2017年2月27日から3月3日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

ダウ平均が11日連続続伸するなか、ドル円の円高によってレンジ相場が続いている日経平均ですが、おそらくは3月には膠着が終了して、どちらかにブレイクしそうな流れとなっています。

ドル円が下へ向いている以上は、日経も下に行くリスクが高いなか、ここでは来週の予想を独断で紹介していきますので、参考にしてみてください。

来週の為替・株式の展望

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円月足チャート

来週のポイントは、ドル円月足チャートが陰線か陽線かがポイントで、陰線だとさらなる下落が続き陽線だともう少しレンジ相場が続く可能性が出てくるのではないでしょうか。

当然円高の影響が受けやすい日経平均も右に習えと言った感じで、ダウが大きく下落したらあっさり下抜けする可能性が高い相場と言えるでしょう。

ドル円予想

先週の予想のおさらいをすると

8時間足

雲の下に完全に落ちるのは、おそらく白丸部分となりそうです。となると火曜日か水曜日あたりですね。

予想レンジは113.30銭~111.60銭

と書いた結果、見事に上記画像の白丸部分で下にブレイクしました。

ドル円の週足の動きは、113.77銭~111.93銭と大体+-30銭の差で戻り売りもピタリであったので、よい情報が提供できたのではないでしょうか。

ドル円日足チャート

上記ドル円日足チャートを見ると今にも、一目均衡表の雲の下に抜けそうな形となっていますが、意外にこれはしぶとく残り、火曜までは上昇するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

しかし株を買って勝負している私には、絶望的な円高傾向に近付いているので、予想はあまりしたくないのですが、来週のドル円予想レンジは

113.20銭~111.60銭と小動きを想定します。月曜上昇で水曜か火曜の夜あたりから下落が始まるのではないでしょうか。

そして111.60銭あたりで一度反発すると思います。それで後は米国雇用統計待ちとなると思います。

FXの予想でチャートが未来のパターンを予測して教えてくれるのがFXプライムのぱっと見テクニカルです。これだけでかなり動きが読めるので、FX初心者は使ってみてください。

株式投資予想

先週は地合いが悪くなりそうだったので、株式投資の予想は控えて過去の予想を並べた形になりましたが、その一覧の中にバリューコマースを忘れていて、それが上昇したので後付けとなってしまいました。

しかし推していたのは、間違いなく下記記事を見てもらえればわかると思います。バリューコマースは351円の時点でしたから、2割近く上昇しています。

2017年2月13日から2月17日までのFXと株式投資の予想と先週の結果
今週の為替は、もみ合いの中、上へ上昇という形で終了しました。ダウ平均も最高値を出すなどアメリカの経済は良好続きで、今のところトランプ政権の影響はあまりないようです。 日経平均も18600円~19600円のレンジ相場に入った模様で、上抜...

先週のおさらいをすると

  • 中外鉱業 29円 27円で損きりで29円変わらず
  • ブロードバンドタワー 308円 250円割れで損きりで312円
  • ゼット 191円 177円割れで損きりで186円
  • エヌピーシー 175円 168円割れで損きりで179円
  • サン電子 745円 700円割れで損きりで775円
  • アンドール 388円 350円割れで損きりで363円
  • データセクション 838円 800円割れで損きりで946円

とほとんどがプラスで終わる結果となりました。そんな中でよかったのが、バリューコマースとデータセクションでしたが、来週のポイントはバリューコマースが450円突破できるかどうか。

データセクションは1100円突破できるかどうかがカギとなりそうで、チャート的にはデータセクションが面白そうです。

理由は週足の雲を上抜けして終わったので、とりあえず1050円を目指すと思います。

上記でその他おすすめするなら面白いのはエヌピーシーで、230円くらいつけるのではないかと見ています。まあ独自予想なので売買は自己責任でお願いいたします。

まとめ

以上が2017年2月27日から3月3日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

地合いが悪くなりそうなので、株式市場も変化が出てきそうな3月になりそうです。希望としてはドル円がレンジ相場になることですが、とりあえず米国雇用統計が注目ポイントとなりそうです。

コメント