2017年10月9日から10月13日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

株価はダウ平均日経ともに高値を更新していくなか、ドル円だけは小動きといった形で終了しました。雇用統計は悪かったのに大きく上昇し114円を付けにいくのかと思いましたが、大失速して終わるという不思議な相場でした。

来週は朝鮮労働党創立記念日が10月10日にありその前後に波乱が起きるか注目の週と言えます。

来週の為替・株式の展望

smartphone

日経平均も2015年につけた20900円台に後200円と迫ってきました。そろそろWトップという形で下落が始まりそうな終わり方をした先週の動きで、株価もしばらくは暗黒の流れになりそうな気がします。

そもそもダウ平均の日足チャートは雲から遠く離れすぎているので、そろそろ調整が始まるでしょう。

高値圏での大きな陽線が出たら相場は売りが近いことを暗示しています。ゆえに来週からは売りでよいのではないでしょうか。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想では114.20~111.80銭と上昇予想して、動き的にはあっていましたが、予想レンジはいまいちでした。結果を見ると

113.43銭~112.32銭と、まさに小動きとなりました。

唯一先週あたっていたのは、

ここで8時間足のチャートを見ると雲が分厚くなってきました。相場が上下に小さくもみあいが続くと雲は厚くなります。

ということは小動きの可能性が高いと言えます。

と書いたことだけです。しかし1円しか動かなかった狭い動きでしたね。

先週も書いたように、ドル円が4週陽線が続いた後に下落トレンドが始まっていますので、素直に来週からは下落トレンドが始まると見ていきましょう。

下記はドル円週足チャートです。

ドル円週足チャート

スポンサーリンク

とにかく4時間足の雲を見ていればよいので、4時間足の雲112.30銭を割れば間違いなく下落スタートです。

1時間足や30分足の雲などは下に落ちても引っかけがありますが、4時間足は落ちた場合は引っかけはありません。もちろんサプライズな出来事があれば別ですが、112.30銭を割れてから売っても間に合うでしょう。

月曜に窓が発生しなければ上値は112.80銭とみますので、下はどこかですが、とりあえず108.80銭を目指すことには違いないと言えます。

そして週足の雲を見ると、今度108.80銭を割ると本格的な下落がスタートすると見てよいでしょう。

なので来週の予想レンジは

112.80~110.60銭とします。

しかし114円を付けると思われたドル円ですが、以外に上値は固くそして見たことのない上ひげ陰線が発生し、4時間足、8時間足、日足とトリプル売りサインが点灯しました。

ゆえに素直に売っていきましょう。

株式投資予想

株価も買い推奨で行きましたが、ひどい結果となりました。どうやらマザーズは終わったようです。マザーズ指数が1060割れで間違いなく下と言えます。

結果を見ると

  • モブキャスト 837円 結果 835円
  • エナリス 551円 結果 530円
  • 日本アクア 473円 結果 500円
  • トランスジェニック 655円 結果 629円
  • ホットリンク 586円 結果 580円
  • ユナイテッド 2961円 結果 3105円
  • メディカルネット 635円 結果 644円 
  • データセクション 703円 結果 744円

来週からは売り相場なので、任天堂や石川製作所、エリアリンクなど最近高値圏をうろうろしている銘柄を売っていきましょう。

株価の過去の実績は下記にまとめました。興味がありましたら参考にしてみてください。

過去の株価予想の実績一覧
2017年1月からこの予想ブログを始めたのですが、そこまでで大きく上昇した銘柄の実績です。中には5倍以上の結果も出たのでよい情報が提供できたと思います。 上昇トレンドの中、様々な銘柄を一つ一つチェックしていくのも大変でしたが、今後もこ...

まとめ

2017年10月9日から10月13日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。北朝鮮問題にかかわらずレンジ相場のドル円は下落スイッチが入りました。

ドル円も四週陽線が続き、日経もダブルトップ、ダウ平均も日足の雲から遠い状況です。調整がどこまで行くのかわかりませんが、とりあえず20000円割れは確実に行くでしょう。

コメント