2017年2月20日から2月24日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

ダウ平均が絶好調のなか、日経平均はドル円の影響で相変わらずもみあい相場が続いた先週の株式市場でした。

このもみあいが終わるのは、おそらく来週か再来週だと思うので東証1部銘柄で勝負している人は、くれぐれも気を付けていきましょう。

来週の為替・株式の展望

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

日経がもみあい相場の中、新興市場はじわじわ高値を更新しています。こんなチャンスはあまりないですから、早めに良い銘柄を見つけたいものですね。

ドル円予想

ドル円は結果的に下向きの流れで終わる相場となってしまいました。となると何度も書いているように書き白丸部分がドル円のブレイクポイントとなりそうです。

ドル円日足

先週の予想レンジは

来週の予想レンジは112.90~115.10円とします。とりあえず日足の雲の上抜けを目指すのではないでしょうか。と書いて結果は

112.59円~114.95円とほぼピタリの結果となりましたね。2週連続良い予想が提供できたと思います。

チャートを見るとほぼ絶望的な雲の形となってきたドル円ですが、上昇希望があるとすれば月曜日窓を開けて113円を突破するか、先々週の安値111.59円でダブルボトムを付けて上昇するかのパターンですが、4時間足8時間足のチャートを見ると勢いのある上昇は苦しく、よくて月曜上昇して火曜か水曜に下落となりそうな雲の形となっています。

ドル円4時間足チャート

4時間足

おそらく白線か黄色い線までの戻りが精いっぱいとみます。赤雲を乗り越える確率は5%もないでしょう。可能性があるなら外部要因だけとみます。(経済指標や要人発言など)

ドル円8時間足チャート

8時間足

雲の下に完全に落ちるのは、おそらく白丸部分となりそうです。となると火曜日か水曜日あたりですね。

よって週前半はあまり上向きには行きそうもないので、戻り売りと予想します。

スポンサーリンク

来週の予想レンジは113.30銭~111.60銭とします。111.60銭を割ればドル円はさらなる下落が待ち受けているでしょう。110円あたりがきりがよいレジスタンスとなりそうです。

上値は何かしら外部要因がないと難しい雲の形です。よくて木曜か金曜日に上昇するのではないでしょうか。

FXの予想でチャートが未来のパターンを予測して教えてくれるのがFXプライムのぱっと見テクニカルです。これだけでかなり動きが読めるので、FX初心者は使ってみてください。

株式投資予想

株価予想は絶好調なのですが、このブログは今のところ、特にシェアもなく人気もないので、しばらくはこれまでに押してきた銘柄をそのまま押していこうと思います。

そんな中でも注目なのが

アンドールで388円来週は面白い相場になりそうです。あとは中外鉱業は28円か27円で損きりブロードバンドタワーは350円を目指すと思いますが、日経の地合いが悪くなってきているのが気になるところと言えます。

この前に推薦したUNEXTは大爆発でしたね。来週は難しいところですが1,400~1,500円台で利確ポイントではないでしょうか。もちろん材料がまた出れば別ですが。

ジオネクストは93円付けた後50円台まで売られました。きちんと利確していれば36%の利益だったわけですから。20%以上儲かった場合は利確をしないといけないことを痛感させられたのではないでしょうか。

なぜ93円で売られたのかは、月足チャートのボリンジャーの中心線だったからで、また週足チャートを見ると雲の形が悪かったからということがよくわかります。

ジオネクスト月足

なので月足チャートのボリンジャーを突破してそこが先週下値のレジスタンスとなったアンドールは買いで勝負ということです。

利確ポイントは700円越で、それ以上は材料がないと難しいのではないでしょうか。

とりあえず来週も追いかけたい銘柄は

  • 中外鉱業 29円 27円で損きり
  • ブロードバンドタワー 308円 250円割れで損きり
  • ゼット 191円 177円割れで損きり
  • エヌピーシー 175円 168円割れで損きり
  • サン電子 745円 700円割れで損きり
  • アンドール 388円 350円割れで損きり
  • データセクション 838円 800円割れで損きり

など。ほかにもありますがここらあたりが面白そうな銘柄と言えます。

まとめ

以上が2017年2月20日から2月24日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

地合いが悪くなりそうな来週ですが、資金管理だけはしっかりしていきましょう。

コメント