2018年1月29日から2月2日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

政府閉鎖問題もあまり材料にならずドル円が上にも下にも大きく動く為替相場ですが、相変わらず株高は続きましたが日経のみ円高の影響で軟調になっています。

どちらにしてもダウ平均もハイペースすぎるので、ビットコインのように暴騰後の急落に備えて準備はしておきましょう。

昨年ダウは4000ドルの値幅でしたが、今年だけですでに1,500ドル上昇ですからね、もう少しゆっくり上がって欲しいものです。

来週の為替・株式の展望

オブジェ

目先のレジスタンスは23,500円ですと書いて、何とか踏ん張っている日経平均ですが、割ると暴落するのか、まだ踏みとどまるのか来週は重要指数もあり、目が離せない週には違いありません。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想では111.60~110.30銭とします。

と書きましたが、あっさりレジスタンスの110.20銭を割り108.28銭まで付けて週が終わりました。

週足の一目均衡表を下抜けして、本格的な下落トレンドに入ったように見えます。

週足

スポンサーリンク

一応後2週間ほど週足の雲の中に入る可能性が残っているので、とりあえず107.30~50銭付けたあと大きく戻るでしょうから、週末の終値ベースで109.20銭を維持できるかがここ2週間の注目ポイントと言えます。

結果を見ると111.20銭~108.28銭と大きく外してしまいました。

3週連続陰線とハイペースで落ちたドル円なので、さすがに来週は陽線だと思いますが、ドル円月足チャートが大陰線が確定的なので、まだ下がるとみておきましょう。

なので来週の予想レンジは

119.20~117.40銭とします。

上のレジスタンスは

110.20銭 109.80銭 109.20銭の三つで下のレジスタンスは、107.30銭と105.60銭あたりに移動平均線が密集しています。

105.60銭を割れれば101円までレジスタンスがないので、今年は円高トレンドが続くと見るしかないでしょう。

株式投資予想

ダウ平均のおかげで、まだ値崩れしていませんが、円高が続くかどうかで判断していくしかないでしょう。

来週は重要指数も多いので、再来週あたりにどうなるか注目と言えます。

  • アドウェイズ 666円
  • エルナー 126円
  • エナリス 607円
  • Gテイスト 84円
  • ビジョナリー 75円

株価もあまり動いていないので、そのまま押し銘柄を続けていきます。追加でアクモス361円などが決算次第ですが、熱いチャートとなっています。

まとめ

以上が、2018年1月29日から2月2日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

ダウよお願いだからゆっくり上がってくれ!と思うのは私だけでないはずです。このペースだと来月か再来月までに一回は暴落しそうなので、今のところはドル円よりダウ平均に注目と言えます。