取引は以下になります。

  1. 両建て取引(同一口座内の両建ては可能)
  2. 接続遅延・レートエラーを利用した取引
  3. 裁定取引(アービトラージ)
  4. ボーナスを悪用する取引
  5. 利益が出た場合のみ出金や資金移動で利益確保し、損失はボーナスで補うというような行為を繰り返した場合

Land-FXは過去にボーナスを悪用したトレーダーが沢山いたのか、ボーナスに関する取引はかなりシビアな印象を受けます。

もちろん通常取引を行う人にとっては全く関係ないので、一般常識レベルの内容でトレードを行えば何も気にすることはありません。

以下の取引は禁止行為にあたるのかをサポートに確認してみました。

  1. ゼロカット方式を利用した多岐にわたる取引
  2. 週明けの窓開けを狙った大量発注の取引
  3. 取引インフラの弱点を利用して利益を獲得する取引方法
  4. 他業者間のレート表示差を利用した取引

サポートの回答

少女2
カワコ
これらに触れるお取引であれば審査対象となり、不正取引行為の詳細につきましては弊社コンプライアンス部署での判断となりますため、日本サポートからご案内致しかねます点、ご了承いただきますようお願いいたします。

という答えですからグレーゾーンに該当するということですね。

ゼロカットを利用した取引とは、急激な値動きの際に口座がマイナスになっても追証を請求されることがなく、残高を0円にしてくれる制度です。

ということは値が大きく動きやすい月曜の週明けや経済指標を利用した、大きな枚数のトレードなどが対象となります。

侍
ドル蔵
両建て取引で異なる口座では禁止行為にあたるのも、この手法を防止している為ともいえるのでしょう。

例えばLPボーナス口座で週末金曜日にドル円の売りを仕込んで、ECN口座で買いを仕込むと週明けに大きく窓が空いた場合どちらかがゼロカットされますが、方向性があっていたポジションは確実に稼げます。

少女1
ミミコ
経済指標でも同様の稼ぎ方が可能なので、異なる口座間での両建て取引は禁止ということになるのです。

禁止行為に触れた場合は、該当取引の利益は無効となりますが元金は手続き後に出金することは可能だということです。

そしてペナルティとして口座が凍結してしまいその後一切取引出来なくなるので、くれぐれも禁止事項に触れないようにしておきましょう。

まとめ

以上がLand-FXのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項でした。

おさらいをしておくと

  1. スキャルピング取引はECN口座一択で行うのがおすすめ
  2. 両建て取引は可能だが、あくまで同一の口座での取引が対象
  3. ボーナスを利用した悪用に対してはかなり厳しく審査される
  4. 上記で上げた微妙な取引内容は審査対象になるので、利用を考えているのであれば直接サポートに確認すること

など。

ここに書いていないトレードを考えている人は、審査の対象になる可能性が高いのでサポートに直接確認してみてください。

特に自動売買を利用する人などは、細かい内容が多岐にあると思うので自分で確認するほうがより確実と言えるでしょう。

スポンサーリンク

注目記事