2018年3月26日から3月30日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

FXの特徴
スポンサーリンク

やはり先週はダウが暴落し金曜には日経平均も1,000円暴落するという展開になりました。ドル円も節目の104.60銭を付けたのにも関わらず反転の兆しが見えません。

果たして来週も暴落相場が続くのか注目と言えます。そして来週は日経平均の正念場となるレジスタンスが近づいてきました。

来週の為替・株式の展望

街並み
来週から1か月は日経平均のターニングポイント19,500円割れがあるかどうかです。ここを割れたら週足の雲も下回り完全下落トレンドとなります。

日経のレジスタンスは

  • 年足の移動平均線 19,800円
  • 年足の一目均衡表の雲の下限 19,600円
  • 月足の一目均衡表の基準線 19,500円
  • 月足の移動平均線の75月移動平均線 19,400円
  • 去年9月に付けた 19,239円

とレジスタンスが目白押しとなっています。ゆえに19,500円割れは一発では考えにくいと言えます。

そしてダウのレジスタンスが

  • 2/9に付けた 23,300ドル
  • 25月移動平均線 23,000ドル
  • ダウの年足移動平均線のレジスタンスが22,800ドル前後

とこれも強力なレジスタンスが揃っています。数字的に来週の下げを考えると両者とも丁度反発ポイントです。

金曜にダウが400ドル下げたので月曜は日経は20,100円ぐらいから始まるわけですから火曜か水曜がとりあえずの底と見るのが当然と言えます。もちろん一回目は反発するので2回目か3回目はダメでしょう。

ということで日経の週足チャートを見ると

日経の週足チャート

割るのは4月が濃厚ということです。もちろん安倍総理が辞任したり戦争が起きたりしたら別ですが、普通に考えるとダウや日経は来週が大きな反発ポイントとなるとみます。

日経は再来週かもしれませんが。

そして19,200~19,500円を割ると株高は絶望的になるという考えでいいのではないでしょうか。そして今年になってわずか3か月で約5,000円の下げ。いくら何でも早すぎるでしょう。材料も特にないですからね。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想では106.00~104.60銭とします。

スポンサーリンク

と書きましたが、FOMC前に106.60銭を付けて予想外でしたが下値はピタリでした。

あの8時間足の雲の形は材料無しでは突破しないと考えていましたが、FOMCが材料となり突破するかを注目してみていましたが、やはりだめでした。

4時間足の雲もあそこで上抜けしたのは珍しくかなりレアなパターンが見られました。結局そのあと下げましたが。

結果を見ると

106.64銭~104.64銭とピタリ2円の幅で終えました。

月曜朝一番は15分足の雲を抜けたので朝一上窓がなければ即売りでいいでしょう。そして上記にも書いたように一度下げ止まると思います。

曜日でいえば火曜か水曜か。月曜が4日連続日足でドル円が陰線となれば、5日連続長い陰線は見たことがないので、火曜が転換ポイントと見ます。

なので来週の予想レンジは

105.20~103.60銭とします。

ドル円もこれで3か月連続で月足陰線です。さすがに4月は陽線を付けるでしょうから、来週か再来週がドル円のとりあえずの底とみます。要は下値がどこか。上値も難しい。1時間足4時間足、8時間足で下ひげ陽線が出現したら買いでいいと思います。ダウが後800ドルまでなら1円から1円50銭の下げ止まりで見るといいでしょう。

実際4時間足と8時間足、週足と雲からかなり遠ざかっています。下げるにしても雲に近づくのがセオリーですから来週は大幅な下落はないと見ます。

下記は8時間足チャートです。週前半上がっても106円が限度となっています。赤丸部分が雲の上抜けポイントなので週後半まで106円は超ええないということです。

8時間足

まあ日足や週足を見るとまだまだ下落トレンドなので、ドル円の下げ止まりは見えませんが107円までの戻しはまだあるので、そろそろ底値を一回付けて、上昇して下げるのではないでしょうか。

株式投資予想

株価は20,000円を割ってから買えばリスクが少なく勝負できると思います。とりあえずダウが22,500ドルまでで止まるなら買いで勝負していきましょう。

しかも金曜に日経が1,000円も下げた割には全体的に値が崩れていません。マザーズ指数などは悪いときは凄まじく下げるくせに、金曜はそこまで下げていません。

ゆえに底が近いとみましょう。

買い推奨銘柄も変更してみます。

  • セーラー万年筆 305円
  • シンシア 752円
  • アクセルマーク 1,631円
  • 魚力 1,394円
  • サコス 355円

などなど

まとめ

以上が、2018年3月26日から3月30日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

円高に歯止めがかかる気配はありませんが、重要レジスタンスが近づいているので、とりあえずは踏ん張るでしょう。