2019年6月4日最新のドル円の予想と今日の値動きポイント

株高でも下げたドル円ですが、円高というよりドル弱になってきました。とりあえず昨日の予想は夜まで良かったですが、後半失速して108円も割ってしまいました。

こうなると107.77銭割れも見えてきますが、いったん昨日はこのレジスタンスがサポートしました。

ポンド円の予想を始めました

ドル円長期予想と最新のトレンド

週足の移動平均線

週足の移動平均線で見るとドル円の戻りは109.10銭と108.50銭となりますが、1時間足の雲を見るとまだまだ下のようです。

月足で見ると106.20銭や今年の安値104.60銭がターゲットとなりそうです。週足では赤矢印の108.00銭や107.75銭が目先のサポートか

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート もみあい
  • 週足チャート 売り
  • 日足チャート 売り
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

とあっさり1時間足雲割れで売り一色となりました。

今週からは100円を視野にいれつつで戻り売りが基本戦略となります。

トレンド確認1.雲の中にいるともみあい

2.雲の上にいると買いが強い

3.雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円はレジスタンスと基本を知っておけば、どの通貨より取引しやすい通貨といえます。詳しくは下記で紹介していますので、しっかり学習しておいてください。

ドル円日足予想

ヤフーファイナンスの移動平均線の日足チャートで見ると、全く追い付いていませんが上げる気配もありません。1/3の安値を目指す流れには違いないでしょう。

参考になるのはこのヤフーファイナンスの移動平均線です。

MT5でチャートを見てみると

日足

上は108.80銭と108.20銭なので今日はここまで戻しがあるのかどうか。チャートをみると108.16銭が精いっぱい。

下値はレジスタンスがなくなり、週足のレジスタンス107.75銭が目先のサポート

ドル円8時間足・4時間足チャートポイント

ドル円8時間足チャートを見ると

上のレジスタンスが108.40銭しかなく下も目安がありません。短い足で見ていくしかないでしょう。

4時間足チャート

上抜けゾーンがないので、戻り売り。108.23~40銭が戻りの目安ですが、1時間足を見るとなさそう。

今日はどこまで下げるか注目

スポンサーリンク

ドル円1時間足・30分足・15分足値動きポイント

為替の基本は1時間足の雲を抜けるかどうかです。雲を下抜けしたら売り、上抜けしたら買いという基本のスタンスで臨むことです。なので今は1時間足の雲の下にいるので、売り相場です。

ここを把握しないとFXは勝てません↑

ドル円1時間足一目均衡表を見てみましょう。

雲が分厚いので上はなし。よくて横横 まだまだ下げそう。とりあえず108.75銭を割るかどうか

30分足チャート

赤丸が上抜けポイントなのですが、可能性はほぼ0 MAX108.20銭で売るのみ 横横があるかどうかだけ。

15分足チャート

15分足の上抜けポイント 108.17銭が戻り売りの目安だが弱すぎてそこまでいくかどうか。

勝率7割超え!FXチャートの読み方
FXの勝率を上げるのは、チャートのパタンを覚えるだけです。そのチャートパターンさえ覚えてしまえば無理にエントリーすることはなくなります。

まとめと今日のドル円予想レンジ

以上が2019年6月4日最新のドル円の今日の値動きポイントでした。

6/3日の予想レンジは

108.46銭~108.03銭と書いて上は良かったですが、あっさり108円割れでした。

6/4の予想レンジは

108.08銭~107.35銭とみます。

  • 今日の上値の目安は108.17銭と108.40銭
  • 下値の目安は107.00銭と107.75銭

です。

下記ランキングに参加していますので、参考になりましたら応援やSNSでの拡散をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ  

スプレッド重視でFX会社を選ぶ人は下記3社がおすすめです。

スプレッドが狭いFX会社

マネーパートナーズ
DMMFXの特徴 クリック証券の特徴 マネーパートナーズ特徴
口座数国内NO1 FX取引高4年連続1位 100通貨から取引可能
LINEでアフターサポート FXと株式も取引可能 約定力10年連続NO1
スプレッドが極狭 スマホチャート高機能 顧客満足度3年連続1位
DMM.com証券口座開設前にDMMFXの評価と特徴をチェック! GMOクリック証券口座開設前にFXネオの評価と特徴をチェック! マネーパートナーズの口座開設前にnanoFXとPFXの評価と特徴をチェック