2018年7月30日から8月3日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

2018年12月28日

ドル円は節目の8時間足チャート111.00銭を下抜けしてしまい、相場が怪しくなってきました。日経のレンジもこうなると下目線となるのでしょうか。

まだチャート上は日足の雲を下抜けしていないので、完全下とは言えませんが後は110.00銭と110.60銭のレジスタンスを下抜けするかどうかと言えます。

来週の為替・株式の展望

PC
フェイスブックの急落でナスダックも大きく陰線を付けました。ダウも23300~25800ドルのレンジで日経もレンジとなっていますが、上か下かのブレイクはお盆もあるので、盆明けでしょうか。

となるとドル円も75日移動平均線の110.00銭が底とみてはよいのではないでしょうか。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想は予想レンジは、

112.90~111.00銭でした。

しかし結果を見ると

111.54~110.59銭と大外れで下落の強い週となりました。

週足チャートをみると、まだ二つの移動平均線を割っていません。

週足チャート

しかし8時間足のチャートを見ると

上がるとしたら赤線の流れですが、一番上は厳しいので、一度110.00銭を付けて真ん中の赤線の流れとなると思います。

ただし来週は日銀の政策金利や雇用統計などの重要指標が目白押しなので、荒れる相場になるでしょう。

ということで来週の予想レンジは、

111.50~110.00銭とします。

円高へ逆戻りするのか113円越えするのか、ポイントは上はまだ112.00銭超えで下は110.00銭割れとなりました。

果たして来週どうなるでしょうか。

株式投資予想

株価予想はあまり変化がなかったので、またそのままにします。

KEY HOLDER 146円

飛島建設 203円

Smedio 1,362円

カーディナル 1,010円

クレアホールディングス 28円

など。

まとめ

以上が、2018年7月30日から8月3日のFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

ドル円は日足の最後のレジスタンス110.00銭割れがポイントです。

果たして来週割れるかどうか注目と言えます。