2018年7月16日から7月20日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

2018/7月予想
スポンサーリンク

先週はドタバタしていて予想記事が書けませんでしたが、ドル円は上昇すると思っていたので予想通りでした。

週足の雲を突破して、月足チャートの雲まで突破したドル円は、引っ掛けが無ければ116円を目指すと言っていいでしょう。

来週の為替・株式の展望

スマホ

ダウも日経も天井と思いきや盛り返してともにアップトレンドに入ったようです。

新興株は売られまくりましたが、結局やられた感が強かったですね。地合いが悪いとこうも新興が弱いのは、株式投資の面白くないところと言えます。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想はお休みだったので結果だけを見ると

112.79銭~110.35銭という形に終わり珍しく2円以上の値幅となりました。ドル円は一週間で2円動くことは珍しいので、いかに大きい動きだったかが分かります。

とりあえずはドル円は週足の111.40銭と月足の雲111.80銭を一撃で抜いていったので、今後はこの二つが下値のサポートラインとなるでしょう。

後は週足の雲の下限が111.00銭にあるくらいです。

ここから見るのは年足の移動平均線と月足の移動平均線です。

ドル円年足チャートが下記で
年足

月足チャートが下記になります。

スポンサーリンク

月足

緑線が年足の移動平均線で、月足は赤矢印が強力なレジスタンスです。2013年の円安トレンドに突入した際も、この線を抜いてから上昇は始まっていますから、とりあえす113円前半で大きく売られるでしょう。

ともに今年の高値113.35銭あたりが強力なレジスタンスとなっています。この値付近113.00~113.40銭のどこで大きく売られるかがポイントと言えるでしょう。

短期で見ると1時間足の雲の中に入りましたが、雲が分厚い斜めの形をしているので、値動きが少ないじわじわ上げをして、雲が細くなったら上か下かのブレイクをするのが普通です。

ということで来週の予想レンジは、

113.30~111.90銭とします。

ちょっと上げペースが早かったので、4時間足の雲にある程度近づくまでは60銭ぐらいの値幅で横横が続くのではないでしょうか。

後は113.30銭からどこまで売られるのかが注目と言える週でしょう。さすがに1円以上は売られそうですからね。

誰でも勝てるFXの一目均衡表で見るドル円攻略のポイントと稼ぎ方
FXと言えばドル円の取引が最も人気が高く、ドル円を攻略してしまえば誰でも勝てるポイントと言うものは分かってきます。しかしFX初心者がチャートを見てもなかなか分かりませんから、ここではそのドル円の攻略ポイントを一目均衡表チャートを例にして紹介...

株式投資予想

株価予想は相変わらずエイシアンスター以外ぱっとしませんが、上昇トレンドの復活が少し見えてきたので予想銘柄を変更すると

KEY HOLDER 146円

飛島建設 203円

Smedio 1,362円

カーディナル 1,010円

クレアホールディングス 28円

など。カジノ関連が盛り上がるのはいつなのかわかりませんが、ピクセルカンパニーの動きを見て初動を確認しておきましょう。

株の初心者が株式投資で稼ぐための買いのエントリーポイント
株式投資は人気の金融商品で日本人だけでなく海外の投資家も日本の株式投資に積極的に売買をしています。そんな中一個人である個人投資家が株式投資で稼ぐためには、いくつかのエントリーポイントを知っておかなければなりません。 株式投資は基本チャ...

まとめ

以上が、7月16日から7月20日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

ドル円は週足の雲を抜けましたが、抜けた足が天井だったというのはよくあるセオリーです。

そこを抜かせば113.40銭抜けにトライする可能性が出てきます。