LAND-FXの商品ごとの取引時間(日本時間)と取り扱い全銘柄一覧

ブログの閲覧数今日の読者数 182
昨日の読者数 442
総閲覧数 354772

LAND-FXにはFX銘柄を含めて様々な取り扱い銘柄があるので、ここでは全銘柄の取引時間を日本時間で表記してみましたので、参考にしてみてください。

ちなみにFX以外では金・銀・商品(コモディティ)やインデックスなどのCFD取引が可能となっていますが種類はやや少なめです。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

FX銘柄の夏冬取引時間

Land-FXのFXで取引可能な通貨は全部で67銘柄となっています。

そのうち65銘柄の取引時間は

  1. 夏時間(サマータイム)で月曜の朝6時05分から土曜の朝6時00分まで
  2. 冬時間は月曜日の朝7:05から土曜日の朝7時00分まで

ですが平日の6:00~6:05(冬時間は7:00~7:05)までは、メンテナンス中になるので取引は出来ません。

残りの2通貨「USD/RUB」「EUR/RUB」は

  1. 夏時間(サマータイム)で月曜日の16時00分から土曜の朝6時00分まで
  2. 冬時間は月曜日の17時00分から土曜日の朝7時00分まで

ただしメンテナンス時間があり火曜日以降は

  1. 夏時間(サマータイム)で早朝6:00から夕方の16:00まではメンテナンス中
  2. 冬時間は早朝7:00から17:00まではメンテナンス中

になります。

少女1
ミミコ
限られた時間でしか取引出来ないので、RUB関連は要注意です。

銘柄 銘柄
USD/JPY 米ドル/円 EUR/USD ユーロ/米ドル
EUR/JPY ユーロ/円 GBP/USD 英ポンド/米ドル
GBP/JPY 英ポンド/円 AUD/USD 豪ドル/米ドル
AUD/JPY 豪ドル/円 NZD/USD NZドル/米ドル
NZD/JPY NZドル/円 USD/CAD 米ドル/カナダドル
CAD/JPY カナダドル/円 USD/CHF 米ドル/スイスフラン
CHF/JPY スイスフラン/円 ▶ Land-FXのスプレッド55銘柄を見る

大体このあたりの通貨がFXの取引でよく利用される銘柄となります。

海外ではドルストレートも積極的に取引されているので、クロス円にこだわらないほうがいいときも結構ありますからね。

銘柄 銘柄
EUR/GBP ユーロ/ポンド GBP/AUD 英ポンド/豪ドル
EUR/AUD ユーロ/豪ドル GBP/NZD 英ポンド/NZドル
EUR/NZD ユーロ/NZドル GBP/CAD 英ポンド/カナダドル
EUR/CAD ユーロ/カナダドル GBP/CHF 英ポンド/スイスフラン
EUR/CHF ユーロ/スイスフラン ▶ Land-FXのスプレッド55銘柄を見る

上記のユーロ・ポンドクロスは値幅が大きいので、クロス円などが動かなくなった相場で大活躍する銘柄です。

その分退場率も高いので、FX初心者はある程度経験を積んでから取引を考えるといいでしょう。

特に経済指標時にはクロス円以上の動きが見受けられますから、ハイレバレッジ取引で勝負をかけるにはおすすめの銘柄となるでしょう。

銘柄 銘柄
AUD/NZD 豪ドル/NZドル NZD/SGD NZドル/シンガポールドル
AUD/CAD 豪ドル/カナダドル NOK/SEK ノルウェークローネ / スウェーデンクローナ
AUD/CHF 豪ドル/スイスフラン USD/MXN 米ドル/メキシコペソ
NZD/CAD NZドル/カナダドル USD/TRY 米ドル/トルコリラ
NZD/CHF NZドル/スイスフラン USD/ZAR 米ドル/南アフリカランド
CAD/CHF カナダドル/スイスフラン USD/RUB 米ドル/ロシアルーブル

