2018年3月12日から3月16日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

投資の学習
スポンサーリンク

先週はドル円日経ダウそれぞれ買い戻しの週となり、市場も落ち着きを見せた週となりました。ダウもポイントの15,200ドルを上抜けして、トレンドが上に戻ったとみてよいのではないでしょうか。

投資の神様バシェット氏が買いに回ったのはさすがと言えます。ナスダックは高値を超えていますからね。来週は上目線でいいでしょうが、ダウが-300ドル下がった際には注意が必要とも言えます。

来週の為替・株式の展望

タブレット

日本は森友問題で安倍政権が失職したら、ドル円や株価は怪しくなりますが果たして首相退陣はあるのでしょうか、その際には株価やドル円にどれだけ影響があるのかもしばらく注視していかないといけません。

ダウは月火で一応25,000ドル割れしなければ素直に上昇でいいでしょう。前回高値25,800ドルがポイントにはなります。

もし25,000ドル割れした場合は24,200ドルが最重要レジスタンスになります。日経はどうせダウ任せなので、ダウだけ見ておけばいいと思います。

ダウ

水曜までに雲を上抜けしたら強い上昇トレンドがやってきます。下は25,000ドルがレジスタンスになります。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想では106.50~104.80銭とします。

と書きましたが、まさかの北朝鮮の和解交渉が出て、節目の106.50銭をあっさりクリアしました。来週はこの106.50銭がサポートになるので、割れたら売りと簡単なトレードでいいと思います。

結果を見ると

107.05銭~105.34銭と上昇予想は当たっていましたが、値幅はイマイチでした。

4時間足の雲を見ると下抜けの可能性が高いですが、と書いた点は当たっていましたが上昇予想だったので2週連続大きく外した形となっています。

先週書いた4時間足の雲を見ると

4時間足

黄色い雲の上抜けは90%ないので、まだまだ大きく戻す可能性はないということが見えてきます。上抜けするならオレンジの丸です、まではほぼ的中でした。

スポンサーリンク
誰でも勝てるFXの一目均衡表で見るドル円攻略のポイントと稼ぎ方
FXと言えばドル円の取引が最も人気が高く、ドル円を攻略してしまえば誰でも勝てるポイントと言うものは分かってきます。しかしFX初心者がチャートを見てもなかなか分かりませんから、ここではそのドル円の攻略ポイントを一目均衡表チャートを例にして紹介...

上記を読んでドル円と雲のパターンを把握してもらえれば、今後のトレードの参考になるでしょう。

ここ最近4時間足の雲を抜けたら2回連続そこが頂点だったので、今度はしっかり伸びると思います。しかしの雲の形が悪いので一回落ちそうにも見えます。

上は107.60銭が固いのでそこでは一回売られるでしょう。爆上げはなさそうです。

8時間足

4時間足を見ると一回上抜けしたので、下がる際は黄色い線の右までは、だらだら動くということです。

4時間足

まあダウも上がったのでドル円も日足の雲にタッチしにいく流れと見ましょう。雲から離れると雲に近づく習性はチャートのポイントでもあります。

しかし下記矢印の線はかなり堅そうです。下記はドル円週足チャートです。

ドル移動平均線

なので来週の予想レンジは

108.00~106.50銭とします。

106.50銭は先週紹介した移動平均線のレジスタンスなので、そこをサポートできるかが下のポイントです。下記緑線

ドル円月足

株式投資予想

NEWARTはどんぴしゃりでしたが、あっさり下がってしまいました。29円割れで撤退ですからくれぐれも深追いはやめておきましょう。

動きはあまりなかったので、押し銘柄はそのままにします。やはり株価が動くのは第3週のセオリーでいいと思います。

  • 南海辰村建設 78円
  • Gテイスト 84円
  • SEホールディングス 252円
  • アクモス 335円
  • アクサスHD 131円

後はダウ次第だと思うので、まずは25,000ドル割ったら売りにするか考えようかと思います。

まとめ

以上が、2018年3月12日から3月16日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

とりあえず上昇トレンドに入った株価ですが、ドル円は109.60銭がMAXとみます。となるとそこからレンジ相場になるのか、大きく下がるのかまではわかりませんが、2か月で8円下がっていますからとりあえず調整の上げには違いないでしょう。