2017年8月7日から8月11日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

先週はダウ平均が9連騰するなか、日経平均は頭打ちで推移し相場もマザーズ指数が大幅下落し、買い手にとっては面白くない相場となりました。

ダウがあれだけ上がるのに日経が付いて行かないのは、やはり円高と安部政権の停滞ぶりが影響しているのではないでしょうか。内閣改造もサプライズ的要素はほとんどなく、お堅いメンバーで構成された形で可もなく不可もないという結論に終わったと思います。

来週の為替・株式の展望

イラスト
お盆休みを迎えるにあたって、木曜あたりにポジション精算とかいう理由で大きく下がる傾向が毎回あります。ゆえに連休前は特に買い手は注意しましょう。

海外勢が長期休暇に入るクリスマスは、まさに動かない相場となりますから、今回の連休前後も同様の動きになるかもしれません。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想では111.00銭~109.00銭と予想しました。

しかしよくよく見るとドル円の週足が3週連続陰線だったので、さすがに4週陰線で終了することなくかろうじて週足が陽線で終わり、小動きで終わった形となりました。これは読みの甘さですね。

ドル円の週足

結果を見ると

111.04銭~109.83銭

と上値はピタリでしたが、下値は私の予想が下過ぎた形で終わりました。

雇用統計はそこまで良い結果ではなかったのですが、ありえないくらい大きく上昇したので、どうやら結果が悪くても同じ様な動きをしたと思われます。いわゆる調整相場という奴です。

たまに見かける指標が悪くても少し下げて、その後大きく上昇するパターンという奴です。

さて来週ですが、ドル円日足のロウソク足、週足のロウソク足だけ見ると、買いサインです。これに一目均衡表を交えるとまだ買いサインは点灯していないので、難しい週になりそうです。

上値のポイントは

  • 111.30銭
  • 111.60銭
  • 112.10銭

の三つです。もちろん111.00銭を越えずに下がる可能性もあります。しかし長い陽線を描いたドル円が下に向かうには、Mの字を付けないと消せないので、もう一度111,00銭近くを付けて下がるか、高値を更新して下げるかのどちらかと言えます。

材料がない限り一気下げはないと思います。

来週は上値のポイントは111.60銭を抜けてドル円が終了するかどうかがポイントです。逆に言えばドル円が日足の雲を上抜けする可能性は、月曜から水曜までしかありません。ここを逃すとドル円は円高が続くか、良くてもみあいです。

もみ合いの意味が分からない人は、ちょうど金曜日にドル円が1時間足の雲を下抜けして、もみあいが続き、雇用統計で爆発した形となりましたので、ドル円の日足も似たような形になる可能性もあるので、金曜日の1時間足のチャートをチェックしておきましょう。

なので水曜に111.60銭を上抜けしていなければ売りで勝負していきましょう。ただし値動きの少ないレンジ相場の可能性もあります。盆明けくらいまでもしかしたら続くかもしれません。

ゆえに来週の予想レンジは

111.30銭~109.90銭と予想します。

レンジ相場だともう少し値幅が少ないかもしれません。

FXの予想でチャートが未来のパターンを予測して教えてくれるのがFXプライムのぱっと見テクニカルです。これだけでかなり動きが読めるので、FX初心者は使ってみてください。

スポンサーリンク

株式投資予想

株価はダウが高値更新したおかげで、日経も何とか19、900円割れをタッチはしましたが、踏ん張りレンジ相場が続いています。

しかし日経平均日足のチャートを見ると一目均衡表の雲の中に再び入ってしまいました。経験上雲の中に入った場合1度は脱出しますが、2度目の脱出はほとんど見た可能性はありません。なので日経はまだ下です。

日経平均日足のチャート

なので買相場が続く可能性は、日経平均が終値ベースで20,050円を上回っているかどうかです。終値とは15:00終了の時点です。ここを上回って終了するならまだ買いで勝負できる可能性が出てくるので、ドル円111.60銭越え(終値で)日経20,050円が来週の注目ポイントと言えます。

売り推奨銘柄の結果を見ると

  • ビジョン 2678円 結果 2,541円
  • ラクス  2407円 結果 2,329円
  • PSS 869円 結果 735円

と完全勝利でしたね。1週待っていればここまで大きな値幅は取れなかったので、いい読みでした。PSSなどはほぼ2割の下落です。

上昇予想銘柄は、東電がぱっとしなかったので、しばらく上昇予想はお休みとします。もう少し引っ張ってもいいのですが、売った方が儲かる相場の際には、無理はしないほうが賢明です。

追加で銘柄を上げると

トレンダーズ 1,300円

を戻り売りで勝負していきましょう。ここは爆発力もすごいので1,350円か1,400円を超えたら早々と損きりです。

戻り売りの銘柄はストップ高をあまりしない銘柄を選んでいく方がリスクが少なくて済みます。なのでビジョンやラクス、じげんなどが比較的売りやすい銘柄です。逆にトレンダーズなど時価総額が低い銘柄は、リスクも高いので気を付けていきましょう。

逆に下値でうろうろしている銘柄はあまり下がらないので、最近高値を付けた銘柄を売っていく方がリスクは少ないと言えます。高値越えで損切りすればいいだけですからね。

なのでトレンダーズが1338円が最近の高値なので、ここを超えたら損きりです。そして1,500円台まで待ってもう一度売りで仕掛けましょう。

下記は私が予想して大きな結果を出した銘柄一覧です。

2017年 1/9~予想 アイケイ 推奨値1,028円 最高値5230円 約5倍

2017年 1/9~予想 内外テック 推奨値1,085円 最高値 5,450円 約5倍

2017年1月9日から1月13日までのFXと株式投資の予想
ここからはFX(外国為替取引)と株式投資の展望を書いていこうと思います。主に来週2017年の1/9~1/13までの予想となりますので、あらかじめご了承ください。 個人的には今は上昇トレンドだと認識していますから、クロス円も株価も押し目...

2017年 2/6 U−NEXT 予想時の価格730円 最高値 1,377円 ほほ2倍

2017年 2/13 バリューコマース 予想時の価格351円  最高値 694円 約2倍

2017年 4/24 トレイダーズ証券 予想時の価格 142円 最高値 360円 およそ2.5倍

証拠記事

2017年4月24日から4月28日までのFXと株式投資の予想と先週の結果
先週は米ドルは小動きだったにも関わらず、日経平均が盛り返した結果に終わりました。北朝鮮問題も進まなく落ち着いた流れとなったことが影響したのでしょう。 チャートを見るとどうやら落ち着いた流れに戻った感があるので、そろそろ上向き予想で再開...

まあ欲張らずに適度に利確していくことも大切と言えるでしょう。

ブログランキングに参加しましたので、参考になりましたら下記をクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 為替ブログへ

まとめ

以上が2017年8月7日から8月11日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

もし日経が暴落するなら10日の木曜か14日以降が可能性が高いので、上記で上げたポイントをしっかり見据えて買い手は勝負していきましょう。

コメント