Land-FXは銘柄数は多いのですが、スワップポイントがぱっとしない海外FX会社になります。

上記オセアニア通貨でもスワップの期待は出来ないので、中国やオーストラリア、NZの指標で値幅を狙うのが基本戦略となる通貨と言えます。

その他の銘柄は、スワップが付くときにトレード人気があがる通貨ばかりでマイナススワップの時は取引量も激減します。

銘柄 銘柄
USD/CNH 米ドル/人民元 USD/DKK 米ドル/デンマーククローネ
USD/HKD 米ドル/香港ドル USD/HUF 米ドル/ハンガリーフォリント
USD/NOK 米ドル/ノルウェークローネ USD/PLN 米ドル/ポーランドズロチ
USD/SEK 米ドル/スウェーデンクローナ USD/SGD 米ドル/シンガポールドル
USD/CZK 米ドル/チェココルナ USD/ILS 米ドル/イスラエルシェケル
EUR/ZAR ユーロ/南アフリカランド EUR/MXN ユーロ/メキシコペソ
EUR/TRY ユーロ/トルコリラ EUR/RUB ユーロ/ロシアルーブル
EUR/DKK ユーロ/デンマーククローネ EUR/HKD ユーロ/香港ドル
EUR/HUF ユーロ/ハンガリーフォリント EUR/NOK ユーロ/ノルウェークローネ
EUR/PLN ユーロ/ポーランドズロチ EUR/SEK ユーロ/スウェーデンクローナ
EUR/SGD ユーロ/シンガポールドル EUR/CZK ユーロ/チェココルナ
GBP/DKK 英ポンド/デンマーククローネ GBP/NOK 英ポンド/ノルウェークローネ
GBP/SEK 英ポンド/スウェーデンクローナ GBP/SGD 英ポンド/シンガポールドル
GBP/CZK 英ポンド/チェココルナ GBP/HKD 英ポンド/香港ドル
GBP/HUF 英ポンド/ ハンガリーフォリント GBP/MXN 英ポンド/メキシコペソ
GBP/PLN 英ポンド/ポーランドズロチ GBP/TRY 英ポンド/トルコリラ
GBP/ZAR 英ポンド/南アフリカランド LANDFXのスワップポイント一覧を見る

一応上記で全銘柄のスワップポイントを紹介しているので、興味があればチェックしてみてください。

これらの通貨はマイナーの中のマイナーで、スワップにも期待が出来ない銘柄の一覧となりますから、品揃え程度で見ておくといいでしょう。

ただしポンドクロスに限って言えば、英国ニュースなどでたまに値幅を狙っても面白いかもしれませんが、スプレッドが広いので積極的に取り引きする銘柄でもないかな。

貴金属とエネルギー

今度はLand-FXのゴールドや原油などの取引時間を見てみましょう。

話題の原油も3銘柄あるので、またどこかでマイナス価格になる大きなチャンスがくれば積極的に狙ってみたいと言えますね。

貴金属・エネルギー 夏時間(サマータイム) 冬時間
銘柄 日本語表記 取引時間 取引不可時間 取引時間 取引不可時間
XAG/USD シルバー/ドル 月曜日06:00~土曜日4:50 4:55~06:00 月曜日07:00~土曜日5:50 5:55~07:00
XAU/USD ゴールド/ドル
XAU/USD(mini) ミニ
XPD/USD パラジウム/ドル
XPT/USD プラチナ/ドル
NGAS 天然ガス 月曜日06:00~土曜日5:00 5:00~6:00 月曜日07:00~土曜日6:00 6:00~7:00
Crude WTI原油
Brent ブレント原油 月曜日08:00~土曜日4:55 4:55~08:00 月曜日09:00~土曜日5:55 5:55~09:00
XAU/EUR ゴールド/ユーロ 現在取引不可
XAU/AUD ゴールド/豪ドル
XAG/AUD シルバー/豪ドル

公式サイトにはXPD/USDとXPT/USDも現在提供していないと書いていたので、取引は出来ないつもりでチェックしておいてください。

侍
ドル蔵
ちょっと取引不可商品が地道に増えているのが気になるポイントと言えます。
少女2
カワコ
もしかしたら、どこかで金銀の取り扱いをやめる可能性もあるかもね。

インデックス(株価指数)

Land-FXはインデックスの取引も可能ですが、品揃えは一般レベルとなっています。

ただし取引時間は長めの銘柄も多いので、朝から夜まで楽しめる銘柄もあるので、サラリーマンでも主婦でも取引可能です。

インデックス 夏時間(サマータイム) 冬時間
銘柄 日本語&説明 取引時間 取引不可時間 取引時間 取引不可時間
JP225 日経225 月曜日06:05~土曜日4:55 4:55~6:05 金曜は6:00まで 月曜日07:05~土曜日5:55 5:55~7:05 金曜は7:00まで
US100 USTech100
US30 US Wall Street30
SP500 US SP500
AU200 ASX200
UK100 イギリス100
EU50 EU STOXX 50
FR40 CAC40指数
DE30 ドイツ30 月曜日08:30~土曜日3:55 3:55~8:30 月曜日09:30~土曜日4:55 4:55~9:30
HK50 香港50 月曜日08:15~土曜日1:45 1:45~8:15 月曜日09:45~土曜日2:45 2:45~9:15
SPAIN35 スペイン35 月曜日14:05~土曜日1:55 1:55~14:05 月曜日15:05~土曜日2:55 2:55~15:05

