2018年3月19日から3月23日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

スポンサーリンク

先週はダウも日経も小動きで終わりました。これはFOMC待ちなのか不気味な週とも言えます。

ダウも25,000ドルを超えれずに終わり陰線で終わりましたが、暴落まではいかず方向感が見えませんでした。

しかし日米ともに政局不安が大きく買いは難しい状況でもある流れになっています。

来週の為替・株式の展望

クエスチョン
安倍政権の支持率が下がり、月曜は政局不安で下げが予想されます。

実際ダウも中途半端に終わり来週から方向感が見えてくるのでしょうか。

下値も切りあがり24400ドル割れで暴落の危機が出てきて、25,100ドル突破で上昇という図式になりました。

ドル円も日足の雲が分厚くなり、もみあい相場となっています。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想では108.00~106.50銭とします。

と書きましたが、また切れもなく大きく外してしまいました。4時間足の雲をあそこで抜くとは思わず予想外でした。

想像以上に8時間足の雲突破が難しく、かれこれ2か月突破出来ていません。

結果を見ると

スポンサーリンク

107.29銭~105.60銭と上も下もイマイチだったですね。

4時間足の雲を見ると下抜けをしてしまいこの形は95%売りです。ただし8時間足で大きな下ひげ陽線が出てしまいました。

しかし106.20銭を抜けない限り売りでいいと思います。もしくはFOMCまで横横の可能性もあるでしょう。

なので来週の予想レンジは

106.00~104.60銭とします。

106.30銭を抜ければ買いの目が出てきますが、月曜は下でそうなると8時間足も完全下になります。

これを覆す可能性があるのはFOMCだけなので、水曜深夜にどちらに行くかでしょう。

4時間

上記4時間足のチャートですが赤線より右までに黄色い雲に入らなければ、完全下ですがそのセオリーを覆す可能性があるのが

FOMCでもあります。しかしドル円は下には違いありません。

株式投資予想

アクモスがようやく吹きましたが来週はどうでしょうか

動きはあまりなかったので、押し銘柄はそのままにします。しかし株価の方向性は来週出てきそうなので、くれぐれもダウが暴落したら深追いは止めておきましょう。

  • 南海辰村建設 78円
  • Gテイスト 84円
  • SEホールディングス 252円
  • アクモス 335円
  • アクサスHD 131円

まとめ

以上が、2018年3月19日から3月23日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。