2017年3月6日から3月10日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

ダウ平均は大幅上昇し、マザーズ指数やジャスダックは10連騰以上するなど株式投資は勢いを増していますが、日経平均だけレンジ相場が続いている状況です。

日経が上への突破のカギはドル円が115円突破となりそうな流れとなり、来週は米国雇用統計があるため、大きなポイントとなりそうです。

ここでは来週の予想を紹介しますので、自己責任で参考にしてみてください。

来週の為替・株式の展望

電話中
ドル円は一目均衡表の日足の雲を沿うように上昇をして、雲の上に突破するラインではじかれて週を終えました。

形としてはまずまずの流れになったので、株式投資をしている私には今のところ良い流れになってきました。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

何とか一目均衡表の下に落ち切らなかったドル円ですが、上抜けするほどのパワーが果たして週前半にあるかどうかです。

利上げが3月に行われるという外部要因で上昇したわけですから、利上げに影響の高い米国雇用統計はまさに大きなポイントとなりそうです。

先週のドル円予想レンジは

113.20銭~111.60銭と小動きを想定します。月曜上昇で水曜か火曜の夜あたりから下落が始まるのではないでしょうか。と書いて結果は

114.74銭から111.69銭と下値はドンピシャでした。

来週も素直に突破と見て予想レンジは

115.50銭~113.60銭と見ます。雇用統計の結果次第で大きく動く週になりそうですから、水曜日と金曜日が大きなターニングポイントといえるでしょう。

ドル円日足チャートです。
ドル円日足チャート

雲の上抜けポイントは白丸部分だと思いますが、月曜はそのまま上昇していく雰囲気でもあり、一度113.60銭付近まで下落もありのチャートの形となっています。

スポンサーリンク

今更この状態で雲の下に抜けるとは考えにくく、4時間足8時間足ともに雲の上を抜けたので、素直に買いで勝負していきましょう。

FXの予想でチャートが未来のパターンを予測して教えてくれるのがFXプライムのぱっと見テクニカルです。これだけでかなり動きが読めるので、FX初心者は使ってみてください。

株式投資予想

アンドールは350円割れで損きりと書いて、見事に351円で反発して高値518円を付けました。ストップ高2回ですから早めの利確ができた人は、おいしい思いをしたことでしょう。

上昇率は518/351=1.47倍ですからかなりの上昇率であったと言えます。しばらくは小動きが続きそうですが、材料が出れば700円台を付けるでしょう。

  • 中外鉱業 29円 27円で損きりで29円変わらず
  • ブロードバンドタワー 250円割れで損きりで305円 マイナス7円
  • ゼット 177円割れで損きりで188円 プラス2円
  • エヌピーシー 175円 168円割れで損きりで175円変わらず
  • サン電子 775円 700円割れで損きりで761円 マイナス14円
  • アンドール 363円 350円割れで損きりで452円
  • データセクション 946円 800円割れで損きりで936円
  • バリューコマース 404円 350円割れで損きりで456円

来週のポイントはバリューコマースが450円突破できるかどうか。と書いて450円を少し突破した状態で終わりました。

ここが本物の上昇か、いったん調整の下げがあるのか、来週注目です。350円台から推していたバリューコマースですから、上昇率は約1.3倍とかなりの数字が出た結果ですね。
UNEXTやアンドールがストップ高を出したように、このブログがなかなかの結果を出していますが、読者が全然いないのがマイナスと言えます(笑)

来週もこれらを注視していきますので、またどれかストップ高になればいいですね。あと面白い銘柄はカイカで65円損きりで勝負していきたいところですね。

まとめ

以上が2017年3月6日から3月10日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

比較的FXが好調だったのが、株式予想もよい内容をお伝え出来るようになってきました。まあ世界的株高なので、企業実績がよくて株価が安いところを狙っていけば、おのずと結果は付いてくるのではないでしょうか。

コメント