メジャーな株式指数の取り扱いも多いので、FX取引に飽きたり相場が膠着したら積極的にトレードしてみるといいでしょう。

侍
ドル蔵
ここは仮想通貨のCFDもないので、FX取引がメインの海外FX会社と言えます。

上記はLIVE口座とLPボーナス口座のMT4で調査しましたので、公式サイトのアバウトな取引時間よりかは正確に調べたと思います。

MT4/MT5で確認する方法

今度は取引ツールのMT4やMT5で取引時間を確認する方法があるので、ここでは紹介しておきます。

まずはGMTについて説明をしておくと

日本はGMT+9という位置づけにいるのでイギリスとの時差は9時間となります。

Land-FXのサーバー時間はサマータイムに関わらず1年を通してGMT ±0となっていて、日本との時差も1年を通し9時間です。

少女1
ミミコ
ただしサマータイムの期間は通常よりメンテナンス時間が1時間早くなると言う仕様です。

なので公式サイトや取引ツールのGMTを見て、時差を計算するといいでしょう。

少女1
ミミコ
まずはパソコンのMT4/MT5で取引時間を見る方法を紹介していきます。

MT4/MT5を起動したら表示される「気配値」のFX銘柄一覧を探します。

ない場合は下記画像の通り上段メニューの「表示」→「気配値表示」をクリックすると表示されるようになります。

メニューの「表示」→「気配値表示」

気配値表示が見つかったら、取引時間を確認する銘柄を選んで「右クリック」をします。

気配値の銘柄を右クリック

すると上記ウィンドウが開くので、上から6番目にある「仕様」という項目をクリックします。

詳細

クリックすると「詳細」ウィンドウの画面が開くので、そのまま一番下までスクロールすると「セッション」という項目の下に取引時間が表示されています。

侍
ドル蔵
後はここにGMTの時差時間を足して計算すると、その銘柄の取引時間がわかります。

今度はアプリで取引時間を調べる方法を紹介していきますが、MT4アプリでは取引時間を調べることは出来ませんから、ここではMT5アプリでの調べ方となります。

まずMT5アプリを立ち上げて「気配値」の画面を表示させます。

気配値の画面

気配値の画面には上記のように、FX銘柄の一覧が表示されていると思います。

ここで取引時間を調べたい銘柄をタップすると、その銘柄の詳細ウィンドウが下記のように立ち上がります。

銘柄の詳細画面

ここで上から四番目にある「設定」をクリックして、画面の一番下までスクロールします。

すると下記「トレードセッション」という曜日ごとの取引時間が表示されますので、右側の「取引時間」を基準とします。

トレードセッション

ここに上記のGMTで紹介した時差を足せば、その銘柄の取引時間を調べることが可能です。

取引出来ない時の表示

基本的にMT4やMT5で表示を見ると、レートが動いていなければ取引が出来ないのはよくわかるのですが、値動きがあまりない銘柄もレートが動かないときがあります。

そんな時は取引する銘柄をクリックすると、以下のように取引可能か不可能かの区別は可能です。

パソコン版の注文ウィンドウ

通常時のウィンドウは下記のような赤線(ask)と青線(bit)のギザギザグラフで表示されています。

通常時

メンテナンスモード(FXでいえば早朝6:00~6:05など)は下記のようにaskの赤線がまっすぐになります。

メンテナンスモード

上記でも紹介したXPT/USDは現在取引不可となっています。

この場合は注文ウィンドウを開くを下記のように真っ白な値動きグラフとなります。

取引不可状態

スマホの場合

下記は注文出来る時間帯の注文画面です。パソコン版と同様に赤線(ask)と青線(bit)のギザギザグラフが表示されています。

注文出来る時間帯の注文画面

注文出来ない時間帯だと、下記のように赤線(ask)と青線(bit)はフラットな状態になるのです。

注文出来ない時間帯の注文画面

ということで各銘柄の取引時間をわざわざ見なくても、取引出来ない時間帯などは注文を実行する際に、上記の表示で見極めることが出来るということです。

お知らせメール

Land-FXでは、取引時間が変更されるとお知らせメールが以下のように届きます。

取引時間のお知らせメール

見ての通り本文は英語のため、やや抵抗があるのも事実です。

またメールで送られてくる銘柄の変更された取引時間はGMT+-0のイギリス時間となっているので、再計算する必要があるのです。

商品名を見ると時間が書いてあるのでわかりやすいですが、それでも英語に抵抗がある日本人には読みずらい文章かもしれません。

一応変更された取引時間も公式サイトの「ニュース&リサーチ」の「企業ニュース」で確認できるのできるのですが、ここも英語表記なので、翻訳アプリ翻訳ツールを利用すると日本語で表示できます。

まとめ

以上がLand-FXの商品ごとの取引時間(日本時間)と取り扱い全銘柄一覧でした。

おさらいをしておくと

FX65銘柄の取引時間は

  1. 夏時間(サマータイム)で月曜の朝6時05分~土曜の朝6時00分
  2. 冬時間は月曜日の朝7:05~土曜日の朝7時00分

となっています。

インデックスや貴金属とエネルギーは複雑な取引時間なので、上記でメンテナンス時間をチェックして間違いのないよう決済や注文を行ってみてください。

24時間取引が出来るのがFXの特徴ですが、早朝の5分だけはメンテナンスモードに入るので、このあたりは日本のFX会社と似た仕様と言えるでしょう。

スポンサーリンク

注目記事